スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KRUPINAの夏休みを振り返って <その2> 

先日の続きを忘れないうちに書き留めておこう。

実は、動画を入れましたけど、息子のニコは、ここ数年、BMXというタイプの自転車で跳んだり跳ねたりする事に熱中しており、毎日、BMXやスケボーの仲間と、町へ繰り出し、障害を探しては、ジャンプと回転をくり返しています。


何年前かの、市長選挙のときに、現市長が「スケーパーク建設」を公約の一つとし、当選した暁には、、、と、子供たちの親も期待していたものの、当選したにもかかわらず、工事もプロジェクトも開始されていないのです。

まあ、現実なんてそんなもんでしょ。田舎だし、スケーパークがなくても、みんな生きてゆけるし。それよりも優先すべきことがあるのよね。この町に限っては、地滑り対策とか、トラックが町中を走らないように、迂回路を作るとか。


でも、子供達には夢があり、未来があるのだ。忘れ去られた町に住んでいる若者に、未来は必要ないのだろうか?


他の街にあるものが、どうして「オラの村にはないんじゃ?!」ってな感じで、何人かの親たちが署名運動をするだの、市長に直談判するだの、1~2年くらい前に騒ぎのピークがありました。

子供たちが市長を訪ねたり、アポをとっても、当日になると姿をくらます市長。ニコの報告は、「また来なかったよ。」ばかりでしたね。

ちなみに、市長は30代後半に差し掛かるくらいの、まだ青年といってもいい年代なんですけどね。


結局、公約は公約ということで、土地だけは用意してくれました。町の外れ、、、工場や倉庫の一角に、アスファルト?が敷いてあるような寂しい場所。しかし、あのハーフパイプというのか、Uの字の滑り台のような設備とか、ジャンプする台など、そんなものの青写真すらなく、「後は、自分たちでお金を出し合ってね!」で、終わってしまいました。

最初は子供たちも、掃除をしたり、セメントを買ってきて、鉄片や木を拾ってきて、障害物を作ろうとしていたけど、素人で子供だから、そんなの限界があった。だれか、有志の大人か企業がいないと、無理ってもんだよね。

というわけで、現在はその土地は、そのまま。そして、スケートボードや自転車少年は町の中に戻ってきた。


これに怒りを表したのが、現市長。常々、小言を言っては、注意していたらしいが、そろそろ我慢の限界に達したらしい。

いつもの店の裏の駐車場でスケボーをやっていると、市民警察がやってきて、BMXもスケボーを取り上げてしまったり,(そのお店は「ゴミは残さないで帰ってね。」って、スケボーについて、文句は言わなかったのに。)

市庁舎の前の駐車場でBMXをやっていたニコ達4人がいきなり市長ともう一人に首根っこをつかまれ、殴られそうになったらしい。ニコは殴り返すような馬鹿者でなくてよかったけど、そこで、一悶着あって、生意気な口をきいたらしい。後で、隣村に住むおばあちゃんが、ラドママに「さわぎがあったんだって?」と、心配そうに、耳打ちしてきた。


子供の話だから、どこまで本当に正直に私に話してくれているか?怪しい。今は様子を見ているところなんだけど、

「ラドが帰ってきたら、じっくりと話し合わなきゃいけないぁ。」

と、私は頭の中は黄色信号が点滅を始めている。



ニコより年下の子供たちを相手に、


「ここでスケボーをやっていたから罰金だ!」


と、取り上げ、脅す市民警察もちょっとなんだかおかしな気がするし、市長が若者と殴り合いなりそうなことがあったというのも、奇妙な話だと思う。

「これが田舎の実態です。男と男の話だから手が出てもしょうがないです。」

と、ウエスタンの映画なら仕方ないけど、コミュニストも崩壊した、民主主義の世の中で、それなりに生きているんだから。


そもそんな土地だけ与えて、

「ほら、出てゆけ!」

ってのは、ジプシーのために、村外れに作った部落じゃないんだから、、、、。って、思うんだよね。そういう人気のない場所は、それこそ「ドラッグをやってます!」って、噂になってもおかしくないような所なんだもん。


昨年「スケーパーク」のブログを書いていました。ここをクリック!

子供、子供といっても、もう15歳。昔なら、炭鉱に働きに出る年齢だ。(この辺ではそうだったみたい。)

大人として、田舎であろうと、何か、理想に近づける方法があることを見せてやりたい気持ちが、野心がある。

これが日本だったら、


「夕方5時以降、市庁舎前の駐車場をスポーツ目的の使用について、無料で開放します。」


って、当然のような気がするんですけどね。

(日本でも、公園や公道でのスケボーは禁止みたいですね。)詳細はここをクリック!


というわけで、ニコをなだめ(市長や警察とケンカしないように)、問題を話合いながら、実は腹の底で、田舎の有力者を「田舎者!」と、ののしっている私なのである。








関連記事

コメント

B9MOMさん 2度目ありがとう!

