羊の解体とブドウの収穫 

衝撃的なタイトルから始まりましたが、
10月も中旬を過ぎてしまいましたね。


今年は羊年なので、私のフェースブックも羊の写真を使っていますが、
来年は年女ですので、猿をどこから入手しようか?!
冗談です。居ますよ、ここに。(豚になりつつありますが)


さて、ではいきなり写真です。
順を追っていきましょう。


20151003_124322.jpg
ラドがんばれ~!皮をはぐのにも力が必要だそうです





20151003_124852.jpg
羊を友達扱いしていたベンちゃんですが 作業の本質を理解している










20151003_124402.jpg
あとちょっとです










20151003_124923.jpg
足を切るんだと 張り切って待機しているべんちゃん










20151003_125107.jpg
感慨深く 何を語りあったのだろうか?










20151003_125133.jpg
一丁あがり!これから切断されてゆきます












こんな感じで午前中が終わりました。
お昼を食べて、もう一頭も解体されました。

これ以上のコメントは必要でしょうか??










さて、次はブドウの収穫です。
家の門の所にしかブドウを栽培していないのですが、
それでもなんと6キロ近くの収穫がありました。



今年のマイブームのルッコラ(緑の葉)とまだ収穫できるインゲン(うすい黄緑)や
もう終わりのトマトも見えますか?






20151012_175701a.jpg
置き場にも困るがその処理にも苦労なのだ











20151012_175723a.jpg
小さなキノコを庭に発見! これは食べられます!!
キノコの種が薪用の木と一緒に運ばれてきました



バケツ一杯のブドウはジャムにしました。
3キロからたった3本(それも250ccくらい)しか作れなかった!
失敗ですね~。

ブドウを絞った果汁で作るジャムが一番美味しいらしいが、
そのまま火にかけたので、まるで「血」のような濃いジャムができました。


そして残りの3キロは、、、だれも手をつけたくない。
食べ飽きた??
食べるのが面倒くさい。。。。ありがち。



先月の洋ナシから、この状態が続いていますからねぇ。



そこで絞ってジュースにしました。
子供の頃にお中元でいただいた、水をいれて薄めて飲む
濃縮ジュースに似ているのだが、
自分で作ったから愛着はある。


だから、誰も飲まないけど、私とラドは飲む。


いつも思う。

果物は生のまま食べるのが一番!!

残ったら、腐ったら?

やっぱり勿体ない。。。


特に苦手な梨は、まだ地下にたくさんある。
これはそんなに早く熟れないからいい。


ブドウは冷蔵庫に入ったままだ。
なんとかしなくちゃ。主婦は焦る。
子供食べてくれ!


贅沢だが、お店に行くとバナナやミカンを買ってしまう。
果物の秋だ
食欲の飽き(秋)だから!!!
























ハラハラ、ドキドキ、わんぱく盛り 

先日から春めいて来た写真を撮りたいと思いながら、
デジカメの充電ができていないことに気がつきながらも、
放置していた私。


そのカメラも思い起こせば、ナタンが生まれたときに買ったやつだから、
かれこれ10年近い年代物になるのだろうなぁ、、、。


充電をするときに電池がジャンプしてこないし、
蓋が外れて、なかなかはめられない。


「カバーが開いています」のメッセージがでてくるので、
かなり焦る。



そんなこんなで放置。。。



夫の大きなカメラを持って、ベンちゃんと散歩に行くのは危険だし、
手軽なコンパクトカメラが欲しいなぁ、、、。



というわけで、今、インターネットでチェック中です。

コンパクトなデジカメを買うか?
それとも高品質のカメラつきのスマートフォンにするか?




去年だったか、お客様のカメラで写真を撮ろうとしたら、



「目をつぶっています」つぶったらしき人物を四角の枠で囲んでおしえてくれたり、



もっとすごいのは、


「笑っていません」
余計なお世話好きのカメラもあるとか!




あれが欲しい!


子供並みの発想でごめんなさい。
でも、どっちがいいのかなぁ?
デジカメコンパクトと高品質画像の携帯。
悩みます。。。。




さて、タイトルですが、久しぶりにベンちゃん登場です。
わんぱく盛りです。
写真で紹介いたしま~す。

P5085069.jpg
毎年恒例の「家畜市」で買ったにわとりの雛(ひよこというには大きすぎる)











P5085070.jpg
2年くらい飼っている雌鳥はこのくらい大きい









ここからが、本日のメインイベントです。










P5085071.jpg
あれ?もうそこに入っちゃったの?















P5085072.jpg
誰かに見られたらこっぴどく叱られるぞ!






