産婦人科にて 

先週の火曜日に、エコー(超音波)で、赤ちゃんを確認する予定だったのに、すっかり勘違いをして、日付を間違えてしまった。

日本は「8月16日」と書くが、こちらは、「16/8」と書くのです。
ここまでボケているとは、自覚がなかったのだが、頭では16日に検診!って、知っているのに、診察券を見て、なぜか「18日」と思い込んでしまった。。。。。

エコーは、月曜日と木曜日と決まっているのだが、その月曜日は医者が何か予定があって、あえて16日になったことまでは覚えていたんだけどなぁ。


18日に当然、電話したら、「先生が夏休みだから、来週25日に来てね。ちゃんとメモしてよ。カレンダーに書いた?」と、看護婦さんから要注意人物扱いされてしまった。

で、本日、待望の性別を聞くために、張り切って行った。とても蒸し暑い夏日なので、先生と看護婦さんに、アイスクリームを買って行った。最近は予約をするだけでも、お金を取る医者も増えてきているが、この産婦人科は、ラドママの仲良しの先生がやっているから、私からはお金を徴収するつもりがまったく無いのだ。いつも無料、どんな診察をしても無料。

そんなわけで、果たして儲かっているのかな?と、いつも心配になる。だって、壁の時計が止まったままだし。
「今度こそは、乾電池を持って行こう!」
と思いながら、毎回忘れちゃう。製薬会社のセールスマンが持ってきても良さそうな物なのにね。


行ってビックリ。5人待ち。私は無料だけど、予約を入れてもらっているので、2番目だった。先生は、まだ来ていない。
知り合いがいたので、しばらくおしゃべりをしていたけど、アイスクリームが心配になってきた。他の人に見られるのも嫌だしなぁ。どうしよう。。。。

知り合いがしびれを切らせて、看護婦さんに、「また後で来るね。」と、告げに行ったので、私もチャンスを見計らう。

「今日はめちゃくちゃ暑いから、食べてね。」と、強引に渡す。


「そんなことしなくてもいいのよ。」


と言われたが、先日、この看護婦さんの娘さんが、我が家の近所に嫁いでいることを知り、ちょっと親近感が湧いたところだし、いつも無料で申し訳ないし、それに今日は、性別をしっかりおしえてもらわなきゃ、、、。



「孫が、『ニコライ君がね。』って、誰の事かと思っていたら、お宅の息子さんだったわ。」

と前回に言われて、私もビックリ。

ティーンの子供たちは、金曜日の夜に映画に行きます。大体8時くらいから始まるかな?
しかも、夏の期間中は、野外映画が夜8時半から始まるので、終わってから家に帰ると、10時半とか11時近くなるんですよね。やっぱり夜道は物騒だから、ニコライには、周辺に住む女の子たちと一緒に帰ってくるように、言ってあるので、看護婦さんの孫もその中にいたんですねぇ。

そういえば、あの家の人たち、みんないい感じの人ばかりで、気軽に話かけてくれるし、挨拶もしてくれるし、そうっかぁ。
クルピナ、だんだん狭くなってきたぞ!


話を元に戻しましょう。


そうやって、1時間くらい遅れて先生が到着。私の番がさっさとやってきた。
お友達の買ってきてくれた、ワコールのガードルを見せつけて、ポイントも説明して差し上げた。

さてと。

私:「先生、これって、男の子の?」

女医:「いいえ、これは、、、おへそよ。」

私:「先生、私、できれば女の子がいいんだけど。」

女医:「私、前回、どっちって言ったっけ?」


おいおい、おいおい。前回の意見を参考にするつもり?????

女医:「足を開かないわね。見えないわ。これじゃ、わからないわね。」



しばらく、いろいろと工夫をしてくれるのだが、画像の様子はあまりかわらない。




私:「じゃあ、どうしましょうか?どっちにしましょうか?」

女医:「うーん、じゃあ、女の子ね。」

私:「やったー。でも、男の子だったらショックだなぁ。」
(だって、周囲の意見は、ほぼ男の子にまとまりつつあるし。)

ちなみに、前回は「女の子」と、言ったすぐ後に、「ちょっとまってー。ん?何かみえるかも?」と言い直したのだ。

女医:「ああ、思い出した。前回の会話。じゃあ、男の子にしておこっか。何となく、多分、ほぼ男の子ってことで。」

私:「??その、ほぼの根拠は?」


女医:「だって、足を開かないんだから、わからないわよ。見えないんだもの。」


って、結局わからないんじゃーん!!アイスクリーム返せ!!だから言ったじゃん。もう年金生活者の年齢なんだってば、この女医さん。でも、後を引き継ぐ医者が育たない、この忘れられた土地、KRUPINA。どうにかしてくれー!!


