笑わせる自信あり! 

最初から、ことわっておきます。

ごめんなさい

私のプライベートな話なんですけど、こんなに笑ったのは、何年ぶりでしょうか?????
涙があふれて、笑いが止まらなくて、子供たちにも

「ママが、ママが、おかしくなっちゃった!!」


と、心配されるくらい。いやー、本当に笑えました。

18日はニコライの16歳の誕生日でした。誕生日のケーキは、毎年手作りですが、ラドママも作ってくれるので、一人の誕生日のために2つのケーキが並びます。でも、ものすごく贅沢ですよね。しかも、食べなきゃ失礼だから、やっぱり口にする。太る。体に悪い→このところ、私かラドママのどちらが作るか前もって決めるようになりました。

14日にママの誕生日があったので、私がもちろん作った?いえいえ、娘に作らせました。それでも、ラドママだって、お客さんが来るからと、自分でも作っていました。スロバキアの誕生日の主役は、「おもてなし」をする側なのです。

3月は誕生日が2回。4月は娘たち2人の誕生日がある。もう、甘いものはいらん!!
そんな気持ちがケーキに現れてしまったなぁ。



さて、じゃあ、ご覧ください。
すっごく笑えるよ!自信あるもんねー。


ニコライのリクエストは、思い出のミッキーマウスのキャラメルケーキ。まだサラが小さくて、買い物に行けなくて、家にあった材料で作った破れかぶれのケーキだった。だけど、思い出は美しい。完璧に美化されていて、ティーンになった今でも、

「あの時のような、ミッキーのキャラメルケーキが食べたい。」と。

作りましょう、作りましょう。反抗期、思春期の男の子が喜ぶのなら。。。。。。

じゃんじゃじゃーん!!


















micky1.jpeg

本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


これ、ミッキーマウス?アンパンマンみたいな顔じゃない?
ううん?コアラだ!

かなり受けたのは、わたしだけ?


エステルは半泣き。
「ママ、失敗だよ。だめだよ。ミッキーじゃないよ。」


ママは変わっていないよ。あの時も、トーマスも、ミッキーもみんな同じ顔だよ。君たちが成長しただけ。
ママのド下手なケーキを幼心に喜んでくれただけ。思い出って、、、うざ!



関連記事

コメント

こんにちわ! やっとこれました。
実はうちのPC FCさんやネットめぐりができない状態に壊れてしまいました。ここにも何度かトライしたらフリーズなんです。 行ける人の所も1つ分も開くのにかかるんです。
今日は図書館からケーキ見たくて参上しました。やっと!
かわいいじゃないですか! 私にはミッキーですけど。。。やっぱ成長すると違うんですかねえ。 そういわれるときっと私もいつか同じ目に遭いそう。 カラーレンジャーやボブザビルダーキャラもんかなり作りましたから
.それでもいい思い出ですよね。
  • [2012/04/04 05:28]
  • URL |
  • カントリーママ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

meikiraさん

訪問ありがとうございます。

meikiraさんの思い出って、いつも微笑ましですね、
結構、偏ったというか、渋い子供だったのかな?なんて、思ったりして。

こっちのケーキは売っているのは、美味しくないのです。手作りが一番おいしい。

見栄えがよければ、もっといいのですけどね。。。

4月に娘二人の誕生日がありますから、またミッキーでリベンジといくかな?

Yoshimiさん

栃木県では、おめでたい式があったみたいですね。これも、ここで告知すべきなんですよね?きっと。

アンドレイ夫婦には、2週間なんてあっという間だったでしょう。yoshimiさんの手料理をたっぷりと食べて、太って帰ったのかなぁ?いや、写真を見るかぎり、モデルみたいですよね。

じゃあ、早速日本語で電話してみようかな?
私って、意地悪かしら???

ミッキーですよこれは

こんにちは
完璧にミッキーですよこれは、笑ってはいけません、母の手造りなんて今やとても大切なコミニケーション、子供たちにとっても将来のいい思い出になります
お母さん頑張ってますね有難う

ポンセさん、そしてご家族のみなさまにおめでとうございます。
いつもポンセさんの記事に微笑みを頂戴しています。
今月三月の始めの二週間、アンドレとルーシーが宇都宮に滞在していました。日本式のおもてなしと、今回彼らは日本語の集中講座を受けていて、慌ただしい時間を過ごしました。日本語についてはお二人とも相当ブラッシュアップしたことと思います。嬉しいですね。
今度私がスロバキアを訪ねたときは、きっと彼らが通訳をしてくれるでしょう。

ハシモトさん

いやぁ~よかった!無事到着。。。

3月8日だったかな?女性の日でさ、なんかお母さんとかにお花を送る日だったみたいで、そんなミルカの「Thank youv-238」シリーズでした。この他にも「I LOVE YOU」シリーズもあります。

みんなで下手くそな字で書いたので、恥ずかしいけど、読んでもらえてよかったです。

サラはもうすぐ13歳、腹にいたエステルはもうすぐ5歳よ!。

けんしさん

こんにちは!メッセージありがとうございます。

息子に見せました。
「この人どんな人?」って、聞かれたので、
「おもしろいブログを書いている人だよ。」と返答しました。

私がこのミッキーを見る度に笑っているので、
「まだ笑ってるの?」とあきれています。

邦子さん!
ミッキーのぱちもん!
でもかわいいですよ!
そして美味しそうです。

それからチョコレートありがとうございました。確かに受け取りましたー!美味しかったし可愛かったし。
そしてまさか包み紙にメッセージがあるとは思わず、危うく破棄するところでした…。気付けてよかった。嬉しかったです。

そしてお兄ちゃんはもう16歳なんdねすねぇ。
おめでとうございます☆

ニコライへ

「お誕生日おめでとう
  あなたの笑顔が一番よ」

  2012年3月16歳 ママより
  • [2012/03/22 04:25]
  • URL |
  • 笑って生きてん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

まいこちゃん

これはこれでいいのぉ?

