2014年07月 

リハビリ中です 

こんにちは!

スロバキアの真夏日がやってきました。
本日は朝から嵐もあるといわれていましたが、
蒸し蒸し気味の32度~36度なんて、予報もあったくらい。

窓を開けても「む~っ」とする空気で、日本みたいです。


さて、2週間前の話ですが、
昨年の8月からず~っと準備していたツアーが終わりました。
ふぅ~。

私の心の宝石箱に、またひとつキラキラと光る思い出が増えました。
ご参加された皆様、ツアーを催行してくださった旅行会社様、
ありがとうございました。


さて、そんなわけで、私も少し体のリハビリに通うことにしました。


古池や かわず飛び込む 水の音

古い手や 医者覗き込む 傷のこと


ちょっと無理があるなぁ。。。。


ひざに水がたまるようになってしまいました。。。。。
これは高校時代のソフトボールから勲章で
家の床の水拭きのときは、ひざで立つと、
横に電気が走るようになってしまい。。。。

そして、肩が痛く、首と顔が右を向けないこともある。。。。。
これもソフトボールからの勲章で、
PCをやりすぎる、夜更かしすると、肩が痛すぎて眠れない。




若い頃は、ちょっと故障した選手のような悲劇のヒロインぶって、
「自分、がんばれ!」

と励ましていたけどさ、


さすがに46歳になると、これも無理がある。





スロバキアの医者ですけど、以前からお話していますが、
目的の治療までたどり着くのが遠いのです。


①まずは内科(自分の登録しているドクター)
②紹介状のようなものを書いてもらう。
 時として予約が必要で1ヶ月待ちなどザラである。

今回は整形外科宛の紹介状をもらい、
4月にひざの水(脂でした)を注射で抜く。

1ヶ月後に、またもやひざの後ろに「こぶ」を感じたため、
またもや内科へ行き、紹介状をもらい、再度予約。
これが6月だったため、7月に2度目の診療となる。




「もう切ったほうが、再発しないのでは?」

と提案したのだが、


医者曰く
「なるべく手術しないで、この方法でしばらく様子をみよう」


との意見だったので、2度目のときには、


「実は、あれも痛い、これも痛い

と、思い切りぶちまけてきました。



というわけで、本日よりリハビリテーション医のところに通っています。


とってーも簡単な準備体操と、電気を流しておしまい。
これを7回だか通う予定なんだけど、

毎朝8時から。。。。


夏休みで子供がいる身なので、つらいわな~。
お寝坊の君たちに、聞こえないように、


「ごめんね、ママ行くよ!」


これから2日置きです。


こんな簡単な体操なら、自分でできるんじゃない?
でも、

自分のための時間ってのが、ないんだよね~。


そこなんですよ!


私の古傷だけでなく、
現在の自分のために、一人で外を歩ける喜び。

これが心のリハビリとも言えるのです。