スロヴァキア国立歌劇場ソロリストによる夏季日本ツアー 

恒例になりました!
バンスカービストリツァの国立オペラ劇場のソロリストたちによる、
夏季日本ツアーのお知らせです!!


今回は日本チェコ協会/日本スロバキア協会のホームページの日程をコピーさせていただきました。






2017年スロヴァキア国立歌劇場ソリストによる夏季日本ツアー




170706.jpg


演目   
第一部  コンサートオペラ「セヴィリアの理髪師」
     (ジョアキーノ・ロッシーニ作曲 オペラ「セヴィリアの理髪師」ダイジェスト版)
第二部  アリアとオペレッタの名曲



file-page1_20170610165707c2e.jpg




公演日程   
2017年6月25日(日)  久留米公演  
久留米シティプラザ ザ・グランドホール 14:00 開演
チケット 指定席 4,000円、自由席 3,000円(当日3,500円)、学生券 (自由席2,000円)、交流会券 1,000円(当日1,500円)午後17:15頃~
主催、お問い合わせ、チケット申し込み: 筑後スロヴァキア・オペラ交流の会
TEL:090-7384-5617(大北)、090-6770-4105(中島)

2017年7月1日(土) 札幌公演

札幌市教育文化会館 大ホール 13:30 開演
チケット 指定席 4,000円、自由席 3,500円(当日4,000円)
主催、お問い合わせ、チケットお申し込み:札幌圏スロヴァキアオペラ実行委員会
TEL:011-384-5984(園部)、090-2695-3880(小林)
https://www.facebook.com/sasopera/

2017年7月2日(日) 魚沼公演
魚沼市小出郷文化会館 大ホール 15:00 開演
チケット 全席自由  一般  3,000円、25歳以下  2,000円 (当日500円増し)
主催、お問い合わせ先、チケット申し込み:NPO法人魚沼交流ネットワーク
TEL:025-792-8811(魚沼市小出郷文化会館)

2017年7月6日(木) 葉山公演  
葉山町福祉文化会館 大ホール 14:00 開演
チケット 全席自由 前売 3,500円、当日 4,000円
主催、チケット販売先 : 葉山スロヴァキア国立オペラ2017実行委員会
TEL/FAX:046-875-8076 携帯 080-1132-8170 E-mail:ty0726@smile.ocn.ne.jp(横溝)
さくらエコー TEL:045-341-6965 携帯 090-2542-3168 (伊東)
逗子レコードショップ(小林)TEL/FAX:046-871-3017 E-mail:info@zushireco.com

2017年7月8日(土) 山鹿公演  
八千代座 13:30開演
チケット 全席自由 前売り 3,000円、当日3,500円
主催、お問い合わせ、チケット申し込み: 八千代座オペラ実行委員会
TEL:090-8764-6067 (藤森)

石川県金沢市 
~ 45分間のPR公演、アリア及びオペレッタとミュージカルの名曲 
出演  シモン・スヴィトック (バリトン)、カタリーナ・プロハースコヴァー(ソプラノ)、マルティナ・スヴィットコヴァー (ピアノ伴奏)
2017年6月28日(水) 金沢市 
石川県立音楽堂コンサートホール  「ランチタイムコンサート」 12:15 開演
チケット 全席自由 500円 
プレイガイド 石川県立音楽堂チケットボックス  TEL 076-232-8632




\(^o^)/☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆\(^o^)/


余談ですが、スロバキア語の話。

ブラチスラヴァにもオペラ座があります。
あちらはSlovenské Národné Divadloなので、スロヴァキア国民劇場と訳されるのですが、
こちらのバンスカービストリツァはŠtátna operaでして、国立オペラと訳されています。

どちらも国立の劇場(団体)です。
バンスカービストリツァの劇場での演目は、ほとんどがオペラですが、
ブラチスラヴァはバレエ、演劇、オペラの他にもいろいろな催しがあり、
場所も、それぞれに劇場があるので、規模も大きいです。

