東方の三賢者の日 

なんのこっちゃ?

と思われる方、ですよね~。本日はキリスト教の祝日ですので、スロバキアもお休みでした。1月2日にお店は開きますが、本日まで連休する店などもあります。仕事や職場によっても、今日まで休みを取る人もいます。今年は、冬休みが長くて、9日から学校も開始です。日本もそうでしょうね?!

イエスキリストの誕生を、流れ星の方角で知った三博士(三人の賢者)が祝いを持って、イエスキリストの家に到着した日です。ロシア正教などは、この日をクリスマスにしているそうです。東スロバキア地方でも、クリスマスを本日迎える地域もがあります。



それはさておき、昨日は雪が沢山降りました。そのわりに気温がプラスなので、車の通る道などでは、解けていましたが、
それでも庭には雪が残っており、我が家でもこの冬の第一番目の雪だるまを作りました。

暇を持て余している子供たちは、雪のコブを作りました。
ニコ、サラの若者組は、壊れたスケボーを使って、スノボーを始めました。
ナタ、エスの小さい子組は、スキーのセットを出して、高さ1mくらいのコブに登って、滑る練習です。
しかし、コブはたったの、ひとつ!!

4人で順番なんですけどね、当然というか、兄弟ゲンカが始まるんですよ。休みでやることはないし、四六時中、顔を合わさないといけないし、ベンちゃんの取り合いにもなるし。

「早く冬休みが終わってくれればいいのに。。。」

これが私の本音です。
なんだかいつもそんな事、ほざいていますね。でも、あと2日だから我慢できそうだ。



夕方にラドの弟とママがやってきた。
そろそろ恒例のダンスの時期がやってきます。ラドの弟が地元のパブレストランで行われる「プレス」(ダンス会のこと)のチケットを多目に買ったので、

「ダンスに行く?」
って、家族でダンス会に参加とは。まるで結婚式じゃんね。
でも、私、嫌いなんだってば!!!
ラド一家はみんなダンスが上手なんですよ。ラドママはすっかり行く気になっています。

子供達は、「行ってもいいよ。留守番は任せてね。」とのことだが、田舎のダンス会は、ほとんど「飲む会」らしく、ダンスをするというよりも、みんなでワイワイやるのが目的みたい。でもね、授乳中は本当に、夜更かしはツライのです。アルコールをガンガン飲むわけにもいかないし、酔いのまわりも早いのだ。しかも、母乳の許容を越えると、胸が石のように固くなり、ポタポタと垂れてきちゃうし。何よりも,太ってしまっているので、着る服がないよ!!(この日のために買うのはもったいない。)

行きたくないから、言い訳を考え始めたら、キリがありませんね。

ああ、もう正月は終わった。

次は1月22日にベンちゃんの洗礼式があります。これまたご馳走のメニューから考えなくちゃ。家族、親戚が10時からのミサに全員参加だから、昼食をどうやって準備するか?私も信者じゃないけど、こういうときは参加しなきゃいけないのです。

死ぬときに、ラドと一緒のお墓に入りたくて、結婚したけど、キリスト教に入会するのって、ちょっと抵抗があります。でも、こういう節目になると、やっぱりお祈りの言葉とか知らないのは、自分だけだったりして、生活する上での不便さを感じている。身の置き所がないというかね。

本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


日本人のほうが、よっぽど信仰心が強いというのに。
難しい話なので、また何かの機会に、、、、、。
関連記事

コメント

B9MOMさん

B9MOMさん、今年もよろしくおねがいします。

ぜひ、「お手伝いに来てください!」って、頼みたいところです。(させていただくなんて、恐縮しますから、普通の言葉でいきましょ!)v-14

実際、ゴッドマザー(代母)がイギリスからやってくるので、航空券代を我が家から出さねばならず。今回はB9MOMさんには、予算の関係で来てもらえないなぁ。残念!!ふふふ。

こんにちは!

配偶者と宗教が違うのは、面倒な時もありますよね。ウチも旦那がキリスト教で、私は仏教で、私もキリスト教になるつもりはないし、旦那も仏教徒になるつもりもないので、お墓は別々だと思います。

洗礼式の準備、大変ですよね。
お近くにいたら、是非、お手伝いさせていただくんですけど・・・。

ばた

だから、まだ入会してないんだってば。

本当はしたほうがいいんだろうけど、やっぱり日本で生まれて育ったから、日本の神様(どこにでもいそうだよね、神様って。)を第一にしちゃうよ。

その次はキリスト様ね!って、わけにはいかなそうだしね。
でも、きっと死ぬときに、もしもスロバキアに住んでいたら、病院の一室で、死ぬ前に洗礼を受けさせてくれて、キリスト教信者として、埋葬されるのかな?って、漠然と考えているよ。ちょっと不安でもある。まだ先の話であってほしいが。

そんな思いを子供にさせたくなかったので、自動的にキリスト教の洗礼を受けさせているけど、大きくなって、異教徒との結婚に悩むことになるかな?18歳過ぎて、自分で考えればいいことだよね。それまでは、毎週日曜日に教会に通うのかもね、、、。

明けましておめでとう。

雪かぁ、20年以上見てないよ。

ポンセってキリスト教の人だったのか、知らなかった。そちらはそれ系の行事とか多かったり、しきたりとかすごく重んじるんだね。洗礼式がんばってね。

chicaさん

こちらこそ、ありがとうございます!

決して狭い家ではないけれど、全員集合!で、7人が揃うと、やっぱり騒がしいです。月曜日からの学校も毎日宿題だの、お弁当だの、煩わしさには違いがないのですが。

これからも、どうぞよろしく!

リンクありがとうございます!

私のブログでもリンクさせていただきました。
よろしかったでしょうか?

5人(!!)のお子さんと旦那様たちに囲まれて、
お忙しい日々を送っていらっしゃるようですね!
子供の喧嘩は延々と続くからな~。
私にはまだ子供はいませんが、
以前英会話学校に勤めていたので、
「はやく終わらせんかい!」っていう気持ちは
よく分かります。(笑)

信仰については、本当にお国や個人によって
かなり違ってくるので、大変ですよね。
詳しいお話は、また聞かせてください!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/223-6b3ed07e