オリンピック スロバキアと日本 

4年に一度のオリンピックが数日前に閉会した。
今年はブラジルのリオデジャネイロでのオリンピックで、
サンパウロに住むいとこのお兄ちゃんは、
騒がしいから日本に一時帰国してくる」と言ってた。
今頃、里帰り中で、日本の夏を楽しんでいることだろう。


スロバキアと日本の選手が大活躍をしたボート競技だけでなく、
今年は、いろいろな種目で楽しむことができた。
日本にいれば、日本人の得意な競技種目とスポンサーによって、
テレビ観戦できる競技が決まっている。

出場選手が多いだけ、テレビだって外国の選手を映すよりは、
やはり日本選手のメダルが気になるに違いない。

スロバキアにいると、スロバキアの選手が出るものはもちろん、
メジャーな種目が放送されるので、ちょっと得をしたような気持ちにもなれる。
出場選手数がすくなく、団体競技などはほとんど参加が不可能だけに、
個人にスポットが当たる。

この辺が日本との大きな違いでもある。
日本は国が大きく、参加種目数が多い。
団体競技に出られる→多くの選手が優れている。チーム競技ができるだけの人数と環境がある。


ああ、きりがないからやめておこう。
日本をでて、外側から日本を眺めると、
時々、苦虫を噛み潰したような気分になる。



さて、写真です!

日本のみなさんに少し知名度がでてきたボート競技。
銅メダルの羽根田選手の苦労が日本でも話題になっていましたね。
スロバキアに留学している羽根田選手を含め、メダリストを育てた監督さんは
感無量とニュースでコメントしていました。

IMG_20160809_234935.jpg
左の銀メダルがスロバキアのベヌーシュ選手 右が銅メダルで日本の羽根田選手

IMG_20160809_234939.jpg
思わずテレビを携帯で撮影







IMG_20160812_090130.jpg
二人乗りカヌーで金メダルを取ったのはスカンタル兄弟
IMG_20160812_090056.jpg
こちらもテレビを携帯で撮影



他にも、スロバキアはカヤック④1000m(ボート競技)で男子が銀メダルを取りました。
kayak four 1000m
写真転載








それから、50km競歩をごらんになりましたか???
日本の荒井選手がカナダにケチをつけられ、3位失格となりましたが、
抗議が認められ無事に取り戻した銅メダル!!!


その競歩50kmで
スロバキアのMatej Toth選手(マテイ・トートゥ)が念願のオリンピック金メダルを獲得しました。

Matej Toth



所属は軍隊の陸上部になりますが、
以前テレビのクイズ番組に出ていた時に、その話術、賢さとユーモアを備えた
ステキな若者でビックリしたことがあります。
それ以来、一目置いていましたが、悲願の金メダル!本当に嬉しかったです。
おめでとう!!


子供に「ママ知ってる?」と聞かれ、教えてもらった事実。
実はこの選手の奥様は我が地元、Krupina(クルピナ)出身の競歩一家の出なんです。


そういえば、
奥様のお兄さんの一人はシドニー?アトランタ?オリンピックにも出場しています。
(どのオリンピックか定かではないが)
なんでそんなのを知っているかというと、もちろん地元では有名人ですし、
というのも、うちの義弟が同級生で、「一緒にオリンピックを目指そう!」と、
高校生の頃から一緒に練習をしていたらしいのですが、
いつの間にやら、義弟は脱落。


まあ、小さな国なので、石を投げれば誰かに当たるんでしょうね。
余談は置いといて、


名も知らない国の選手が活躍し、その国旗で体を覆う姿を見ると、
「うん、うん」

頑張ったね!よくやった!!

と、うなずく私でした。



日本選手とスロバキア選手が同じ表彰台に立つのを見て、
これまた感慨深いものがあり、
涙は出ず、それよりも義務感に近い気持ちで、
携帯のカメラを用意する私でもありました。





あ~、最終日のサガンは自転車がパンクして、クロスカントリーで31位だったかな?
残念!!ツールドフランスの大活躍に続くかと思ったけど、そうは問屋が卸さない?

元々はクロスカントリーの選手だったサガン選手も、急遽オリンピックに出場したわけですが、
優勝した選手たちは皆30代。

サガン、若い君にはまだ時間があるぞ!とりあえず、ロードのほうで頑張れ!!



