まだまだ精進しなくては。。。。 

なんだか再び忙しくて、PCの前に座る時間がない。こうやって、「忙しさ」を理由に後回しにしてしまう項目は、私の場合、アイロン掛けとPCなのだろうか?嫌なことや気の進まないことを横に押しやってしまう悪い癖が、こうやって「更新」のボタンを押せなくさせている今日この頃。


先週のテレビの撮影に引き続き、今週は本業のほうで、ブラチスラヴァに行ってきました。何年ぶりかに、日本語ガイドのイングリッドさんに会って、初めて一緒に仕事をしました。

彼女に会ったのは、かれこれ8年前だったか?私と同い年なので、仕事の同期のような気がして、

「いつか一緒に仕事をしましょう!」



と、そそのかしながら、何気にコンタクトを切らないようにしていた。その甲斐あって、やっと彼女にお給料を渡せる時がきた。彼女も何年もの経験から、日本人への会話のタイミングのとり方が微妙に上手になっていた。これはプラス!!うれしくなった。

8年前も妊婦だった。3人目の重たいお腹をかかえて、ブラチスラヴァで行われた日本の旅行業者のスロバキア周遊ツアーに知人が来ていたので、現地で合流させてもらった。その時のガイドがイングリッドだった。たどたどしい日本語と、なんとなくツンケンしているように思えたが、今考えると、まだ数少ない日本人観光客で、接し方に困っていたのだろう。ロシアのサンクトぺテルスブルグの大学で日本語を学んだ彼女。こうやって仕事を通じて、また会えた。うれしかった。

しかしながら、ちょっとまて、自分!!
この日は、また新たな決心の日となった。
なんと、ロム(ジプシー)からダメ出しを2回もいただいてしまった。

普段、ここクルピナにいるロムは、ほとんどが失業者である。何も仕事をしないで、毎月1度の失業保険をもらって生きている人たちだ。どうやって区別するのかわからないのだが、ロムは失業保険で生きていけるだけの金額をもらっているらしい。毎月15日なると、郵便局はロムの支給の列ができ、町の肉屋やお酒を売る店には、ベビーカーなどの荷物を運べるような、車輪のついた買い物用のキャリアーを持ってくるロム達でごった返す。バス停は飲んだくれのロムが地べたに座っていたりして。よい景観ではないのだ。

それに比べて、ちゃんと働いているロムだっている。子供を学校に行かせないと、支給もなくなるので、その辺もちゃんとしてきている。特にブラチスラヴァでは、掃除や肉体労働、看護師などで立派に生計をたてている人も多い。

あるレストランにて。
私が注文したり、質問したりするたびに、「わかりません。わかりません。」と連呼された。

おい、私は客じゃ!

と、連呼してやればよかったのだが、そのロムさん、忙しそうに動き回っていた。大体、スロバキアのレストランでビールやら食器が空になっていても、とり下げに来るウエイターが少なく、

「仕事しろよ!」

と心のなかで思いながら、次の注文を取ってもらうタイミングを計るのが普通だった。

昨今は変わったのかなぁ?

彼、いい仕事をしてました。頼んでもないのに、前菜を持ってくるし、「メニューをください。」といえば、「もちろん!」と答え、我々4人なのに、メニューは一つ。(こういうところが、まだまだスロバキアだわ。)まだ開いてもいないのに、「何にしますか?」と、急かす(せかす)急かす。


ロムさん、お昼とはいえ、レストランではやっぱりゆったりした空気を漂わせて欲しいわ。

ガイドさんは常連さんだし、愛想よくやっていたけど、私には厳しかったなぁ。普通ロムの人は、私のようなアジア人には目もくれないのだが、この方、手厳しかった。私のスロバキア語が彼には耳障りだったんだろうと思う。とにかく、

「わかりません。」を、4回くらい言われたので、さすがにショックだった。こうなると、言葉が聞き取れないのではなく、耳に入らない、入れたくない、理解しようとしない、だたそれだけの話なのは明らかだから。

ただし、私の心に新たな火が灯された。
めらめらスロバキア語ちゃんと勉強しなくちゃなぁ~と。


そして、疲れた帰り道。地元のバスに乗るときに、「XX経由」とあったので、遠回りするのかわからず、運転手さんに、「何時に到着するんですか?他のクルピナ行きのバスもありますか?」と尋ねた。

無愛想だが、ちゃんと答えてくれたのだが、少し考えてしまった。本当のこと言っているのかな?この経由地はよく知らない。運転手はロム人だし。

「で、どうすんの?乗るの?乗らないの?切符は買うの?」
*町の循環運送機関をのぞき、スロバキアのバスでは、運転手から切符を直接買います。



と、畳み込んできたので、



「ああ、ごめんなさい。乗ります。」

と、答えてもたつきながら席についた。



しばらくして思い出した。去年のデフリンピックのときに、旅行カバンを持ってバスに乗り、切符を買うときに、そのカバンを開いている座席に置いたら、こっぴどく叱られたのだ。

「汚いじゃなか!!俺は朝、ちゃんと掃除をしたんだぞぉ!!」


あの時の運転手だった。


ロムにも綺麗好きがいて、普通に仕事をしている人がいる。
その時はビックリしたけど、言われてみれば当然のことであった。


私、まだまだ、ダメダメじゃん!!



