Eurohotel Vienna Airport での できごと 。<その3> 

昨日のつづきの前に、にこまこさんからメールが来ました。

ところでさ、日記のってたホテルのサイト調べたら
有料って書いてあるじゃん、どっちも。

そんで、10ユーロくれ、って書いてあるのはホテルのサイトで
もうひとつのはどっかのホテルリザベーションのサイトじゃない?(ポンセが予約した方)
そんで、そっちの方に
Airport transportation (surcharge)
ってあるよ。




つまり、やっぱり私が勘違いしていたってことなんじゃん。おー、恥ずかしい。サイトの上の方の、「our free shuttle service」しか、私の目に留まらなかったよ。下の方の、小さな文字までしっかりチェックしていなかった。じゃあ、アジア人の強欲おばさん、丸出しだったってことなのね、、、、。ちょっと、反省。それと、にこまこ、ご指摘、アドバイス、ありがとう!こういうのを言ってもらうと、とても元気がでるのよ。すでに40路を進めど、反省することで、人間進歩しているような気がしちゃうんだよ。単純でスミマセン。


では、気を取り直してつづきに突入。




最後の荷物と最後まで残ってくれた主将と、私たちはかなり長い時間車が帰ってくるのを待っていた。やっとホテルに到着したのは、多分6時半を過ぎていたような気がする。ホテルのロビーには、スノーボードが並べてあって、「足の踏み場もない」状態だった。
あっちゃー、やっぱり何か問題があったのね。

フロントに行くと、ロナルド似がチェックインの手続きをしている。我々以外のお客さんも数名、順番待ちをしているくらいだった。フロントのデスクでは、予約を入れた選手が代表してチェックインしている。ホテル検索から、予約を入れていたらしい。

ロナルド似:「ああ、帰ってきましたか?まだチェックインの手続き中なんですよ。彼らは自分たちで、検索システムから予約を入れてました。部屋は確保されていたんです。それなのに、あなたが別の予約をしたでしょう。だから二重予約の処理をしているんです。この人たちにわかるように説明してください。どうしてこんなに時間がかかっているのか。この人たちに謝ってください。」

正直、内心では「えっ?私が悪いって言いたいわけ?」と、感じてしまったのだが、まあしょうがない。
私:「わかりました。」

筆談でいきさつを説明した。時間がかかってしまい、申し訳ないと彼は言ってます。
選手団は、「大丈夫、大丈夫。」と、指でOK印を作り、笑顔で彼に返答していた。お疲れのところを、我慢、辛抱強く、グチ一つこぼさず、待ってくださったスノーボードチーム。私のほうが助けていただきました。

ロナルド似:「あなたは、シングルルームを8つと言いましたが、実は、ツインルームが2部屋、トリプルルーム、シングルルームは1つだけです。でも、こうやってシングルルームを用意してしまったから、一つ一つ照らし合わせてるんだよ。」

ホテルの部屋割り表を私に見せつけてきた。
あんたの仕事内容など知ったことか。とは言わないけどね。



私:「大丈夫。ちゃんと説明しているから、この人達は怒っていないし、ゆっくりやって。」

ロナルド似:「あんたはいいけど、僕のほうが時間がないんだよ。他にもお客さんがいるでしょ。あなた方だけに時間を割くわけにはいかないんだよ。」

でも、若造よ、チェックインは終わってないぜ?!責任者を呼んで手伝ってもらえば?文句はいいから、早く鍵を渡してくれ!!

ロナルド似:「なんで自分がこんなことをやっているかわかりますか?あなたが予約をいれたからなんですよ。」


まただよ。もううんざり。どうして言い訳とか他人を攻めることばかり言うのだろう?日本人はそういう場面では、ぐっと言葉を飲み込むんだって。こっちは客なんだってば。いや、外国に住んでいると、すっかりこういう場面に慣れちゃったね。

ちょっと小さめだけど、「プチッ」電源スイッチオン。

私:「あのね、今日のチェックインのときに、あなたの同僚にちゃんと説明したの。彼女が名前を見つけられなかったの。あなたのホテルの問題だし、それがあなたの仕事でしょ?あなた方のコミュニケーションが悪いんじゃないの?彼女は一生懸命探していたわよ。でも私に見せてくれたのは韓国人の名簿だった。『到着してから予約を作ってもいいわよ。』って、提案もしたの。いい?これは、私の問題じゃないの、あなた方の問題。あなたの仕事。私のビジネスじゃないってこと!わかる?」

ロナルド似:「あんたの問題に決まってるだろ。」

情けない男だよ。イケメンなのに。だから、ノリの軽い奴とか、やたら愛想を振りまく男は嫌なんだよね。


まさか彼は、同僚が私に、ホテル内で使っている予約システムを見せて、チェックすればよかったのに!とでも言いたいのか?よそ者にそんな秘密を見せていいわけないでしょう?あなたの同僚が見つけられないものを、どうやって、私が見つけると思っているのだろうか?フロント側に回って、コンピューターを覗けばよかったの?

