自転車と私 

昨日に続いて、本日も連投!!

なんだか眠れないので、こんなことを書いてみようかと思い立った。
もしかして、この話、以前にしたかもしれないけれど。



今日、次男坊のナタンが「自転車で遠出がしたいなぁ。」とつぶやいた。
スロバキアでは、子供同志で隣村まで行く事はできない。

「町(村)を出ました」の意味で、町名(村名)に赤い斜線が引いてある看板から、
車のスピードが時速50kmから90kmに上がる。

ビュンビュン飛ばす車の横を自転車を走るのは、とても危険。
自転車も車両として、町を出ると、車と同じルールで走る。

だから、町の外を走ることができるのは、15歳から。
大人が一緒なら可能なのだが、同級生と一緒にサイクリングで遠出はできないのだ。

そっか、スロバキアって、そういうところが不便なんだ。
と、今のナタンと同い年だった自分ことを思い出した。


当時の船橋はとても田舎で、飽き飽きしていた私は、
夏休みに暇を持て余し、


「そうだ、横浜に自転車で行こう!」と思い立った。

一緒に行ってくれる友達は、仲良しクラスメートの女子。

私は弟のスポーツ自転車を借りて、朝7時に出発した。
友達のほうが、背も高いし、車輪も大きく、ハンドルがヤギの角みたいに巻いてあるタイプの
スポーティーな自転車だった。


横浜まで大体45から50km。横浜のどこを目指したわけではないけど、
横浜港で「氷川丸」を見よう!ただそれだけの目的だった。


小学3年生まで横浜市に住んでいたので、当時の思い出といえば、
マリンタワー、山下公園、「氷川丸」だったんですね~。
懐かしい、おセンチな気持ちが後押しして、
なんと大冒険にでてしまいました。


行先が、母にばれたら怒られるから、
「ちょっとサイクリングに行ってくる」(笑)

帰って来るのも、友だちに迷惑をかけないように、
夜の8時までには帰宅することにした。


大丈夫、走っている電車を追えば、東京に着くのだから。
東京駅に行く青い快速は、そのまま横浜駅にも行くんだから。


って、地図は多分、友達がもってきたんじゃないかなぁ?

私のほうは、
引っ越す前は、家の建設具合を見る為に、
父に連れられて毎週のように、横浜から船橋に通っていたから、
電車からの風景が頭に入っているし!
って、やけに自信満々で、今考えると笑える。

一生懸命こいで、東京駅はあっという間についたと思う。
お昼くらい。ちょっと菓子パンをかじって、
そこから横浜までは、川崎がやたら大きくて、疲れたかな?って、
焦りが少しあったけど、2時頃?到着したはず。

ちゃんと、横浜港に行ったような気がする。(もう覚えていない)
少しの休憩と持参したおにぎりを食べて(当時コンビニはなかった)
即、帰路だ!
だって、8時には家にいなくちゃ!



今来た道をもどるだけ。
それでも、暗くなるとやっぱり道に迷うものなんですねぇ~。

夏とはいえ、夕方7時前には薄暗く、ライトを灯して走る車の量も多い。
大体の方向は合っているけど、遠いなぁ。。。
なんて思っていたら、
「あれ?車はなんでみんなあっちに行くんだろう?」
あの橋を渡れば千葉県!ってところで見つけた光の移動。


光が一列二列に並び、千葉県のほうに向かってゆく。
この流れを追えば、家に帰れるぞ!

橋のところに、柵があった。
でも、これを越えないと、あの橋を走ることはできないなぁ。
友達と協力して、彼女が自転車を持ち上げ、
私が受け取り、彼女が柵を登って降りて、自転車をキャッチ。

大きな道で、車がビュンビュン走ってる。
「やったー!これなら怒られない時間に家に着くわ」

右の白い線からはみ出さないように、こいで、こいで、こぎまくった。
しばらくすると、何人か運転手が窓を開けて、怒鳴っていた。

そんなの気にもせず、負けずにこいでいたら、
黄色い車が追ってきた。

「君たち止まりなさーい」
の声が私たちを追う。

「いやだー!!」
警察に捕まったら、親に叱られる。
その恐怖で直線こぎで、逃げまくった。

「止まりなさーい」の声に、
「なんで、止まらないとけないの?白い線の中を走っているでしょ?」
って、足も止めずに、大声で返答する私に、
おじさんは教えてくれた。


「ここは高速道路だから、自転車は走っちゃいけないんだよ。だから止まりなさーい」

へぇ、そうなんだ、知らんかった!