医者の帰りに、9月出産予定のラドのいとこにバッタリ出会う。同じ女医さんに通っている。

「あの女医さん、調べる気がないでしょ?そのお腹の形は女の子ね。」と、彼女は言い切った。

彼女はトリプルマーカー検査で引っかかり、別の高等医療にかかって、3D超音波を体験した。だから、彼女のお腹の中身が、男の子という結果をすでに知っているのだ。

19歳の彼女、唯一、ひとりが、「女の子」と言った。出産経験者や近所の人たちの予想は「男の子」だし。

私の突き出たお腹と、彼女の真ん丸で小ぶりなお腹。こうやってみると、お腹の形も一人、一人違うのかもね。


もういいよ。どっちでも。名前を2つ考えればいいだけの話だもんね。女の子はもう決まっている。男の子はさっぱり浮かばないの。困ったよ。



私の感?男の子だと思っていたのに、女の子が生まれたらうれしいから、男の子にしておきます。こういうのって、夢を見ても仕方ないのよね。あの長い痛みの後、出てきた爽快感で一瞬は安心するのだが、待っているのは現実なんだものね。


健康な子供が生まれ来ますように。

関連記事

コメント

mizokichiさん

男の子確定ですか?!

じゃあ、縁があるから、私のお腹の子供も、きっと男の子ですね!v-205

名前は決まりましたか?候補から絞りましたか?

女の子は、同士で仲間なんですよ。ちょっとでも、ピンクの洋服とか、リボンとか、そういうのが、家に置いてあるだけで「ほんわか~、癒しだなぁ~。」って、気持ちが落ち着くというか。

だって、mizokichiさんを含めて、3人の男の子の面倒をみるようなものでしょ?奥さん、大変だ!!
うち?夫を含めると4人の男の子?いや~ん。耐えられないかも?

ここにも

なんか我が家とすべてが同時進行なので見てて面白いです。
ウチは既に男確定ですけど…(笑)
もうウチは、家系的に兄弟親類縁者、
じぇ~んぶ男しか生まれないからさ。
自分は男でラッキーだったんですけど、カミさんはやっぱ女が欲しかったみたいですね。

Candyさん

すごい!余裕あるね。

私なんて、2人目までびびりまくってたよ。「日本語じゃないと、だめだ~。」って、甘えまくっていたもん。

お腹、大きくなってきたかな?

オランダで

今のところ、オランダで産む方法で考えてます。日本へは生まれてから来年の8月あたりに夏休みとして帰国予定。

オランダ、ジェル塗ったあと、
軽く拭いてくれたような…。
ま、きっと日本ほど優しくないかもですが!(笑)

Candyさん

そうなの、わからないまま。
もう、第六感って、やつに任せて、ありきたりですが、
「母子ともに健康であれば。」それで十二分です。

スロバキアは、10、20、30週の3回だと思います。

日本はいたれりつくせりで、お腹にゼリーみたいなのを塗るでしょ。あれまで看護婦さんが暖かい濡れたタオルで拭いてくれる。こちらは、ティッシュを渡されるだけ。

結局、オランダで出産することにしたのかしら?

性別

あれれ、性別わからないままですか?
私も今度受けるエコーで、是非性別を知りたいんですが、もしわからなかったら、次回は自腹でエコーになるかもな~と。
オランダ2回までしかエコーができなくて、20週目が最後のエコー。
あとは、自腹でみんなやってるのかな。
通常2回が普通なんだけど、知り合いは、5回とかやってる人がいて、場所によるのか。いいな~とも思う。

でも、性別わかれば、名前も2個考えなくていいしな~なんて、甘い考え。

B9MOMさん

っていうか、病気の場合、診療費用が無料なんで、せこい作戦でお金を稼いでいるような感じ、、、。

診断書とか、学校や職場への証明書とか、書類をつくるとお金を取られるしますね。

それから、赤ちゃんが生まれて、女の子だと、ピアスを開けるんですけど、小児科でやってもらうので、お金がかかります。両耳だと、6ユーロくらいかな?

ちなみに、医療機関への予約は2ユーロくらいだと思う。

薬代も高くなったし、歯医者は日本よりも高い。(技術は日本の20から30年前って感じがしますけどね。)

出産費用はかかりません、、、、、。ああ、でも、取り上げてくれる医者を指名したいときは、やっぱりお金を払って、リザーブですよ。

それから、先日知ったのですが、立会い出産(今までスロバキアでは、ほとんどありえないことでした。)を希望する場合も、20ユーロ払ったって、いとこが言ってました。

せこいですねー!!



こんにちは!

スロバキアって、予約取るだけでも有料な場所もあるのですか?ちょっと驚きですね。こちらは、ポンセさんのように、予約したにもかかわらず病院に現れなかった人は、罰金のようなものを払わされたりします。でも予約だけでは、ないですね。

赤ちゃんの性別、親としては生まれてくる前に絶対しりたいですよね。性別が分かったほうが、それなりの用意もできるし。でも、ポンセさんはプロですから、男の子といわれて女の子が出てきても、全然動じないですよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/185-81f1a0b6