2014年05月 

台所からの眺め 

おとといまでは30度が2日間続いたのに、今日からは「梅雨?」と思われる天気。
今年もまた異常気象であっつ~い夏になるのか?それともすっきりしない冷夏になるのか?
ぜんぜん楽しくない予想を立てながら、5月も終わろうとしている。

野原に咲く元気で健気な野草をお見せします。
名前は知らないのだけれど、軽い緑色に映える姿を見るのは、
初夏の楽しみである。

P5075064.jpg
薄い紫からいい香りの薬草







P5075062.jpg
いかにも高原の花







P5075061.jpg
花なのか枯れてしまっているのか?風に揺れてかわいい姿








P5075059.jpg
私の一番好きな花







さて、タイトルについて。
あまりにも悲しくて、腹立たしくて、文章すら書けなかったここ数日。


私のご自慢?
台所の食器洗いだって、この景色を見ながらだと
いろんなことを考えながらも、

「くよくよしたってしょうがない!」



ってな具合で、元気の源だったんだよね。


それが、いきなり、なんで??


P5195126.jpg
作業をする長男と夫



P5205155.jpg
出来上がった景色をうらみをこめて写真に残した



確かに、雨どいがないので、雨が降ると玄関に入るまでびしょぬれになるし、
台所の窓をいくら磨いても、雨が降ると、、、また窓磨きだよぉ、となる。



しかーし、雨にぬれようと、風に汚されようと、
お日様の光ほど幸せを照らしてくれるものは無いと思う。
そう、私はお日様ラバーなのだ。
I love Sun shine!!ね。



なのに、夫のラドさんは、

「ああ、これで朝食時に直射日光を浴びて目が痛まないや~!」



と、ハッピーそのもの。



あんた、信じられないわ。



私はその朝日が差し込んで、

「まぶし~ぃ、今日もがんばろう!」


って、お日様の光で幸せを感じる自分が好きなのに、、、、。
ちょっと違うかな?



P5205156.jpg
角度が違うけど本来はこんな景色が見られた



ちょっとくらい、「これでいいかな?」って、相談してくれればいいものを!
ああ、もちろん大反対していましたよ。
あっという間にニコライとラドで後戻りできないところまで作業を進めていたし。


わかります?私の落ち込みは、涙がこぼれそうだけど、悔しくて泣けなかった。
心の中で「燃やしてやる」と誓ったくらい。


子供たちに聞いたみた。

「ねぇ、ママさ、太陽がみえないと生きてゆけないんだけど。」
「これ、とっても嫌なんだけど。」
「燃やしていい?」


サラは一言、
「オツコ(お父さんの意味)センスないよね」(よく言った!)

ほかの子供たちは、、、、。

ママ、大丈夫。外に行けばいいんだよ。

外に出てみればいいじゃん!

おんなじ景色が見れるよ!ありがとよ。

ごもっともで。


3日間は落込みましたが、1週間経ってみると、慣れってこわい。



な~んにも感じないわ。
外を見ながら食器洗いをしなくなりました。
さっさと作業が進むことに気がついたりして。


夫にとっては一石二鳥?


私は、、、、日焼け止めを塗りつつ、やっぱり太陽が好きだ!!
今年はブランコを買うぞ!!(ささやかな目標)

そして、夫に相談なく、ベンちゃんのお砂場を作ってやる~!!
目には目を!


リベンジフル、ポンセでした。