スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spišská Nová Ves【スピッシュスカーノヴァヴェスを紹介します。】 

先月末に行った街、スロバキア東部の街、「Spišská Nová Ves」(スピシュスカーノヴァヴェス)をご紹介します。

今回の訪問で、多分3回目くらいだと記憶している。ここよりも、更に12キロメートルほど北にある、レボチャに滞在することが多いので、ここはちょっと立ち寄ったり、交通の乗り換えのポイントだったりします。田舎や村の風景が続く中、ここはちょっとした大きな街なので、レストランなんかも多くて、文化の香りもあって、自然ばかりに飽きた時などに、「ほっ」とさせてくれる街です。

東スロバキアの「スピッシュ地方」、ビールの名前にもある、「シャリッシュ地方」といえば、ユネスコ世界遺産をはじめ、スロバキアの見どころが集中しています。ハイタトラスや、スロバックパラダイスでのハイキングなど、美しく、厳しい自然を満喫し、郷土料理を楽しむ。これが、この地域の魅力といえます。

スピッシュスカーノヴァヴェスは、その足場への入り口と言えるかもしれません。
世界3大ワインの一つ、トカイワインも立ち飲みができるし、山歩きに必要な、トレッキングシューズや登山グッズが数多くそろえてあるし、レストランと居酒屋も街に並んでいました。アイスクリーム屋も、何軒かあったなぁ。街から、バスステーションも電車の駅も歩いて、10分程度なので、旅行客には優しい街です。







P5310430.jpg
青いプロテスタント教会。左の壁に見える緑と黄色のマークは登山や散策ルートを示しています。このマークに沿って歩くと、看板が出現して、目的地の名前、所要時間がわかる。山の中などでは、ものすごく、頼りになります。かなり正確だし。







P5310426.jpg
なんの建物か忘れてしまった。







P5310431.jpg P5310446.jpg
カトリック教会。典型的なゴシックスタイル。4面の壁には時計がついている。豪華だ。マメな私は朝から行動開始!







この街の旧市街にある、中洲とでもいうのか、中心部に公園、教会、古い建物が並び、それを囲んでいる道路は、それぞれ一方通行になっている。名前も「夏通り」と「冬通り」。その道路の外側にはレストランなどの店が立ち並んでいる。







P5310424.jpg
駐車するときは、パーキングのチケットを買って、車の中で、外から見えるところに置いておく。







P5310440.jpg
博物館の外壁には、見事な彫り物が。これもゴージャスです。この街は、きっとお金持ちの街だったのだろう。
例えば、鉱物業で栄えたとか、交易のポイントだったのかも?(おい、ポンセ、歴史を調べろ。)





P5310450.jpg
レドゥ-タ劇場は、クラシック音楽やオペラのための本格的な劇場とのこと。もちろん、ミュージカルやコンサートにも使用されます。こちらは正面入り口。車寄せがあって、かっこいい!しかし、形だけで、本当に車は進入できそうにない。







P5310447.jpg
裏側?横側?かなり立派なので、こちらが正面だと信じていた。







P5310452.jpg
中に入ってびっくり!なんと素敵なシャンデリア!!社会主義っぽい。






P5310453.jpg
入り口のドアは、まるで教会の懺悔室みたい。







P5310444.jpg
しかし、社会主義といえば、やっぱりこんな感じ。







P5310456.jpg
ようやく中洲も終わりだ!一休みできるかな?と、思ったら、まだ教会が続いていた。







P5310458.jpg
というわけで、隣の青空市場へ退散!

中洲の往復2kmくらい。散歩にはちょうどいい距離でした。
冷たくて、清々しい東スロバキアの朝の空気をしっかりと吸い込んで、久しぶりに旅行者してきました!!

皆さんも、お疲れ様でした!!写真を見ながら、いっしょに散歩した気分になりましたか?


「ちゅ!」とクリックしてね!→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ










関連記事

コメント

duck4さん

こんにちは。

明日で、学校が終わり、学生は2ヶ月の夏休みに入ります。それなのに、天気は下り坂。どうも気温は20度を切るみたいです。

毎日「降るのかな?」という雲がやってきますが、そのまま去ってしまいます。今週は涼しいので、日中23度くらいですね。

今年は、去年のように雨ばかりの夏にならないように、祈っています。

それにしても、日本は暑そうですね!!私の実家でも、今日は33度の予報が出ていました。びっくりです。10度も温度が違うから、そっちに行ったら、蒸し豚になっちゃいそうですよ。

スロバキア散歩!

ポンセさん

おはようございます!

ブログを拝見しながら、スロバキアを散策させていただきました。
楽しかったです。

スロバキアは、真夏のような空ですね。
暑いのですか?

Chistineさん

ゴシック街道の美しい教会や、ひたすら続く丘陵の広大な畑、そびえ立つスピッシュ城など、感動的なシーンがありますね。

そして、確実に飲み代は割り勘なんてありえない!!みんなが払ってくれますね。アルコール度の強いお酒の乾杯から始まって、口直しはビールでしょう。社長さんのポケットマネーから全部出ちゃうこと、間違いなしです。

私の住んでいる辺りだと、ジョッキの大、500mlのドラフトビールは、75セントだそうです。(この頃飲みに行ってないので、夫に聞きました。)

ぜひ来てくださいね!!冬よりも、夏のほうが、暖かくて行動もしやすいですよ。

女性も知り合いになるといい人ばかりだけど、やっぱり売り子さんとか、無愛想な人も多いです。

私が、社会主義の名残りを感じるときは、お店でショーケースの商品を「見せてください。」って、いちいちお願いをしないといけない時とか、スーパーマーケットで、「かご待ち」がある時などですね。

こんばんは。私も脳内トリップした気分になりました。(^。^)
東部は見どころ満載らしい…ですね。仕事関連で勝手に友達と勝手に認定している人が5人くらいいるものの、どうしてまだ行っていないのと言われるのですが、行ったらウチの社長、飲み代を経費で出してくれたりするかなぁ(爆)。何も得るものはなく酔っ払って終わりっぽくても。シュピシュ城もタトラもあるので最高なのですが。

写真の像だけは社会主義の名残を感じさせますね。たまーに名残が見えます。お隣のチェコはテレジンだと団地群を見たときとか、空港売店の店員さんの無愛想ぶりとか。仕事関連だと、女の私でもクラっとくる美人なのに気取ったり無愛想なこともなく、英語も堪能な人ばかり(若いから?)なので、ギャップが…。

まいこちゃん、お付き合いありがとう!

もしも一緒に歩いていたら、アイスクリーム屋の前で立ち止まってばかりだったかも?(笑)

ここから、バスで20分くらいかな?「スロバックパラダイス」の入り口に到着するんだけど、ジプシー村とでもいうか、村の半数くらいがロームの人で、バスに乗るのも、ちょっと怖かったことがある。でも、登山(ちょっとハードなハイキング)はものすごく歩き甲斐があるよ!!

若いうちに、どうぞいってらっしゃい!!

写真がたくさんで、一緒に散歩した気分になりました!
ありがとうポンセさん。
スロバキアの歴史を調べつつ、あちこち訪ねてみたいな~。面白そうですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/167-3ad0f009

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。