スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー検査に行ってきました。 

ここ2週間くらい、ものすごく調子が悪い。なんだか頭や鼻やのどが痛い。
風邪といえば、多分風邪です。だけど、アレルギーもあるみたい。

先日22日に行って来たアレルギー検査。
アレルギーテスト

見えるかなぁ?
1から20番までのアレルゲン液を腕にたらします。
その上から、針で刺して液体が肌にしみて、かゆいったらありゃしない。
20分放置して反応を調べます。

私の後に、この日は子供の予約が4人いました。
診療室からは、泣き声が聞こえてくる。
そりゃそうだ。だって、医療用の針っていっても、
糖尿病とか調べるためにある針で、
カッターナイフの刃がちょっと欠けてしまったような感じのもの。
20種類調べるには、20枚の針を使うから、
私でも、ちょっと恐怖でした。
ましてや、子供。

出てきても、まだ泣いている3歳くらいの女の子。
弟も入ってゆくが、当然、大泣き。
どうなることやら?
待っている間、暇だったので、女の子に話しかけてみた。

「ねえ、おばちゃんの腕みてよ!20個も穴をあけたよ。
あなたのは何個?数えてみようか?」

もちろんスロバキア語で、10まで数えた。
「あら~、おばちゃんのほうがもっと多いね。」

な~んて感じで、おしゃべりしながら、
親のほうも、他人事じゃなく、次はわが子だから、
慰め合いの練習のように、子供の会話をアレルギーテストから
「歌でも歌おう!」と飛躍する人がいたりして、
和気あいあいでした。私も席に戻ったけど、やはりその女の子は
泣き虫に取り付かれたみたい。

4人のうち3人が男の子で、診察室をでたら素直に親の言うことを聞いて、
おとなしかったけど、女の子は「痛いよ~」って、泣きっ放しでした。
本当に痛いのか?女の子だからなのか?
お父さんもお母さんも結構、神経質になって来て、時間が経つにつれて
言葉の端々からピリピリが伝わってきた。

私だって、かゆくて、かゆくて、かきむしりたかったです。

結果、犬、猫、ウサギはあまり反応しなかった。
でもね、やっぱり草・木・植物とダニでしたね。
タンポポにも反応したみたいで、
「ハチミツはたべたらだめよ~。」だって。

日本にいたときは、あまり蜂蜜を食べなかったけど、
こっちに来てから、確かに食べるようになった食品の一つかも。
(もう一つは、スロバキア風のベーコン、すなわちラード)

そして、「新時代のアレルギー」って、タイトルの小冊子をもらって、
スロバキア語だから躊躇しながら、読んでいますが、
つい、蛍光ペンを使って線を引いた部分。

草のアレルギーのハイシーズンは夏の終わりから秋の始まり

だそうです。

だから、やっぱり、なんとなく調子が悪いと思ったよ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/13-dc4008cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。