スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビーな一日(その3) 

私、元気です!!
すっかり復活しています。身体には何も危険はありませんでしたので、どうぞご心配なく!!

息子(大バカヤロー)の部屋で煙の匂いがしたので、かなり腹が立ちました。スロバキアでは18歳から大人。あと1年したら文句を言われながらも堂々とモクモクすればいいものを。

百害あって一利なし!


こちらは早朝に出て、遅くに帰宅して、子供の寝顔しか見れない一日だったのに、お前さんは親のお金(かどうかは不明だが)で、煙かよ!


まあ、それが疲れに疲れを加えてくれた直接の理由なのですが。。。。。




誰だって通る道かもしれないけれど、度が過ぎるのは黙っておれぬ。あと1年いや、あと10ヶ月の我慢なんだから。大人になってから、自分のお金でどうにかしてくれ!



眠っていた夫を起し、現場を見せる。→家に居てくれるな!今日は外で寝ろ!と、息子を追い出してそのまま眠る夫。



男同士?これでいいのだろうか?しかもその夜は寒いし。私はこういうときに弱い。でも今日はそのまま外で眠ってくれればいいのに。と、心底思った。

もちろん、息子は隠してある鍵で地下に入れるし、駐車場の上の干草置き場に寝てもいいのだから、毛布でもやって放置すればいいのだ。


たぶん、ここ1年くらいで始めた癖だと思われる。今回で見つけたのが何度目だろうか?庭に落ちているのを見つけたり、「?????」とは思っていたが、尻尾をつかんだのは今日が初めて。直接、問いたださないと気が済まない。

私と息子は夜中の2時まで話した。


体に悪いとか、やっちゃいけないことだから怒ってるんでしょ?


なんだか納得していない息子。





どうしていけないことなのだろうか?体に悪いからなんなのか?だからどうした?



18歳まではこの家に親の元に住ませてもらっていること。親のお金で体に悪いことをして欲しくない。


法的に許されないこと。人間は約束を守って生きないといけない。その国の法律にしたがう。


この町で誰がそんなことを気にするのだろう?私もそんなこと知っているよ。




そして、一枚の紙に書かせた言葉。
「家の中に、持ってこない。煙をしない。約束を破った場合は家を出ます。頭を坊主にします。」



ティーンの嫌がること。それは坊主頭に間違いないから、これならもう同じことを繰り返さないだろう。
息子は大人と子供の境にいるわけで、私がNO!というものはNO!なのだ。



翌日、夫が起きてきて、息子の部屋をチェック。
私との夜中2時までの話し合いは一体なんだったんだろう?という量のものがでてきた。



ものすごく悲しくなった。お前は馬鹿なんだ、息子よ。


でも、それよりも「許せん!!」という怒りを見せる番だと確信して、実行した。家を出すのは、出さなくてはいけない状況も考えられたので、夫との話し合いに任せた。まあ、家から出てゆけ!というと、もっと悪い方向へ行くのでは?という心配もあったからなんだけど。


「いくよ!」といって、私は息子の両頬を一発ずつ平手で打った。そして、バリカンで「ガー」っとやった。
坊主一丁出来上がり。



少し気分がすっきりした。








とってもヘビーな一日はこうやって終わり、週が明けた。
そしてまたもやヘビー級の知らせが届いた。


息子の通う高校の1年生の男の子が首吊り自殺をした。

娘や息子は当然知り合いらしく、娘はスペインの交換留学に一緒に行ったり、その授業で一緒にプロジェクトをやったので、死はもちろん、信じられないと、落ち込んでいる。

明るくて、人気者で、普通の子なのに、どうして??


今日はお葬式だ。キリスト教では自殺者のお葬式は執り行えないそうだが、最近はやるらしい。



私は知らない子だが、子供たちは学校でその話題ばかりらしい。



なんだか、理由もはっきりしないが、私もそんな話ばかりで、脱力している。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。