予定日を過ぎて、、、自宅待機中 

昨日のつづき、、。私が家に帰りたいと直訴した理由について。


正直、怖気づきました!!

先週の検診の最後に、超音波で医者がひとこと、

「赤ちゃんだけど、多分4000gくらいだね。」

ガーン、ガガーン
(私の頭の中の音)
過去4人産んだけど、みんな3300g止まりで、普通サイズ。私自身も体重がそれほど増えていなかったので、かなりの衝撃を受けた。

実は母が糖尿病持ちなので、私も予備軍、要注意なんです。そう、巨大児が生まれる可能性が高いから、、、、、。
糖尿病の医者にも毎月検査に行かされて、その度に指先に針をさして、血糖値を測定して、「大丈夫!」の太鼓判をもらっていたのに、、、。ちょっと!!大どんでん返し!!(古いですねー。分かる人いるかな?)

二晩続けて聞いたあの叫び、4キロを産む私自身が、どうも重なってしまう。痛みには強い方だと自分自身は思っていたが、だんだん自信もなくなってきた、、、、。


そして、もう一つの理由。

ご飯のメニューが気にくわない!!!!!

これは、スロバキアで生活しているとわかってくることですが、学校の給食と病院の食事はひもじい、マズイものなのです。
味のよい日というのもあるけど、量が以上に少ない。日本のようにカロリーが果たして計算されているのだろうか?と思ってしまうほど、????な時があるのですね。

今度は忘れずレポートしなきゃね。なんといっても、驚きは、土曜と日曜の夜ご飯の「乾燥メニュー」。これは強烈です。パンのスライス2枚とソーセージ2本(日本のサイズだと、シャウエッセン3~4本)バナナ1本、以上。または、パンのスライス2枚とクリームチーズ2個とバナナ1本、以上。とってもさびしいメニューなんですよ。別名、「調理師が早く家に帰りたいからメニュー」とでも言いましょうかね?

その上、「尿に糖が出るから」の理由で、「糖分控えめメニュー」だったので、甘いお菓子パンや、桃缶、チョコレートババロアなど、他人が食べているものがうらやましくて、、、私の場合、これが食パンとバター、キャベツとにんじんの甘酢サラダ、甘くないクリームチーズに変更されてしまっていた。まあ、これはもう慣れていて、違和感はなかったんだけど。

しかし、本当に一番キツイと思ったのは、生野菜が出てこないことだった。


妊婦と便通。かなり深刻な問題。そうでなくても狭いお腹の中を2つの路線が、押し合いへし合いをしながら、共存している。4日間の入院生活で運動量も少ないし、食べて寝ての繰り返しでは、出るものだってでない。そう、だって、出るほどのものを食べていないんだもの。

ちなみに、普段の私は、便秘で悩んだことがない。だから、こういうときは敏感で余計に深刻になってしまう。

医者は座薬をくれたけど、それでも効果なし!私のお腹の中のメタンガスは、外に出てゆく気配がなく、お腹がパンパンにふくらみ、赤ちゃんが怒っているのもわかった。これで飛び出てくればよかったのにね。出口は2つだけど、その途中の道が閉塞されている感じだった。これじゃ、出てこれないよ!(お産の時は、もっとキツイ浣腸をされるのだけど、その薬はオアズケ!でした。)


日曜日の夜8時、看護婦さんに相談にゆくと、ちょうどテレビでラブシーンをやっていた。悪いタイミングで訪問したらしい。、ひとりの看護婦さん、

「座薬は1日個しかあげられないから、りんごでも食べたら?ぬるま湯を飲むのもいいわよ。」


顔はテレビの方向を見たまま、アドバイスをくれた。

日曜日の夜、どうやってりんごを入手するのだろうか?不思議???謎の発言に少しばかり腹がたった。そういうときは、コーヒーだ!!やっぱり直訴して家に帰って、仕切り直ししようっと!!

