ヒマラヤ山脈雪崩事故とタトラ山脈 

今月は山での事故が多い。
それも尋常でないものばかり。

日本では今月の初めに御岳山噴火で死者の出た惨事があったばかりなのに、
今度は世界のヒマラヤで雪崩。

きっと山の標高が高ければ、高いほど危険があるだろう。
それに挑む人って「すごい」というレベルではなく、
すでに私にとっては、尊敬、崇拝という域の人たち。

今回のヒマラヤでの雪崩などで、日本人が2名亡くなったとニュースで聞いたとき、
「やはり日本人がいたかぁ」とは思ったが、

まさか、スロバキア人も2名亡くなるとは思いもしなかった。

人口や国土を考えるて、日本人とスロバキア人の比較をしてもしょうがないが、
共通していえるのは、「山が好きな国民が多い」こと。




スロバキアの亡くなられたお二人のご遺体は、すでにこちらに戻ってきたそうです。
ほかにも8人の仲間がいたようですが、7人は助かり、チェコ人の一人は亡くなったみたいです。

そして、昨日あたりから、やたらにラジオでニュースになっているのは、
スロバキアのタトラ山脈で起こった転落事故。

スロバキアの登山家で旅行ライターのFrantišek Kele氏(フランティシェック ケレ)
が10月19日(日)に亡くなりました。

1984年には、チェコスロバキアとして、エベレスト遠征
1993年には北極探検
30冊以上の旅行記を書いており、スロバキア内だけでなく、
外国でも出版されている。

スロバキア語がよくわからないので、あまり大きなことを書けないのが残念だが、
新聞やウィキペディアを読むと、かなりの英雄であることがわかる。

享年78歳です。78歳でRysy山*(2500m)級に登るというのは、
日本でいえば、あの方、、、三浦雄一氏に負けないスーパーマンだったと思う。


自分への挑戦や夢の達成は、人間として生きる目標があってすばらしい。
そこで命を落としてしまうのは、大変悲しい。

最近、つくづく「自然って美しいなぁ」と、感じていたところで、
山とか森とか、川とか空などを見ていると、
若い頃はなんであんなに大都会のモダンなビルや通りを
歩いて心が躍りだすような、刺激を感じていたんだろう?

なんて、不思議になってしまう。
まあ、年を取ったってことなんですけど。


娘さんよく聞けよ、山男にゃ惚れるなよ♪


人が亡くなるというのは、本当にさびしいなぁ。。。。。