スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラザー工業 in Krupina 

9月12日はマリアという名前の日。スロバキアでも1番、2番を争う人気の名前。今は少々事情もかわってきているが、昔はほとんどの女性がマリアだった。

ラドのおばあちゃんの住む村に行くと、お墓にある名前はみーんなマリア。ヤン(ヨハネとかジョン)とマリアのカップルとか、ヨーゼフとマリアのカップルのお墓ばかりなんですよ。

ヨーゼフって、アルプスの少女「ハイジ」に出てくるセントバーナード犬の名前じゃなかったっけ?


おっと不謹慎な発言でした。失礼しました。それもそのはず。スロバキアにヨーゼフはたくさんいますからね。なんてったって、マリアのだんなさんで、イエスキリストの育ての父はヨーゼフなのですから。






さてさて、その「マリアの名前の日」に、ラドママの親戚が集まって、ラドのおばあちゃん(マリア)と、その娘(ラドママの妹)のお祝いをするというので、我が家もティーンの二人を抜いて、遊びに行ってきました。

鹿かイノシシの肉入りグラーシュを作るということで、庭でのグラーシュパーティーです。
まあ、天気がよければ、外が気持ちいいですよね。

お酒は飲めない(授乳中)ことになっているので、グラスを差し出すわけにも行かず、4種類のケーキを食べた。私はもっぱらベンちゃんに引きずりまわされていた。こういう集まりで、飲めない、話せないなら、何が楽しいのだろうか?ちょっとイライラしてしまうのだが、仕方が無い。グラーシュの出来上がりだけを楽しみに子守に徹することにした。


グラーシュを食べながら、親戚の一人が私に話しかけた。

おばさん「ねえ、日本人って魅力的な(チャーミング)人たちね。」

私「???なんのこと???」

おばさん「ほら、ブラザーの掃除しているでしょ?この間、日本人が来たんだけど、、、、」





やはり同じ日本人として、どんな話に展開してゆくのか、気になるのであるが、その前にブラザー工業について、説明しますね。


P7133545.jpg
クルピナのブラザーは5周年を迎えましたと書いてあるのでしょう。


私の住む、KRUPINAには、ブラザー工業株式会社の工場があります。工場というかセンターという規模で、業務の内容からか、まるで研究室のような清潔な工場です。

イギリスの資本というか、日本とイギリスの共同出資なのか?詳しくは知りませんが、今の工場長はイギリス人でクルピナに何人かのイギリス人社員も住み始めたそうです。日本人幹部も1ヶ月に一度は来るらしいのですが、私は未だにお会いしたことがありません。



日本の皆さんはご存知でしょうが、「ブラザー」と言えば、ほとんどの人が「ミシン」と答えたくなると思います。しかし今は、日本の電気屋さんに行くと、FAX売り場でその製品を見つけることになります。

そして、ヨーロッパではコピー機が売られているみたいです。というのも、スロバキアで製品が売られているのを見たことがないのです。どの辺りの国に卸しているのかな??



ここ、クルピナではそのトナーカセットを掃除してインクを入れる作業をしています。
ブラザーのすごいところは、トナーカセットを再利用しているところです。


生まれ変わったトナーは、再びヨーロッパのいろいろな国へ売られてゆきます。

*知ったかぶって書いております。



ちなみに8月だったかな?これで2回目?一般開放日がありました。工場がどんな仕事をしているか、市民が見学してもいい日があります。私も行ってきました。「日本人幹部に会えるかなぁ?」と、ちょっぴり期待して。たまには日本語で話がしたいものなんですよ。

P7133548.jpg
日本の旗とイギリスのフラッグが見えますか?





P7133550.jpg
スロバキアと日本の旗と、たぶんブラザー工業の社章イギリスのウェールズ(country)の国旗


あいにくの雨でしたが、まぁ子供たちも楽しんだし、風船ももらったし、そろそろ帰ろうかと思っていたら、一人の若者が車から降りてきました。背広を着ています。まさしく日本人!なんと、車が止まったと同時にドアを開けて、工場の中へ全力ダッシュで走って行きました。

彼は間違いなく日本人でした。
時任三郎がなつかしい→24時間戦っている「ジャパニーズ ビジネスマン」だわ。









さて、再度、話を元に戻して。

チャーミングな日本人はこの方に間違えないと思うのですが、叔母の話は次のように続きました。


先日やってきた日本人幹部。叔母が床の水拭きをしていると、どうも歩きにくそうにか、申し訳なさそうにそこを通ったらしい。しかし戻って来て自分の通った足跡を消したそうだ。、、、。(ここで、ラドママや親戚た(みな女性軍)は興味を示した。