私:「いいえ、これはあなたの仕事です。私の仕事ではありません。」

あとは、もう続ける気もなくなったので、黙って鍵が渡されるのを待っていました。部屋の階や位置が、みんなバラバラになってしまった。彼の説明は早すぎて、耳が聞こえないと言うことをすっかり忘れている。選手も私も混乱しているのだが、彼は「もう、あなた方だけに構っているわけにはいかないから。」と部屋の案内を断り、待っていたお客さんへの接客を始めてしまった。あ~あ、彼、怒っちゃったのね。私のせいかな?




掃除係りのおばちゃんたちが親切に案内してくれて助かりました。しかも鍵の開け方も教えてくれたり、間違って鍵を部屋の中に入れたままでロックしたのを解除してくれたり、とにかく親切でいいスタッフでした。

ひと段落して、みんなが部屋からでてきて、ミネラル水をフロントで買ったんだけど、ロナルド似は、「2ユーロ44セント」とか、英語で言うのだ。もちろん、誰もわからないので、困った顔をしている。彼の声が聞こえないから。

「あっそうか。」と、急にわかったみたい。指で示したり、お財布の中から出されたコインを選んであげたり、選手達とは腹を立てることなくコミュニケーションしてました。8人がミネラル水を買うものだから、いい加減、うんざりしていたのは見ていても判ったけどね。



とりあえず、私はその様子を見守り、最後に自分の鍵がもらえるのを待っていた。多分30分くらいウロウロしていたかも。

ロナルド似:「まだ何か用があるの?」

私:「私の部屋の鍵が欲しいだけよ。」

決まりの悪そうな顔で、鍵を渡してくれました。
ちゃんといったわよ、ありがとう!って。





あれから、もう3週間たったが、やっぱり何かがひっかかっていた。デフリンピックも中止になり、選手団も関係者も日本へ帰ってしまったが、どうしても私のなかで「わだかまり」ができていた。

言ってあげるのも親切の一つかも。


そう思って、マネージャー宛にメールを入れた。彼のことは、何も書いていない。


「送迎でトラブルがあった件で、このサイトと検索サイトでは、お客様が混乱するような表現だと思います。改善が必要なのではありませんか?」と。


すぐに返信がきた。
エクスペデイアからの予約に関しては、部屋代が高目に設定してあるから、送迎は無料になっていることもある。しかし、今回それを改めるように、すでに指示をだしました。次回のご利用の際は、スペシャルオファーを用意しますので、どうぞご連絡ください。

そして、本来のホテルのWEBサイトはこちらのEurohotel Vienna Airportだそうです。
どう?全然ちがうでしょ?グーグルには出てこないよ!!


まあ、そんなこともあったけど、メールの返信をもらったので、私は十分満足している。


意外と利用客が多いのかもしれない。検索での口コミを見ると、賛否両論のホテルで、「やっぱりね。」と、納得できるコメントばかりだった。

値段を考えると、「まあまあそんなもんでしょう。」と悪くはないホテルです。というわけで、ウイーン空港そばの、Eurohotel Vienna Airportをリアルに紹介しました。



























関連記事

コメント

golferさん

わざわざサイトを読んでくださって、ありがとうございます。

そうでしょう?無料だって思いますよ。だますためのセールス文句としか受け取りようがない!

だから腹が立ったんです。フロントのお兄ちゃんなんて、別に目じゃないんですよ。こういうい経営のやり方が許せない。ある意味この若造だって、この中途半端さの被害者でもあるんだから。

英語が母国語じゃない人間同士の会話とか、ビジネスだから、落とし穴が満載。


私の怒りはその辺の複合的な怒りだったんですね~。ご理解いただき大変嬉しいです。


「散歩道」のYoshimiさんとOravaさんは、そのすぐ後に来た、別のデフリンピック選手団と同じフライトだったので、空港でお会いしました。お土産だけしっかりいただきましたが、「こんにちは、はじめましてなのに、初めて会った気がしないわ。」って、言葉を交わしただけなんですよ。

本当に次回会えるのが楽しみなんです!いつかはわかりませんが、、、。

mizokichiさん.一気読破は疲れたでしょう。

うなづきながら読みましたか?それとも、「ポンちゃん、おこんなよ、お前も青いぞ。」って、感じでしたか?
次回に備えて、mizokichiさんのアドバイスをメモしておきました。また勉強になりました。

生意気な若造が、すぐマネージャーに変わるのって、責任転嫁で許せないんです。自分の仕事くらい自分で処理しろ!!って、思います。私、優しいから。ある程度までチャンスを与えて、どうしても埒が明かない場合や、緊急の時まで「責任者だせ」を残しておきたいんですよ。でも、これからは作戦変えてみようかな?「責任者だせ。」は、確かに手っ取り早いですもんね。中年のおばちゃんが「ムッキー」って、真っ赤になって怒る姿もかっこ悪いし。

昔働いていた会社で、「責任者だせ!」って、クレームの電話を取ったんですけど、だ~れも「責任者」が名乗りをあげてくれなくて、泣く泣く処理したことがあります。ホントに、5年以上勤めて、あの一回だけは本物の涙を流しながら、お客さんに説明して納得してもらったことがあります。ちなみに、「責任者」が責任から逃げて、私の隣で電話への指示をだすんです。だんだん悔しくなってきて、つい鼻水をすすっていましたよ。それ以来、そのお客さんは、私のリピーターになってくれましたけどね。いつもお土産を買ってきてくれましたし。

若者はにがい経験をするべきなんですよ!

