羊の肉(マトン)を食べました 

とうとうこの日がやって来ました。



初雪?




違います、違います。






2匹のオスとメスの兄弟の羊を飼っていたのですが、
食用にするため、土曜日の朝から作業開始。。。。。






でもね~、かわいそうで写真に撮れませんでした。





私としたことが。






10日前に友人宅での「羊」の作業を体験してきた夫のラドさん。




「ウサギと同じ要領だ!」




なんて、すっかり経験者として語っていましたけど、




「羊が『ベ~』って、だんだん弱い声になって死んだんだ。」



悲しそうな表情でこっそり告白していました。
やはり心が痛いですよね。





今回は自分の羊ですから、どうなるのか心配でしたが、
ニコライに手伝いをさせて、なんとか木につるし、
私もそこから合流して、お肉までの作業を手伝いました。



エステルは泣くは、ベンちゃんもつられて


「オツコ(お父さん)やめろ~!!」


とグリンピースのような働きぶりでした。







羊の肉について、優れたホームページがたくさんありました。
肉については、マトンというのは生育1年以下の羊だそうで、
うちのは正しくそれでした。



スロバキアではオスとメスでは味が違うと言いますが、
日本はそうは言わないみたいですね。



新鮮だから、臭くないし、塩コショウ、粉パプリカ、にんにく、
これだけでとってもおいしい肉が焼けました。



とにかくジューシー、肉汁がすごいし、脂もすごい!
こんなおいしい肉とは全然知りませんでした。



日本で「子羊のなんとか」は、めったに食べられないでしょう?
オーストラリアでよく「チョップ」ってのを見たけど、
味は覚えていない。


食べなれていないものは、外国で食べてもおいしいのか?おいしくないのか?
それすらわからなかったもの。


羊のチョップステーキは、金額から「おいしい!」と言うしかない?
思い込まされてしまうような?そういう存在のお肉じゃありませんか?




それが自分の庭で大きくなって、こんなにおいしくて、、、、。
すごく複雑な気持ちです。



キッチンからいつも2匹を見ていたけど、もういない。
それはやはりさみしい。だけど、食卓に上った大きな肉の塊。


はぁ~。
久しぶりに大満足の味わいでございました。。。ゴメンね!
やっぱり私は肉食派だわ。




そして、はいだ皮ですが、



皮(革)でジャケットが欲しい!





居間に羊の形ではないけど、ふわふわじゅうたんでもいいかな?



なんて、思ったりしたんですけど、
最近はそこまでやらないで、皆さん犬や鳥のエサにするみたいです。


毛糸の作り方はインターネットで探せましたけど、なかなか手作業はなくて、
ほとんど機械がないと難しい作業のようでした。


というわけで、今回は調べたり、作業をする時間がないので、
断念しますが、次回は毛糸を作ってみたいと思いました。




自分で作った毛糸で編むセーター
最高だろうなぁ~!!







ラドさん曰く、


「今度は4匹飼おう!」



あちらも懲りてない様子でございます。


ところで緊急報告です!!
来る11月30日に、恒例の「ベンチェック」があります。

詳しいことは、また後日書いてゆきますが、
娘の学年が9月から社交ダンスを習っていて、
その発表会があります。

もちろん親も参加しなくてはなりません。
しかし、今回は娘と夫が踊るので、私は気軽に見ていればいいし。

ただ、参加者は結婚式並みのお菓子の準備があり、
各家庭1,2品を持参すること。

女子学生は「ベンチェック」という、ブローチを5個作ること。
男子学生はネックレスを5本用意すること。

こんな準備があって、今週は忙しくなりそうです。


「ベンチェック」については、
どうぞ過去の記事でお勉強してください。


私の奮闘具合が比較できますよ!!

こちらをクリック「ダンスパーティー報告編」




続きはこちらをクリック「ダンスパーティー報告編 その2」




そのまた続きはこちらをクリック「ダンスパーティーを終えて」





11月もあと1週間でおしまいですね。
楽しい1年だった!と言えるように、明日もがんばっていきましょ!!