オリンピック スロバキアと日本 

4年に一度のオリンピックが数日前に閉会した。
今年はブラジルのリオデジャネイロでのオリンピックで、
サンパウロに住むいとこのお兄ちゃんは、
騒がしいから日本に一時帰国してくる」と言ってた。
今頃、里帰り中で、日本の夏を楽しんでいることだろう。


スロバキアと日本の選手が大活躍をしたボート競技だけでなく、
今年は、いろいろな種目で楽しむことができた。
日本にいれば、日本人の得意な競技種目とスポンサーによって、
テレビ観戦できる競技が決まっている。

出場選手が多いだけ、テレビだって外国の選手を映すよりは、
やはり日本選手のメダルが気になるに違いない。

スロバキアにいると、スロバキアの選手が出るものはもちろん、
メジャーな種目が放送されるので、ちょっと得をしたような気持ちにもなれる。
出場選手数がすくなく、団体競技などはほとんど参加が不可能だけに、
個人にスポットが当たる。

この辺が日本との大きな違いでもある。
日本は国が大きく、参加種目数が多い。
団体競技に出られる→多くの選手が優れている。チーム競技ができるだけの人数と環境がある。


ああ、きりがないからやめておこう。
日本をでて、外側から日本を眺めると、
時々、苦虫を噛み潰したような気分になる。



さて、写真です!

日本のみなさんに少し知名度がでてきたボート競技。
銅メダルの羽根田選手の苦労が日本でも話題になっていましたね。
スロバキアに留学している羽根田選手を含め、メダリストを育てた監督さんは
感無量とニュースでコメントしていました。

IMG_20160809_234935.jpg
左の銀メダルがスロバキアのベヌーシュ選手 右が銅メダルで日本の羽根田選手

IMG_20160809_234939.jpg
思わずテレビを携帯で撮影







IMG_20160812_090130.jpg
二人乗りカヌーで金メダルを取ったのはスカンタル兄弟
IMG_20160812_090056.jpg
こちらもテレビを携帯で撮影



他にも、スロバキアはカヤック④1000m(ボート競技)で男子が銀メダルを取りました。
kayak four 1000m
写真転載








それから、50km競歩をごらんになりましたか???
日本の荒井選手がカナダにケチをつけられ、3位失格となりましたが、
抗議が認められ無事に取り戻した銅メダル!!!


その競歩50kmで
スロバキアのMatej Toth選手(マテイ・トートゥ)が念願のオリンピック金メダルを獲得しました。

Matej Toth



所属は軍隊の陸上部になりますが、
以前テレビのクイズ番組に出ていた時に、その話術、賢さとユーモアを備えた
ステキな若者でビックリしたことがあります。
それ以来、一目置いていましたが、悲願の金メダル!本当に嬉しかったです。
おめでとう!!


子供に「ママ知ってる?」と聞かれ、教えてもらった事実。
実はこの選手の奥様は我が地元、Krupina(クルピナ)出身の競歩一家の出なんです。


そういえば、
奥様のお兄さんの一人はシドニー?アトランタ?オリンピックにも出場しています。
(どのオリンピックか定かではないが)
なんでそんなのを知っているかというと、もちろん地元では有名人ですし、
というのも、うちの義弟が同級生で、「一緒にオリンピックを目指そう!」と、
高校生の頃から一緒に練習をしていたらしいのですが、
いつの間にやら、義弟は脱落。


まあ、小さな国なので、石を投げれば誰かに当たるんでしょうね。
余談は置いといて、


名も知らない国の選手が活躍し、その国旗で体を覆う姿を見ると、
「うん、うん」

頑張ったね!よくやった!!

と、うなずく私でした。



日本選手とスロバキア選手が同じ表彰台に立つのを見て、
これまた感慨深いものがあり、
涙は出ず、それよりも義務感に近い気持ちで、
携帯のカメラを用意する私でもありました。





あ~、最終日のサガンは自転車がパンクして、クロスカントリーで31位だったかな?
残念!!ツールドフランスの大活躍に続くかと思ったけど、そうは問屋が卸さない?

元々はクロスカントリーの選手だったサガン選手も、急遽オリンピックに出場したわけですが、
優勝した選手たちは皆30代。

サガン、若い君にはまだ時間があるぞ!とりあえず、ロードのほうで頑張れ!!



