猫 

ご無沙汰してしまいました。

お腹が大きいので、背中を反るような姿勢が多くて、PCの前に居るのが、とても面倒くさい。それでも、パズルゲームはやりたいので、困ったものです。

スロバキアの夏も終わってしまったみたいで、ここ2日間、また雨が降りました。昨晩は1時間ほどの豪雨。今日も夕方に豪雨。といった感じ。午前中は、ものすごい湿気を感じ、久しぶりに鼻の頭に汗をかきました。私には、これはうれしいのだけど、
畑のトマトやきゅうりのことを考えると、雨ばかりというのも、また困りものなのです。


猫がいなくなりました。

昨日、知人の家に遊びに行こうとしたら、うちの猫が2匹そろってついてきました。ローラーブレードを履いている息子と、4歳の娘を連れているのに、猫まで一緒は辛い。子供たちが、一度ねこを家に返しに行ったけど、やはりついてくる。仕方がないから、知らん顔をして歩き続けたが、子猫たちは散歩と勘違いしてうれしそう。

知人の住む団地の前には公園があって、子供たちが猫をみつけて大喜び。「ねえ、ちょっと面倒みていてくれる?」と声をかけたら、喜んで3人くらいの子供たちがやってきた。助かったよ。

でも、1時間ほどしたら、「もう家に帰るから。」と、結局猫は、知人の家の中に入ることに。

そしたら知人の旦那さん、猫と接するのが久しぶりだったみたいで、ナデナデを始めた。猫たちの心地よさそうな寝顔と言ったら、、、、。寝ぼけながら、猫って肩たたきするんですよ。

びっくりした。初めてみました。猫が人間のようにあぐらをかくような恰好で、体のお掃除をするのをみて、「人間か?」って、
後ろから頭を叩いてやりたくなるのですが、今回はびっくり。本当にマッサージしてあげていました。右手と左手を交互に相手の首の辺を狙って、「トントン」って。

感動したのもつかの間。帰り道、猫を地面に置いたら、一匹がさっさと横断歩道を渡ってしまった。2匹目は途中のゴミ収集所に行ってしまったので、そっちに気をとられていた。子供だって、ローラブレードをはいているし、油断した。
1匹めの茶色いオス猫を見失ってしまった。メス猫も一緒だし、大丈夫かな?付いてくるだろうと思いこんでしまった。全然見当たらないので、不安ではあったのだが、、、。

昨晩、帰ってこなかった。ものすごい豪雨だった。
今日は午前中と午後、猫探しの一日だった。
いろんな人に聞きまくった。目撃者発見!
朝はやはり別れた場所にいた。お昼くらいには町のお店の集中しているところに出没。

はあ、情けない。猫って、バカなんだね。ひっかかれても抱っこして、家まで連れて帰るべきだった。
私もバカだ。動物を信じちゃだめなんだ。また人生の勉強だ。「猫もバカだ!」

ラドにも「猫が見つかるまで家に帰ってくるな!」と、三行半を叩きつけられ、腹は立つし。
私、小学生の子供じゃないんだよ?猫と女房とどっちが大切なんだ?腹立つなぁ。

昨晩遅く、家の中にねずみも出没するし。タイミング良すぎ!!まったくなんなの??


実は、1週間前にも、メス猫と隣の猫がそろっていなくなりました。
誰にでも付いてゆくのです。「かわいいから」、と、持って行ってしまう子供とかもいるそうで、(大人かもしれないけど)お隣は既に2匹が行方不明。

心配してたら、翌日、青年が「お宅の前を通ったとき、かなり遠くまでついてきちゃって、仕方ないから、山小屋まで連れ行きました。今日、戻って来たので返します。」と、やってきました。

そんなこともあったので、みんなで注意していたのに、、、、、。
やっぱり私が悪かったのかな?猫について、知らなすぎってことなのかも???

日本では、家の中で飼っていたことがあるから、勝手にでてゆき、勝手に帰ってくる動物だと思っていたが、
ここでは外で飼っているので、いつ、どこに出かけているのか、詳しくはわからない。

また、ちがう文化?世界観?猫社会?
動物も子供も、、、、、手がかかるのは一緒じゃ!!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/180-eb8a3953