「ごめんなさい。知りませんでした」

車のない家で育った私は、高速道路というものの存在を理解していなかった。
見たことがないから、そういうものがあるのを知らなかったのだ。
いろんな車の運転手が窓を開けて怒っていたのは、危ないから。
私たちが危険なことをしていたなんて、全く気が付かないで、
本当にいい気になって走っていた。


「この車について行きなさい」

と、大きなお咎め(おとがめ)もなく、私たちを誘導してくれたのは
警察ではなかった。
黄色い大きな車いに追いかけられ、赤いランプの小さい車が誘導してくれた。
うちに近い出口で降ろしてくれた。

そこから、まっすぐ家に帰った。
この話は、あまり他言しなかった。
一緒に冒険してくれた友達との秘密だった。
宝を共有している気持ちでもあった。、


中学1年生の時に、自転車で90kmも遠出した自慢話なんだけど、
この高速走行をオマケで話したら、ラドママにも子供にも驚かれた。


大人になって、飲み会で話したときに、
高速を自転車で走ったことのあるのは、
私だけじゃない、ということに気が付いた。

それ以来、遠出はしたことがない。
高校は3年間自転車通学だったけど、
朝7分を全力で走り切るのが快感だった。

白いブリジストンのサイクリング車は、
車体が美しくて、宝物だった。

自転車っていいよね。

私もスロバキアで遠出しようとするなら、
ヘルメットと目立つ服装(蛍光色のベスト)を用意しないと
町外へ出られない。

そういう決まり。


みなさん、ご安心を!
もう安全運転ですから。
ホントの事を言うと、そんな体力がない!!




誕生日 

1月18日は私の誕生日である。

昨年から「年女」になるという特別な喜びと希望があり、
「申年」というのが、嬉しくて仕方がなかったはずなのに。


今年の元旦は寝正月を決め込む。。。。。。
大晦日は友人宅で花火を上げ(真夜中の12時)
夜中の2時ぐらいまで飲んでいた。



一年の計は元旦にあり



本当にその通りだわ。
何年人間をやっていて、こんなことがわからないのだろうか?
久しぶりの寝正月を過ごし、とても勿体ないことをしてしまったような気分。

ばかばか。
年女なのに、なんてスタートを切っちゃったんだよ!!
後悔、先に立たず。いや、後悔のない人生を送りたいものだ。


そんな気持ちを感じたはずなのに、すでに音信不通状態の私。
筆不精、出不精の悪循環だわ。

大体、スロバキア人にとってのクリスマスは、本当に大切な家族の行事で、
シルベスター(大晦日)や元旦はおまけ。友人と楽しく過ごすものという感覚だ。
喜びの度合いが違うものね。

これにやっと慣れた私なのだが、

昨年末から今年にかけて、日本の人たちと仕事をしているので、
私のハートに大和魂が戻ってきたのだろう、
三つ子の魂百までなんだね。



まあ、疾風のごとく年末年始が過ぎ、
今日は悲しいニュースがあった。

毎日、テロの事件ばかりで落ち込むところ、
FBにお知らせが入っていた。

ママ友が5日に脳腫瘍で亡くなった、と。


クルピナに引っ越してから、会っていないから、
6,7年会っていないし、ほとんど連絡を取っていなかった。
うつ気味の人だったので、家を買ったとか、子供が生まれたとか、
そういうことで刺激を与えたくなかった。
だからFBで、たまに連絡を取るくらい。

