「スロヴァキア熱 言葉と歌と土地」 石川晃弘著 

小中高を通しての苦痛といえば、夏休みの宿題の読書感想文だった。

それなのに、石川先生のお書きになった

「スロバキア熱 言葉と歌と土地」


の感想を書く気持ちになったのは、
スロヴァキアの観察を継続されている、
その忍耐強さを称えたいからだ。


この本は2006年に初版発行。
ということは、もう10年前に出版されていたのか。

なぜ?私の手元に今頃たどりついたのだろうか?
もっと早く知っておいても良かったはずなのに。














石川先生の名前は、ずいぶん前から風の噂で聞いていた。

かれこれ20年前だったか?
近重亜郎さん(当時は若い学生さん)と、日本大使館で行われた新年会でお会いし、
東スロバキアのプレショウ大学で、ルシン民族の研究をしていると伺った。

彼の教授が石川晃弘先生だというのを、後々知ることとなる。

その当時は、まだ今のように、インターネットでなんでも知ることができる時代ではなく、
「石川さん」といえば、私の知っている世界では、宇都宮のスロヴァキア好きの石川英一さんでしかなかった。

その石川英一さんだって、今や在日本のスロヴァキア名誉領事である。

話を戻すが、

石川晃弘先生には、実はまだお会いしたこともない。
10年以上も前から、お名前だけは知っていた。
今年に入って、巡り巡って、やっとつながることができた!
そして、チャンスあらば、ぜひお会いしたい!!

スロヴァキアについて語り合いたい!!!


著者は、私が生まれる前に、スロヴァキアに足を踏み入れた先人である。

スロヴァキアに本拠地を置いたわけでもないだろうに、
実に、国というより、民族を良く知りつくしている。

それだけ、足繁く通い続けた、ということがわかる。

「「スロヴァキア熱」は、テーマが13章に分かれている
素晴らしい点を書き留めておきます。


第1章
歴史の流れや、周辺国の特徴をよく捉えているので、
他国との比較が理解しやすい。

第2章
民族については、島国の日本人には理解しにくい問題に触れていますね。


第3、4章 
音楽、民謡を通して、日本との文化的な違いがわかる。

日本に紹介されている
「おお牧場はみどり」の訳の内容から、
国民性の特徴を説明している。
私もそう思っていた。頷く。

未だに、スロヴァキアは、
「共産主義だった貧しい国」

という印象を持っている日本人も多いはず。

しかし、本当は歌と踊りが大好きで、どちらかといえば、
明るくラテン系?と錯覚してしまうような、

前向きで、明るく、健全なものの考え方をする民族だという真髄を、
しっかりと見透かしている。


石川先生、すごいですよ!!




以降の章は、いろいろな人との出会いがあったり、
調査、観察しているのが良くわかります。

第5章
生活と価値観は、夫が言う通りの言葉が並んでいます。

スロヴァキア人が大切にしているのは、金でも富でもないのです。
石川先生の周囲も、素朴な人が多いのでしょうね。
私の周囲と同じ価値観なのです。

そうそう、公共の交通機関に乗る都度、席を譲ってもらったのを思い出しました。
子供と一緒に乗ると、カバンから飴やバナナを出して、子供をあやしてくれる、
魔法使いのおばあさんに出逢ったり、
昇降口まで降りてきてベビーカーを持ち上げ載せてくれる若者に、何度も助けてもらったなぁ。





古き良き時代ばかりが書かれているわけではなく、
現在の変化も記されているので、それにも頷ける。
都会の生活、個人主義を受け入れだした。


それでも、
「大多数の人々が支持している価値は、富、金銭、権力、地位といった実利的価値よりも、
愛と家族と道徳であり、労働と教育である。」

と書いてある。私の周囲はまさにこの通りだ。





このブログの名前でもありますが、
私はスロヴァキアが好きなんですよ。


「なんでスロヴァキアが好きなんだ?」


と聞かれたら、

それは、この「スロバキア熱」に詰まっているんです。
ぜひ、読んでみてください。


そう回答しておきましょうかね?!


スロヴァキアが好きなんて、マイナーな変人、私だけじゃないんだ。
うふふ。


石川先生が、スロバキアではなく、スロヴァキアと表記したことに、感服。


それから先生、
「スロヴァキア熱」というより「スロヴァキア愛」ですね

柔軟な先生の「心」と「頭」に感謝です。
素敵な本を、この世に送り出してくださり、ありがとうございます。


ぜひ、お会いしましょう!!