この40パーセントって、根拠がないですよね。ジプシーがいる地域なので、確かに、「無職」の人も多いです。
若い男性は、、トラックの運転手やとび職が多い。
「求職中」というのも、「失業率」のカウントに入っているんでしょうから。

個人事業主で「失業中」になっているとか、いろいろと、税金対策のような、作戦もあったりして、こまめな人も多いですが、ちょっとした病気や老人の看病で、早期リタイヤする人もいたり、まあ、就職先がないというのが、一番の問題ですけど。





すみません、2度目です。

失業率が40%近くって、凄くないですか??こちらも失業率が高いといわれていますが、それでも10%前後。27%でも3人に一人くらいは仕事がないだなんて!!

ポンセさんファミリーがカリフォルニアに来たら、是非お近づきになりたいです!ニコ君の言うとおり、スケパー結構あります。それにトニー・ホークとか、ライアン・シャクラーなんかもカリフォルニア出身でしたっけ?そして、ココは確かに暖かいですよ。

どうでしょう?

ドリームトラベルマンさん

こんにちは!

もともと、全員が国のお金で生きていた国ですから、役人に決定権があるのは当たり前だと信じて疑わない世代もまだ存在してます。というか、民主主義は理解できても、資本主義はまだ浸透していない気がする。

威張っている?どうでしょうね。下っ端は「仕事をしているふり」がしたいのかもしれませんが、厄介なのは、もっと上のほうでしょう。

役職を利用して、知り合いに土地を安く売って、成金の勘違い野郎を作り上げたりね。高級な公用車で、スピード違反したり、やりたい放題している政治家とか、許せないですよね。

市長のアルファ・ロメオなんて、かわいいもんです。

もしかして、子供たちが「市のお金で車を買い換えたろ?!」って、からかったのかも?!

ひどい話ですね。

ひどい話ですね。まさに子供だから
といって非常に高圧的な態度ですね。

警察も非常におかしいと思います。

スロバキアはどうなんでしょうか?
旧社会主義国では、まだまだ役人が
えばり腐っていると聞いた事があり
ます。こんな税金で食っている人間
が偉そうにしている事に非常に腹立
たしく思えてなりません。所詮公務
員なのですから、何とか痛い目にあ
わせてやりたいですね。

笑って生きてん,けんしさん

こんにちは!

けんしさん、お褒めの言葉ありがとうございます。

私、あまり褒められたことがないので、素直にうれしいです。がんばろう!って、気持ちになれます。

よい教育をしているかどうか、何十年後にわかるといいのですが。なかなか自分の目では、見えないものだけに、難しいですよね。

生活に必死な姿が、子供の目に焼き付いているだけだったりして。あはは。

家族のみんなが健康であることが、一番幸せなことですよね!

B9MOMさん

やっぱり。公共の団体や企業がサポートしてくれないと、難しいですよね。スロバキアって、失業率が27パーセントくらいって、言われていますが、この辺は、40パーセント以上らしいのです、、、。すごいでしょ?

実際は、ジプシーが多い地域ですから、この数字もどうやって解読するのか、ちょっと疑問ですけど、とにかく企業だって、小学校の校庭に遊具を提供したほうが、よっぽどイメージアップですしね。なかなか、難しいです。

最近、ニコは「アメリカに住もうよ。カリフォルニアがいいよね。」って言ってます。理由は、暖かいし、スケーパークが沢山あるからだそうです。

そうやって、若者の多くが外国に出て行ってますよ。もちろん、仕事や学業が目的ですけどね。

ポンセさん

のびのび育つ子供さんを紹介していただき、
ポンセ、良い教育をしていますね。

あなたが両親から受けた愛は必ず子供に受け継がれ
またその子供に伝わりますよ。

いつまでもしあわせに。

こんにちは!

ウチの近くにもスケボーパークあります!この辺も、街の中でスケボーしてはいけないとうるさく言っていましたが、ある時スケボーパークが出来て、子供達は大喜びだったようです。

ダメダメいうのだけではなく、そのフォローもしてもらいたいというのが、親の心ですよね。

早くいい公園が出来て欲しいです!

golferさん

ですよね!! 靴なんて、すぐに履けなくなるほど、ボロボロになるんですよね。うちは、スケボーはお付き合いでやる程度で、BMXばっかりですよ。部品をバラバラに買って、組み立てて、乗って、また壊れて。その繰り返し。部品はインターネットでオーダーするんですよ。まったく、出費が多いですよね。

スポーツの部活動をやっていると思うことにしています。じゃないと、辛いです!

実は長男がスケボーを長くやってました!

けっこうゴロゴロとうるさい音ですね。

おまけに靴がすぐ破れ、

うまくなってくると板とか衣服まで

ブランド品で、、、、、。

たくさんお金食います。

男の子はねー、まったく。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/189-9bfb96a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。