その程度の友たちかといえば、そうでもない。
ニコライが1歳半の時から、毎朝10時に公園に通った仲。

スロバキアでの生活が始まったばかりの私には、
価値観の違いを感じることもあったのだが、
一人で子育てをするのには限界があるし、
子供には子供の友達が必要だから、

毎日遊んだり、プールやバーベキューにも出かけた。
いろいろあったけど、一緒に過ごした時間、子育ての辛さを共有したことは、
いい思い出なのだ。

息子さんはニコライよりも年上だから、23歳の立派な青年になっている。

どんな最期だったのか、聞くのが恐い。
決して幸福に旅立っていったのではないから、きっと悲しくなるなぁ、私。

でも、その骨壺でもいいから、彼女にお花を持って行きたい。
ろうそくの火を灯したい。

楽しみにしていた申年の誕生日は忘れられない日となった。


でも、一方でハッピーな出会いがあったんですよ!!

なんと、「同年生で、同じ誕生日」の人に出会いました。

この年になると、人との出会いは数少なくなってきていますし、
外国に住んでいる私が日本の人と知り合って、誕生日を聞くような間柄になるというのは、
結構難しいことだと思うのです。


縁っていうのは、本当に面白いものです。

なんとなく、「この方は私と同い年くらいだろうなぁ。」と予感がしたのですが、
まさか、誕生日が同じなんてあり得ない!

双子の兄弟に会ったような、
本当に嬉しくて、嬉しくて、ものすごくハッピーです。

みなさんは今まで生きてきた中で、同い年、同じ誕生日の人が何人いましたか?


というわけで、出会いを大切にしたい!と思うと同時に、
別れも大事にしたい!

そんなことを「ひしひし」と感じた2016年のスタートでした。


本年もどうぞよろしくお願いします。
ポンセ


あなたはどっちがすき? 

今日は「最近思ったり考えたこと」と、「紹介したいこと」が、ごちゃ混ぜにならないように、気をつけて文を書こうとしています。

よくテレビや映画で、録音マイクに向かって自分の意見や状況を録音して、後でレポートなんかに使うシーンがありますが、あれに憧れませんか?かっこいい!

声にだしてみると、頭の中にあるものが、具体的に物体になって、浮かんでくる。それを並べて文章を作る。私のイメージはそんな感じです。でも、ブログのために、そんなことをして更新をする人っているのかな?あー、マイクロフォンが欲しいなぁ。


さてさて、今、ヨーロッパでは毎日サッカーの試合があります。「UEFA EURO 2012」と言いまして、ポーランドとウクライナにて共同開催中です。国別の試合ですが、スロバキアは予選落ちでした。
UEFA EURO 2012の公式サイト(日本語)はこちら

今さっき、スペイン対フランスの試合があり、2-0でスペインが勝ち、ポルトガル、ドイツに続き、ベスト4へ入りました。明日もイングランド対イタリア戦があります。どっちが勝つかなぁ?


なんでサッカーの話かというと、昨日、子供たちのイベントが町の円形劇場でありました。児童館のようなところで習い事をしている子供たちと親が集まって、日ごろの成果を発表したり、優秀者を表彰したりします。クラブはいろいろな教室があって、サッカー、水泳、空手、バレーボール、美術、民族舞踊、民族音楽、ベリーダンス、モダンダンス(スロバキアでも有名なチーム))、PC教室、英会話など、希望者のみですが、子供たちは放課後これらに通います。

この発表会の司会者が若い男の子だったのですが、なかなか賢くて、みんなにインタビューするんです。究極の選択ならぬ、
「ねえ、どっちがいい?」
「君はどっちが好きか、答えてね。」

なんて言いながら、質問を投げかけた。


「メッシ?それとも、ロナルド?」


この意味わかりますか?