語学力ないんですよ。シンプルに困っている姿を見せると、不思議と助けがやってくる。。。だといいんだけど、そうもいかないですからね。ケンカ慣れしちゃってるのかもしれないですね。(誰と?でしょうね?)

まいこちゃん

ロナルド似の発言、許されるわけないよ。でも、私が彼のことを怒鳴る前に、マネージャーにしっかり説教されたことでしょう。その八つ当たりなのか、甘えですね。若いから。私なら言っても大丈夫って、思ったんでしょう。私がなめられたってことよ。

私も意地悪だから、容赦しないの。「マネージャーを呼んで。」とか「責任者を呼んで。」って言うのは簡単だけど、仕事の前線にいる人間として、少し自分の足りない部分を直接感じて欲しかったんだ。会社の上司に叱られるより、他人に叱られる悔しさを味わうべきじゃないかな?って。どんな国でも、気配りの出来る人間は、こんな対応をしないって。


そうそう、ヨーロッパで800メートルなんて、ちょろい!ちょろい!フライを食べて、消化にはちょうどいい距離だったよ。

私の英語力がよわいにゃろか?
下記をみたら無料と思いまっせ!

The hotel offers you a relaxed stay and is easily reached from the airport with our free shuttle service

散歩道の筆者とは会わなかったのですか?

一気読破!

しましたよ、全3話。
まずはお疲れ様でした…。
しかし怒ってましたなぁ(笑)
怒りの記事を偶に書く私には、どのくらい怒ってたかが想像できますわ。
最後は落ち着いてきたみたいだけど(笑)
ホテルと言えば、もう色々ですよ。
別に高級そうなホテルだって大手のチェーンだってみんな同じ、結局人ですからね。
自分は年間130泊位がホテルでしょ?
だから、そりゃもう同じような経験もありますよ、何度も。
中国なんぞ、そりゃもう…。
実は今まで2回だけ、ホテルの奴の胸ぐらつかんだ事あります。
1回だけ、レセプションに割り込んできた中国人の客をみんなの前でぶん殴った事あります(これはホテルとは関係ないか…)。
ヨーロッパは得意分野ではないんですが、客に向かってこんな言葉を発するのは普通なんですか?
それとも、このイケメンだけなのかな?
自分の場合は、何かで揉め出して3分以内にラチが明かない場合は、「マネージャ呼んでくれ」。まマネージャで埒があかない場合は「責任者呼べ」で統一してますわ…。
で、マネージャや責任者が出てきたら、どんなに怒ってる時でも極めて冷静に理路整然と、トラブルの内容と自分の要求をする…。
これで解決できなかったことは、殆どありましぇんので、参考までに…。
決定権持ってない奴と話しても時間の無駄ですもん…。

だけど、通して読んで感動したこと!
これ、全部喋る語学力って、改めて凄すぎる!尊敬!!
(ポンセさんには当たり前なのかもしれないけど)

本当にお疲れ様、でしたね。

ロナルド似君の応対・・
こんな風に客に文句言ってもいいんですねぇ。

でも一番近いレストランまで800メートルって!春夏いいかもしれないけど冬はちょっと・・。
スロバキアに来てからやたらと歩かされる・・もとい、
歩く機会が多いけど、オーストリアも「歩いてちょっと」の距離が一キロ位なんでしょうかね?

にこまこ

ぜんぜん、重箱じゃないって。ありがとう。勉強になったよ。細かい仕事してるんだね!

グーグルするのもめんどくさかったよ。わたしには、、、。

このホテルは空港の隣村にあるから、村見学にはいいかもね。一番近いレストランが800mだし。日本から来た人たちを夕食に連れて行ったんだけど、歩くにはちょっと遠い様な気がしたので、本当に近くに見つけた居酒屋に入ったら、メニューはみんなフライでさ、申し訳なかったよ。

スペシャルオファーって、送迎無料ってことでしょう。朝食代も無料かな?
ああ、楽しみだ。

ポンセ、
何度もごめん。送信を押して気づいたよ。私がサイトを見たのは昨日だから、その時点でもう変更されてたんじゃないの?だから、ポンセが見た時はサーチャージとは書かれてなかったかもよ。と今頃持ち上げてごめん。
ヒマだよねぇ、私も。
いや、ヒマじゃないんです。やる事てんこ盛りなんですが、現実逃避です。

ごめんよ、ポンセ。重箱のスミつつくような仕事してたからつい癖で。。。

ホテルの本物のサイト普通だったら見つけられないよ、ググっても3ページめだよ、でてくるの。そんでホテルチェーンのアドレスだもんね。よほど、みんなホテルサイト使ってないんだね。

ほんとにほんとにお疲れ様でした。

今度はそのスペシャルオファーを使って一緒に泊まりたいね。何十年有効だろう、それ。。。行きたいなぁ、ヨーロッパ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/113-8f4b7c8a