広告もでちゃったし、8月は終わりだし、
日本のみなさんは、台風や残暑に負けずがんばって行きましょう。

スロバキアは涼しくて、気分は秋です。
最後の名残で、今週末は30度近くになりそうだとか。

その他の土地の方々も、自然に逆らわず、しかし負けずに耐えて
楽しく美味しい季節を楽しんでください。

ご精読ありがとうございます。















頭を打ちました 

年女だというだけあって、今年は侮れない。
これでもか!これでもか!と、人生の波が押し寄せ、
飲み込まれそうな焦りを感じ、
気が付けば、2016年も後半に突入していました。



さて、報告ですが、タイトルのとおり。

人生初の貧血を起こし、友人宅で倒れました。
そして、これまた人生初の頭を強打!イタタ。
おにぎりくらいのタンコブを掌に感じ、
夜間救急で人生初のCTスキャンを受けました。



病院のロビーで
「UEFA EURO 2016 」(サッカーの国対抗ヨーロッパ大会)の決勝戦を観戦。
こんな不甲斐ないことは、私の人生を振り返っても思い当たらない。


結果は、脳震とう。
吐き気もとっくに去り、打った場所が痛いだけ。
情けないなぁ。。。


倒れた時に、気を失っていた(30秒くらい)ので、
夫もさすがに心配したのか、普段から想像できないくらい優しかった。




その2日後に、ひざに溜まった水を抜きに病院へ。
(3カ月待ちだったので、キャンセルしたくなかった)

医者が膝の裏の血管を押さえた瞬間、
頭が圧迫され、酸欠のような?

まるで三蔵法師の呪文で、頭の輪が縮まり、
のたうちまわる孫悟空の気分を味わいました。

2日前の出来事を説明したところ、
大丈夫!といわれ、ひざの水は抜いてもらいました。


頭を打って2,3日は安静にしたほうがいいですね。
もちろん、できるだけ床についてましたけど、
こういう時に限って仕事があったりする。


日本のお客様と楽しい時間が過ごせて、
それはそれで、いい気分転換になりました。


先週は、まだ脳が不安定な様子で、
更年期障害の症状の一つ、
ホットフラッシュのような、急に「ぶわ~」っと、
顔に熱さを感じることがあったりして、


まさか?これを機に私、更年期障害になっちゃったんじゃない?


なんて、不安も抱いてしまいましたが、
これも落ち着きました。




頭って、大変重要な場所なんですね。


→頭なんて打たないほうがいい。
→そんな経験しなくていいなら、しないほうがいい。
→ケンカとか、交通事故とかで頭を打って、亡くなる人もいる
→ってことは、あの痛みよりも、もっと痛いってこと?



こういう経験をしたことがないので、
本当に人生って、毎日が勉強だよなぁ~!

なんて、アホなことを考えている自分に問いかける私。

「ポンセ、頭打って、おバカになってない??」



年齢によって、生活も行動も体も頭も、変化してゆく時なんだろうなぁ!と、
実感しつつ、

ストレスと運動不足解消、血行を良くして、健康的な生活を送ろう!と、
改めて決心する機会になりました。


みなさんもご自分の体を大切に、
これから到来の2016年の夏を楽しくお過ごしください。


携帯を新しくしました! 

それがどうした?ポンセ!

と、オーストラリアに居る友達に叫ばれそうですが、
老眼の私のチョイスは


「とにかく画面のデカいやつ!」

というわけで、本当は「SONYのZ5」が欲しかったのですが、
今年はまだそれに値するだけの仕事をこなしていないので、
予算大いに縮小し、

Honor 7を買ったと思っていたら、一つ安いタイプでHonor5を買っていました。
(こういうのも、娘に指摘されてからわかった)


携帯って、2年の間に
便利な機能に、進化するんですね~。




前回購入時は、「スマホ初デビュー」だったので、
夫の言うがままにSamusungを買いましたが、

最近「LINE」を始めたので、どうしても新しいのが欲しかった。
いや、画面が大きくて、写真がきれいにとれるやつ!だ。

ちょうど娘の携帯が壊れたので、私のサムソンは娘へ譲り渡し、
自分のを選びにO2ショップへ!(O2という電話会社がある)


悩みに悩む。
だって、どれも同じに見えるから。。。(おばさん化!)