ポンセより。

電子サインの手続きに行きました 

スロヴァキアに在20年以上になっただろう。
その間、日本に1年以上住んだり、
5人のうちの3人は、日本で出産してるので、
3か月以上滞在していたり、
スロヴァキアの地を踏んでいるのが、
トータルで20年以上になったのではないかと思う。

先日、10年ぶりに、永住権カードを切り替える必要がありました。
それは、日本のパスポートの有効期限に基づき、
永住権も更新しなくてはなりません。

なんでも早目に始めておかないと、いつ何が起こるかわからない。
チャンスのある時に、こういう手続きはやるべきかな?と、
7月に切れるパスポートだが、3月から準備を開始した。

特に、
スロバヴァキアでは外国人は、身分証明書の携帯が義務付けられているから、
どこで、警察に提示を求められるかわからないし、
不携帯で罰金を徴収されるなんて、バカバカしい。


さすがに、この田舎では、知られた住民だろう、
警察に、


「ちょっと、ちょっと、そこの外国人、身分証明書を見せて!」



と言われたことはない。

パスポートの提示を求められる時といえば、
、銀行に行って、振込をする時くらいだろう。



ところで、スロバキアの警察は町の民間警察と、国家警察の2種類あります。
今回は出入国などを管理する、国家警察のほうの外国警察部署の管轄です。

まめなことに、この機関は2年に一度くらい、
私がこの地に住んでいるか、確認の訪問をしてくれます。

「どう?元気?」ってな感じで、ぶらっとやって来て、
5分くらいで、さっさと帰ってゆきます。
不審者ではないか?
本当に実在し、生活をしているのか?を確認するだけです。


ここは地方だから、数も知れているでしょうが、
首都のブラチスラヴァなら、大変な作業ですね。





IMG_20170621_140622.jpg
バンスカービストリツァのSNP広場



さて、日本のパスポートも新しくして、
外国警察で新しい永住権カードも取得しました。

しばらくして、何か忘れていること???う~ん???なんだったっけ?
これがいわゆるTOSHIなんですね。


税金申請の時に、会計を任せていたラドのいとこに「あれやった?」と聞かれて
やっと思い出した次第。



そうなんです。今年の1月にお触れが来てました。
会社を経営者については、身分証明書カードに電子サインを登録すること!
しかも、6月末日までに、行うこと!!←忘れていたぁ~。やばい、やばい。
この間、永住権カードを受領した時に、登録すればよかっただけの話なのに、
完全に頭から抜けていたよ。ガクッ。


電子サイン?なにそれ?
ですよ。とほほ。


すごく簡素な説明で済みません!電子サインとは、こんなもの。
→ウエブ上で公式文書にサインをするときなどは、登録した暗唱番号を押すことで、
サインをしたことになる

ス ロ ヴァ キ ア ハ イ テ ク じゃん

この身分証明書カードとは、書いて字のごとく。
国の機関が発行するものです。日本には存在しないのではないかしら?
巷ではグリーンカードなんて言われてますが、緑色じゃないです。

スロヴァキアでは、15歳から身分証明書を持ちます。
これは、パスポートの代わりにもなり、EU圏内はパスポート無しで旅行ができます。
15歳未満の子供はパスポートがないと、外国には行けません。

話を戻して、
私の場合は、スロヴァキア人ではないですから、
身分証明書は日本国のパスポートであり、
スロヴァキアでは、永住権カードが渡されます。

さて、この永住権の中に、情報をいれなくてはならない。
またもや、外国警察へ。


朝7時から夕方5時まで営業の、水曜日に行きました。
到着したのは午前10時。スタートが遅かった。
スロヴァキア語の画面を押して、番号札をもらった。
IMG_20170628_090414.jpg
なんと、711番。要するに11番目ってことなのね。


