スロバキアの民俗衣装 【クロイ】 

KROJの「J」の発音は、「イ」と「ユ」の間なのかしら?
このクロイに私は縁がないので、発音もよく分かっていない。

スロバキアの民族衣装といえば、想像がつきやすいと思いますが、日本で言えば着物です。
昔の人は当たり前のように、着ていたもの。今は、お祭りのときに見るくらいか、お年寄りが教会に行くときに着たりしてます。もちろん、普段着として、買い物に行くときなどに、着用するお年寄りもいますけど、都会では見かけることは、なっかなか、ありませんね。

豪華な刺繍の模様や、スカート、ブラウス、帽子などのコンビネーションは、その村のオリジナル。場所によって、デザインも違うし、特徴も違います。

テレビの家族向けクイズ番組で、「このクロイはどこの村のものでしょう?」って、全部覚えて、答えれば、賞金がもらえるってのも、見たことがあります。それほど、覚えるのもややこしい。ちょっとずつ、どこか違うんですねぇ。

さて、一昨日は、私のご近所さん、といっても40kmくらい離れているところに住む、日本人のお友達に誘われて、(強引にお願いして)その異文化をちょっとだけ、のぞいてきました!!


彼女のだんなさんのおばあちゃんが、この民俗衣装を集めている。

「クロイ文化が廃れないように、毎日着用して外出する!」

70歳をはるかに越えているのに、元気なその精神には、頭が下がりますね。いろんな方から、譲り受けてきたのでしょう。
柄もいろいろ。スカートだけで20着以上はありました。

私は、もうお腹が大きくなっているので、この重たいスカートを着用する気力は無し!
でも、昔の人は、お腹が大きかろうと、小さかろうと着用していたんだろうなぁ。

連れて行ってくれたお友達のお知り合いのフランス人の姉妹が今回のモデルさんです。
P7290787.jpg

「ブラウスはこの頃着用しないのよ。」と、おばあちゃんは、この上にカーデガンを羽織るそうですが、このお二人さん、都会っぽい洋装から、いきなり田舎娘へ変身しちゃったみたい。口に出して言わなかったけど、「ベルサイユのばら」に出てくる、マリーアントワネットの召使いに見えてきた。

不思議なことに、スカートを見ているだけだと、黒いほうが豪華に見えるけど、着てみるとまた違うのね。この白っぽいほうは、ペイズリーっていうんだっけ?あのミトコンドリアっている微生物に似た柄?あれなんだけど、すごく素敵でした。びっくりしました。まじ。

下着も日本の襦袢のように、3枚くらい重ねて、ボリュームを出しています。そしてスカートは後ろ身ごろと、前身ごろの2枚から成っています。スカートのひだの形を美しく保つために、紙が縫ってあり、規則正しい凛とした「ふんわり感」が漂っています。

そういえば、高校生のとき、毎晩、制服のスカートのひだをちゃんとみせるために、布団の下に敷いて寝てました。紙をぬってあるのは、この裏技と同じです。女性のおしゃれへの情熱が伝わって来ました。

P7290789.jpg
妹さんは、モダンな感じ。下着の白が見えるのも、なんかいいね。


P7290788.jpg
お姉ちゃんには、「かわいい!!」って、私は何度もつぶやいてしまった。


おばあちゃんの、たくさんのコレクションから、お気に入りを選ぶのも大変そうなのに、二人ともすぐに、「これ!」って、決めていました。女性って、おもしろいよね。男性なら「どれでもいいです。」とか言いそうなのに、、、、。

P7290790.jpg
スカートの曲線が美しいので、後ろ姿を思わずキャッチ!

用事があったので、私はここでお別れしましたが、おばあちゃんのお隣さんに遭遇。これまたお願いして1枚取らせていただきました。







P7290791.jpg
これこそスロバキアのおばあちゃん!でも、最近こういう人も見かけなくなったような気がする。「おばあちゃん」と呼ぶ年代に、私が接近しているので、あまり「おばあちゃん」として意識していないからかもしれない。




クロイを保持することも大変です。場所だってとるし、保管だって手間がかかるし。家の倉庫で眠っているという人も多いと思います。普段の生活で、クロイに出会えるのは、田舎だけだし。

貴重な体験ができて、楽しい一日でした!
あっこちゃん、ありがとう!!














関連記事

コメント

B9MOMさん

そちらもお忙しいことでしょう!
お元気ですか?

おばあちゃんの所有物なので、やはり黒が基調なのかもしれませんが、子供用をみせてもらったら、スカートがペパーミントグリーンでした。

どうもいろいろな場面で、着こなす色を変えるみたいですね。若者が着ると、また雰囲気が違うし。

そういえば、アメリカはどうなんでしょうね?
民俗衣装というのは、なさそうですけど???