このほか、コシッツェというスロヴァキアで2番目に大きな町にも、劇場があります。
どうやら、そこに日本人のバレエダンサーがいるらしいと、聞きました。

スロヴァキアでの日本人の活躍も嬉しいですし、
日本でのスロヴァキア人の活躍も同じく、嬉しいです。












スロヴァキアの1番特集 COOP Jednotaと羊飼い 

みなさん、こんにちは!!
今日は6月1日で、スロヴァキアは、「こどもの日」です。

小学校は授業無し!
町が用意したプログラムに参加したり、
クラスで遠足にでかけたり、
担任の先生がアイスクリームをご馳走してくれる日であったりします。

保育園も、門には風船が飾ってありました。

ラドパパ(義父)から、
「午後は子供たちをJednota(町で一番大きなスーパー)に連れて行け!!」
との指示がありました。

COOP Jednotaは、スロヴァキア全土、どこにでもあるスーパーなのですが、
そのスーパーのコマーシャルに羊飼いの役の二人が出てきます。
ちょっと見て↓









何事かと思えば、
この主役の二人が、田舎町Krupinaにやって来る!!
(実は、去年も来たような記憶だが)
それを見に行けと。。。


うちの子供たちは絶対に興味がない。←言い切る。



しかーし、義父にとっては、銀幕のスター?
基(もとい)
スロヴァキアの有名人なわけだ。


COOP Jednotaは、庶民の台所だから、ほとんどの人が毎日買い物に通うと言っても、
言い過ぎではないと思う。


だからといって、クルピナの人にとっては、さすがに二番煎じだし、
喜ぶ人って、いるのかな?
義理父への義理にのために、試しに、行ってみるか?





実際に、この撮影しているところが、本物のスロヴァキアの羊飼いたちがいる小屋だったりする。
スロヴァキアでは、Salaš(サラシュ)とい山小屋の作業所。
羊飼いが羊のお乳を搾り、チーズを作る場所です。
この羊のチーズをブリンザーと言います。

今は、レストランを指すことが多く、

ブリンザーを使ったスロヴァキアのソウルフードこと、

「ブリンゾヴェーハルシュキ」(Brynzové Halšky)
や、
Brynzove halusky

同じくブリンザーとジャガイモが入った水餃子のような、
「スピッシュスキーピロヒ」(Spišské Pirohy)
spisske pirohy

などがいただけます!!


しかし、本当の羊飼いの小屋は、レストランではありませんので、
火を使った料理は食べることができません。

新鮮なチーズ、ブリンザー、バターや
リオオリンピックの銅メダリストの羽根田選手が大好きな
ジンチツァ(žincica)も売っています。

新鮮なチーズなどは、その場で食べることもできます。


実は、先週ですが、こっそり日本のお客様と行ってきました。
とっておきの写真を一枚お見せしますね。



blog LM
雨上がりのサラシュにて














続 カヌースラローム観戦付きツアー 大幅値下げ決行のお知らせ 

本日はナチスからの解放記念日で、5月1日と8日の月曜日は休日だったスロバキア。

夫は何か月も前から、友人たちを誘い総勢20人で低タトラ山地の、CHOPOK-JUHに行く計画を立てていた。
CHOPOK-JUHって、読めます?

CHは「っく」ってな感じで、のどのごみを出す時に、引っかかるような「っく」って音なんですが、
CHOPOKは「こぽっく」でしょうかね?

じゃあ、JUHは?
「ゆっふ」が一番近いかもしれないけど、「ふ」の音を「は」の口の形で言えばもっと上手に聞こえる。

そんな発音の難しい名前のところに行ってきたんですよ~~~

しかも雪の残る山でございました。
ベンちゃんも5歳になり、一端の山男を気取っていますが、
今回はハードだった様子で、泣いて歩いて、疲れて歩いて、休んで泣いて。

ペンションのマダムが、別のコースをおススメしてくれたにもかかわらず、
自分たちの行きたいコースを選んだ、強引な夫の計画に腹が立つばかり。

チェコ人の無謀な山登りで、遭難者が出るニュースを耳にすることがありますが、
私たちもあまり変わらないじゃん?

断固反対するべきだったか?まぁ、命を脅かすところまでではなかったから、
良しとして。

古いですけど、映画で「八甲田山」というのがあって、
決め台詞を思い出しましたよ。←皆さんは覚えていますか?