私は即答で、「ロナルド!」なんですけどね。
やっぱりヨーロッパサッカー選手権の最中だからか、子供たちの返答はロナルドが多かった気がします。




そして、また思い出した。




降矢ななさんのあの本。

「ねえ どっちがすき?」




これ、面白いんですよ。
絵本の半ページずつに「ねえ どっちがすき?」の質問に対する答えが描いてあるのですが、この質問が実にニクイ!!手ごわい。ええ?どっちもいいけど、どっちかな?優柔不断では、次のページをめくれない。

一生懸命に答えながらの最後の質問。これは、40代のお母さんでも悩んでしまうのです。お父さんでも悩みます。きっと、誰もが「うーん、、、。」と唸ってしまう。絶妙な質問ですよ!


nanabook.jpg

降矢ななさんの絵って、どことなく昔懐かしくて、温かくて、そしてスロバキアの様子が、さりげなく、ちりばめてあります。幼稚園、保育園の、園児のお子様を持つ家庭では、降矢ななファンが多いことでしょう。

ななさんの、のほほーんと語る口調とは違い、作品を拝見すると、「やっぱりプロだわー。」と感動します。何か、感情がこみあがってくるというか。

3月末の「手から手へ」の展覧会でも、「うぁ、さすが!」と、ため息に近い言葉がでましたが、「おれたちともだち」シリーズ←クリックの「ともだちや」の原画展を見たときは、鳥肌がたちました。子供の絵本のはずなのに、、、、。


なんと、「手から手へ・11、3、2011 震災後のメッセージ」は6月30日までポーランドのワルシャワにて開催中です!(サッカー同様ですねぇ。)
nana.jpg




本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ






おお、そうだ、そうだ。
これから、イギリス対イタリアの試合を見なきゃ。さて、みなさんはどっちのチームがお好きですか?


私の本命はやっぱりスペインかなぁ???イタリア対スペインという決勝戦なんて、いいかもしれませんね。でもなぁ、ドイツもいいんだよなぁ、、、。困ったもんだ。また来週も落ち着かない1週間になりそうだ。週末から夏休みが始まるそうです。はぁ。

子供の頃は「やったー!」だったのに、大人になってため息をついている私って、、、、年取るはずだわ。






ボーッとしに、おいでよ! 

急に暑さが戻って来た。
今日は、朝からお日様がカンカンで、トマト群に水をやっておいた。緑色の宝石たちが、たっぷりと水を吸って、赤い実になるまでは、まだしばらく時間がかかりそう。水道代がもったいないので、庭には、雨水を多少貯めてある。そこからブリキのジョーロに水を移して、何回か往復した。偉いぞ、6ヶ月の妊婦よ。

子供よ!夫よ!頼むから、少しだけ気にかけてくれ。私ではなくて、作物たちに。


昨日は、ナタンの同級生が遊びに来た。自転車で散歩がてら、我が家に「フラッ」と寄ってくれた。
私とエステルを置いて、その子のお兄ちゃんとお母さんと、ナタンは散歩へでかけた。近所のプールを見に。入るには、夕方過ぎた。

私もエステルと後から追いかけた。歩きで15分くらいの道のりで、途中、道端で木苺やすももを見つけ、つまみ食いをしながら、歩いた。
プールの駐車場で彼らと再会し、「けんけんぱ」とか、自転車の「8の字走行」をして遊んだ。

その後、我が家に戻ってきた。
昨日作ったグラーシュがあったので、庭で食べた。グラーシュは、赤いパプリカ粉で味付けした、カレーライスのようなシチューだ。子供たちは、「いらない!」と、冷たい牛乳にココアを入れて、それを飲み干し、庭のリベズレという果物を採って食べていた。

お友達のお母さんとも、もう1年か2年の知り合いになる。彼女は学校の先生をやっていて、今年は、1年生の準備クラスを受け持っていた。ロウム人(ジプシー)や、遅生まれで1年生の学力についてゆけない子などが学ぶクラスだったので、たぶん、大変だったと思う。ストレス太り気味だったのが、昨日はすっきり、ほっそりしていて、ちょっとびっくりした。