なんか、学校の美術の先生にフォローしてもらっているような気分だわ。

そっか、だめってわけじゃないんだ。昔の私だったら、
机に伏せて、隠しちゃうよ。ケーキだからそうはいかないけど。それに、おばちゃんだから「まあ、いっか!」で、済ませたし。

母親業としては、思い出が美しいのは大変ありがたいのですが、穴があったら入りたいくらいの、恥ずかしさのあまり、、、思わず出た言葉が「うざ!」になってしまいました。

母さんの美術の苦手なのが、バレちゃったんだもん。親の面子丸つぶれ、、、、。

やまuTさん

今、ひらめいた。あなたの本名は、山内さんでしょ?
そっかー。

ところで、スロバキアではミッキーみたいですね。ミッキーマウスって、呼んでますね。

はるか15年前に、スロバキアに暮らし始めたときに、お隣さんが、「子供の頃からの夢は、ディズニーランドに行って、ミッキーに会うことなの。」って、教えてくれました。その頃は、スロバキアにミッキーグッズもあまり売っていなくて、とにかく西側のキャラクターのTシャツとか、そういうものもほとんどなかったです。

日本の子供たちは、キャラクターに囲まれていますが、
それが異様に感じたりもしたなぁ。

やまuTさん、イタリアにも行ったんですね。本業はなんですか?ちょっと興味があります。

ばた

なんで泣けるの?違うって!ここは笑うとこなんだってば。

このミッキー見てよ!!私、ココアの粉を落としながら、おかしくて、手が振るえちゃったよ。子供が注目する中、ミッキーがアンパンマンになって行くのよ。笑えたよー。

未だに、この顔を見ると、おかしくて、お腹を押さえながら笑えちゃうんだもん。

ばたんちの、ボーイズたちも、あと5年くらいしたら、ティーンだもんね。ちょっと、その姿がダブっちゃったのかな?まだ早いって。大丈夫よ。男の子はお母さんには、やさしいもんね。

chicaさん

ミッキーって、日本のようなかわいいのから、貧相な顔や、汚い絵のとか、いろいろありますよね。ディズニーランドで、古いミッキーのアニメ映画を見せる、「ミッキーレビュー」を見ていると、うちの子供じゃないけど、「これ、ミッキーじゃない!」って、思います。

ミッキーはパテントが高いし。

私は、楽しかったことや、良かったことをすぐに忘れるタイプです。悔しいとか悲しいとか、そういう事を心の中にしまいこんで、絶対に忘れない!恨み深いんでしょうね。

本家ミッキーよりもより、のほほんとした表情で、これはこれでいいじゃ~んと思います。
私的には「思いでって、、うざ!」の一文の方がうけました(笑。


こんにちは!

良い感じじゃないですか~!
ちなみにスロバキアでもミッキーは
違う名前ですか~?
イタリアでは違う名前で呼ばれていました!

えっ?笑える話?
泣けるじゃん。じーんときたよ。

ポンセはいいお母さんだし、ニコちゃんは可愛い息子だし。
なんか、目頭熱いんですけど。うるうる。

いやいや!私にも、ちゃんとミッキーちゃんに見えますよ!
少し前ですが、偽物のミッキーマウスが
中国のディズニーランド以外の施設で活躍してる
っていうのを、
日本のニュースが流しているのを見たことがあるんですけど、
絶対にそのミッキーちゃんよりは、
このポンセさんのミッキーちゃんの方が似ています!
ちょっとシュールな気もするけど。
だから、娘ちゃんにはミッキーちゃんには見えなかったのかな?

確かに思い出って美化されるものですよね。
私は割とちまちま覚えている方なのですが、
うちの母なんて、いいところしか覚えてないですもの。
そっちの方が健康にはよさそう!(笑)

はやとうりさん

知ってます?なんで私がミッキーに挑戦したか?

どなたかの、ひな祭りの「ミッキー寿司」を見て、その気になった結果がこれなんですよぉ!!

苦しそうなコメントありがとうございます。

で、笑ってもらえましたか?

B9MOMさん

こんにちは!

「思い出は思い出であるほうが良い。」

そんなこと、あまり考えたことがないので、なんだかBM9OMさんの言葉が、(めずらしく)重たいわ。
そっかー。

子供には、まだ理解できないんですね。いや、私も理解していなかったかも!!

思い出をぶち壊しちゃった張本人ですから、、、。


で、笑ってもらえました?

おはようございます♪

いえいえこれ立派なミッキーちゃんですよ 誰が何と言おうとミッキーさんです 間違いない!!

お久しぶりです~!

思い出って、どうしても美化されてしまうんですよね。大人になれば、思い出は思い出であるほうが良いと分かるのだけれど、子供にはまだそれは理解できないですよね、やっぱり。

ミッキー、全く見えないこともないですよ!ま、口に入ってしまえば、皆同じってことで・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/243-8961afe7