「ええっ、男性が?信じられな~い。どうやって??」(言葉は不要、好感度が見える。)

叔母「私が持っていたモップで、自分で掃除したのよ!!」(親戚の高揚感を感じる私)


やっぱり日本人ですね。スロバキア人でそんな気遣いをする人に会ったことは???ないかも。ちなみに、この叔母さんは、身長が150cmほどなので、長いモップを持って掃除する姿は、小学生のお手伝いのように見えて、確かにそこを歩くのは申し訳ない気がするだろう。


例えば、ほうきで掃除をしますよね?いすに座っている人がいて、その人の足の下の掃除をしたときに、誤って足にほうきが触れたとしたら、日本だと掃除をしている人に「お嫁に行けないぞ!」って、からかいますが、スロバキアは逆なんですよ。

座っている人が足を動かすのが億劫なのか、下手なので、気が利かない、「嫁に行けない」側になるそうです。面白いでしょ?


スロバキアって、小学校でも掃除をするのは掃除婦です。子供たちは掃除をしないで家に帰ります。スロバキア人は清潔で掃除好きが多いですが、みなさんどうやって掃除を学ぶのでしょうね?やはりお母さんが厳しいのかな?お父さんが厳しいのかな?

両親が掃除について、うるさく言わなかったので、私は掃除は上手ではありません。そっか
ということは、我が子には口やかましく言えば、掃除が得意な大人に成長するってことだ!!!


大きく話しが反れますが、スロバキアは宿題でさえ、やらなかったり、忘れたりすると、親の責任ですし、勉強ができないと落第になります。もちろん、親の責任です。勉強は学校で習うものではなく、家でするものなんです。

そうです。掃除も同じこと、すなわち、家で学ぶべきことなんです!!



もうひとつ、その叔母が日本人を「チャーミング」と表現したのかですが、別の日本人社員(女性)がトイレに入ったそうで、叔母が掃除をしようと行ってみると、きれいにしてあったそうです。

それを聞いたスロバキア人の親戚たち、

「?????」

叔母「ちゃんとブラシを使って洗っていたのよ。手を洗った後、シンクの水まで拭いていたわ。」


一同の視線が私に、、、、。(コメントを求められているのがわかる。)


私「そうなのよ。日本は小学生から高校生まで、授業が終わると自分達で掃除するのよ。掃除婦さんなんていなかったなぁ。」

咄嗟に言いたいことがわからなかった私の苦し紛れの、いい子ちゃんコメントである。



叔母「イギリス人は絶対にしないのよ、そういうこと。日本人は立派だわ。」




うちに帰ってから考えた。あの時に伝えたかった意見はこんなことだ。

日本人は公共の場所を大切にしますよね。
(子供ときにテレビのコマーシャルでも見たなぁ。宣伝の甲斐がありましたね。)
マナーもいいし、自分の物でなくても、雑に扱わないし。



→スロバキアだと、公共のもの、自分の物じゃないから、まぁいいか!という雰囲気がある。すべてが管理されていた社会主義時代には無かった風潮とでもいうのだろう、、、かな?



外国で日本の美徳を確認すると、嬉しくなります。「そう、私は日本人!」だから、ここがスロバキアでも、やはり日本的であり続けたいと思うのです。



美徳と表現しましたが、スロバキア人は日本人のそういう点をとても尊敬しているんですよ。


今日のブログ、言いたいことが簡潔にまとまらなかったわ。乱文お許しください。







本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




意外かもしれませんが、スロバキアのトイレ事情はきれいです。公共のトイレは鍵や出入りを管理しているおばさんが居ますし、チップ制でもありますから。

そして学校の勉強に関しては、スロバキアが正しいです!教育は家庭の場で、そして親の責任です。
私も、スロバキア人を尊敬しています。(笑)























スポンサーサイト

猫 

ご無沙汰してしまいました。

お腹が大きいので、背中を反るような姿勢が多くて、PCの前に居るのが、とても面倒くさい。それでも、パズルゲームはやりたいので、困ったものです。

スロバキアの夏も終わってしまったみたいで、ここ2日間、また雨が降りました。昨晩は1時間ほどの豪雨。今日も夕方に豪雨。といった感じ。午前中は、ものすごい湿気を感じ、久しぶりに鼻の頭に汗をかきました。私には、これはうれしいのだけど、
畑のトマトやきゅうりのことを考えると、雨ばかりというのも、また困りものなのです。


