スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラドが帰って来ました!【臨月編】 

結局予定よりも早く、ラドがイギリスから帰って来ました。

はぁ、ラドがいなかったのは1ヶ月足らずなのに、夏休みと新学期の始まった週をまたいでの1ヶ月だったので、とても長く感じ、忙しさと、物入りと、私にはキツい1ヶ月でした。。。。

って、振り返って思うだけで、実は毎日「亭主元気で留守がいい。」状態だったかもしれないね。


しかし、久しぶりにラドが帰って来たから、子供たちにも活気がでてきた。はぁ~、よかった。3日後に子供たちがどんな感想を言い出すか、楽しみでもある。

「オツコ(スロバキア語のお父さんの意味)、いつイギリスに行くのかな?」とか、さりげなく、もう邪魔扱い?
または、
「オツコがいて、家畜の面倒をみなくてよくなって、ラッキー!」とかね。

本音を聞きたいものである。


そして、私の本音、、、、、。
昨日は眠れなかった。喜びと興奮ではない。



ラドさんのいびきはひどい。これは妊娠したときに発生する問題なんだけど、私、やたら敏感になっているので、特に音がよく聞こえてしまう。ナタンを妊娠したときは、集合住宅に住んでいて、上の階の人が5時に起き出し、私もしょうがなく起きていた。というか、眠れない。まるで「ヒソヒソ」と喋っているみたいに、会話が聞こえてしまった。
何か話をしているのが、聞こえる程度なんだけど。

産後はそんな音は聞こえない。今、この妊娠中が問題なのである。きっと、「子供を守る」という本能から来ているに違いない。危険の察知とかね。


話をもどして。

ラドさん、いびきがひどいし、寝相も悪い。私とラドのベッドはおばあちゃんからのお下がり。多分、90cmx2mくらいのサイズを2台並べてある。ダブルベッドではない。(よかった。)うちの改築も終わっていないので、下の子ども2人は、私達と同じ部屋の2段ベッドで寝ている。

昨日はみんなで一斉に「おやすみー」と9時にベッドに入ったのだが、エステルの次に眠り出したのがラドだった。そりゃ仕方ない、今回は飛行機をキャンセルしたから、バスでロンドンから24時間かけて帰ってきた。バスは体が痛くなるもん。その上、山ほどのジプシーが同乗していて、騒がしかったから、あまり眠れなかったらしいし。

その事への同情もあって、わりと好意的にいびきを眺めていたが、突然、ラドの手が「ピーン」と上に伸びた。そして、もう一方の手が、ひじの辺りをかゆそうに、ポリポリと掻き出した。そのまま、どうなるんだろう?と、見ていたら、腕を下ろして、私と反対の方向を向いて眠り出した。ラッキー!これで眠れる。

私もお腹が重たいので、左側を下にして眠る染むシムズの姿勢で眠るようにしているが、同じ方向ばかりで眠ると、今度は尾てい骨がいたくなるので、何度も夜中に起きて、右向き、左向き、ちょっと重たいけど正面の上向きで、寝返りを打つようになってきた。

ラドのいびきが気になりながら、「さあ、眠りに落ちるかな?」と思っていたら、いきなりラドが向きを変えてきた。ラドの足が、私の毛布を完璧に捕まえてしまった。力を入れるのもお腹に悪いので、あまり強く引っ張れない無力な私。そして、ベッドの3分の一が占領されてしまった。あーあ。ちょっと意地悪で腕をくすぐってみた。そうしたら、さっきと同じように、手を「ピーン」ともちあげて、また掻き出したが、今回は私の方に、腕が落ちてきそうになった。危なかったよ。


いいよ、昨日は。久しぶりにラドが帰ってきてうれしかったから。でもさ、これが毎日で臨月だったら、
私、どうしたらいいの?

ニコライがトイレに降りてきたので、「ちょっと来てよ。」と、現状を見てもらった。

「押せばいいじゃん。」(だから、妊婦なんだってば!)

毛布だけ引っ張ってもらって、ソファーで寝ました。テレビを見ながら眠ってしまったが、やっぱり1時くらいに起きた。
もう一度、部屋に行ってみたら、ラドは静かに眠っていた。

私がいないと、静かに眠れるわけ?自分のベッドの方に、ちゃんと戻っていた。どうしてだろうね????

すごく不思議である。

「でも、自分が先に眠ってしまうと、相手のいびきって、聞こえないでしょ?夜中にいびきで起こされたりする?」と。

寝ようとベッドに入ると、相手がすでにいびきをかいて眠っているから、それで眠れないんだ。
と,ラドのおばさんは分析していた。さすが、年配者は経験が違うね。

そうかもしれない。確かに、自分が先に眠ったときは、あまりいびきを気にしたことがないかも?
コーヒーを飲まない日は、熟睡できるかもしれないし、これは実行すべきである。さあ、これからはラドよりも先に寝ること!