警察の昼休憩をはさんで、待つこと約3.5時間。
待合廊下には、外国人とその付き添いおよそ20人が、
ひたすら「待ち」の状態。

700番代のほかにも、400番代、100番代の番号などが、
黒い電子版に表示される。

赤ちゃん連れの4人家族+おばあちゃんという5人組、
ロシア語を話す娘、母、お婆ちゃんの3人組が、私と同じくため息をつきながら
その待合時間をもてあましていた。

番号表示が「ピンポーン♪」の音とともに、点滅し、
その度に、顔を持ち上げ、番号を確認しては、ため息。

4人家族のお父さんが、朝からしゃべりっぱなしで、
いい加減耳が痛い。

「もうちょっと小さな声でお願いします」


本当はお願いしたかったけど、
明るい仕草と大きな声は、待ち人たちを励ましているかのようで、
文句を言う気にはなれなかった。


「ピンポーン♪」

次は誰の番だろう?
点滅を見ては、ため息。
だんだん、LOTOの掲示板を見ているような錯覚を覚えてきた。

「ねえ、次はそろそろあなたじゃない?」ロシア人のお婆ちゃんが言えば、

「いや、誰が勝ち取るか?だな。」と、子連れのお父さんが言う。

その冗談にみんなが微笑み、励ましあった。

「ピンポーン♪」

なんと!!



やったー!!大当たり!!


「当たった!行ってくるね!」
と、私は演技混じりで、待ち組を脱出した。

受付の部屋に入ると、すぐに、あのお父さんも入って来た。

制服を着た警察官に、

「すみませ~ん。ここは、LOTO売り場ですか?次は302番でしょ?302番を当ててくださいね~!」

と、冗談を言いながら、すぐに出て行った。


警察官のほうも唖然としながら、

「今の結構面白かったよね?」
女性警察官も喜んでいる。

「いいんじゃない?次はあの人を呼んじゃおうよ!!」

すかさず302番の番号が掲示板に点滅したらしい。

「いやっほ~、ありがとう!!」

と、4人家族+おばあちゃんたちが、嬉しそうに入って来た。


いいなぁ。スロヴァキア!まんざら捨てたものじゃないなぁ。




IMG_20170621_140800.jpg
SNP広場にある霧吹き





入って来たお父さんは、朝から電話で確認していたことや、
その対応の悪い部分を指摘した。

遠方からやって来ているから、対応が曖昧だったので、来てから不備を指摘されても
困ってしまう。

ごもっとも。
3時間半も子連れで待たされ、それでも冷静に話が出来る人だった。

警察の対応も、さすがに高圧的には出ず、親切にいろいろと手を尽くしていた。
お父さんの満足は、

「Ty si zlatá.」 (ティ スィ ズラター)

という言葉に込められてた。

Zlatoは「金」なので、直訳すると、「あなたは黄金よ!」ですけどね。
そういうわけにはいかないですね。

「あなたには感謝しています。ありがとう」だったのでしょうね。


IMG_20170621_141909.jpg
7月から日本での公演が始まる国立オペラの本拠地バンスカービストリツァのオペラ劇場



久しぶりに、まっとうな人に会ったわ。なかなかいないよね。
ユーモアと正義を上手く使い分け、ちゃんと相手を立てる、感謝を伝えることができる人。

私自身も外に出ることで、こういう場面に遭遇できるんだ!
耳はダンボで、他人事を楽しく横目で見ていた私ですが、、
家まで50km。足取り軽く、清々しいきもちで家路に着きました。



そうそう、もちろん電子サインの登録も滞りなくできました。
6月が終わりますね。
今年も半分が過ぎて行きます。

皆さんも、健康にお過ごしください。









スロヴァキアの1番特集 COOP Jednotaと羊飼い 

みなさん、こんにちは!!
今日は6月1日で、スロヴァキアは、「こどもの日」です。

小学校は授業無し!
町が用意したプログラムに参加したり、
クラスで遠足にでかけたり、
担任の先生がアイスクリームをご馳走してくれる日であったりします。

保育園も、門には風船が飾ってありました。

ラドパパ(義父)から、
「午後は子供たちをJednota(町で一番大きなスーパー)に連れて行け!!」
との指示がありました。

COOP Jednotaは、スロヴァキア全土、どこにでもあるスーパーなのですが、
そのスーパーのコマーシャルに羊飼いの役の二人が出てきます。
ちょっと見て↓









何事かと思えば、
この主役の二人が、田舎町Krupinaにやって来る!!
(実は、去年も来たような記憶だが)
それを見に行けと。。。


うちの子供たちは絶対に興味がない。←言い切る。



しかーし、義父にとっては、銀幕のスター?
基(もとい)
スロヴァキアの有名人なわけだ。


COOP Jednotaは、庶民の台所だから、ほとんどの人が毎日買い物に通うと言っても、
言い過ぎではないと思う。


だからといって、クルピナの人にとっては、さすがに二番煎じだし、
喜ぶ人って、いるのかな?
義理父への義理にのために、試しに、行ってみるか?