私だからまあ、許しちゃうけど。
ベンちゃん、そこは雛用の檻なんですけどね。
入って捕まえずにおれなくて、、、、。
















P5085068.jpg
獲物ゲット!!得意気なお顔ね








これだけじゃないんですよ。
雛が逃げるので、つい腕のように羽をつかんでしまうので、
死なないか心配だし、







もっとついでに言えば、
ニワトリの産んだ卵を取り出したいのです。


もうそれは毎日の彼の仕事となりつつあり、
近所の人から


「今日は朝からべんちゃんが卵を取りに行ったでしょ?」


と、言われるほど、卵のドアを開け閉めの音は大きく、
その回数も半端じゃない。


子供たちの登校に合わせてベンちゃんもお庭へ(畑だけど)
ニワトリ小屋へ一直線。開ける。


なだめて、着替えさせるけど、子供が一度外へ行くと
家の中に戻るのは「いやいや」だし。


仕方がないから私も外へ。
だって、目が離せないお年頃なんですもん。




「やめなさい。まだ生まれてないよ。」


「今、座っているから、あとちょっと待って」






これを朝から何度繰り返すことか、、、。



そして、彼女も精神年齢が一緒!










lisa3.jpg
少し大きくなったリザも雛小屋の周りを飛び跳ねてこのところ興奮状態






もう、疲れる~。






そうそう、先々週だか、迷子の猫がやってきた。
我が家には猫がなつかない。
どうしてでしょうね?


こんなこと初めてだけど、どうも病気持ちの猫みたい。
だから、どの家でも嫌われちゃったんだろうなぁ。
メス猫らしく、ラドはそのまま居候させるつもりらしい。











P5085108.jpg
まだ名前すらない







そんなわけで、5月に突入し、まずまず、ぼちぼちの日々です。
次回はお花をお見せしますね。


















新メンバーの紹介です! 

家畜じゃないけど、うちの新メンバーの紹介です。
6人目ではありません。
笑っているそこのあなた!!意地悪ですね~、いやな人ですね~。

6人目はあり得ません!!(なんのこっちゃ?な人はスルーでいいんですよ)



では、ベンちゃんが写真用の顔で紹介します。









ben dog
犬種:ストリートミックス
性別:メス
名前:リザ
生年月日:2013年11月11日



というわけで、ちょっと遅いクリスマスプレゼント(?)を
子供たちの代父(キリスト教のゴッドファザー)からもらいました。



雑種だそうで、あまり大きくならないらしい。
はぁ、一安心。


昨日は、スープのガラになった羊の骨をやてみた。
とても喜んでおいしいところだけ食べていた。さすが!
こんなに小さいのに、ちゃんと知っているんだ。さすが、メス!!




ラドが選んだらしい。
オスもいたのに、このリザが一番興味津々で元気に遊んでいたらしい。



選び方は間違っていないのだが、どうしてメスなの??
どうするつもりなの???



ラドさんったら、子孫繁栄計画について、人間も、犬にしても、
考えや予定を持たないってことね。まったく、、、、、。



しかも、私に「飼うよ」とか、そういう相談もない。
ということは、、、、?



→私は面倒を見なくてもいい??



夫よ、子供たちに任せるのかい?
頼んだぞ!(知らんぞ!相談しなかったのはそっちだからね)









それでも、やっぱり犬はかわいい。












dog a ben





おっと、ベンちゃんもかわいいよ。


→こっちは大いに面倒をみなくてはならない。





みなさんはどんな動物を飼っていますか???
写真つきで、ぜひ教えてくださいね~。




今年もよろしくお願い申し上げます。


ポンセ











羊の肉(マトン)を食べました 

とうとうこの日がやって来ました。



初雪?




違います、違います。






2匹のオスとメスの兄弟の羊を飼っていたのですが、
食用にするため、土曜日の朝から作業開始。。。。。






でもね~、かわいそうで写真に撮れませんでした。





私としたことが。






10日前に友人宅での「羊」の作業を体験してきた夫のラドさん。




「ウサギと同じ要領だ!」




なんて、すっかり経験者として語っていましたけど、




「羊が『ベ~』って、だんだん弱い声になって死んだんだ。」



悲しそうな表情でこっそり告白していました。
やはり心が痛いですよね。





今回は自分の羊ですから、どうなるのか心配でしたが、
ニコライに手伝いをさせて、なんとか木につるし、
私もそこから合流して、お肉までの作業を手伝いました。



エステルは泣くは、ベンちゃんもつられて


「オツコ(お父さん)やめろ~!!」


とグリンピースのような働きぶりでした。







羊の肉について、優れたホームページがたくさんありました。
肉については、マトンというのは生育1年以下の羊だそうで、
うちのは正しくそれでした。



スロバキアではオスとメスでは味が違うと言いますが、
日本はそうは言わないみたいですね。



新鮮だから、臭くないし、塩コショウ、粉パプリカ、にんにく、
これだけでとってもおいしい肉が焼けました。



とにかくジューシー、肉汁がすごいし、脂もすごい!
こんなおいしい肉とは全然知りませんでした。



日本で「子羊のなんとか」は、めったに食べられないでしょう?
オーストラリアでよく「チョップ」ってのを見たけど、
味は覚えていない。


食べなれていないものは、外国で食べてもおいしいのか?おいしくないのか?
それすらわからなかったもの。


羊のチョップステーキは、金額から「おいしい!」と言うしかない?
思い込まされてしまうような?そういう存在のお肉じゃありませんか?




