昨日、町で。 

12月も中旬。
これといって大雪が降るわけでもないが、
今週はちょっとマイナスの世界に入った感じがする。

しかし、温度計をわざわざ覗いて見るつもりはない。
寒さが増すだけだもんね。

先月の終わりから、少し離れた町で仕事をしています。
隔週なのですが、1週間ほど家を空けるので、
帰って来ると、ビックリの連続。


家の玄関がきれいに掃き掃除がしてあるじゃん!!!!





と喜びながら家の中へ入ると、
遠くからも見えるほどの大きな山が、、、、。




まさかのロッキー山脈が。



いやいや、スロバキアだから、タトラ山脈だわな。
アイロンがけのね。

山が探せなかった、くっつ。




そういえば、今日、久しぶりにFBを見てたら、面白いブログの紹介がありました。
スロバキアについて、詳しく書いてあるので、いろいろと参考になります。
左のほうにもリンクしておきますし、↓どうぞクリックしてご覧ください。

お薦めのブログ「WADO KADO」


さて、本題へ。

昨日は1週間ぶりに我が町、KRUPINAを歩く。
別に意味はないけど、午前中からいろいろと雑事を済ますため。

いい天気も久しぶり。



svaty 3-1
ユネスコの町にある三位一体の像よりも古いもの
中世に流行った疫病ペストの慰霊の像



ここは町の中心で、その昔はここで青空市場が開かれていました。
その日時は昔から決まっています。
例えば、何月の第1土曜日に開かれるとか、
それは町によって違います。


車のない時代は、馬車が活躍していたり、
Krupinaはロバが大活躍していたそうです。


市場の翌日は教会にお祈りに行くために、
遠くから人々が集まりました。
ここには酒場があり、宿場も兼ねていました。
こうやって町は発展していったんですね~。


市場を開催することの出来る町は、
ハンガリー王から証印のある勅許状を与えられ、
それらは今でも保管されています。
王の認めた「町」である重要な証拠でもありました。

この「町」が発行した商売証明書のようなものがあって、
これを保持していれば、他の地方の町に行っても、
市場に自分の店を出すことができたそうです。

Krupina はスロバキアでも1,2を争う古い町で、
「Krupina 発行」といえば、商売繁盛!!の貴重な証書だったと、
博物館の館長が教えてくれました。


話がそれて、、、。

















kroje.jpg
久しぶりに民俗衣装を着たおばあさんに会ったので
思わず「写真を撮ってもいいです?」とお願いしました


最近、こうやって普段着でクロエ(民俗衣装)を着ている人を見ないなぁ。。。









タイトルはここまでなんですけど、
ちょっと愚痴。
ちょっと見て!










bus1.jpg
先週の日知曜日に乗ったバス









bus.jpg
広告もないけど










ものすご~い年代物!
このタイプに乗ったのは何年前だろうか?
いや、何十年前かも???


このバスは、はるばるチェコのプラハからやってきて、
同じ日に戻ってゆく便なんだけれど、
走行距離は1日およそ1000km弱。


それにしても、この寒いなか、配車できるバスがなかったのか、
倉庫からやって来た時代遅れのバス。


でも、暖房はちゃんと効いていて、
その2週間前に乗った、新しいバスよりもずっときれいで心地がよかった。



貴重だよなぁ、これも。
思わず記念写真。。。撮っていたのは、
私だけじゃなかったよ。



来週もクリスマス返上で仕事に行く予定です。
みなさんもお体にお気を付けて、
師走を走り抜けましょう!




大好き!!ベオグラード<その5> 

今日は9月1日で、日本の皆さんは夏休みが終わり、
本日より登校だったでしょうね。

スロバキアは9月1日は祝日なので、
7月1日から始まった夏休みも、
本日がとうとう最後の日。
そして、いよいよ明日2日から新学期が始まります。

子供たち、朝起きできるかなぁ?



さて、ベオグラードですが、英語だとBelgradと書きます。
でも日本人にとっても、ベオグラード(Beograd)のほうが親しみがありますよね。


原語の表記もローマ字だとBeogradになるので、
ホテルとツーリストインフォメーションでもらった地図は、、
私を混乱させた。

地図の地名の英語は読めても、その場に立つと通りの名前などの表記は
キリル文字だったりする。

高速とか道路は、キリル文字がローマ字に変換表記されているので、
あまり問題はないのだけど、
歩いて回る範囲、生活範囲のものは、英語の地図では用を足さない。



それでも、今回の2泊3日で一番痛感したことは、

こんなに英語が通じる都市って、
めずらしよなぁ~!