私の心は決まった。

このままここにいたら、産婦人科長の「もう産みたい気持ちになったかな?」という日々の質問を繰り返し聞かされるに違いない。お腹はパンパンで重たい。一刻も早く楽になりたい。でも、その前の苦痛と戦う心の準備ができていない。やる気になれない。いろいろな理由が重なりすぎた。

「促進材を使ってまで、月曜日にどうしても産まないといけない理由はないはずだよなぁ。」

これが私の正直な気持ちだった。

この病院は、スロバキアのマタニティー雑誌のアンケートで「妊婦お薦めの病院」で、1番になったということで、地方から、ブラチスラヴァからも、出産を希望する人が多く訪れている。そして、病室は「アパルトマン」と呼ばれる、家族が一緒に滞在できる部屋もある。(トイレ、シャワーは別なんですけどね。)金額も首都のブラチスラヴァに比べると、半額以上も安いらしい。かなり人気の産婦人科であった。私はそこに無料で4泊もしてしまった。そして、次回の出産の本番でも、4日間無料で泊まることになる。

なんとなく、申し訳ないと思うのは私だけで、スロバキアでは、「予定日」を過ぎてしまったら、もう家には帰ることはできないいそうです。金曜日以降、「帰ってもいいですか?」と繰り返し質問しても、「だめです。産みたくなったら教えてね。」と、婦人科長に言われていた意味を知ることになった。知り合いの看護婦さんに頼んでも「無理なのよね。」と言われるだけだし。



それでも、月曜日の朝の検診で、婦人科長に「まだ産みたくないし、生まれそうでなかったら、家に帰りたいのですが。」と頼み込んだら、「じゃあ、木曜日の検診に来なさい。」とあっさり認めてくれた。助かった。

なぜかその日は「産みたい!」という気持ちが湧いてこなかった。どちらかというと、「今日、産むことを選択したら後悔するなぁ。」と感じたのだ。




その日の夕方、病院から家路に着く途中で、交通事故を処理しているところに遭遇。大きなトラックが横転してガーターに落ちていた。前と後ろのバンパーが外れてしまっている。かなり大きな事故だったみたい。

死亡事故の情報はいち早く届く。どこどこの会社の誰々が目撃していたとか、そういう地元レベルの情報なのだが、ポーランドのトラックが地元の誰かと正面衝突したらしい。3才児が亡くなったようだ。。。。そんな話を夕食のときにしていたが、
その夜の8時過ぎには、もう全てがわかった。

ラドのママ方のおばあちゃんの妹の孫(男性)の奥さんと子供、奥さんの妹の3人が亡くなった。遠い親戚だった。この孫の両親には会ったことがあると思う。

そして、翌日の朝、もう一報が入る。ラドママ方のちょっと変わったいとこたちのいとこ。遠いし、親戚ではないのだが、30代中盤の男性が奥さんに別れを切り出され、マンションの12階から飛び降り自殺をしたとのこと。


虫の知らせじゃないけれど、やっぱり気の進まない月曜日だったのだろうと、やけに納得し、自分の直感にしたがったことに、ホッとした私です。

頑張ってきます!クリックしてね!→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




そして、明日、また検診です!今度はもう、帰宅を許されないでしょうから、金曜日に促進剤で産むことになるかもしれません。気持ちは産みに向かっていますので、みなさん、どうぞ安心して報告を待っていてくださいね。

がんばってきます。
ポンセより

実は、、、まだ。もうすぐ??【予定日をすぎて】 

大方の予想に反し、予定日より5日が過ぎました。

水曜日にいい感じの波がやってきたので、「よっしゃー!」と気合が入ったところまでは、お伝えした通り。ラドの仕事が立て込んでいたので、ちょっと横になって安静をキープ。

「あれ?痛みがちょっと落ち着いてきた。」

そう、あれよ、あれよという間に、夕方になってしまった。痛みよ、さらば。
翌日、木曜日の検診にでかける。もちろん入院の準備を持って。そして、これまたラドが忙しいので、ラドママとラドパパが車を出してくれて、付き添ってくれた。

ラドママは元産婦人科の看護婦。頼りにもなるんだけど、時として難もある。決して、口出しをするタイプじゃない。スロバキア人にしては、めずらしい、かなり奥ゆかしいタイプなんだけど。

私の今までの少ない人生経験から学んだこと。
「看護婦さんは、自分の目で確認する、他人に頼らない、任せない、逆に言うと、自分でやらないと気が済まない。仕事上自分の目で確かめるのが掟で、そういうタイプが多い。」と思いますが、皆さんの意見はいかがでしょうか?





木曜日の検診で赤ちゃんの心音と胎動の様子を測定しているところにやってきて、私の記録をみながら、「今、お腹が痛い?いつから?」と、子宮の伸縮をピタリと言い当てる。グラフの読み方も知っているので、嘘もつけない。

「うーん、昨日からこんな調子。」と、答えてしまったのが、、、結果として、裏目にでたかなぁ?