猫がいなくなりました。

昨日、知人の家に遊びに行こうとしたら、うちの猫が2匹そろってついてきました。ローラーブレードを履いている息子と、4歳の娘を連れているのに、猫まで一緒は辛い。子供たちが、一度ねこを家に返しに行ったけど、やはりついてくる。仕方がないから、知らん顔をして歩き続けたが、子猫たちは散歩と勘違いしてうれしそう。

知人の住む団地の前には公園があって、子供たちが猫をみつけて大喜び。「ねえ、ちょっと面倒みていてくれる?」と声をかけたら、喜んで3人くらいの子供たちがやってきた。助かったよ。

でも、1時間ほどしたら、「もう家に帰るから。」と、結局猫は、知人の家の中に入ることに。

そしたら知人の旦那さん、猫と接するのが久しぶりだったみたいで、ナデナデを始めた。猫たちの心地よさそうな寝顔と言ったら、、、、。寝ぼけながら、猫って肩たたきするんですよ。

びっくりした。初めてみました。猫が人間のようにあぐらをかくような恰好で、体のお掃除をするのをみて、「人間か?」って、
後ろから頭を叩いてやりたくなるのですが、今回はびっくり。本当にマッサージしてあげていました。右手と左手を交互に相手の首の辺を狙って、「トントン」って。

感動したのもつかの間。帰り道、猫を地面に置いたら、一匹がさっさと横断歩道を渡ってしまった。2匹目は途中のゴミ収集所に行ってしまったので、そっちに気をとられていた。子供だって、ローラブレードをはいているし、油断した。
1匹めの茶色いオス猫を見失ってしまった。メス猫も一緒だし、大丈夫かな?付いてくるだろうと思いこんでしまった。全然見当たらないので、不安ではあったのだが、、、。

昨晩、帰ってこなかった。ものすごい豪雨だった。
今日は午前中と午後、猫探しの一日だった。
いろんな人に聞きまくった。目撃者発見!
朝はやはり別れた場所にいた。お昼くらいには町のお店の集中しているところに出没。

はあ、情けない。猫って、バカなんだね。ひっかかれても抱っこして、家まで連れて帰るべきだった。
私もバカだ。動物を信じちゃだめなんだ。また人生の勉強だ。「猫もバカだ!」

ラドにも「猫が見つかるまで家に帰ってくるな!」と、三行半を叩きつけられ、腹は立つし。
私、小学生の子供じゃないんだよ?猫と女房とどっちが大切なんだ?腹立つなぁ。

昨晩遅く、家の中にねずみも出没するし。タイミング良すぎ!!まったくなんなの??


実は、1週間前にも、メス猫と隣の猫がそろっていなくなりました。
誰にでも付いてゆくのです。「かわいいから」、と、持って行ってしまう子供とかもいるそうで、(大人かもしれないけど)お隣は既に2匹が行方不明。

心配してたら、翌日、青年が「お宅の前を通ったとき、かなり遠くまでついてきちゃって、仕方ないから、山小屋まで連れ行きました。今日、戻って来たので返します。」と、やってきました。

そんなこともあったので、みんなで注意していたのに、、、、、。
やっぱり私が悪かったのかな?猫について、知らなすぎってことなのかも???

日本では、家の中で飼っていたことがあるから、勝手にでてゆき、勝手に帰ってくる動物だと思っていたが、
ここでは外で飼っているので、いつ、どこに出かけているのか、詳しくはわからない。

また、ちがう文化?世界観?猫社会?
動物も子供も、、、、、手がかかるのは一緒じゃ!!

ダンスパーティーを終えて 

先週の金曜の夜のパーティーのことを未だにしっかりと覚えているってのは、DVDの威力と、私がよほど楽しく過ごしたからなんだと思う。

ダンスの競技では、決まったパートナーと組んで何曲か踊る。予選と本選があり、これまたかなり長い時間だったけど、私は審査員に指名され、子供たちと一緒に緊張と真剣さを持って、踊りを楽しんだ。

先生の指名で選ばれた8名。担任、副担任、あとは父兄の6人。4枚の紙切れが渡された。踊りの良かったカップルに渡してゆく。これを4曲だったかな?繰り返し、紙の多いカップルが本選へ進出する。