結局、私たちが登るはずだった頂上は2024mですが、
寒さのため、2004mのところにある、レストランで休憩し、ゴンドラを使って下山しました。
夫も妥協してくれた?ってことですね。女子供がいなければ、無謀な山男たち。

Chopok-Juhの登山口Srdieckoのウェブカメラはこちら←をクリック

まだ、少し寒いスロバキアでございます。




さて、先週に引き続き、宣伝ですが、

6月15日(木)日本発 
「憧れのプラハ4連泊
 2017 ICFカヌースラロームワールドカップ1」観戦付き6日間



日程を削り、料金も大幅値下げいたしました!!



ブラチスラヴァを削り、プラハ4連泊。
日本を出発して、ご帰国まで6日間にしたことで、予算もカットできました。




file-page4_20170509074532174.jpg

羽根田選手も出場予定の「ワールドカップ」ですよ!
ハネタク女子だけでなく、男性のカヌーファンのご参加も大歓迎です。
どうぞブログからでもいいので、メールしてくださいね。

「ブラチスラヴァ1泊+プラハ3泊」のアレンジも致します。

ウィーン空港からブラチスラヴァのホテルまでの送迎と、
ブラチスラヴァ~プラハへの列車移動の金額が追加になります。

ブラチスラヴァには、あの選手の行きつけのお店があるそうです。
どこでしょうね?(ははは、ポンセはもちろん知っていますよ!)

楽しさ、美味しさも満載です。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。



お待ちしています!!


















カヌースラローム観戦!憧れのプラハとブラチスラヴァ訪問7日間の旅 

みなさん、こんにちは!

昨日より、FBのほうでもお知らしていますが、

緊急発売です!!
すっごくドキドキするような、旅行の新商品を企画しました!!



今まで、こうやって表に出て「ガンガン」とセールスしなかったんですけど、
ホテルが混み合いますので、一刻も早く確実に行きたい方に情報をお届けしたく、
ブログのほうでも宣伝させてくださいね。

テーマは「カヌースラローム」
日本でも話題になりましたね~!




来る6月16日(金)から
「2017 ICF Canoe Slalom World Cup 1」(カヌースラロームの世界選手権)が、
チェコのプラハで行われます。


昨年のリオのオリンピックで、羽根田選手が銅メダルを獲り
日本でも注目された、あのカヌースラロームです。
それを予選から決勝戦まで、じっくりと観るのが目的のツアーでございます。







2017年カヌースラローム ワールドカップ観戦


ツアーの費用は1300€です(4/26の為替で158000円くらい)
ツアーの注意点ですが、これはオプショナルツアー扱いなんです。
6月15日(木)に、参加者がプラハの空港に到着して、私と合流したところからツアー開始。
6月20日(水)にウィーン空港でお別れするところでツアー解散になります。






2017年カヌースラローム ワールドカップ観戦
ツアーの日程や内容が記載されています

ポンセマジじゃん!!
そうなんですよ。ほとんど先週から徹夜でこれを考えていて、
寝たのか寝てないのか?わからない状態だったりして。
あっという間に今週に突入した感じ。

ツアーについて、もう少し説明させていただけるなら、
オプショナルツアーということで、

なんとか自力で、こちらまで来ていただかなくてはならない
もちろん、泳いで来いとはいいませんよ。

本音を漏らせば、出発日が近いので、団体ツアーとして日本から出すというのが、
大人の事情でむずかしかった。。。

なので、バラ売りみたいになってしまいましたが、
ちゃんと、信用できる会社をご紹介していますので、
どうぞ航空券の手配、相談はそちらでしてください。



2017年カヌースラローム ワールドカップ観戦
日通旅行株式会社をご案内しています




プラハに4連泊とういうのは、ツアーでは珍しく、のんびりと住んでいるような楽しさがあります。
カヌー競技場にも、路面電車で2,3駅の距離に位置し、旧市街にも地下鉄で1,2駅という
抜群のロケーションに宿泊予定です。

羽根田選手
が、日本のテレビ番組「アナーザースカイ」に出演した時、
彼の友人の日本人の料理人が出てきましたが、その方のお店が最近オープンしましたので、
そこで、ツアー最後の夜に、「お疲れ様会」を開く予定です!

楽しみでしょ?