「私からすれば、もうこれから生まれそうよ。このまま入院しなさい。家に帰る必要は無いと思うわよ。」

ちょっと腰をさすっていれば、「腰が痛いの?お医者さんに言いなさいよ。」とか、段々、私が家に帰るチャンスがなくなってきた。

そういう私自身も、前日の波がまだ残っていたので、これがそのまま続いたら、確かに出産になるかも?と、安易に考えていた。大体、過去を2回さかのぼると、破水してから生まれるまでが、かなり早いので、確かに要注意!なのだ。
しかも、家から病院までの道は上り坂、下り坂、また上り坂の山道だから、、、やっぱり入院したほうがよさそうだなぁ!

なんとなく、後ろ髪を引かれる気持ちもある。(ラドが見送ってくれたわけじゃないし、子供たちに「行ってきます。」を言ってないし。、、、医者と面談したときに、聞いてみよっと!(あまり深く考えてもしょうがないし。)

医者に意見を聞いたところ、あっさり「いいですよ。じゃあ、入院してください。」って。マジ?






ラドのいびきよりも、赤ちゃんの泣き声のほうが、ずっと深く眠れることに気がつきました。ほら、泣いているのは他人の子供だから、起きて世話する必要がないでしょ。眠りたいだけ眠れちゃう。2日間は、温泉にでも行った気分。ご飯も出てくるし、好きなときにシャワーに行けるし、時間になったら、心音を測るだけだし。

そう、すっかりリラックス入院なので、陣痛がまったくやってこなくなってしまったのだ。

2日間、同室の人にも恵まれ、楽しく、ぐっすりと眠り姫になっていた私に、彼女達が質問してきた。

「ねえ、声、気にならない?」


なんの声よ?知らないよ?


そう、隣はなんと分娩室。産む時の声がモロに聞こえてくるらしいのでした。。。。

その晩、土曜の未明の出産はすごかった。誰も眠れない。叫びがすごいのだ!!私の寝ているベッドの前にあるドア。その3mくらい先に、分娩ベッドがある。二人の妊婦が同時進行で出産準備に入ったため、L字になっている分娩室の壁からも、ドアからも様子が聞こえてくる。もちろんライブよ!

昨日、産んだばかりのお母さんは、その痛みを思い出すし、これから産むぞ!という私には、ただ恐怖の声にしか聞こえない。勘弁してよ!!

しばらくして、同室に入ってきたのは、その出産をした本人。超若い女性。まだ20歳くらい?
夕方になって、お祝いに来た家族や友達は約10人。両家のおじいちゃん、おばあちゃん、ご両親ほかモロモロ。
これから結婚式でも始まるのかと思ったほど、みんながハッピーな顔をしていた。

この彼女は、まだ大人しかった。月曜日の早朝にやってきた女性、久しぶりに、テニスプレーヤーを思い出すような、叫び声とののしり、、、もう我慢の限界でした。

月曜日(昨日)の検診時に、直訴決行。

「家に帰りたいです!!」

既に、2度ほどトライしたのだが、そこはスロバキアマジックの不思議。予定日を過ぎているの人は、原則として、赤ちゃんが生まれるまでは、家に帰してもらえないそうだ。

しらなかった、、、、。やっぱり日本と違うのね。 <つづく>

安産祈って、クリックしてね!→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


今、自宅待機しています。やっぱり家が一番いいわ。破水しても、やっぱり家から「スタート」するのが一番!
でも、つづきもお楽しみに!! ポンセより


なんだか生まれそうです! 

というわけで、カウントダウン終了の前ですが、産気づいてきました。

少し歩くと「キューン」と、下っ腹がつるし、何気に、昨日までの赤ちゃんの状態とは違うからね。


日本の母から素敵なベビー服が届きました。それも今日!
PA191411.jpgPA191410.jpg

こんなかわいいクマさんの刺繍入りドレス。帽子に靴下。


赤ちゃんが生まれてきたら、キリスト教の教会で洗礼を受けるので、洗礼式用に、ドレスをお願いしておきました。
ちなみに、ドレスと性別は関係ないものね。。。

赤ちゃんはみんなかわいいから、やっぱり「白」をリクエストしてしまった、頭のかたい私。
でも、みてね!!











PA191414.jpg
こんなエレガントな感じとか。


PA191415.jpg
アクティブな感じ?イヤ、普通のベビー服かな?