背中にゼッケンをつけて、テレビで見る社交ダンスの競技会さながら。私は、父兄の一人のお父さんと組んで、どのチームがいいか相談するのだが、この相棒ことデニサのお父さんは、「自分の子供におやりなさい。」と、4枚のうち2枚はニコライと、デニサに行くようにしている。なかなか情が厚いんですね。

「公平じゃないの?」

など、不安になりながら言われたとおりにする私。でも、ほかにも父兄がいるし、先生もいるから、まあいいか?
そう考えながらも、やっぱり下手なチームには紙はあげられない。

結果、4組が予選落ち、ニコライも落ちた。しかし、本選にはダンス学校生徒は出ないため、ニコライはパートナーを代えて出場しなくてはならなかった。その相手は首飾りナンバーワンのドミニカだった。

「どの男の子と踊るか決めなさい。」と言われ、女子生徒はさっさと目指す相手に走り出す。なんだかすごく分かりやすい。誰が誰に好意をもっているのか、ダンスの上手下手じゃなくて、誰と踊りたいのか?

見ていて、恥ずかしいんだけど、子供たちは男子の取り合いもなく、あっさりとパートナーを決めた。

そして本選。私達もそのまま審査員を続ける。今度は1~6点までのカードを持ち、ダンスが終わるたびに、点数を発表しなくてはならない。1が一番いいチーム、6はあまり良くないチーム。

そして例の私のパートナーこと、デニサのお父さんは、自分の娘には惜しまず「1」を持ち上げる。6チーム要るはずだから1~6までの数なのに、「いいよ、難しいから、うちは1~4くらいで決めちゃおう。」と、かなり勝手なお父さんで、私の出番はカードを渡すだけでした。でも、ニコライにいい点をくれるので、お任せでもよかったです。だって、なんとニコライはパートナーに恵まれたので、第2位になりました。スゴイ快挙だよ。14年の人生で初のメダルをもらった!

『ニコライよくやったぞ!!』

PC119058.jpgPC119061.jpg


表彰式のあとやっと食事にありつけた。9時半をまわっていた。そうして、ここからが全員参加のダンスパーティーの始まりだった。

先生の指導で、カントリーを覚えた。日本の「マイムマイム」を踊るようなものなので、みんなで踊って楽しかった。そのあとのディスコも父兄が上手に踊る。こっちの人たちって、本当に上手なんだよね。「私もクルクルまわして欲しいよ~。」とラドに頼むが、「リードは男に任せておけ。」と却下。ふん!

ワルツあり、フォークロール調のチャルダーシュあり、12時までほぼ踊りまくり、眠たい目をこすりながら、皆さんがんばりました。(眠たいのは私だけだったかも?)

あんなに不安だったのに、今回のダンスパーティーは本当に心のそこから楽しみました。ちょっとダンスを習いに行こうかな?と思ったりして。ラドを誘って、運動不足解消によさそうでしょ?


ダンスパーティー 報告編 その2 

できあがったDVDをラドママに貸してしまったので、踊った種類は次回に書きます。

多分10種類くらいの踊りを見たような記憶。夕方5時に開始したけれど、校長先生の挨拶と乾杯のあと、すぐに踊りの披露が始まった。

私達、父兄は「コの字」に着席して子供たちを眺めた。一通り子供が踊った後は、「親子で踊りましょう。」とのこと。男の子のパートナーは母親で、女の子のパートナーは父親。子供たちが一輪の花を持って迎えに来てくれるので、「踊りたくありません。」と拒否するわけにはいきません。

私もニコライと一緒に4曲ほど踊った。ワルツ、タンゴ、サルサ、チャルダーシュ?だったかな?



はっきり言いますが、私「踊れません!」



今回は先生がステップを最初にレッスンしてくれて、親子で挑戦でした。でも、ワルツはみんなが知っているので、指導がなかったため、私はタジタジ。DVDを見たら映っていなかったので一安心。ふう。


それなりに楽しい雰囲気を味わった。そして、休憩。前菜が出た。
「洋風わさび入りバターのハム巻きとパン」をいただく。お酒は一応出さないことになっているので、希望者は別注文していた。私とラドは普段見ることのできない真剣な子供の姿が、新鮮でこちらも真剣にを見つめていてので、胸が一杯。お酒を飲むのも申し訳ないような神聖な気持ちになる。かなり真面目に皆さんも見ているので、今回は「シラフ」でがんばることにしました。

前菜を食べ終わったのが、8時位だったかな?そして「Vencek」の時間となる。

ちなみに、今回の参加者は男子生徒6人、女子生徒10人だったので、ダンス学校から4人ほどヘルプがいた。彼らは女子のパートナーとして踊るが、ゲームには参加しなかった。「Vencek」の主役はあくまでも6人の男子生徒達だ!