「家、いいよね。庭があるって、いいよね。」
そんなことを言っていた。彼女はマンション暮らしで、目の前の一軒家に実家があるが、やはり「自分の家」が欲しいと言う。

「こういうのんびりした時間と場所って、マンションにはないもんね。」

私も以前は、集合住宅に住んでいたので、わかる。緑を見ながらコーヒーを飲む。ラド手作りの、なんてことのないベンチに座って、お日様に当たる。誰の目も気にならない。

子供たちは勝手に遊び、彼女はタバコをふかす。私は赤い実をプチプチと口の中で噛み,足をブラブラしていた。彼女とだんなさんの趣味は「魚釣り」。実は私もかなり興味がある。ここでは年間パスポートと、川別にチケットを買わないといけないそうだ。年間パスポートを買うために、試験も受けなくてはならない。そして、その費用は30ユーロ。「ちょっと、躊躇」をここ何年も続けている私。

「じゃあ、今度連れてって!」なんて、言いながら、本当にたわいもない会話が続く。

P6160530.jpg
これが「リベズレ」という実。今はもっと赤い。そして、酸っぱい!!ジャムにすると、甘酸っぱくて、とてもおいしい。





夕立になりそうな雲も去り、少し安心しながら

「じゃあ、そろそろ帰るね。」

と、子供を連れて帰ろうとするが、子供たちは子供たちで、

「嫌だ~!!ここに残る。泊まる~。」


いつものように、名残惜しく、ダラダラ引き延ばし作戦が開始された。
うちの子供たちも負けずに、

「今日は、そっちの家に泊まって、今度はうちにしよう!!」


などと、前向きに、果敢に親説得作戦で応戦。



結局、両家へのラブコールに負けたのは、あちらのお母さんで、「じゃあ、泊まりにおいで。」と、
ナタンとエステルを連れて行ってくれた。


ああ、私はまだフリータイムだわ。
こういう関係、すごくうれしい。子供たちもうれしいだろうけど、私にもうれしい。

「次はうちで、お泊まりだね。」


子供たちと約束して、私は彼らを見送った。




お気に入りのブログを紹介します。 

今日は、私のお気に入りのブログを紹介します。

こういうのって、不思議な出会いとしかいえないのですが、本当に暇なときに、「ぶらぶら」と街を歩くみたいに、いわゆるネットサーフィンですか?していて、見つけてしまった!!「出逢ってしまった運命のブログ」って、感じなんです。

きっと皆さんも、自分のお気に入りって、ありますよね。癒されるというか、、、。
果たして、私のお気に入りが皆さんの「癒し」になるかはわかりませんが、よかったらお立ち寄りください。




「すき!すき!スロバキア」にコメントくださる
B9MOMさんの『LA悪妻日記』は
こちらをクリック

これは、最強です!怖いものなし。この笑いは、B9MOMさんの天性の笑い。いろんなネタが登場するので、毎日感心してしまう。この方、タダモノじゃありません。私の笑顔の源です。毎朝チェック。笑って一日が始まり、夜もチェック。笑って眠るようにしています。外国在歴が同じ位なので、なんとなく共感してしまう生活感。いや、可笑しいですよ。

同じくコメントしてくださるmizokichiさんのブログは
「国際部、今日は海外出張?海外旅行?」
こちらをクリック

これは、ヤバイです!読み始めたら、どんどん過去までさかのぼって、読破しないと気がすまなくなります。何がそんなに私をドツボにはめたのか?きっと同年代の感覚でしょうね。時代背景とか「うん、うん」と同感してしまうところ。そして、海外旅行のノウハウらしきを語っているのが、これまた可笑しい。参考になる時があったり、激しく共感することが多々ある。その上、行間行間に笑いが満載されている。1日3回くらい読み直してます!
まるで、居酒屋で飲みながら、mizokichiさんの話を聞いているようなテンポが、そのままブログになっています。


というわけで、私と言う人間について、「もっと知りたいとか」「?」という方。どうぞこちらのお気に入りブログをのぞいて、「ポンセってこういうのが好きなんだぁ。」と、微笑んでください。

もちろん、このお二人のブログもかなり笑えます。


さあ、ハッピーな春がやってきますよ~。(すごく無責任な発言だったりして。)

良い週末を!!

ポンセより