PA191412.jpg
おでかけ用よね!ビーズのついた靴下。




この写真を撮っているだけで、「よっしゃー!!」って、気合が入って着ました。おめでたい私です。
そうだ、忘れちゃいけない。
日本の母よ、ありがとう!!おばあちゃん、最高だよ!!

真面目に、お腹の具合が昨日とは違うので、これから病院に行ってきます。

さっきまでは、いい感じだったのに、トイレに行ったら、なんとなく赤ちゃんの居場所ができちゃったみたいで、降りてくる気配がなくなってしまいました、、、、。

どちらにしても、明日が検診予定だったので、
今日、このままお泊まりになり、先日頭の上で聞こえた


「じゃあ、破水させて、産んじゃおうか?」


という、お医者さんの声で、産むことになるところだったかな?。。。と、勝手に想像しています。

意気込んだのに、なんだか肩透かしを食らった一日だったわなぁ~。でも、まだ夜中もあるし、果たしてどうなるか?
私にも全然想像がつきません。何せ相手は、意志を持った人間だから、、、。



ポンセがんばれ!にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
クリックしてね!!

明日の検診で家に帰してもらえるかどうか?ブログの更新がないときは、たぶん、、、
いってきまーす!!産んできまーす!!ふんばってきますね~!!!の状態の私でしょう。

気がつけば、11時前。【カウントダウン あと8日】 

まだブログを書いているの?って、思いますよね。そうなの。まだ生まれてくる気配は、、、ない!

そろそろ、雑巾がけして、お腹を動かして、「出てこい!出てこい!」って、おまじないでもとなえますか?

ラドが一昨日、ブラチスラヴァにでかけてしまったので、今、赤ちゃんが出てきたら、立ち会ってもらえなくなっちゃうもんね。
火曜日の検診のときに、出産室とか、病室などをみせてもらい、その時に「夫も立会いできますか?」と聞いたら、
産科医長は「いいですよー!」と軽く返答。

「ビデオもいいですかぁ?」と聞くと、「ビデオでも写真もいいですよぉ。」と、これまた快諾。(一緒に見学していた若いカップルはクスクス笑っていた。受け狙いがバレたか!)すげ!話がわかるのね。ここ。

だって、ブラチスラヴァの病院は、立会い費用を徴収するのよ。赤ちゃんの超音波(エコー)の写真だって、有料なんだから、、、。


昨日、ラドママに「立会いしてもいいんだって!」と告げた所、
「もちろん有料でね!!」
と、すかさず付け足しが入った。

「そんなこと、言ってなかったよ。」と返答したものの、
「言わないだけでしょ?聞いた方がいいわよ。」とのこと。

いわれなきゃ、無料だと信じているのは、私だけ?超音波も私には、「プレゼント!」って、くれたんだけどなぁ。
うーん、いろいろと悩みがでてきたぞ。

実は、個室。これもね。ちょっと悩み。

この病院は、「やさしい産婦人科」って、スローガンがあるので、分娩台も、普通のベッドっぽくって、「本当にこの部屋で産むの?」って、感じなんだけど、雰囲気は私立医院みたいな感じ。

個室も1泊17ユーロ程度。しかし、個人用のトイレもシャワーもついていない。ダブルベッドがあって、赤ちゃんのベッドもある。お茶とか自分で沸かせられる。テレビがある。

利点は、その程度なのよね。

上の階には、家族が泊まれるアパートマンもあるらしい。都会から産みに来る人もいるらしく、家族が泊まれるような設備になっている。そこはもちろん、トイレ、シャワーつきだ。

うちは確かに、みんなが見にくると、人数が多いから、他の人に迷惑にならないように、個室に入って、好きな時間に面会に来てもらった方がいいとは思うんだけど、産後って、ゆっくりしたいから、ちょっと悩んでいる。

個室でなければ、面会用の場所に行くだけ。赤ちゃんが眠っていたら、会わせてやれない。逆に、スロバキアって、入院中に赤ちゃんに会わせるところって、珍しいと思う。個室だったら、その辺がかなり自由なのだ。


正直、私、赤ちゃんは別室で眠っていて欲しい。体力温存しておきたいよ。だから、個室、、、、悩んでます。ベッドが低いし、赤ちゃんと最初から四六時中いっしょってのは、ちょっと辛いぞよ。