ニコライの同級生が働いているので、
これまたおばさんの乗りで、聞いてみた。

「ねえ、エリカちゃん、画面が大きくて、写真がきれいで、安いやつを選んで!」

リンゴ病じゃありませんし、予算もありません。
黒いのは仕事してます!仕事してます!電話してください!って見えるし、

というわけで、「Honor5」のベージュ(?)に決定!
ポンセやればできるじゃん。お金さえあれば、買い物は恐くない。


家に帰って操縦だ!(大げさな)

とても驚いたのは、日本語のオペレーションができること。
→これはサムソンでは無理だった。
説明がなんでも日本語なのである!!!
→これは喜ぶべき驚きなのだ。

スロバキアにいて、日本語でオペレーションしてもらえるの?
本当にいいんですか?
(コンピューターなんかも、英語とチェコ語だったりして、
本当に不便な思いをしていた私)

人類の進歩は、日進月歩である。
日本語に甘えていていいのだろうか?


うふふ♪(o・ω・)ノ))
いいんだよね♪


それでも、書くほうの言語は「日本語」の選択がないので、
ググって、ゲット。

これでなんとかなるよ。

肝心のカメラは?!
先日いらした日本のお客様と、
スマホ初心者同志、知恵の授けあいで知ったが、
「スマイル設定」なるものがあり、
セルフィー(自分撮り)でシャッターを切る時(←この言葉さえ既に時代遅れ)
笑うと自動的に写してくれるのだという。

うそでしょ?
そういえば、何年か前にお客さんから聞いた気がする。




あったんですよ。


\(^o^)/ バンザーイ

私のHonor5にもありました。


***客観的に読むと、なんておバカな記事を更新しているのだろう、、、と
自己嫌悪になりますので、私の新しい相棒の写した「ブラチスラヴァにて」を
ご覧いただきましょう。







cake_20160623020824dcb.jpg
バニラプディングとホイップクリームとパイ生地という肥満になる為のスイーツことクレメッシュ




電車の到着を待つ間に、朝ごはんとしていただきました。





BA Train station
ブラチスラヴァの中央駅の2階にあるレストランのテラスからの眺め



ピントも合っていないし、暗いなぁ。失敗




IMG_20160616_171501.jpg
こっちもイマイチ





palacinky 1
滅多に外では食べないパラツインキー

なぜ?って?
自分ちで作るからでーす。



palacinky.jpg
フードモードというのがあり それで撮影するとおいしそうに被写体が光って写る優れもの

おいしそうでしょう?
滅茶苦茶甘そうですが、想像以上の甘さでした。
やっぱり自家製が一番いい


最後にお見せするのは、今年1回目に採ったイチゴです。
3回採りましたが、もう面倒くさい。ギブアップしてます。
追肥して、少し楽させてもらいます。
イチゴ好きのあなた!許してください。




ichigo_201606230208264e7.jpg


もうすぐブルーベリーやラズベリーが甘くなります。
ふぅ。採らなきゃ。。。


本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ













ロハーチ(クワガタ)のエロス(Roháč chrobák) 

すごいタイトルを書いてしまったが、
スロバキアではクワガタは保護昆虫なので、貴重である。

保護昆虫ということは、捕獲はしてはいけない。
でも、たまたまうちの庭に居たんです。
超ラッキー!!

私、虫、だーいすき(^∇^)ノ

早速、お見せいたしましょう♡









kuwagata1.jpg kuwagata2.jpg



我が家の洋ナシの木から、蜜が出ていたらしく、そこに2匹の世界がありました。
甘い蜜(かなぁ?)を吸いながら、子孫繁栄のために頑張る彼らは、
怪しい光を放つ、クワガタムシであった。








kuwagata 3 kuwagata 4



結構、高いところだったので、足元に木箱を置いて、
なんとか写真撮影をしようと、私だって頑張ったんだぞ!




するとそこへ、、、、、








kuwa and bee kuwa and bee2



日本語名はしらないけど、こちらではとても恐れられている、
大きな蜂がやってきた。

怖い!怖い!
逃げたいけど、どうなるのか少し気になる。(フライデーの記者の気持ち)


クワガタの雄は、蜂に対抗しながら、それでも仲良く蜜を分け合っていました。



その日以来、毎日様子をチェックして、ひとりで(・∀・)ニヤニヤの私。
こんな面白いシーンは誰にも教えてあげない。
子供に見せたら、うるさいし、大自然の姿を堪能したいから。

発見より3日後に子供に教えてあげようと、木のそばにいくと、
雄クワガタが木の下を歩いていた。


?????別離の時がきたのかな?










mushi.jpgmushi tsuno
お疲れの様子。角をつついてポーズしてもらいました。





そして、あの場所を覗いてみると、








king.jpg king 2
mushi king mushi king 2


うぎゃー!!
人間の世界とは違う、世界観。
大きいやつが強いってこと?