本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ





しっかり勉強して、確実に精進しよう!


なんだか、やらたにそれを意識した一日となった。



ポンセの出演予定の「地球アゴラ」の放送予定があります。
ここをクリック←



関連記事

コメント

yokoblueplanetさん

二回目のコメントありがとうございます。

常日頃から思うのですが、ジプシーと平和な社会を作って共存できるような行政があれば、それはノーベル平和賞に値すると思うのです。

難しいですよね、、、、、。

chicaさん

こんにちは!
ご無沙汰してます。カバンを地面に置いて、バスを待っていたので、それを持って、バスに乗り込んだのですが、それを始終見ていたドライバーは、かなり怒っていました。

というわけで、アウトxx

「地球アゴラ」楽しみですよね。私もです。

歴史が長いので。。。

こんばんは。
コメントを讀んでいて,ロサンゼルスの友人の父上が昔ビヴァリー・ヒルズで開業医をしていた時の話を思い出しました。ある日、ジプシーの親分が病気になったから診てくれと連れて行かれたそうです。無事助ける事が出来て事無きを得たと云う事ですが、長い長い複雑な歴史がある世界なので、簡単に踏み込む事はできないですね。
そんな中で培われた彼ら独特の規律があって、外の社会との付き合い方があるのだと。。。でも,利害関係のない場合は完全に視線の外,と云うのもある意味凄いですね。
はい、もう一つの見方も出来ると思います。

お久しぶりです!

ええー、座席にバック乗せちゃダメなのですか!
何でもありのアメリカ生活に慣れちゃった私としては
「別にいいじゃん!」と思ってしまいます。(笑)

ジプシーの対応、難しそうですね。
やっぱり人種(?!)によって特徴や違いってあるので、
それぞれの対応が大変ですよね。

地球アゴラのウェブサイト見ました。
放送楽しみですね!
この地球アゴラの前の時間帯にやっている
エル・ムンドはこの間、
ホテルのテレビに入っていたTV Japanで
放映していましたよ。
うちはTV Japan入ってないんですけど、
TV Japanでは放映しないのかしら。
ちょっと気になります。

yokoblueplanetさん

こんにちは!
そうなんですよね。冷静になってみると、「理解しようとする努力」をしてくれないだけだ!!と思ったのですが、それでも、白人社会で仕事をしているだけでも、すごい事で感心してしまった分、私が彼らを見下していたという、解釈もできますよね。

ジプシーは政府や、白人に文句をいいますが、私を相手にしても、何も特するわけじゃないから、今回は、人種差別とはちょっと違いますね。

私が彼らと普段、道で会っても、完璧に無視されています。不思議なくらい、他人を気にしないように装っているような感じがします。お金が欲しい時だけ、寄ってくるだけで、あちらから挨拶をしてくることなど、絶対にありません。幼い子供や、息子の友達は別ですけど。

息子は友達がいるようですが、おじいちゃんなどは、いい顔をしませんね。私も、もう少し知りたいけれど、やっぱりジプシーには警戒が必要なので、多分、招き入れることはないと思います。

解ろうとする気持ちが。。。

こんばんは。
そうでした、ジプシーが多いんでしたよね。
彼らの対応、興味深く読ませていただきました。
状況は少し違うかも、ですが、講談社ゆかりの方が昔々ローマ・オリンピックの頃(差別が酷かった頃)アメリカでフェンシングのコーチをしていました。レストランで注文をする時に,同じような体験をされたそうで、彼は「あなたに解ろうとする気持ちがあれば、解るはずだ」ときっぱり仰ったとか。
今でも色々ありますが、ワイオミングのシャイアンのレストランで席に案内されるのを待っていた時に完全に無視された事があり、その時はあまりに露骨だったのではっきり言いましたが、店内の客がちょっとばつの悪そうな顔をしてました!
50年程前にシャイアンで仕事をしていたと云う中国系の方が、そうなんだよ、って頷いてましたが、色々あったそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/251-29da45f2