スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロバキアとワーキングホリデー 

はるか20数年前、オーストラリアのシドニーへ、
ワーキングホリデーに行った私。

たった半年の滞在で、運命の人に出会い、
そのままスロバキアへ飛んで行った私。

今、2016年は息子が生まれて20年になろうとしている。
早いものである。。。
いや~、最近はめっきり年を感じます。

食べれば、食べるだけ太り、食べなくても痩せない。
これはなんとか、解決の糸口が見えた。

運動するしかない!!



しかし、もう一つの大敵がいたのである。
それは、、、


「ろ う が ん !」老老ガンガンの老眼




だって、眼医者さんは言ってましたよね。
「近眼の人は老眼にはなりにくい。」

それが本当か?嘘か?は知りませんが、
近眼の私は、確かにメガネを外せば、針に糸を通すことができますが、
メガネを外すと?遠くの文字や人の顔は全く見えない。
30年近くコンタクトの私は、メガネをかけるとメガネのフレームが視界をじゃまして、
頭や顔をぶつけたりする。

そして、コンタクトは一番厄介!
1日使用のコンタクトを着用していますが、料金もそこそこします。
その上、遠くは見えても、小さい文字が読めない。
暗いところだと、商品の裏に書いてあるのも読めない。




老眼って、神様の意地悪だよね。





40歳から45歳から?きっと誰でも通る道なのでしょうが、
「PCの前にいたくない」
「ブログを更新するのが面倒くさい」
など
昨年のあたりから、どうも調子がでないなぁ~、と感じていた原因は、
老眼だったのです。

読者の皆様。
ブログ更新がはかどらないのは、そういう理由もありました。


逆境には負けたくないですね。
理由さえわかれば、あとは努力するのみ。

1)2週間前から、足上げ(これは高校生のころからやっている)と
  ラジオ体操第1(第2までやる時間がない)を毎朝実行している。

2)携帯ゲームをしないこと。携帯で夜更かししないこと。

心して、アンチエイジングに取り組んでいる私でございます。


さて、本題ですが、
スロバキアと日本の間で、「ワーキングホリデー」の制度が導入されるそうです。
すごいですね。
てっきり、今でもオーストラリアとカナダ、ニュージーランドだけだと思っていたら、
どんどん増えたんですね。詳しいことはどうぞ下記をご覧ください。

ワーキングホリデーとは?←ここをクリック


また、興味のある方は、外務省のホームページ
「スロバキアとの間のワーキング・ホリデー制度に関する口上書の交換」←ここをクリック


ニッポンの若者よ!
スロバキアのような賃金の安いところで、労働によって報酬を得ることが、
どんなに厳しいことなのか?を味わってしまいますから、
長く居たいのなら、日本でアルバイトをして、お金を貯めてスロバキアに遊びに
来たほうが効率がいいです。

しかし、日本の医療や機器の高技術、日本の文化・精神、
日本人の優秀さを広める目的で、いらっしゃるのであれば、
ぜひ、ワーキングホリデーにチャレンジしてただきたいものです。


オーストラリアの時もそうでしたが、それなりの期間を生活できるお金を
準備しておかないと、ビザも取得できないですもんね。


スロバキアの若者よ!
ニッポンの若者よ!
両方ともがんばれ!!


そして、これらの偉業を成し遂げ、両国の未来に希望をもたらせた、
在スロバキアの日本大使館と
在日本のスロバキア大使館に
大・大感謝!!


もう一つ、
スロバキア駐の江川明夫特命全権大使は、
心からスロバキアを理解してくださっています。
本当にそれは、頭が下がるほどです。
この大使だからこそ、ワーキングホリデー制度が
導入される運びとなったのだと、確信しています。

スロバキアに住む日本人として、
これだけは特筆しなければ!!
と、老眼に負けずブログ更新しました。









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。