3人部屋のほうが、カーテンで仕切ってあるし、静かで、思ったよりも広くて、日本の病院みたいな感じ。
赤ちゃんが泣いたら連れてきてくれるだけだし。まあ、ジプシーも同じ部屋になる可能性もあるけど。財布を持たなきゃいいだけの話よね。


嫌だったら、個室にしてもらえばいい。そうね、あまり深く考えるのやーめた。


たった、4日間の入院らしいし。
保険のシステムがかわって、スロバキアの保険は出産当日から4日間分を支払ってくれるとのこと。いやー、時代とともに、条件も変わってきております。

ちなみに、日本の場合は、自然分娩7日間、帝王切開は11日間の入院だと記憶している。地方自治体から、出産費用分担金だっけ?申請すると、一律の金額を返してもらえるのよね。

暇だから、そんなことを考えてしまうのよ。

さあ、これから雑巾がけ!!動こう!!!
気がつくと、午前中の11時を過ぎていました。ほうらね。





妊婦の辛いツボ 

カウントダウンが14日になりました。
わーい!わーい!

何が嬉しいかといえば、大きくて、重たいお腹を持ち運びしなくてもよくなること。

しかしながら、会う人会う人に、「なんだか見かけがよくなったわね。」(直訳なんですけどね。)と、容姿を褒められるので、産んだ後は、顔がムクんで、体系もお腹回りにお肉が残って、、、、と、悲惨になりそうで怖い。母乳であれば、確かに太らないとは言うのだが、出すためには、飲んで食べなくてはならないし。

悩みは尽きぬ!!

まずは、安産祈願。

どうか、母子ともに健康でありますように。

自分で祈ってどうする?って、ちょっと思うけど、目標みたいなものね。

なんせ4人の子供と、ちょっと体の大きな子供(夫)を背負っておりますので、私も含めて健康で、無事でなけりゃ話にならない。赤ちゃん本命!じゃなくて申し訳ない!!でも、しょうがないのだ。


さて、この臨月は一番自由な時間があって、のんびりできる時期である。(私の場合)公に「働けませーん。」と言ってもいいし、「昼寝しまーす!」と宣言しても、許してもらえる。夜更かししても、「眠れなくて、、、。」と言える。しかし、朝寝坊はできないが。

これからは、毎日決まった時間と決まっていない時間に、要するに24時間体制ね。
おしっこ/うんち/おしっこ/おっぱいがメインの生活になるのだから。










では、本題の辛いツボについて。
この写真見てください!!

PA031381.jpg

何かわかりますか?ヒントは?
















PA031380.jpg
うちの猫。「ムディナ」






















PA031379.jpg
答えは、鼠の赤ちゃんを見つけた猫が、喜び、投げてはキャッチ、動く鼠をよろこんでおもちゃにした結果がこれ!

妊婦はこういうのに弱い。しかも、この写真、うちの子供たちが記念に撮ったらしい。知らずにPCに落として見つけてビックリした私。(使っているけどね。)


命を産む身なのに、こういうのは、ちょっと辛いのです。他にも、実はうさぎの耳が病気になってしまっているので、治療中なんだけど、目まで潰れ気味で、見ているのも辛いから、「殺しちゃえば?」と、提案したいのだが、それもまた、妊婦が発してもいい言葉なのだろうか?と、考えてしまう。作業に関わるのなんて、今は無理。血とか見たくない。
肉屋に売っている「肉」はOKなんだけど、、、、。



思い出しても、体に悪かったのは、映画「キルビル」を見たとき。あれは妊婦には絶対によくない!ああいう、血とか殺し系は、この期間は絶対に避けたほうがいい。この私が、めずらしく「吐き気」を感じたくらいだから。



それから、別の意味で、「ロードオブザリングス」も辛かった。どうなっちゃうんだろう?という、不安な気持ちや恐怖が混じって、しかも映画が長いのでトイレに立つタイミングが難しいのだ。なんだかお腹が痛くなってくる。長時間の映画と、ミステリーとかサスペンスも、違う機会に楽しむべきだと思います。


というわけで、残りの2週間、私に必要なのは、めちゃくちゃハッピーなこと、それを想像すること。

「今日のニワトリの卵は何個かな?」

わーい、久しぶりに雨が降ったから、畑や庭が潤った!とかね。
こういうレベルが一番楽だ!

クリックしてね!→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


泣いても笑っても、あと2週間なんだもの。笑っていられるのも今のうち、、、だものね。