サガン失格!7月が終わってしまった。。。 

サガンといえば、
「悲しみよこんにちは」
なんですが、

???ですよね~。
サガンといえば、
スロヴァキアが誇る、自転車ロードレース、昨年の世界王者、
Peter SAGAN
sagan.jpgEFE / OLIVER WEIKEN


この人しか、考えられない今日この頃。


去る、7月4日の悪夢をなんとか払いのけ、
頭では分かっているものの、
どうしても、テレビで「ツールドフランス」を観る気が起こらない。

こういう、ショック!を受け入れるのに、時間がかかりますね。
これもまた、大人(おおおとな)になってゆく過程なのかな?なんて、思ったりします。



はてさて、本題のサガン選手ですが、
何皆さんご存じですか?7月4日の悪夢を!!
     







これは、ゴール寸前に起きたもの。


我が家は、娘がイギリスの親戚の家で夏休みを過ごすため、
ブダペストの空港まで見送りに行き、
帰宅途中の車の中、ラジオの実況中継を聞いていました。

手に汗握りながら、

「転倒です、、、、サガンは、、、あっ、2位です、2位に入りました」
実況レポーターの興奮も、不安もそのまま音声に表れていました。

この前日、ツールドフランス3日目には、サガンは1位でゴールしていました。
そして、4日目の結果、総合3位につけ、
スプリンターの栄光のグリーンジャージに、
やっと袖が通せるところでした。

実況より30分後くらい、ニュースでサガンに対する審判からの決定が伝えられた。
カベンデイッシュ選手にエルボーを食わせた反則行為により、(肘で壁のほうに押したということです)
ペナルティ―として、秒数の加算。順位の引き下げ。



それより、また30分もしないうちに、(だったと思う)
なんと、危険行為への罰として、今期ツールドフランスの出場禁止が
決定したとのこと。

そう、失格処分になってしまいました。
    


うっそだろう???あり得ない!!


ブダペストから家まで、あと1時間くらいなのに、道の工事をしていて、渋滞20分。
あ~、早く確認したい!!


家に着いて、速攻、画像にかじりつき。
こんな分析映像が、すぐにアップされていた。
タイトルは「サガンは完全に潔白だ!」








このビデオの解釈もそうですが、ツールドフランスという大舞台は、
企業の戦略だけでなく、国の戦いの場でもあるようだ。

実際に上位を争うのは、スポーツ企業チームで、
選手たちは、多国籍で編成されている。
サガンはスロヴァキア人だが、ドイツの企業に所属し、
こうやって、試合に勝つために、自分の兄を同じチームに所属させ、
牽引係りにしている。
選手達には、それぞれ特徴に応じた役割がある。



そして、この4日目の約5時間の走行で、
最後の40秒は、スプリンターと言われる、
高速走行が得意な、選手たちの小競り合いの末、
勝者は、フランス人のデマーレ選手になった。

巷でささやかれている、サガン寄りの裏事情は、
「もっともだ~、あーもっともだ♬」
と、歌いたくなるような、そして、
凄い想像力だわなぁ、、、

とあきれてしまうような話だった。

チャンスあれば、私も知りたい。
サガン選手の危険行為は、エルボーというが、

このビデオで、デマーレ選手はいきなりルートを変えて、
人の前に出て、後ろの選手の車輪を揺らしたが、これは反則じゃないのか?

サガン選手は、このデマーレ選手の後ろを追って行ったところ、
横からカベンディッシュ選手が、我も!と倒れ込んできたように見える。

そこで、バランスを崩さないように、倒れてきた相手を押し返しただけじゃない?


皆さん、時速60kmとかの世界ですよ!!
反射的に体が動いてしまう、危険を回避する本能、
レーンを変えるのもこのスピードで行われるんです。

このスポーツ自体、そういう危険を伴る競技であるわけで、
本能を否定するなら、この先頭グループでちょこちょこ動いたフランス人にも
ペナルティ―を課すべきなんじゃないかな?と考えます。



もちろん、これがやられた側なら、
「ふざけんな!アブナイ!!反則行為だろ~」と言いたくなるかもね。




まあ、日本じゃ話題にもならないだろうし、
ここで、怒りを示したところで、決定は覆ることはありませんが、
2012年から出場しているツールドフランスで緑のジャージに袖を通さず、
退去命令が出てしまったのが、実に残念なんです。


世界の多くのファンは、「サガンのいないツールドフランスなんてxxx」と
SNSで動きがあったり、スロヴァキアのニュースでも緊急企画で
本当に反則なのか?分析がされていました。



とにかく、毎年恒例の楽しみが終わっちゃいました。
7月が無くなってしまった気分なんです。

やっと、ショックを受け入れられる状態になったので、
ブログに記すことにしました。

暑い夏が始まっております。
皆様も元気におすごしください。