ちょっと妊婦口調で、愚痴もあり。 

アイスホッケーで熱くなっている私なんですが、今日は朝から大変でした、、、。現在形で、まだ大変の最中です。

というのも、朝保育園に登園すると、掲示板に張り紙が、、、、、。


「蝶々組からのお知らせ」

5月11日の15:30から、母の日の発表会を開催します。
大好きなママ、ぜひ来てくださいね。



知らなかったよ。読んでないよ!!いつ貼ったのよ?先生ったら!!

その下の集合写真撮影のお知らせは読んだのにね、、、、。
昨日、ラドパパとラドママが子供たちのお迎えをしてくれたので、私もすっかりノーマークでした。

全然、仕事に通っているわけじゃないし、問題なんてなーんにもないんだけど、あるんだよね。
16時15分から、チェコ対アメリカの試合が。これ、今日の一番の注目で、あっ、それと、20時15分からのカナダ対ロシアもね。
間に合うかな?車で行っちゃおうかな?どうしよう。

いつもなら、ビールを飲みながら、ポテトチップス買ってきて、5時前からアルコールを飲む後ろめたさを感じながらも、
ホッケー三昧なんだけど、、、、、。今年の5月は妊婦だもんなあ。

それにしても、妊娠発覚から「食べたい趣向」がコロコロ変わって、自分でも笑ってしまう。
妊婦時代に印象に残っている事柄だが、子供によって?その都度の「これが食べたい!!」の趣向がある。

1人目のニコライ。
通勤していたので、会社に到着すると、まずは飲むヨーグルトが朝食。そして臨月では、キャベツの芯をカリカリと食べていた。
結果→赤ん坊時代から今でも、ニコライはイモや豆、とうもろこし、アスパラガスなどの自然な味が大好き。


2人目のサラ
当時の私は、昼寝をしないニコライのお散歩に明け暮れていた妊婦だったので、とにかく外にでて、バナナや菓子パンをかじっていた。毎日どうしてもバニラクリームの入ったクロワッサンが食べたくて、食べたくて。
結果→サラはお菓子が大好きで、お菓子デブにならないように、気をつけている。しかし、お菓子虫歯もあるので、私の妊婦時代の食べ物が悪かったのだろうと思う。


3人目のナタン
この時はスロバキアで産んだので、食べ物にかなり不自由していた。魚とか納豆とか、そういった日本の味が欠乏だったためか、ナタンは兄弟の中でも一番髪の毛が茶色い。私の食べたいものは2品だけだった。トルコ式コーヒー黒パンにバター。3食これでもいいくらいだった。
結果→ナタンの髪の毛が茶色なことはもちろんだが、笑ってしまうのが、ナタンはバナナが苦手な赤ん坊で、固いもの好き。甘いものが超苦手だったのが、2歳の誕生日に初めてチョコレートケーキを食べた。これには家族みんながびっくりした。しかし、3歳のころ、日本のダンキンドーナッツ2個を30秒で食べてしまうほどの、菓子パン大好き少年になる。

4人目エステル
この時は日本でデスクワークメインの仕事をしていたので、ちょくちょく「おやつ」をつまんでいた。チョコレートが多かったような気がする。でも、あまり食べ物には気をつけなかったなあ。子供の学校やら、お迎えやら、とにかく忙しい妊婦だったので、妊婦としての生活があまり記憶に残っていない。
結果→なんでも食べるいい子です!やっぱりお菓子は好きだけど、歯磨きも大好きなので、助かってます。



さて、
今回はどうなることでしょうね???

ほうれん草が食べたくて、TESCOで冷凍食品を見つけた話は先日書きました。
そう、妊娠初期には「葉酸」というのが必要だそうです。こういう栄養素の知識なども、時代とともに変わっているような気がする。15年前とは妊娠に関する情報やアドバイスすら、きっと違ってきているだろう。まあ、出産という行為は痛くて、変わらないだろうが。

そして、ご近所さんのしぼりたて牛乳の出現で、ヨーグルト手製、を毎日摂取している。この牛乳を飲んでいると、とても幸せな気持ちになるから不思議。麻薬状態です。

4人も子供を産んでいるけど、いっつも過去のことって、忘れてしまうのよね。あの痛みですら、生まれる直前にならないと思い出せないよ。出てくる寸前で「そうだ、そうだ、この痛みだったよ。」って、思ったころに、出てくるんだよね、ベイビーちゃんが。