と、思いきりポジティブになれたこと。

言葉が理解できないと、本当に苦痛でたまらない。
もう毎日がそういう生活なので、英語で質問して親切な回答がもらえる喜び!
これは旅の解放感を一層色濃くし、
なんだかその町の住人になったような気分で、
縦横無尽に歩くことができた。

特に、若い人たちの英語はわかりやすくて、
「ああ、この人たちは普段から使っているんだなぁ」と実感した。

レストランもファーストフードも、英語で注文できるし(若い人が働いてた)
町、唯一らしき中華料理屋さんでは、共通語がなくて、
身振り手振りと漢字と英語のメニューに助けられたが、
年配の人でも、レストランでは完璧な英語と対応でしたし、
ホテルのフロントのおじさんもおばさんも英語はバッチリ!でした。



スロバキアにいるよりも、よっぽど英語が通じるように感じる。

チトー様様なのだね。チトー大統領についてはここをクリックしてね→

それから、前回肝心のユーゴスラヴィアについて、
クリックを設けていなかったの、どうぞこちらも合わせて読んでみてください。
ユーゴスラヴィアについてクリック→ユーゴスラヴィアについて




写真の旅を続けましょ。
バスターミナルに戻って、一旦ホテルまで歩いて帰ることにした。
夫も待っているかな?仕事が終わったかな??


朝、徒歩で通過した道を戻る。
そうだ、朝にも会ったけど、かっこいい奴らを携帯で激写!

trans 3trans 4trans5.jpgtrans1.jpgtrans2.jpg



dozo.jpg
英雄の銅像はどこも似ている Prince Mihailo
national opera
国立オペラ座

1867年にハンガリーがオーストリアと2重帝国になり周辺の小国も
自国の言葉のオペラ劇場を建立し、自国の独立を目指した時期。
銅像になる英雄たちのもどこか共通点がある。








17時にホテルに戻ったものの、
夫はまだ忙しくコンピューターとにらめっこしていたので、

「じゃあ、19時半にもう一度会いましょ!」


とホテルを出て、再度行ってきま~す!!

yosai2.jpg
yosai naka 3
yosai4.jpg
ベオグラードの要塞

この要塞内の壁と壁の間に、テニスコートやバスケットコートがあったのには驚いた!
さすが、世界一のプレーヤーを出すだけのことはある。
ちなみに、ノバックさんのテニスのお店もベオグラードにあるらしい。


さて、要塞から路面電車にトライ!
ホテルの近くで降りようと思ったのだけど、
約束の時間までまだあるから、街のはずれまで行ってみよう!

いい気になりすぎたかな?
帰れなくなると怖いので、そろそろ下車。

酔っ払い?浮浪者?
私を見つけて寄ってきた。

道を教えたい?親切なの?物乞いなの?
小銭をやりたくないので、手を振って
「NO、NO」と合図を送った。
警察官が近くにいたので、あちらも去って行った。(よかったぁ)

来た道を歩いて戻る。
せっかくだから、歩こう!
  






tesla2.jpg
発明家の「Nikola Tesla」の博物館だったかな?大学だったかな?
建物の前にあった銅像


tesla.jpg
この国の英雄の一人 「二コラ テスラ」


そうなんですよ。私ですらこの方の苗字に覚えがあるのです!
なぜって?

最近はあまり見ないかもしれないけれど、
少し前まで、このメーカーの電気製品は売れ線の商品として
電気屋さんにたくさん並んでいました。
家のパン焼き器はTESLA製かもなぁ?

ラドに聞いたところ、
「有名な発明家だから、その名前を取れば売れると思ったんでしょう」とのこと。


ああ、今、ウィキペディアを見て、これまたビックリ!!
まただよ、私。無知丸出し。。。
ニコラ テスラについてクリック→「ニコラ テスラ」について 




歴史上、スロバキアにも発明家や学者は多い。
これほどの功績に匹敵する人物はいるかなぁ?





ホテルに戻り、ラドと合流して中華の夕食。
チャイニーズ料理は塩味が強くてのどか乾く。
のち、ホテルの通りが行き止まりになっていて、
近くのパブがテーブルを並べていた。
地元のビール「Jelen」(男鹿)を飲みまくることに。




角を曲がると、有名なSkadarlija通り。
別名「ボヘミアクウォーター」ともいい、毎晩、ジプシー音楽の生演奏が聞ける。
おもには旅行者向けで、竹下通りを思い出すような混雑と照明。
夜中まで音楽が聞こえていた。

s street 3s streets street2

s street 8s street4s street6

s street7s stret5


あくまでもあのNATO空爆ビルを目指しているのだが、
なかなか発見できなかったんですよ。
さすがに、地図に「NATO空爆ビル」とは書いていないですから。



*ブログを書くのは、1時間以内と決めているので、
すでに1時間以上オーバーしてますけど(苦笑)

すみません。。。また次回へ続きます。















   











銀メダル(アイスホッケー世界選手権) 

残念ながら、銀メダルで終わりました。

大差で負けてしまったので、仕方がないのだが、油断とミスが重なりすぎて、逆転する気力がついていかなかった感じ。力はきっと同じくらい。早さはロシアが上だけど、ちょっとしたきっかけで、負けてしまって、もったいない。


去年の事故ではチェコ人も亡くなったし、ロシア人が一番多く亡くなったはず。どのチームも亡くなった選手のぶんもがんばっただろう。スロバキアだけじゃい。

銀メダルをサバサバと首に書けてもらったスロバキア選手と比べて、メダルをもらうロシア人選手たちは、少年のようだった。笑顔がはじけていた。



スロバキアチーム、楽しい時間をありがとう。また来年も強くあれ!シャタン、辞めないでがんばってね!!