実際に、この撮影しているところが、本物のスロヴァキアの羊飼いたちがいる小屋だったりする。
スロヴァキアでは、Salaš(サラシュ)とい山小屋の作業所。
羊飼いが羊のお乳を搾り、チーズを作る場所です。
この羊のチーズをブリンザーと言います。

今は、レストランを指すことが多く、

ブリンザーを使ったスロヴァキアのソウルフードこと、

「ブリンゾヴェーハルシュキ」(Brynzové Halšky)
や、
Brynzove halusky

同じくブリンザーとジャガイモが入った水餃子のような、
「スピッシュスキーピロヒ」(Spišské Pirohy)
spisske pirohy

などがいただけます!!


しかし、本当の羊飼いの小屋は、レストランではありませんので、
火を使った料理は食べることができません。

新鮮なチーズ、ブリンザー、バターや
リオオリンピックの銅メダリストの羽根田選手が大好きな
ジンチツァ(žincica)も売っています。

新鮮なチーズなどは、その場で食べることもできます。


実は、先週ですが、こっそり日本のお客様と行ってきました。
とっておきの写真を一枚お見せしますね。



blog LM
雨上がりのサラシュにて














とんぼ(7月撮影) 

ちょっとさかのぼって、7月のこと。
用事で遠出、50km離れた町バンスカービストリツァに行ってきました。





IMG_20160719_111341.jpg IMG_20160719_111206.jpg 
バンスカービストリツァ

es.jpg IMG_20160719_111231b.jpg
揚げパンを頬張るうちの子供たち





バンスカービストリツァは、観光でお客様を案内している大きな町ですが、
用事があったのは、町の入り口で高速道路のすぐ隣、町のはずれ。



小川でみつけたトンボを写真で紹介しますね。


ポンセ、なんでそんなものを見せたいの?




いいじゃん。
私、虫が大好きなんだもん。
これ、自慢だよ!!このトンボ!!


日本で歌にもなっているのは

「赤とんぼ」



スロバキアのトンボは
「青トンボ」




ほら、見て!見て!
特に、成田のガビーさん
息子君たちにも見せてあげてくださいね~。

IMG_20160719_101434.jpg IMG_20160719_101508b.jpg 
IMG_20160719_101521.jpg IMG_20160719_101515b.jpg


どうです?ステキでしょ?



足が濡れるので、接近できず。
羽を広げたところを写したかったのですが、
遠くに飛んで行ってしまいました。


このトンボが出没するところがもう一か所あります。
先日、久しぶりに行ってみたら、雨で増水していて、
姿を見つけられませんでした。ガックリ。





時計をもどして、7月のスロバキアをお見せします。

頭を打つことになる日の朝。
ニトラからブラチスラヴァに行く途中の高速道路にて。
車中からで、ちょっとボケてますが、お許しを!



yellow roadyellow road 2
himawari_2016090917475292b.jpghimawari 2

夏の風物詩のひまわり畑。
景色は美しく、まるで映画の世界なんですけど、
実際に車を止めて写真撮影をしたことがない。。。






今度はラドの両親の住む近くの道にて。








blue and bee Blue flower 2

blue street blue street 2 



夏の花で、紫なんですけど、遠くから見ると青いんですよ。
これをひっこ抜こうとしても、中々抜けない、元気な野草。
写真を撮ったけど、3日後には刈られていました。
ここでは雑草ですね。


暑ければ暑いほど、青く力強く輝く花なんです。
のどがカラカラな道中、この花を見ながら、
ニコライやサラと自転車に乗って、プールに通ったことを
思い出します。



今?スロバキアの日差しに負けて、
外に出る気もありません。
干からびちゃうもん。

ごめん。ちびっこたち。
母さんも年を取るんだよ!!