だから、つわりも、今回久しぶりに「これが、つわりか!」って、後になってわかったりして、私って鈍感なのかもしれないね。
勝手に、いい方向に解釈すれば、健康だから気がつかないんだよね!って、自分を棚にあげちゃうの。スミマセンね。


そういえば、思い出しても笑っちゃうのが、
日本の病院で、出産後、退院前に妊婦も検査してもらうんだけど、子宮の伸縮具合とか、

「痛いですか?」

なんて、聞かれても、家に戻ってからの生活を考えると、

「痛くも何ともないよなあ。」

とか思ってしまうの。
それで、

「痛いかどうかもよくわからないんですけど、どういう痛みのことですか?」

って、逆に質問したら、

「例えば、生理痛のような痛みです。」


って、答えをもらって、私は益々?????????って、なっちゃったのよね。

だって、生理痛になったことがない!!どれが生理痛かわからない!!生理痛ってなによ??
中学生くらいから、「生理痛」を意識した事もない。
そいういう健康体なんですよ、要するに。だから5人目にもトライできるんでしょうね。

って、まったく他人口調で申し訳ありません。深く考えていないのでしょう。
でも、出産時にはいろんな事もあって、
「出産は命がけ」「死と隣り合わせ」「紙一重」とか、そういった言葉は常に意識しますよ。

まあ、この分野は「ベテランさん」と呼ばれてしまうでしょうから、本来は別のブログでつぶやくべきなんですけどね。
まだそちらも作っていないので、今日はここで愚痴らせてもらいました。

失礼いたしました!





関連記事

コメント

Candyさん

うちの場合は、名字は夫の名字。下の名前は、スロバキアのと、日本のとあります。
スロバキアの名前は夫が考えて、日本の名前は私が考えます。なるべく漢字を残したいというか。日本人でもあることを意識して欲しいからです。ヨーロッパの名前はみんな、ラテン語が起源みたいですね。旧約聖書やら、ユダヤ人の名前とか、あまり関係ないんですけど、その辺から持ってきたみたいですよ。

ポンセさん、こんにちは~。

ちょうど、今の時期にぴったしの内容でおもしろかったです。
って、たまたまそういう妊娠時期の内容とか興味があり…。
(がんばって、子供欲しいな~て思ってまして)

で、4人のお子さんの名前もずらりと並んで、一人ひとりおもしろかったです。

お子さんのお名前は、どうやって決めたのですか?すべて日本名って感じではなく、スロバキア系ですか?ダンナにきいたら、ロシアぽいのもあるねっていってましたが…。

Christineさん

こんにちは。お久しぶりです!!

スロバキアの天敵のチェコが決勝に勝ち進むことは間違いないので、私の夫などは、不機嫌極まりないです。

スロバキアとチェコが分離してから、アイスホッケー協会の決定で、スロバキアは、Bリーグに格下げされたので、這い上がってくるまでの道のりが長かったんですよ。

チェコとスロバキアを比較すると、とにかく昔は、スロバキアの選手がサッカーだろうと、ホッケーだろうと、「チームの主戦力だった。」というのが、義父の意見です。だから、今、こうやって、チェコが強いのは、経済的な理由なのかな?って、思うしかないですね。

実際、ホッケーはお金のかかる習い事として、離れてゆく子供も多く、衰退へ向かっているようです。親が選手だった、2世、3世が家業として継いでゆく「お家芸」になる日も遠くありません。日本の歌舞伎みたいにね。

そう、サッカーもベスト16でしたね。あと一歩で8強入りでしたよね。オランダはさすがに強かったですよね。

お母様の食生活、きっとお菓子とか、やけ食いのない時代だったのかもしれませんよね。ちなみに、先日までの私のブームはプレーンのコーンフレークにプレーンヨーグルトをかけたもの。赤ん坊は、ミルク好きになりそうだわ。母乳よりも、牛のミルクの方が好きになったら、ショックだなあ。

アイスホッケー残念でした。確かバンクーバーオリンピックではどこでスイッチが入ったのか結構いいところまで進んでいたと記憶しているのですが。ホッケーは、FBでスロバキア人同僚が何やら書き込みしていましたが当然読めず、どうなったのかと思っていたところでした。あぁ、サッカーワールドカップは、チェコとスロバキアが分断して以来の出場、しかもベスト16か8か忘れましたが、ともかく日本と同じレベルまで行った、あのイタリアにも勝った!と大喜びしていたのに…。いや、あの試合でイタリアでなくスロバキアを応援していた人は日本ではあまりいなかったでしょうが。

妊娠中に食べるものがその後の子の好みに影響を及ぼしているっぽい・・・とは興味深いです。私はいくつかきらいな食べ物はありますが、基本何でもかんでも食べるので、母は以外と、バランスいい食生活を送っていたのかもしれません。
私が実物か写真で見たことのあるスロバキア人は黒髪から金髪までまちまちですが、これは食べ物ではなくて、遺伝…でしょうか?