広告もでちゃったし、8月は終わりだし、
日本のみなさんは、台風や残暑に負けずがんばって行きましょう。

スロバキアは涼しくて、気分は秋です。
最後の名残で、今週末は30度近くになりそうだとか。

その他の土地の方々も、自然に逆らわず、しかし負けずに耐えて
楽しく美味しい季節を楽しんでください。

ご精読ありがとうございます。















スロバキアの初夏 

2016年の6月だが、まだ「ニセアカシヤ」の花が咲いていない。
いつもは5月の中旬に満開になり、
鮮やかなブルーの空に、アカシヤの甘い香りと、
悲しい思い出がよみがえり、複雑な気持ちでこの木を眺める。

悲しい思い出は、いつかこのブログに書いたと思うのだが、
その記事を探せないので、簡単に紹介したい。

あれは、このクルピナに引っ越して来たばかりの春だったから、
2009年だったと記憶しますが、仲良しの友人がお産で入院し、
女児を出産した直後、羊水が逆流して、血管に入り込み、
赤ちゃんは助かりましたが、友人が亡くなりました。

その週は、同じ病院でもう一人の妊婦が亡くなり、
大ニュースになりました。(過失事故として認識されました)

あの知らせを受けた日は、青空が綺麗で、ニセアカシヤの木の下を通ると、
甘い香りがしました。

忘れることのない思い出が、この季節にあります。




さて、話を戻して、

家から町の入り口まで、200mほどの坂道を下ります。
ここは野草の宝庫!
毎日「花の子ルンルン」の主題歌を思い出しながら、
歩いて、時にはスキップしたくなるくらい、
いい匂い、かわいらしい色合いの自然美を堪能できます。

komichi.jpg
ここがその坂道 正面には橋とマンションが見えてくる
廃線になりましたが、時々貨物列車や点検列車が走ります。

この左右に広がる野原の世界をお見せしましょう!










<白い世界>

white.jpg white 2





white 3 white 4










<ピンクの世界>
これはクリンチェックと呼ばれる花で、ナデシコ系の花です。
スロバキアの固有種で、高山ナデシコと訳しておきますね。
私の大好きなショッキングピンクのかわいらしい花です。(癒される~)
pink and yellow pink.jpg
pink 4 pink 5











<オフホワイト>
意外と緑の世界に映える不思議な魅力をとらえました。
offwhite 5 offwhite 4
offwhite 2 offwhite 3
green and offwhite 2 green and offwhite










<野草の花束>
子供たちが、学校の帰りや保育園の帰りに摘んで帰ってきました。
kitica2.jpg kitica.jpg





<野イチゴ>
食べてもスカスカで美味しくないが、香りは抜群!
ichigo 2







<はちとタイム>
お茶にしたり、香草として料理に使う野草「タイム」
いい匂いに誘われて手を入れると、ミツバチがいるので要注意。
hachi.jpg materino.jpg pink 3








<その他>
akasia.jpg
ニセアカシヤ(白)の葉は面白い形をしているでしょ?


greem.jpg
近所の小川に生えていたペパーミントの葉




pazitka.jpg
玉ねぎ味の葉でアサツキよりもかなり細い(パジツカと呼ばれてます)



murasaki.jpg
名前は知らないがいかにも高山植物
濃い紫が堂々として、女王様みたい!(個人的な意見です)


<エステル>
うちの固有種!
キリスト教の入信式が5月22日にあり、その1週間後にはフラワーガールとして、
ミサが終わった時に、かごに入れた花びらを教会にちりばめたそうです。

eater 2 Ester in white

髪の毛は、Chihirkoさんに教わったビデオを見て結びました。
ドレスはイギリスに住むラドの妹の結婚式の時にラドのいとこが着たものですが、
妹の義理母(イギリス人)のお手製です。


は~い。スロバキアの初夏の自然美をお届けしました~!