それが自分の庭で大きくなって、こんなにおいしくて、、、、。
すごく複雑な気持ちです。



キッチンからいつも2匹を見ていたけど、もういない。
それはやはりさみしい。だけど、食卓に上った大きな肉の塊。


はぁ~。
久しぶりに大満足の味わいでございました。。。ゴメンね!
やっぱり私は肉食派だわ。




そして、はいだ皮ですが、



皮(革)でジャケットが欲しい!





居間に羊の形ではないけど、ふわふわじゅうたんでもいいかな?



なんて、思ったりしたんですけど、
最近はそこまでやらないで、皆さん犬や鳥のエサにするみたいです。


毛糸の作り方はインターネットで探せましたけど、なかなか手作業はなくて、
ほとんど機械がないと難しい作業のようでした。


というわけで、今回は調べたり、作業をする時間がないので、
断念しますが、次回は毛糸を作ってみたいと思いました。




自分で作った毛糸で編むセーター
最高だろうなぁ~!!







ラドさん曰く、


「今度は4匹飼おう!」



あちらも懲りてない様子でございます。


ところで緊急報告です!!
来る11月30日に、恒例の「ベンチェック」があります。

詳しいことは、また後日書いてゆきますが、
娘の学年が9月から社交ダンスを習っていて、
その発表会があります。

もちろん親も参加しなくてはなりません。
しかし、今回は娘と夫が踊るので、私は気軽に見ていればいいし。

ただ、参加者は結婚式並みのお菓子の準備があり、
各家庭1,2品を持参すること。

女子学生は「ベンチェック」という、ブローチを5個作ること。
男子学生はネックレスを5本用意すること。

こんな準備があって、今週は忙しくなりそうです。


「ベンチェック」については、
どうぞ過去の記事でお勉強してください。


私の奮闘具合が比較できますよ!!

こちらをクリック「ダンスパーティー報告編」




続きはこちらをクリック「ダンスパーティー報告編 その2」




そのまた続きはこちらをクリック「ダンスパーティーを終えて」





11月もあと1週間でおしまいですね。
楽しい1年だった!と言えるように、明日もがんばっていきましょ!!


























新メンバー紹介! 

さて、お約束通りのニューフェースをご紹介します!!

新鮮ホヤホヤ。さっき庭に行って写真を撮りました。
牧場で見慣れている彼らですが、私にしてみると、その生態は摩訶不思議なんです。


ここ数週間で観察した私の感想は以下の通り。


近づくと逃げるときもあれば、逃げないときもある。
一心不乱に食べまくるのだが、気がつくと座っている。
畑の野菜に見向きもせず、雑草のほうがお好みらしい。
なんとりんごも食べる。
やっぱり目が怖い。


さて、答えはなんでしょう?









ovcy2.jpg
答えは「ひつじ」でした













baran.jpg
首輪をしているのがオス










スロバキア語では「バラン」と呼びます。
そして、牡羊(おひつじ)は星占いでいわれますが、頭が固い!!



日本では子供と遊ぶ時に、頭相撲なんてやりませんでしたか?
こちらでは赤ちゃんと遊ぶときに、


「バラン バラン ブッツ!」


と、おでことおでこをぶつけて遊んだりします。













ovcy3.jpg
立派な(?)羊小屋もできあがりました













オスとメスと1匹ずついますが、兄弟なので赤ちゃんを期待しているわけではありません。
彼らの予定は、秋か冬に丸々と太り食用となるはずです。
(そこで悲鳴をあげないでくださいね!)












ovcy.jpg
ニワトリたちとはフェンス越しに暮らしていますが接点はないみたいです








ヤギほど食べ尽くすわけでもないらしく、うちの庭の雑草でなんとか食を賄えそうなので



「よかった~」



やはり飼料を買ってきています。草ばかりじゃないみたいです。








羊って、どんな動物なのか?これから少しずつ勉強してゆきますので、みなさんもお楽しみに。
質問もお待ちしています!!



とにかく一匹では生きてゆけないらしく、一匹だと仲間を探しに(?)どこかへ行ってしまうので、
2匹以上で飼うのだそうです。


我が家ではオスを木にくくっておきます。そうするとメスはそばに必ず居るので悪さをしないし安心です。
そうやって羊の群集ができあがるですね。


ヤギもそうなのかなぁ?
(想像もつかない私、、、あしからず)





スロバキア人の性格って「羊みたい」と言われているらしいです。大人しいってことなんでしょうね???


うちのベンちゃんは、羊を追いかけてお尻を押したり、なでたりしていましたが、羊は怖がるようにして逃げますね。さわり心地はフワフワして毛玉みたいでやわらかいんですよ。






慣れてきたのか、逃げないこともあります。非常に珍しいというか、ちょっとは慣れたのかな?
人間に慣れるのかな?


意外と大きいのと行動が読めないから、私にとって羊のそばに寄るのは不気味なんです。
まあ、噛んだりはしないそうなので、その点は安心!
春は「バラン」(牡羊)の頭つきがあるらしので、その時期は要注意だとか。






ovcy yoroshiku
これが一番かわいい写真です
どうぞよろしく!




世話はわりと楽なんでしょうね。。。たぶん。。。