男子と女子が向かい合う。女子生徒が一緒に踊って欲しい相手の所にいって、背広の胸に「Vencek」をつけて、少し踊り、また次の相手を探す。そして、リングを一番多く胸につけている人には賞品がもらえる。そんな遊びの一種でした。

男の子は人数が少ないので、女の子は「男子待ち」をしなくてはならない。どの子が誰に行くのか、誰と誰がアツアツなのか?ボーイフレンド・ガールフレンドなのか?男の子の取り合いにならないか?なんて、ちょっと心配しながら見ていたが、そんな必要はなかった。みんなが満遍なく踊り、男の子達は8個ほどのリングを胸に飾った。

先生が「5個以上は一歩前へ」と数を上げて行く。8個が最高。それが4人いた。ニコライもその一人。ここからが現実。

「女子生徒たち、よく聞いてね。『あなたがこの人と踊りたい』と思う人の後ろに並びなさい。」



そうやって、順位が決まった。ルーカシュ君が一番となる。しかし、まだこれから踊りの一番、ファッションの一番などを決めてゆく投票が待っていた。

そして、女子の番。同じく男の子が「この子と踊りたい。」と思う女子の前に立ち、踊りを申し込む。少し踊ったらネックレスを渡して、次の女子と踊り、またネックレスをプレゼントする。

ニコライはモトカノのところに行くかと思えば、そうでもなかったので、ちょっと肩の力が抜けた。ホッとしたというかね。まあ、そうやって、女子もたくさんネックレスをもらった一番を競った。結果5本ゲットのドミニカの勝利となり、先生が「じゃあ、二人の勝利を祝ってカンカンを踊ってください。」と命令し、
本当に足を上げて二人は踊りだした。楽しくゲームは終わり、パーティーは踊りの競技会と進行していった。


じゃあ、今日はここまででニコライがゲットした8個の「Vencek」をお見せします。このリングも誰が一番上手に作ったか3位まで競いあいました。父兄と生徒の投票にでパトリシアの作ったビーズ付きが一番人気でした。


PC119059.jpg



PC109020.jpg
ニコライとモトカノがなぜかペアになることが多かったように感じているのは親達だけだろう。


充電忘れのカメラなのでピントが合いません。
PC109032.jpgVencekをつけた男子生徒たち

PC109034.jpg向かって右の金髪君がルカーシュ。私はルカーシュ君の両親と向かい合って座りました。

ダンスパーティー 報告編 

じっくりと報告したいのだが、なんと保育園が風邪で閉鎖となりました。来年の1月10日まで通園不可だそうで、働くお母さんたちはどう対処するのだろうか?ものすごく不思議な環境に置かれてしまいました。

私もいろんなスケジュールがあるから、かなり「ショック!」子供がいたらできないことだらけ。
クリスマスの買物だって、子連れはつらいなあ~。きっと子守で買物なんてできなくて、ストレスが溜まりまくる。
そういう時は、ラドママがいるから、ぜひ、頼りにしたいと思います。

さて、ダンスパーティーの「Vencek」です。
なんと、カメラの充電忘れという、かなり初歩的なミスを犯した私とラド。ビデオカメラもなぜか故障?で、手元にやって来たDVDが思い出となりました。期待していた皆様、失礼しました。

私だって、成長した息子と親子写真が欲しかったよ~。まあ、終わったことだしね。

では、第一弾、私の作ったネックレスを紹介します。
PC099013.jpg PC099005.jpg


PC099007.jpg一番気に入ったのが青系のネックレス。



家にあった子供のおもちゃや、ラドママがくれた義妹の古いビーズなどを使いました。PC099018.jpg

残念ながら、私のネックレスは「ネックレスNO.1」には選ばれなかったけど、一番は買ったネックレスだったみたい、、、。何につけても順位を競ったこのパーティー。ダンスの先生曰く、「それは人生で必要なことよ。選ぶのが難しいのはわかるけど、順位をつけてね。」とのこと。う~ん、たくましい。

女の子が作ったリングこと「Vencek」(ベンチェック)は次回紹介します。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。