というわけで、明日、病院に行ってきます。スロバキアでは、臨月に入ると、出産する病院に毎週通わなくてはいけません。

産んでからは、もっと睡眠時間がなくなるんだから、今のうちにたっぷりと眠りたいのだが、明日はサラの朝練があるから、6時に起きて、サンドイッチを作らなくてはいけない。。。。

はい、臨月に入りました。
がんばりまっす!
クリックしてね!→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村







関連記事

コメント

まいこちゃん

まいこちゃん、元気?

夫婦が別々に寝るのは、ラドは認めていないのよ。なぜかというと、キリストの神様の前で誓った愛だから、喧嘩しようが、病気しようが、ベッドも死ぬまで一緒なんだって。笑えないでしょ?

ほら、よく古い家に行くとさ、ベッドの頭のところに、キリストの絵とか飾っている家とか、あるでしょ?
マリア様とかさ。うちにはないけど、おばあちゃんやおじいちゃんの時代の感覚だよね。

ある意味、一度、別々に眠る喜びを覚えてしまったら、2度と同じ部屋でいびきを我慢することなんて、できなくなっちゃうよ。ホント。今は、ソファーがかたすぎて、お腹が痛くなるから、いびきを選んでいる私なんだけどね。

それにしても、お父さん、怪獣扱いだったの?鼻炎持ちだった?

横を向いてくれればいいけどね、体が大きいから、何気に蹴飛ばしたりして、「あっち向いて!」って、催眠術やっているんだけど、逆に、こっち向き眠りだしたりして、それが一番の苦痛よ。いびきじゃなくて、寝息も気になるし、特に、腕や足がいつお腹に「ボーン」って、乗っかってくるか、予想がつかない。
それも、恐怖なのよ、、、。


愛情だとは理解しているけど、腰の上に手を置かれるだけでも、「重たーい!やめろー!」って、私、叫んでるよ。
あとちょっとの我慢だわ。

コメントありがとう!!

こんにちは!

うちは父のいびきがすごいです。
いびきで窓が振動するくらい・・
兄は「大型獣が眠っているみたい」と形容していました。
そんな訳で母は私が子供の頃から、父とは別の部屋に寝てました。

やはり、いびきをかく人よりも先に寝るのが一番だと思います。
両親と一緒に旅行に行って同じ部屋の時はいつもそうしていました。
また、夜中目が覚めてしまって、うるさいのが気になる場合は「横向いて!」と言っていました。
眠っていても人の言う事は聞こえるみたいで、「分かった~。むにゃむにゃ・・」って感じで横向きになってくれましたよ☆

Meikiraさん

ごめんなさい。コメントに名前を入れ忘れちゃいました。

コメントありがとうございます。
またお邪魔しますね。

こんにちは!
いつもブログにお邪魔しては、ご馳走さまです。目がランランで、お腹がグーグーになる、気になるブログですよね。


ロンドンからスロバキアの直行バスは、途中、ブリュッセルと、どこかでお客さんを乗せます。出稼ぎに行っているジプシーも多いですから。

パスポート検査はEU加盟国同士なので、基本的にはないみたいです。ただ、今回はオーストリアの警察が何か?誰かを探していたみたいで、途中でアンゴラ人とスロバキアのジプシーが下ろされて、バスはそのまま出発してしまったそうです。

こういうのが、ちょっと驚きますよね。

私も10年くらい前に乗ったことがありますけど、本当にしんどかったです。若ければ、それなりに楽しめるのでしょうが、、、、。

24時間

こんにちは
なんです、バスで24時間・・・
長いですね、一番驚いたのはロンドン
ースロバキア直行バスが有るってことですか?さすがに大陸ですね・・・
国境を超える度にパスポート提示してイミグレを通るんですかすごいですね
感動です・・・・マッタク島国にはないスケール、そりゃ国債問題に強くなりそう
一度、日本のアマチュア外務大臣にレクチャーお願いたします

B9MOMさん

鼻が外人サイズだからかなぁ? 本当に、いびきの迫力が違いますよね。鼻の穴を大きくするように、持ち上げても音に変化がない!横向きに眠ってくれれば、なんとかなるのに、、、。

眠りにつくのが1時間。それは許容範囲ですね。我慢の限界は3時間くらいしても眠れなかったりして。

次の日に昼寝がしたくなる。夜中に眠れない。
この繰り返しです、、、。とほほ。

旦那が別の部屋にというのは、うちの場合、ありえないんですよ。だって、「いびきをかいている。」ことに気がついていない。そういう被害を被ったことがないから、「そんなの気にしなきゃいいんだよ。」で、おわり。

先に眠りにつくしかないかなぁ?

こんにちは!

ウチの旦那もイビキ、すごいです・・・・
大抵私の方が早く寝るので気になりませんが、私が夜中に目が覚めてしまったり、用があって遅くまで起きていて、旦那より遅く寝てしまった日なんて、眠りにつくまでに1時間くらい掛かったりします。

解決方法、んーなんでしょうね?
赤ちゃんが生まれるまで、旦那様が別の部屋で寝る?昔、お店でイビキ防止ストリップ(鼻に貼るやつ)を見たことがありますが、スロバキアにもあります?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/193-d49d9e81

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。