この光沢と威厳は、まさしくムシキング!(カブトムシじゃないけど)


やたら、強烈な自然の法則を見せつけられ、
清いエロスに感動の日々でした。(なんじゃそりゃ?)


*スロバキア人の友人たちも、「すごいじゃん!家にクワガタがいるの?」と、
感心してました。

、、、が、もしかしたら、私の自己満足による解釈かもしれません。


あしからず。



*追伸*
オーストラリアにお住まいのYさん、
先週の13日にメールを送りましたが、届いてませんでしょうか?
本日2通、メールしてみました。
届いてないようでしたら、お知らせください。

かしこ








































スロバキアの初夏 

2016年の6月だが、まだ「ニセアカシヤ」の花が咲いていない。
いつもは5月の中旬に満開になり、
鮮やかなブルーの空に、アカシヤの甘い香りと、
悲しい思い出がよみがえり、複雑な気持ちでこの木を眺める。

悲しい思い出は、いつかこのブログに書いたと思うのだが、
その記事を探せないので、簡単に紹介したい。

あれは、このクルピナに引っ越して来たばかりの春だったから、
2009年だったと記憶しますが、仲良しの友人がお産で入院し、
女児を出産した直後、羊水が逆流して、血管に入り込み、
赤ちゃんは助かりましたが、友人が亡くなりました。

その週は、同じ病院でもう一人の妊婦が亡くなり、
大ニュースになりました。(過失事故として認識されました)

あの知らせを受けた日は、青空が綺麗で、ニセアカシヤの木の下を通ると、
甘い香りがしました。

忘れることのない思い出が、この季節にあります。




さて、話を戻して、

家から町の入り口まで、200mほどの坂道を下ります。
ここは野草の宝庫!
毎日「花の子ルンルン」の主題歌を思い出しながら、
歩いて、時にはスキップしたくなるくらい、
いい匂い、かわいらしい色合いの自然美を堪能できます。

komichi.jpg
ここがその坂道 正面には橋とマンションが見えてくる
廃線になりましたが、時々貨物列車や点検列車が走ります。

この左右に広がる野原の世界をお見せしましょう!










<白い世界>

white.jpg white 2





white 3 white 4










<ピンクの世界>
これはクリンチェックと呼ばれる花で、ナデシコ系の花です。
スロバキアの固有種で、高山ナデシコと訳しておきますね。
私の大好きなショッキングピンクのかわいらしい花です。(癒される~)
pink and yellow pink.jpg
pink 4 pink 5











<オフホワイト>
意外と緑の世界に映える不思議な魅力をとらえました。
offwhite 5 offwhite 4
offwhite 2 offwhite 3
green and offwhite 2 green and offwhite










<野草の花束>
子供たちが、学校の帰りや保育園の帰りに摘んで帰ってきました。
kitica2.jpg kitica.jpg





<野イチゴ>
食べてもスカスカで美味しくないが、香りは抜群!
ichigo 2







<はちとタイム>
お茶にしたり、香草として料理に使う野草「タイム」
いい匂いに誘われて手を入れると、ミツバチがいるので要注意。
hachi.jpg materino.jpg pink 3








<その他>
akasia.jpg
ニセアカシヤ(白)の葉は面白い形をしているでしょ?


greem.jpg
近所の小川に生えていたペパーミントの葉




pazitka.jpg
玉ねぎ味の葉でアサツキよりもかなり細い(パジツカと呼ばれてます)



murasaki.jpg
名前は知らないがいかにも高山植物
濃い紫が堂々として、女王様みたい!(個人的な意見です)


<エステル>
うちの固有種!
キリスト教の入信式が5月22日にあり、その1週間後にはフラワーガールとして、
ミサが終わった時に、かごに入れた花びらを教会にちりばめたそうです。

eater 2 Ester in white

髪の毛は、Chihirkoさんに教わったビデオを見て結びました。
ドレスはイギリスに住むラドの妹の結婚式の時にラドのいとこが着たものですが、
妹の義理母(イギリス人)のお手製です。


は~い。スロバキアの初夏の自然美をお届けしました~!

最近は暑いと思ったら、大雨が降るという、梅雨のような毎日です。
関東も梅雨入りと聞きました。
どうぞ健康にお過ごしください。

ポンセ