夏時間になりました! 

事後報告ですが、、、。

日曜日から夏時間がスタートしました。

ということは、今までよりも1時間早く朝起きしなくてはなりません。
でないと、子供たちは寝坊して、学校に遅れてしまいます。

ということは、今までよりも1時間くらい早く布団に入らないといけないってこと。
春眠暁を覚えず。

ぐっすり眠っている子供を叩き起こすのは、ちょっと罪悪感すらおぼえてしまう。



先週は、朝の5時ごろからお日様の光が差し始めていた。ベンちゃんの一人おしゃべりを聞きながら、この明るくなる喜び、日の光が照らす、ほのかな暖かさを楽しんでいたんだけど、今週は、それが6時だから、

「早く起きて、弁当、弁当!」

こういう状態です。しかも、まだ朝は寒いのに、暖房はもうなし!薪の節約のためです。掃除も面倒くさいし。
それでも、春がくるのは嬉しい。庭に植えたクロッカスと水仙が咲いた。嬉しい。にわとりが卵を生む。嬉しい。


来週は、イースターだから、本当に春の到来となる。
6日はお肉はたべちゃだめ。9日は恒例の水掛けだし。両日ともに、娘たちの誕生日でもある。


本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


明日は、ブラチスラヴァに、「手から手へ」のオープニングを見に行きます。子供たちを引き連れて、車を運転して、お友達に会えるのが楽しみです。いくつになっても、友達っていいものね。

ってなわけで、明日、会いましょうね!!
そちらで、ぜひ、お会いしましょう!!

大寒波 

今週は、マイナスワールドに突入しております。

今朝、「おーい、マイナス19度だぞー。」と、ラドの声が一段と、寒さを感じさせてくれました。


「ちいっ!」


聞かなきゃよかった。







テレビの天気予報では、夜は所により、マイナス14度からマイナス27度ってありました。実は先週から既に、今週の寒さについては予想されていた。日中はマイナス20度なんて行かないと信じています。私の背中で、お日様が微笑んでいます。



こうやって、日光の出る日は、かなり気持ちよく過ごせるのですが、曇が重たく、灰色の空だと、やる気もなくなるし(そうじと洗濯)どうも気が滅入る。
去年は、そういう「冬のウツ」が、話題になりました。


それでも、子供たちは元気に学校に行きます!!えらいぞ!!


私も、にわとりにエサをやらねば。昨日の残りのスープを猫にもやろうと、外へ出た。食器を洗った後の少し濡れている手は、マイナスの世界では、途端に凍えだした。
猫のエサを入れる、古いお鍋に手がくっつく。鶏小屋の鍵が手にくっつく。(そと猫を地下にいれてやった。)


これがマイナスワールドなんですよね。





IMG_0201.jpgIMG_0208.jpgIMG_0209.jpg









適度にお日様が雪を解かすけど、完璧に解けるわけじゃないので、これがまた凍ってしまい、歩道はツルツルのアイスリンクになっているので、歩くときに注意が必要。


スロバキアに来たばかりのころ、雪がうれしくて、何度も寝転んで楽しんでいた。柔らかい降ったばかりのふわふわな雪はかわいい。両手を広げて、両足を広げて、バタバタして、「天使の絵」を描く。こんなの夢の世界だったもんね。
(今は、、、、家の中から雪遊びをする子供の姿を見て、コーヒーを飲む!これで十分だったりする。)


周囲は「汚いからやめなさい。」と言うけど、空から落ちてくる雪を食べるのも、大好きだったなぁ。スロバキア人は、これはやらないし、ちなみにだけど、かき氷もない。

それから要注意!!といわれたのが、子供が公園の遊具についている氷を「ペロン」と舐めないように。なぜかといえば、
舌がそのまま、遊具にくっついて凍りついてしまうから。これには驚いた。

ラドの子供のころの経験か?友達がそんな事をしたのか?
そんなときは、お湯を持ってきて、遊具を温めて、舌をはがすらしい。なるほどね!と感心しました。


というわけで、この寒波は明日も続きます。


本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ



スロバキアで一番寒い(天気予報で出てくる地名)は、POPRADですが、昨晩の体感気温はマイナス30度だったみたいです。。。。おーさむ。

日本は、節分ですね!
大豆でも炒って(いって)食べようっと。違うや、うちでも、豆撒きしなきゃ。