らぴ!

「ポンセ」に「ちゃん」をつけてくれて、ありがとう。
10年以上ぶりのインターネットでの再会になったね!!

MIXIのメッセージ読みました。返事を書く前にコメントをもらっちゃったよ。これも、ありがとうね!

らぴさん?らぴ?らっぴ?なんて、呼んだら良いのだろう?ちょっと難しいよお!とりあえず、らぴにしておいたよ。

そうなんだよね。バッテリー組んでたよね。この間、部活時代のことを何気に思い出していたところよ。色あせないよね。そう思っているのは、私だけかな?

体が欲するがままに、食べるのもやばいよね。でも、不思議と「大豆」とか、「トマト」とか、駄菓子じゃないから、食べまくりたいわ!果物も食べ過ぎると太るんだよね。

らぴさんの血を継いでいたら、お子さんたちは、バリバリのスポーツマンでしょう?!

宣伝も兼ねて、ブログのアドレス教えてね!

これからも、どうぞよろしく!!

バッテリーの女房より。

やっほ!

こんにちは!ポンセちゃん。
こちらには初めましての「らぴ」と申します。
高校時代のバッテリー!・・・で分かるかな(笑)
(誰だか分からない場合は、 mixiにメッセージ送ってあります)

ポンセは相変わらず、スポーツ観戦に燃えているんだね~。
スポーツCを飲んでいた頃を思い出すよ(笑)
そっちの話題に食らいつけない私は、ツワリ話題のほうで。。。

あぁ、確かに。私も1人目の時にはとにかくチーズとパンが食べたくて仕方無かったのね。そう言えば長男はパンもチーズも大好きだわ。
次男の時には、太っちゃってねぇ。努力して和食中心の料理を食べていたせいか、次男はこんにゃくとかひじきとか大好きだね。面白い!

「食べたい」って思うのは、身体が欲しているってことなんだよね。
歳も歳なんだから(あ、失礼。私のほうが月齢が上だから許して)、体調に気を付けて、元気にお過ごし下さいね。
また遊びに来ます~。
私もブログを再開したので、もし良かったら覗いてみてね。

B9MOMさん

そうなんですよ。今回も毎週いろんなブームがあって、豆腐ばかりが食べたくなった週とか、アイスクリームを毎日食べていた週とかね。ピクルスはちょっと胃が痛くなったので、ダメでしたが、あのピクルスの浸かっている汁を飲んじゃう人、いますよ。(もちろん自家製のですが。)

私も、牛乳と酸っぱいピクルスの間を取って、ヨーグルトって感じです。

昔から、私は健康なんですけど、4年に一回とか怪我や病気で医者にかかったりしました。今はそれが、妊娠なんでしょうね。あとね、意外と体力がなくて、馬力がきかなかったりするんですよ。食欲はばっちりなんだけどなあ。

golferさん

残念ながら、昨日、ドイツは終わりました!5ー2でスウエーデンに負けましたね。

東西統合以来というか、ここ数年、ドイツのスポーツ界って、なにか変貌を感じるのですが、いかがですか?政府が特別に力を入れてません?

こっちも、乾燥していて、昨日水を撒きました。家庭菜園はお金をかけないのがポイントなので、なるべく雨水を利用したいですよね!!

こんにちは!

ポンセさん、生理痛もないのですか?かなり頑丈な体をしていらっしゃるのかもしれませんね。妊娠すると食べ物の好みが変わるって話し、よく聞きますよね。コチラでは、アイスクリームとピクルスを欲しがる妊婦さんが多いらしいのですが、その組み合わせ、考えただけで気持ち悪いです・・・

妊婦にカルシウムは必須!お隣さんのミルク、ガンガン飲んでください!

またまたおひさです。
こちらまた夏日になり雨がすくなく、
かんばつ状態です。
しかし家庭菜園もぐっと伸びて日本のホーレンソウ(なぜか茎が赤い)、ミズナが食い時!

アイスホッケーは全くみてません、ドイツ勝ったんですか?

サッカーはまあまあみてますが、
ダイジェストだけで、ビール飲みながら観たりしませんが、、、。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/147-7336f9f8