最近は暑いと思ったら、大雨が降るという、梅雨のような毎日です。
関東も梅雨入りと聞きました。
どうぞ健康にお過ごしください。

ポンセ


















イースターとインフルエンザ 

スロバキアは人口の68パーセントが何かしらの宗教に属し、
そのうち68パーセントがローマンカソリック教、プロテスタント14パーセント、その他
と習ったのは3年前のことであるのだが、


2016年のイースターホリデー。
学校は3月24日木曜日から始まり、
翌週の3月30日水曜日から授業開始。

一般人は金曜日から月曜日までが祝祭日として休みになる。

金曜日はみなさんご存じのお肉を食べてはいけない日。
そして、もっと厳しくは16歳以上60歳未満のカソリック信者は
1日1食の日(1日1食はお腹を満たしてもいい)だそうです。


誰が守るのかな?と思う私も一応家族の様子に合わせながら、
余計に偏食したような気がする。

食べてはいけない!という強迫じみた言葉に惑わされ、
余計にお腹が減る。
そして、普段はしないし、食卓にも並べない手作りの
イースターのお菓子を、つい、つまんでしまう。
easter mama okashi
ラドママの作 黄身を使ったたまごボーロのような味のスイーツ




せっかくちょっと痩せたのに。くっそ~!(失礼)

いい加減もう大人の下り坂を歩いているわけだし、
己を知っていてもいいはずなのに。

どうして、こんな小さなトリックにひっかかってしまうのか?
自己嫌悪でイースターが終わった。






金曜日はミサではないのだが、特別な祈りの日で、
ラドママによると


「1年で1度しかない日だから教会に行くべき」


なんていわれちゃうと、行きたくなくなるのが人のサガ?

いろいろな事情が重なり、結局ラドママとエステルが教会へ行きました。

よくテレビでフィリピン人の復活祭を映像で流してますよね。
十字架を背負ってゴルゴダの丘に登り、
本物の釘で手の甲をうち抜かれ、十字架に張り付けにされるシーン。

↑あれですよ。

うちのほうでは、ここまではやりませんが、スロバキアでもプレショウでは
再現をやっていました。(もちろん釘で手は打ちません)

信者はキリスト様の体にキスをして祈りを捧げる日なんです。
キリストの像にキスをするんです。自分の白いハンカチでそれを拭き取り、
次の信者がまたキスをする。

ちょっと、想像がつかないかもしれないですけど、
敬虔なクリスチャンの国スロバキアでは、当たり前のシーンなんです。

しかし、今年の我が家は、子供たちが代わる代わる発熱。(インフルエンザ?)
本番、お楽しみの復活祭の月曜日の一週間前から、
エステルが発熱。2日遅れでベンちゃんとナタンが発熱。

学校は休みだけど、やや高熱の風邪で、お疲れ気味の子供たち。
日曜日は一番大切なミサがあるので、子供たちもなんとか教会に行ったものの、
問題の月曜日(3月28日)

復活祭の月曜日は、
女性や女の子に水をかけまくり、その上お金とお菓子がもらえる
男子至福の時


ベンちゃんは解熱剤を飲み、出発。
(そこまでしても行きたいのか?親として先頭を切るラドに沈黙の私)

ben.jpgnatan.jpg
この嬉しそうな二人の顔を見てくださいな!悪ガキでしょ?


毎年、春の訪れを祝い、健康祈願で水をかけるのに、、、。

水曜の朝(3月30日)サラが「熱が出た!」と、言いだした。
ベンちゃんと昼寝したせいで、風邪が移ったとのこと。

もう、疲れました。

私なんて、毎晩べんちゃんと寝てるんだけど、
なんで風邪ひかないんだろう??
(ちょっとはずる休みしたいよ)



家族元気で留守がいい。
誰かが家にいると、世話を焼かないといけない。
自分のやらないといけないことが、後回しになる。

ただこれだけの単純な理由なんですけど、
めちゃくちゃストレスを感じる!のです。

年なのかなぁ?年だ!
事実を忘れていた。



そういうわけで、ベンちゃんのぐずぐずした風邪で
保育園に行けそうもなく、瞬く間に週末が終わり、
気が付けば、また本日の月曜日(4月4日)がやってきた。

医者で通園許可をもらい無事登園。

日中は20度近く温度も上がり、春の陽気になりました。

あっ!もう15時を過ぎたので、ベンちゃんを迎えに行かなくては。
なんだったんだろうなぁ?この2週間?覚えていないのはどうしてだろう??
年のせい?気のせい?いや年だ!

みなさん、また明日!!

