スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラザー工業 in Krupina 

9月12日はマリアという名前の日。スロバキアでも1番、2番を争う人気の名前。今は少々事情もかわってきているが、昔はほとんどの女性がマリアだった。

ラドのおばあちゃんの住む村に行くと、お墓にある名前はみーんなマリア。ヤン(ヨハネとかジョン)とマリアのカップルとか、ヨーゼフとマリアのカップルのお墓ばかりなんですよ。

ヨーゼフって、アルプスの少女「ハイジ」に出てくるセントバーナード犬の名前じゃなかったっけ?


おっと不謹慎な発言でした。失礼しました。それもそのはず。スロバキアにヨーゼフはたくさんいますからね。なんてったって、マリアのだんなさんで、イエスキリストの育ての父はヨーゼフなのですから。






さてさて、その「マリアの名前の日」に、ラドママの親戚が集まって、ラドのおばあちゃん(マリア)と、その娘(ラドママの妹)のお祝いをするというので、我が家もティーンの二人を抜いて、遊びに行ってきました。

鹿かイノシシの肉入りグラーシュを作るということで、庭でのグラーシュパーティーです。
まあ、天気がよければ、外が気持ちいいですよね。

お酒は飲めない(授乳中)ことになっているので、グラスを差し出すわけにも行かず、4種類のケーキを食べた。私はもっぱらベンちゃんに引きずりまわされていた。こういう集まりで、飲めない、話せないなら、何が楽しいのだろうか?ちょっとイライラしてしまうのだが、仕方が無い。グラーシュの出来上がりだけを楽しみに子守に徹することにした。


グラーシュを食べながら、親戚の一人が私に話しかけた。

おばさん「ねえ、日本人って魅力的な(チャーミング)人たちね。」

私「???なんのこと???」

おばさん「ほら、ブラザーの掃除しているでしょ?この間、日本人が来たんだけど、、、、」





やはり同じ日本人として、どんな話に展開してゆくのか、気になるのであるが、その前にブラザー工業について、説明しますね。


P7133545.jpg
クルピナのブラザーは5周年を迎えましたと書いてあるのでしょう。


私の住む、KRUPINAには、ブラザー工業株式会社の工場があります。工場というかセンターという規模で、業務の内容からか、まるで研究室のような清潔な工場です。

イギリスの資本というか、日本とイギリスの共同出資なのか?詳しくは知りませんが、今の工場長はイギリス人でクルピナに何人かのイギリス人社員も住み始めたそうです。日本人幹部も1ヶ月に一度は来るらしいのですが、私は未だにお会いしたことがありません。



日本の皆さんはご存知でしょうが、「ブラザー」と言えば、ほとんどの人が「ミシン」と答えたくなると思います。しかし今は、日本の電気屋さんに行くと、FAX売り場でその製品を見つけることになります。

そして、ヨーロッパではコピー機が売られているみたいです。というのも、スロバキアで製品が売られているのを見たことがないのです。どの辺りの国に卸しているのかな??



ここ、クルピナではそのトナーカセットを掃除してインクを入れる作業をしています。
ブラザーのすごいところは、トナーカセットを再利用しているところです。


生まれ変わったトナーは、再びヨーロッパのいろいろな国へ売られてゆきます。

*知ったかぶって書いております。



ちなみに8月だったかな?これで2回目?一般開放日がありました。工場がどんな仕事をしているか、市民が見学してもいい日があります。私も行ってきました。「日本人幹部に会えるかなぁ?」と、ちょっぴり期待して。たまには日本語で話がしたいものなんですよ。

P7133548.jpg
日本の旗とイギリスのフラッグが見えますか?