というわけで、本日はツアーの宣伝ばっかりになってしまいましたが、
どうぞみなさんこの情報をニッポン全国のカヌースラロームファンに伝言してください。

特に「ハネタク女子」には、貴重な時間になること間違いなし!です。

言い忘れましたが、羽根田選手ももちろんこの大会に出場予定です。
リオ後の世界選手権の1戦目ですから、これも注目です。



いろいろとややこしい旅行に見えますが、
至ってシンプル!


チェコとスロバキアの初夏を楽しんでくださーい!



みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。
ツアーの詳細をメールにてお送りしますので、
左上のメールフォームからどうぞお問合せください!!




どうぞよろしくお願いします。
ポンセこと
Zen Networks, s.r.o ヴィツィアン 邦子より











そろそろ喪中明けます!ブログ再開のおしらせ 



31Mar BA flower
3月31日ブラチスラヴァの土手にて



やっと来た春。
浮かれるのには、まだ空気が冷たいのですが、
それでも、日中は20℃以上になりつつ、
遠くの山にも白い花が見えてきました。

みなさま、ご無沙汰しておりました。


昨年は、実母が亡くなったこともありましたが、
その後、頭をぶつけて、すっかり意気消沈。

もう、思い切って、宣言無しでごめんなさい。
気持ちを喪中として、ブログを書く気力が湧いてくるまでの放置を決め込みました。



本当に、なんだったんでしょうね?



老眼だからかなぁ?
携帯が便利過ぎて、良くないのかなぁ?


そうだ!悪いのはLINEなんですよ。


フェースブックと比べると、なぜか使いやすい気がするLINE
難といえば、日本の人と友達になりたくても、
海外の電話番号からは、友人申し込みはできない。

なので、一度メールや何かで


「すみません。そちらから申請してください。」

と、お願いをしなくてはなりません。
でも、それだけのこと。


あとは楽チン。


昨年の日本行で、久しぶりに復活した仲のよかった友人たちとの会話。
24時間関係なく、毎朝毎晩、日中夕方、子供の習い事を待っている時間など、
暇さえあれば、つい覗いてしまう緑のアイコン。

これをどうしても書きたい!

とか、


これをどうしても伝えたい!!


そんなスロバキアでの発見や愚痴を、
LINEでつながった友達に伝えることで、精神的に安心感を得てしまった感じでした。

わざわざPCを開き、メガネをつけたり外したりしながら、忘れてしまったIDを思い出し、
起承転結を考える、という行為ができなくなってしまったのです。


恐ろしいですね。



正直、ちょっと疲れが出てしまったんだと思います。
なんてったって、アラフィフですし、その上、喪中でしたから。
これをすべての言い訳にさせていただきます!!



それにしても、周囲の皆様には、ご心配をおかけしました。

「ポンセ重病説」は流れませんでしたか?(恐縮です!)

ブログのIDが入らなくて、「新しい記事を書く」まで、たどり着けず、
何度断念したことでしょう。


ヘルプデスクに助けてもらいましたよ。
遥か昔、航空券を発券する時にJALのヘルプデスクに電話して以来かも?
自分でも情けないやら、面倒くさいやら。


春とともに、やっと1年経ったんだなぁ、という実感がわいて来ました。
そろそろ、冬眠から覚めなくてはね。

熊じゃあるまいし。


チャイさんにバレエに誘っていただいて、外に出る楽しさを思い出したり、
ブラチスラヴァで女子会したり(みなさん年下でございます)、
娘ちゃんが日本に留学したNANAさんと、冬眠話に花を咲かせたり、


そうそう、日本料理のお店がブラチスラヴァに2軒もできるんですよ!

もちろん、両方試食に行ってきました。

振り返ると、

育児も孤独との戦いだった時もあったけど、
ママ友と苦しさを分かち合えたり、

仕事の悩みも、全然ちがう視点から指摘をもらうことで、
新しい希望が見えてきたり、

家族が成長することで、バラバラ感もでてきますが、
これはこれで、しっかり紐を結び直さないといけないし。

人生って、一人では生きて行けないですね。
誰かに頼っている自分がいることに、少しの安心を感じたりして。


周囲のみなさんや、遠い国のみなさんに助けられ、
こうやって、なんとか元気が復活してきましたので、
ブログも再開いたします!!





今後ともよろしくお願い申し上げます!



2017年4月4日(火)
スロバキアのポンセより愛をこめて (ハハハ)