サービスショットでございます。








niko 20
我が家の長男 ニコライが20歳になりました(こちらでは18歳から大人)


cake niko 20
ケーキは卵24個を使った特大のキャラメルケーキ
















りんご狩り 

昨晩から冬時間になりました。

ということは、昨日よりもお昼を食べる時間が1時間遅くなる。
そして、今は夜の3時。つまり2日前なら明け方の4時だったのかぁ~。
明日は月曜日だから、もう寝ないと朝起きられない。弁当作りがある身。


それなのに、書いちゃうんだよなぁ~。
これが「律義者の子沢山」所以なのである。。。。。





さて、いい忘れましたが、先週のスロバキアはまるで夏のような(?)
ちょっと大げさですが、日中20度越えが続きポカポカ。
半袖で過ごすことができました。


しかし、我等のべんちゃんが扁桃腺を腫らし、大熱と「薬をごっくん」と戦いの日々で、
外界の暖かさなど、これっぽっちも感じることができませんでした。



ヨーロッパの石造りの家は、中が涼しい。いや、寒いくらい。



これからお見せする写真はベンちゃんが扁桃腺で熱を出す1日前の貴重なものである(苦笑)。


ben1.jpg
ラドが階段を作っているが置いてある石材を投げては壊す様子





ben2.jpg
掃き掃除もできます






暖かい日だったので、私も調子にのって木登りをしてりんごを狩ることにした。
そう、今年は洋ナシ狩りでみんなお疲れモード。




りんごは食べたい人が採れ!
食べたいのは私だけ?









ringo hashigo
まずはちょっと高いはしごを用意





ringo kago
かごの向こうに干してある洗濯物が見える<木の上からの景色>





ringo shikai
ぼんやりとベンちゃんが見える<木の上からの景色>





ringo yane
枝が邪魔で頭を上げるのも難しい








今年は不作で小さい実ばかりがたくさん成っているので、
もぎ取るのも回数が多くなり、大変だった。
しかも、ベンちゃんとの共同作業。見張って、もぎってだから、、、。








ben 3
かわいいポーズやって!のリクエストに応えるベンちゃん





ben4.jpg
来たぞ!来たぞ!作業に集中できない私が撮影




ben5.jpg
あれよあれよという間に丸太に上る危険行為をするベンちゃん










これは内心びくびく!この丸太が崩れたら???











「写真撮ってる場合じゃないよ!」










ringo otosu
あせった結果がこれ!かごを落としてしまった。。。







これにて作業終了!というか、中止ね。
とりあえず、3回ほど木に登ったので続きはまた来週に持ち越すことに。









そしてみなさん!明日は(正確には今日ですね)ベンちゃん2歳の誕生日で~す。
去年の写真リベンジを果たす意気込みがあったものの、
ベンちゃんの看病やらで、ケーキを作る元気もない私。



ラドママは「ケーキを焼くから、デコレーション頼むね!」と、
張り切ってくれているので、楽させてもらおうかな?



それとも、密かに考えている「ハリネズミケーキ」を焼こうか???
う~ん、朝の元気次第だわ。



じゃあ、ケーキの写真をお楽しみに!!



今週もがんばっていきましょう。。。。おやすみなさい(苦笑)









あけましておめでとうございます(12月を写真で振り返る その2) 

迎春


2013年がすばらしい年になりますように
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます!



ヘビ年がスタートしましたね。不思議なことに、私の周辺にヘビ年はいません。どうしてでしょうね?
私は、星占いは信じませんが、干支や数字ものの占いは、信じるほうですね。細木女史の占いも、せせら笑うことなく、年末になると本屋で立ち読みして情報を得て参考にしたものです。

血液型は、知り合いをA, B, O, ABの4つのふるいにかけるのは、なんだか大雑把すぎて、あまり信用したくなかったのですが、意外とこのくらいのほうがはっきりと傾向をつかむのにはよかったかもしれないですね。

もう結婚してしまったので、相方との相性について、深く追究する必要もありませんから、大海のごとく受け入れるのが共存の道?それとも、戌年の夫だから調教してハチ公を育てるか?ははは。新年から馬鹿なことを言ってますね。年男、年女の皆様、この一年間の活躍を期待しております。







