子供向け映画(私のお気に入りはキッチン!) 

今年もやってきますね。クリスマス!

世界中きっとどこでも同じでしょうが、テレビで流れるクリスマスの映画、定番は「ホームアローン」でしょうね。そしてクリスマス前の雰囲気作り?テレビでやっていたのは、この映画です。去年も見たけどね。

Alvin.jpeg
"画面をクリックして、予告編をご覧あれ!



『アルビン 歌うシマリス3兄弟』(Alvin and the Chipmunks)

アニメ『アルビンとチップマンクス』を初の実写化。おなじみのアルビン達が、アニメ同様実写でも大暴れ。いたずら好きでリーダー格のアルビンを筆頭にドタバタと涙と笑いを繰り広げる。シマリスのキャラクターはCGが使われている。


結構いけます!
これは、日本でもヒットしたのかな?3匹がかわいくて、クリスマスの歌だけじゃなくて、その他の歌と踊りが上手で、つい見入ってしまいます。話は単純だけど、ちゃんと「家族愛」というクリスマスのテーマでまとめているところが、素晴らしい。(子供向けのはずなのに。)まあ、そこが日本にない考え方だよなぁ、とも思ったのだが。

そして、ポンセの一番おすすめは、この家のキッチンなの。(つい、小森のおばちゃまになってしまう。)

いいな、いいな、こんなの欲しいよー!住みたいよー!

私の理想のキッチンです。どうぞ、そこだけ見てください。


スロバキアの年末年始などは、お決まりの映画がありますが、クリスマスはどうなんだろう?アメリカの映画ばかりが放送される気がするけど、私がそんなチャンネルしか見ていないのかも?


本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

今年も子供にお付き合いして、シュレックだの、ガーフィールドだの、見なくちゃ、、、だめ?


関連記事

コメント

Samansaおねえさん

こんにちは。

豚の解体、豚を飼っている家庭は、やりますよ。まぁ、街中では飼育できませんから、田舎ですけどね。我が家は、農家から豚を買ったら、半分にして持ってきてくれました。肉屋で買うよりも肉が安いですし、ソーセージなども家庭の味が作れますから。。。。主に冬の作業ですね。

ショックでしたか?
でも、私はこの作業が好きで、スロバキアが好きになったようなものです。なんというか、素朴な生活というか、
家族全員で作業して、食卓を囲んで、家畜にも感謝して。シンプルですが、人間のあるべき姿だと思いました。

しかも、私、お肉大好きなんですよ。いつも感謝してます。ニワトリを絞めるのは、ひとりではできませんが、
あとの処理は多分できます。

それが、習慣といわれてしまえば、従うしかないですからね。犬はどうかな?まだ食べたことがないけど、、、。
ジプシーは食べているみたいですよ。

meikiraさん

こんにちは。

アメリカのマンガ、、、絵が雑でどうも好きになれなかったけど、お世話になったのは、「ポパイ」かな?あの番組のおかげで、ほうれん草が大好きになりましたからね。

「ブロンディ」というには、金髪のお話ですね?でも、まったく見当がつきませんでした。「奥様は魔女」なら、わかりますが、、、。何でも、アメリカが憧れでしたね。


うちの台所は、ラドのおばあちゃんのお古をもらったので、完成していないんです。テーブルが大きいだけです。柱が欲しい、、、、。

こん

予告編楽しかったです!!
前回のブログの記事から拝見しましたが、私ちょっとカルチャーショックでした。スロバキアでは自分の家で、解体してお料理するのが普通なんですね? そう言えば子供の頃本家でも、鳥をさばいて夜には料理されていた事を思い出しました。だからかどうか私は鶏肉も豚肉も食べられません。日本じゃ兎も食べる習慣はほとんどないですよね。ポンセさんは抵抗なく、スロバキアの食生活に馴染まれたのでしょうか・・・韓国では犬を食べると言うのを聞いた事がありますが、色んな文化がありますね。
  • [2011/12/13 23:28]
  • URL |
  • Samansaおばさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

いいですね

私は知りませんでしたが、予告編を楽しませていただきました森の景色もいいですね・・・なんか大自然、シマリス3兄弟どうなるのかワクワクさせていただきました、キッチンもいいですね
昔々のアメリカマンガ「ブロンディ」だったか?豊かなアメリカ、敗戦後の日本では考えられない美しいキッチンと大きなサンドイッチを思い出しました。そんな懐かしい映画でしたが。
いつかポンセ家のキッチンが夢のキッチンに変貌するのが楽しみです・・・
いいお話を有難うございました

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/215-6c9230d4