そんなんで、今年はニコライが近所のプールに
ちびっこを連れて行ってくれたりしました。





ああ、9月。
やっと、子供たちが登校しはじめ、
こうやってブログを更新することができました。

涼しい日は日中15度。
暑い日は日中32度。

なんなんだ~!と、頭と体が混乱していますが、
風邪などひかないよう、がんばりまーす!!


日本の皆様も残暑に負けず、
台風にはくれぐれもお気をつけて、
お過ごしください。


その他の地域の方のご健康もお祈りしてます。


9月9日 ちっ、広島優勝か!
ガビーさん、よかったですね。おめでとうございます。

ポンセより

























スロバキアとワーキングホリデー 

はるか20数年前、オーストラリアのシドニーへ、
ワーキングホリデーに行った私。

たった半年の滞在で、運命の人に出会い、
そのままスロバキアへ飛んで行った私。

今、2016年は息子が生まれて20年になろうとしている。
早いものである。。。
いや~、最近はめっきり年を感じます。

食べれば、食べるだけ太り、食べなくても痩せない。
これはなんとか、解決の糸口が見えた。

運動するしかない!!



しかし、もう一つの大敵がいたのである。
それは、、、


「ろ う が ん !」老老ガンガンの老眼




だって、眼医者さんは言ってましたよね。
「近眼の人は老眼にはなりにくい。」

それが本当か?嘘か?は知りませんが、
近眼の私は、確かにメガネを外せば、針に糸を通すことができますが、
メガネを外すと?遠くの文字や人の顔は全く見えない。
30年近くコンタクトの私は、メガネをかけるとメガネのフレームが視界をじゃまして、
頭や顔をぶつけたりする。

そして、コンタクトは一番厄介!
1日使用のコンタクトを着用していますが、料金もそこそこします。
その上、遠くは見えても、小さい文字が読めない。
暗いところだと、商品の裏に書いてあるのも読めない。




老眼って、神様の意地悪だよね。





40歳から45歳から?きっと誰でも通る道なのでしょうが、
「PCの前にいたくない」
「ブログを更新するのが面倒くさい」
など
昨年のあたりから、どうも調子がでないなぁ~、と感じていた原因は、
老眼だったのです。

読者の皆様。
ブログ更新がはかどらないのは、そういう理由もありました。


逆境には負けたくないですね。
理由さえわかれば、あとは努力するのみ。

1)2週間前から、足上げ(これは高校生のころからやっている)と
  ラジオ体操第1(第2までやる時間がない)を毎朝実行している。

2)携帯ゲームをしないこと。携帯で夜更かししないこと。

心して、アンチエイジングに取り組んでいる私でございます。


さて、本題ですが、
スロバキアと日本の間で、「ワーキングホリデー」の制度が導入されるそうです。
すごいですね。
てっきり、今でもオーストラリアとカナダ、ニュージーランドだけだと思っていたら、
どんどん増えたんですね。詳しいことはどうぞ下記をご覧ください。

ワーキングホリデーとは?←ここをクリック


また、興味のある方は、外務省のホームページ
「スロバキアとの間のワーキング・ホリデー制度に関する口上書の交換」←ここをクリック


ニッポンの若者よ!
スロバキアのような賃金の安いところで、労働によって報酬を得ることが、
どんなに厳しいことなのか?を味わってしまいますから、
長く居たいのなら、日本でアルバイトをして、お金を貯めてスロバキアに遊びに
来たほうが効率がいいです。

しかし、日本の医療や機器の高技術、日本の文化・精神、
日本人の優秀さを広める目的で、いらっしゃるのであれば、
ぜひ、ワーキングホリデーにチャレンジしてただきたいものです。


オーストラリアの時もそうでしたが、それなりの期間を生活できるお金を
準備しておかないと、ビザも取得できないですもんね。


スロバキアの若者よ!
ニッポンの若者よ!
両方ともがんばれ!!


そして、これらの偉業を成し遂げ、両国の未来に希望をもたらせた、
在スロバキアの日本大使館と
在日本のスロバキア大使館に
大・大感謝!!


もう一つ、
スロバキア駐の江川明夫特命全権大使は、
心からスロバキアを理解してくださっています。
本当にそれは、頭が下がるほどです。
この大使だからこそ、ワーキングホリデー制度が
導入される運びとなったのだと、確信しています。

スロバキアに住む日本人として、
これだけは特筆しなければ!!
と、老眼に負けずブログ更新しました。