さて、前回につづきがあります!と、書いてしまったので、12月を写真で振り返りますね~。


私は今、スロバキアの観光ガイドになるためのコースを受けにバンスカービストリツァに通っています。「バンスカー」というのは、「炭鉱の」意味です。

講習は金曜の夕方と土曜日の終日なので、かなりきついスケジュールです。というのも我が家から40km離れているので、金曜日は終バスに間に合わない(本数が少ない)ので、家族に迎えに来てもらい、土曜日は早朝の出発。他の人たちはユースホステルに泊まったりしますが、私は事情(乳飲み子がいる)でそういうわけにもいかない。

平日は子供の送り迎えと家事でアップアップ、夜中の授乳も終えたいと切望しながらも、ほお張るかわいい顔をみてしまうと、心を鬼にはできず。週末がやってきて、夕方5時に家に着く頃には、おっぱいが石のようになっている。正直言えば、言葉の壁が一番辛く、激突しながら参加している感じです。

しかし、主婦が孤独な時間、一人になれる時間というのは、本当に貴重なもので、心がリフレッシュできる。しかも、学友は現役高校生から30歳ちょっと、と幅広い年齢層の女性軍。スロバキアの女性は強いわ。若返りを期待していたのに、ひたすら感心するばかりです。若いのにしっかりしている!!日本にいたら成立できない人間関係なので、とても面白いです。そして唯一の男性はマスコットボーイ状態!みんなのアイドルになっていますね。。


その講習が行われている、バンスカービストリツァを紹介します。





PC193841b.jpg
クリスマスプレゼントを運ぶ郵便局の車 
緩やかな坂はすでに歩行者天国地帯






PC193842b.jpg
ここがバンスカービストリツァの中心 民族蜂起記念広場
反ナチスを叫び人々が立ち上がったのは、ここから
スロバキアはナチスに占領されていたので、第二次世界大戦では日本と仲間だったことになる








PC193843.jpg
広場ではクリスマスマーケットが開かれています









PC193847b.jpg
広場の反対側には青空市場がある
城壁のあたりには教会が立ち並ぶ ここは先代のローマ法王ことヨハン・パウロ二世も滞在したことがある


私たちは、そのヨハン・パウロ2世の記念館で講習を受けている。修道士たちの研修機関のようなところで、町の真ん中にその建物がある。(今度写真にとっておこう!)


ヨハン・パウロ二世はポーランド人でした。隣国スロバキアに親近感があり、何度も訪問。各地でミサを行った。私も生を見たことがあります。かなり高齢であの防弾ガラスの車に乗せられ、キリスト教信者のために手を振る姿は、とても気の毒でした。

天皇と同じで、自ら「高齢なので、辞めます」は許されない。選ばれた人間だから。
そう思うと、本当にかわいそうで哀れで気の毒で、やりきれない気持ちになったのを覚えています。
(失礼な発言がありましたら、ごめんなさい)


さて、その教会周辺のギャラリー前で何事か、、、

PC193846b.jpg
クリスマスを盛り上げてます












PC193844b.jpg
こちらのお兄ちゃんが大体を決めて













PC193845b.jpg
こっちの若いおにいちゃんがお好みでボディーに磨きをかけていました(笑)














頭が四角で笑えるでしょ?






年末も近づき、去年は「日本だと忠臣蔵」と表現した、こちらのクリスマスの風景。キリスト様の生誕にまつわる寸劇を今年も再演が決定!娘はまたもや、ちびっ子合唱に参加しました。







PC223858b.jpg
年代もの!ラドパパのおばさんのショールは暖かい














muyikanti Dobra niva
隣村からやってきたスロバキアの紳士はユネスコ無形遺産の「Fujara フヤラ」の演奏を披露
残念ながら、フヤラを写真に撮り損ねました。。。。













spievaju.jpg
少女たちの歌声が美しく













         
sheep and Ester
羊も本物を用意 










muzikanti hont
若者の演奏はお客さんのハートをつかみます










vsety pred Mesky urad
市庁舎前にて
伝統継承は大変です お疲れ様でした




娘も朝から晩まで2日間に渡り4回の公演に参加しました。文句もいわず年長さんの5人娘はがんばりました。
もちろん親もお付き合い。風邪をひかなかったので、はぁ~よかった。



無事に新年を迎えました。健康第一!皆さまにもご多幸あれ!!


ポンセ