スロバキア中部のゴシック街道 

先日に続き、歴史の授業で今度はスロバキア中部のゴシック街道へ行ってきました。



スロバキアの東部、スピッシュ地方には通称「ゴシック街道」と呼ばれるルートがあり、点々とする村には古くからの教会がひっそりと立っています。

3月1日から研修旅行でそちらに行く予定なので、写真などは追ってお見せしますね。




スロバキア中部のゴシック街道です。といっても、歴史の先生が紹介してくれた秘密の名所、地元でもめったに入れない所などで、これから未来に私が日本の皆さんに紹介して残してゆくべき名跡なんです。

というわけで、ちらっとお見せいたします。


まずはうちから30kmのところにあるZVOLENのお城です。
スロバキア国立美術館も入っています。この写真は内側からで、チャペルが見えます。


ZV hrad
急に降り出した雪で大変な研修でした

このお城の外観はイタリアルネッサンスの影響があり、チャペルはバロックスタイルだとか。年代と所有者の趣味で改築を重ねています。



次は一般公開されていないお城。所有者が企業で訪れるのは政治家ばかりだとか。結婚式もできるようですが、改築されている部分とされていない部分のギャップが激しく、特に社会主義時代の名残のあるドアや窓、電灯はなんだか懐かしいような、胸が苦しくなってくるような、複雑な感じがしました。
そうなんです。どうも牢屋というか、教職者の牢獄だったとのこと。


私はいわゆる霊感は全然持ち合わせていない人間なんですけど、この新しい真っ白なお城はどうも嘘っぽくて、見ていて胸くそ悪い。心の中でそんなことを思っていたんです。


でも、歴史の先生は朽ちてゆく歴史建造物をいくつも見ていているので、こうやって再生されるのはいいことだとの意見をお持ちでした。確かに、私もおばあちゃんの住む村のお城がボロボロになっていくのを眺めているのはつらい。成功の一例として、しっかり目に焼き付けてきました。



tree.jpg
樹齢700年の菩提樹



そして、真っ暗な夕方6時すぎに我々が到着したのは、PONIKY(ポニーキ)村です。
かわいい名前ですが、例のごとく、バスは駐車場に止めて民家のある細い道を登ることになりました。寒くもなく、暖かくもない天気で、道が滑る滑る!

教会というのは、清い場所、天に近いところ、敵から襲われないように、昔は山の上に建てたそうです。
先日のヴルコリネツで、天気と条件にすっかり慣れた私たちは、気持ちよく20分を歩きました。

小さな教会の前に立ち、神父さんが「さあ、入って。」と、ドアを開けた途端、


「わぉ!」














ponuki a
教会の内部はこんなカラフルな絵が描かれています







poniki j
建物の一番高いところにはキリスト様が





poniki m
マリア様もいます



13世紀のこの辺りはドイツ系の人種も多く住み、当時の共通語はラテン語でした。教会の壁には経典というのでしょうか?教えが書いてあり、まるで漫画のようで、言葉が読めなくてもわかるのです。


どんな人間が地獄に行くのか、天国へ招かれているのか、絵が示すのは仏教とまったく同じみたいです。
聖人の持ち物で誰を描いてあるのかもわかります。キリスト教の話を知っていると、ますます面白いでしょうね。


詳細は私のツアーでお話します、、、、って、もうちょっと先ですけど、この夏くらいにこの辺りを商品化してみたいと考えています。



し、か、し、

まずは今週末の研修旅行を終え、3月中旬の試験に合格して、それからなんです。


広告が出ないように、ブログも書き続けるつもりです。もうしばらくはこんな感じです。読者のみなさま、お体に気をつけて、春を楽しみにしていてください!!


ポンセ