P7133550.jpg
スロバキアと日本の旗と、たぶんブラザー工業の社章イギリスのウェールズ(country)の国旗


あいにくの雨でしたが、まぁ子供たちも楽しんだし、風船ももらったし、そろそろ帰ろうかと思っていたら、一人の若者が車から降りてきました。背広を着ています。まさしく日本人!なんと、車が止まったと同時にドアを開けて、工場の中へ全力ダッシュで走って行きました。

彼は間違いなく日本人でした。
時任三郎がなつかしい→24時間戦っている「ジャパニーズ ビジネスマン」だわ。









さて、再度、話を元に戻して。

チャーミングな日本人はこの方に間違えないと思うのですが、叔母の話は次のように続きました。


先日やってきた日本人幹部。叔母が床の水拭きをしていると、どうも歩きにくそうにか、申し訳なさそうにそこを通ったらしい。しかし戻って来て自分の通った足跡を消したそうだ。、、、。(ここで、ラドママや親戚た(みな女性軍)は興味を示した。

「ええっ、男性が?信じられな~い。どうやって??」(言葉は不要、好感度が見える。)

叔母「私が持っていたモップで、自分で掃除したのよ!!」(親戚の高揚感を感じる私)


やっぱり日本人ですね。スロバキア人でそんな気遣いをする人に会ったことは???ないかも。ちなみに、この叔母さんは、身長が150cmほどなので、長いモップを持って掃除する姿は、小学生のお手伝いのように見えて、確かにそこを歩くのは申し訳ない気がするだろう。


例えば、ほうきで掃除をしますよね?いすに座っている人がいて、その人の足の下の掃除をしたときに、誤って足にほうきが触れたとしたら、日本だと掃除をしている人に「お嫁に行けないぞ!」って、からかいますが、スロバキアは逆なんですよ。

座っている人が足を動かすのが億劫なのか、下手なので、気が利かない、「嫁に行けない」側になるそうです。面白いでしょ?


スロバキアって、小学校でも掃除をするのは掃除婦です。子供たちは掃除をしないで家に帰ります。スロバキア人は清潔で掃除好きが多いですが、みなさんどうやって掃除を学ぶのでしょうね?やはりお母さんが厳しいのかな?お父さんが厳しいのかな?

両親が掃除について、うるさく言わなかったので、私は掃除は上手ではありません。そっか
ということは、我が子には口やかましく言えば、掃除が得意な大人に成長するってことだ!!!


大きく話しが反れますが、スロバキアは宿題でさえ、やらなかったり、忘れたりすると、親の責任ですし、勉強ができないと落第になります。もちろん、親の責任です。勉強は学校で習うものではなく、家でするものなんです。

そうです。掃除も同じこと、すなわち、家で学ぶべきことなんです!!



もうひとつ、その叔母が日本人を「チャーミング」と表現したのかですが、別の日本人社員(女性)がトイレに入ったそうで、叔母が掃除をしようと行ってみると、きれいにしてあったそうです。

それを聞いたスロバキア人の親戚たち、

「?????」

叔母「ちゃんとブラシを使って洗っていたのよ。手を洗った後、シンクの水まで拭いていたわ。」


一同の視線が私に、、、、。(コメントを求められているのがわかる。)


私「そうなのよ。日本は小学生から高校生まで、授業が終わると自分達で掃除するのよ。掃除婦さんなんていなかったなぁ。」

咄嗟に言いたいことがわからなかった私の苦し紛れの、いい子ちゃんコメントである。



叔母「イギリス人は絶対にしないのよ、そういうこと。日本人は立派だわ。」




うちに帰ってから考えた。あの時に伝えたかった意見はこんなことだ。

日本人は公共の場所を大切にしますよね。
(子供ときにテレビのコマーシャルでも見たなぁ。宣伝の甲斐がありましたね。)
マナーもいいし、自分の物でなくても、雑に扱わないし。



→スロバキアだと、公共のもの、自分の物じゃないから、まぁいいか!という雰囲気がある。すべてが管理されていた社会主義時代には無かった風潮とでもいうのだろう、、、かな?



外国で日本の美徳を確認すると、嬉しくなります。「そう、私は日本人!」だから、ここがスロバキアでも、やはり日本的であり続けたいと思うのです。



美徳と表現しましたが、スロバキア人は日本人のそういう点をとても尊敬しているんですよ。


今日のブログ、言いたいことが簡潔にまとまらなかったわ。乱文お許しください。







本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




意外かもしれませんが、スロバキアのトイレ事情はきれいです。公共のトイレは鍵や出入りを管理しているおばさんが居ますし、チップ制でもありますから。

そして学校の勉強に関しては、スロバキアが正しいです!教育は家庭の場で、そして親の責任です。
私も、スロバキア人を尊敬しています。(笑)























スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。