実はこちらは寒くて、雨で、もう夏が通り過ぎてしまったかと思うほどです。今日は久しぶりにお日様を見ました。だから、畑のきゅうりとか、なんだか葉が茶色になっていたり、トマトも赤くなるのが遅いし。

妊婦生活も残すところ、あと3ヶ月になりました。
これ以上、どのくらいお腹が大きくなるのだろうかと、毎日不安で仕方がないくらい、お腹が突き出てきました。胃が縄張り争いに負けてます。食べると疲れます。

5人目だから、「妊婦のプロ」と言いたいところですが、きっと、「物忘れのプロ」なんだと思う。だから、こうやって、辛い日々をまた繰り返すことができるんだろうなぁって。

こんにちは!

スロバキアの民族衣装、可愛いですね!
やっぱりヨーロッパだけあって、ハイジのような?素朴な味わいを感じます。って、素朴な感じはおばあちゃんのみで、お姉さん達は結構セクシー??

体調はどうですか?
暑い夏は、妊婦には厳しいですよね。
でもポンセさんはもうプロかな?
とにかく沢山美味しいものでも食べて、元気つけてくださいね!

あっこちゃん

バタバタさせたのは、私のほうだよ。今度またゆっくり遊びに行かせてね。

着心地って、着てみないと分からないものなのね。
着物のピシッと体を保護する感じは、私、好きなんだ。

ペチコートや、ワイヤー入りは、下が見えないから歩くのも怖いよね。そんな感じなのかな?

そのうち、体験させてもらうから。楽しみにしています。

ご近所さんね、外の掃除をしていたみたいなんだけど、
親戚のおばさんが(それこそ私よりあの人のほうが若そうね。)が頼んでくれて、写真をとらせてもらったのよ。
そうじゃなきゃ、タダの不審なアジア人だったと思う。

天気が少し回復するといいけど、今週はどうなるかね?

金曜日はありがとう。
なんだかバタバタさせてしまって
ごめんね。せっかく来てくれたのにね。

次はもうちょっとゆっくり
遊びに来てね

私が最後に着たのはもう10年ぐらい前だけど
そのときは上もしっかりごってり刺繍が
されてるやつでホントに苦しかった。
重たいのは着物の方が重たいけど、
あのスカートの広さが身動きを邪魔する感じがして
クロイの方が私は不便だと思うよ。

友達が遊びに来たらいつも体験させて
もらってるけど、そう言えばこの前
緑がなかったなーと思って。
日本人には明るい緑のクロイが
一番人気だよ。
頭も小さな帽子じゃなくてスカーフの
派手なやつをつけたりしてね。

おばあちゃんのご近所さんが出て来て
ビックリしたよ。そんな遭遇があったとは
知らなかったよ。

Christineさん

こんにちは!おひさしぶりです。

スロバキア人に発音を褒められるなんて、巻き舌が得意ですか?あはは、冗談です。

日本語の発音は、逆に子供が喋っているみたいに、聞こえるそうですよ。何でも母音がついているから、発音が簡単だとか。

結婚式だと、やっぱり華やかな色になるのでしょうね。
お年寄りはどうしても黒が多いし。

スロバキアの結婚式は教会ではウエディングドレスを着ますが、その後の披露宴では、夜中の12時頃に、クロイの帽子だけを着用する儀式をする時があります。(たぶん略式だからわざわざ着替えないだけなのだと思います。)

先日も結婚したご婦人は帽子をかぶると聞いたような気がしますが、日本でいえば「角隠し?」

スパンコールや刺繍の入った、きらびやかなフォークロール調の帽子をかぶせてもらい、12時を迎えます。
そのあとは、みんなが輪になり、花嫁と花婿を囲んで踊り明かします。

ずっしりと重たかったですけど、日本の着物だって、重たいですよね。同じじゃないかな?
ただ、座ると「ひだ」が紙製なので、つぶれちゃうでしょ?だから、「丸椅子に座るのよ。」って、おばあちゃんは教えてくれましたね。


それから、アジア人の顔立ちだと、派手な刺繍に圧倒されるかもしれませんね。たしかに。でも、どうでしょうね???私も妊婦が終わったら、ぜひトライしてみたいです。

私もスロバキア語というかヨーロッパ圏のJの発音はあまり分かっていません。スロバキア人には発音はネイティブ級と絶賛されましたが…。

民族衣装、スロバキア人同僚が結婚式で着ていたのを2パターン(=二人)写真で観たことがあります。どちらも赤ベースでしたが、頭のスカーフ(?)など、微妙に違っていました。あれはやっぱり、スラブ系の顔立ちが一番似合うような気がします。アジアンの私が着ると…想像したくないくらい恐ろしいです。

やはり衣装は重いんですね。どおりで「数時間しか着なかったのはラッキー」と言ってたわけです。(ウェディングドレスもたいがい重いと思いますが、ドレスより重いのでしょうか?)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/179-4c068ad4