ワイン祭り 

ボジョレーヌーボの解禁まで、あとわずか。
こちらスロバキアのワインどころでは、週末にワイン祭りが行われています。

以前住んでいたPEZINOKは先週末が「VINOBRANIE」という名前のワイン祭りでした。スロバキアで一番大きなお祭りと言われていて、今年のぶどうで作ったワインが売られるほか、ワインになる途中の「ブルチャック」というジュースのような口触りのアルコールも売っています。

この「ブルチャック」は、実に危ないのです。というか、まるでジュースだから、いくらでも飲めちゃう。知らないうちに酔っ払ってしまうので、注意が必要ですが、人間、何事も経験ですからね。ワインだって、飲んでみなきゃわからない!この時期、スロバキアにいらっしゃる予定のある方は、ぜひお試しください。


さて、来週ですが、KRUPINAから15kmほど離れた村で、ワイン祭があります。正確に言うと、その村からさらに山のほうへ4km入ったところなのですが、「古い山」こと、STARA HORA(スタラーホラー)で行われます。私はそのお祭りには言ったことがないので、とても楽しみなんですが、先日、下見に行ってきました。

たくさん写真をお見せしたいので、小さめですが、クリックしてじっくり見てくださいね。


P9041137.jpgP9041136.jpgP1020464.jpg

農道をひたすら山のほうに上がると、案内がでてきた。樽がいかにも「ワインを作ってます!」って、アピールしています。



P1020465.jpgP1020480.jpgP1020488.jpg

村は小さい家が立ち並んでいる。真ん中写真のドアの上。1744年からこの土地にあり、改築の年が記してある。右の家の屋根にある小さな入り口は、干し草などを入れる屋根裏。




P1020475-a.jpegP1020492-a.jpegP1020481.jpg

家並みが続くのだが、時々、ドアつきの洞穴(ほらあな)に遭遇。

そう!この村はその昔、トルコ軍の襲撃から逃れるために、洞穴を掘って村人が隠れていたのだ。それを、野菜や果物の貯蔵する「蔵(くら)」として、利用しはじめた。もちろん、土地柄ぶどうの収穫があったため、ワインの貯蔵にもってこいの場所となり、ハンガリー帝国で一番大きなワイン村だったこともあるそうだ。。。この穴、実に300以上あるらしい。

今では、普段の日は、だーれもいない
ただの、貯蔵用、リラックス用の山小屋の立ち並んだ地域となっている。住人などはほとんどおらず、週末や休日に所有者達はやってくる。そんな寂れた場所なんですけどね。建物の独特な並び方や、のんびりした感じを保つこの地域は、スロバキアの民俗文化として国の重要文化財に登録されているんです。

というわけで、ワイン祭の下見に?いえいえ、仕事に結びつけるために、下見に行ってきました。妊婦だから、飲めないし、車の運転もできないお腹なのに、、、、。ラドの両親と下のこども3人と夏休みの散歩にでかけた。

ペンションなどもあるので、ワインの試飲もできるのですが、一番いいのは知り合いの家にお邪魔すること!しかし、この日は来客があるということで、唯一の知り合いには会えず,,,ブラブラしていると、一人のおじさんに遭遇。

スロバキア語で挨拶すると、

おじさん:「ワイン蔵を見にきたのかい?」

わたし:「はい。でも、知り合いに来客があるから、今日は村を見に来ただけなのよ。」

おじさん:「こんな上手なスロバキア語で挨拶されたら、招待しないわけにはいかないよなぁー。うちのでも見るかい?」


と、おじさんの小屋へ案内してくれると言い出した。


案の定、この方はKRUPINAに住んでいて、週末だからワインを貯める「樽」を洗いに来ていた。もちろん、ラドパパやラドママは顔見知りで、おじさんも後から、もしかして、そういえば,,,日本人の嫁か?って、気がついたみたい。そう、私、ちょっと有名なんですよ。(いや、今や人口も増えているから、そうでもないけど。)それにしても、面識のないアジア人を招待してくれるなんて、親切な方でした。これが田舎のいいところ!

P1020509.jpgP1020507-a.jpeg



この辺の蔵は石を掘って作ったそうで、一年を通して温度がかわらず、8度くらいだそうです。湿度も結構ありました。でも、ひんやりしていて、寒かったくらい。石の階段を降りると、大きな石の部屋があって、ワインがデカンタに入ってました。

P9041140.jpgP9041144-a.jpeg




おじさんに会ったおかげで、こうやって写真も撮れました。来週は、個人所有の蔵が一斉に公開されます。もちろん、個人で作ったワインを売るために、みなさんが自宅を開放するというような趣向なんですけどね。

村全体が重要文化財であるため、建築の決まりごとも多くて、小屋や家の改築は大変だそうです。
窓はどっち向きに何個まで、とか、2階を寝室にしてはいけない(?)だったかな?でも、思ったよりも広いですよ。

他にも、ワインを作るときに、二酸化炭素が発生していたため、ワインを蔵に取りに行き、そのまま地下で亡くなってしまう人がいた話などもありました。その時期はろうそくを持って、地下へ向かわないといけない、など興味深い話でした。

今日のテーマはいががでしたか?クリックおねがいします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ



臨月に入ったら、「なんでこんなに大きいの?」って、ホントにお腹が大きくなってきました。
それなのに、ワイン祭りに行ってきます。下見、下見。仕事に結びつけ!!です。(なんだか飲兵衛の言い訳に聞こえる?)


ご心配なく!無理はしないですから、大丈夫ですよ!!






関連記事

コメント

Yoshimiさん

わーい!飲み会のお誘いありがとうございます!!
PEZINOKはどこでも試飲させてくれるから、10種類なんて飲んだら、舌が混乱しませんでしたか?

私、なんでも好きなんですけどね。まずはビールで乾杯が一番ですね。日本酒は2次会で、ウイスキーは3次会ですね。ワインはお肉を食べるときかな?ああ、夢見てるし、、、、。

私は断然ワイン派です。
ペジノクの近くのワイナリーに行き、10種類ものテイスティングをしました。美味しいワインがたくさんありましたね。
ポンセさんとワイングラスを交わす時を楽しみにしています♪

B9MOMさん

コメントありがとうございます!

日本人妻、貴重じゃなくて、珍しいだけです。そして、私のスロバキア語はネイティブなんてレベルじゃないです。そんなに長く住んでいるのに,,,このレベルなわけ?って、笑われていると思いますよ。でも、ネイティブの人に混じって、会話はしてるか。(笑)

「メチャクチャブロークン」で、「あんた、何語喋っているの?」って、よく言われます。
私のすごいのは、それでもへこたれず、しゃべり続ける度胸なんですよ、って、自慢にならないでしょ?!

英語もわかんないし、私、日本も成績よくなかったし、
本当に、、、、、あーあ。中途半端でよくないなぁ。



きなりM&Oさん!

コメントありがとうございます。

きなり食堂さんのブログって、何か暖かい雰囲気が伝わってきます。北海道人のおおらかさと、美しい自然だけじゃなくて、やさしく育っているお子さんたちの様子が、癒しになります!

もちろん、おいしそうなメニューも!!私にはたまりません。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

こんにちは!

日本人の嫁、貴重な存在なのでしょうね。でも、スロバキア語が完璧だから、日本人とは気付かれなかった??凄いな~。私は良く、「英語がうまいね」といわれますが、うまいといわれているということは、「外国人にしてはうまい」ということだから、やはりネイティブのレベルではないといわれているわけで、かなり嫌です・・・・・

ポンセさんのように、ネイティブレベルになれる日がくればいいんですけど・・・・

リンク、ありがとうございました。
たしたことを書いてるブログでは
ありませんが、どうぞよろしく
お願いします!

マスターも度々お邪魔させて
いただいて楽しませて
いただいてます。

こちらもリンクさせて
いただきますね~


えこちゃん

久しぶり!!台風は大丈夫だった?

私のお腹だけちょっと見えるよ。もう、顔とか体とか、写真には入りきらないからさ。なんちゃって。

誰も私の写真を撮ってくれなかったのよ!!建物の様子を撮りたかったのもあるんだけど、子供にカメラを占領されたりね。

ビールもいいけど、ワインもいいでしょ?
えこちゃんは、ビール派かな?




お久しぶり。
なんで、ポンセさんは写真にいないの???

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/194-7765f2a4