銀メダル(アイスホッケー世界選手権) 

残念ながら、銀メダルで終わりました。

大差で負けてしまったので、仕方がないのだが、油断とミスが重なりすぎて、逆転する気力がついていかなかった感じ。力はきっと同じくらい。早さはロシアが上だけど、ちょっとしたきっかけで、負けてしまって、もったいない。


去年の事故ではチェコ人も亡くなったし、ロシア人が一番多く亡くなったはず。どのチームも亡くなった選手のぶんもがんばっただろう。スロバキアだけじゃい。

銀メダルをサバサバと首に書けてもらったスロバキア選手と比べて、メダルをもらうロシア人選手たちは、少年のようだった。笑顔がはじけていた。



スロバキアチーム、楽しい時間をありがとう。また来年も強くあれ!シャタン、辞めないでがんばってね!!
関連記事

コメント

Christineさん

こんにちは!
フィンランドが開催地なのに、負けてしまい、残念な大会でしたね。ロシアの飛行機事故で、フィンランドの選手も亡くなっていますから、みんな弔い合戦でした。

チェコに勝てたのは、本当に嬉しかったですね。

スロバキアの国家、メロディーが美しいと思います。悲しいようにも聞こえますが、「タトラの山に落ちる閃光」とか、なんとか、そんなタイトルと歌詞だったような記憶です。

日本ではテレビ観戦できませんでしたが、銀メダル取りましたね!!チェコになかなか勝てないとポンセさんに聞いていたので、チェコ戦は勝てるか?と心配だったので、決勝進出まで行ったことが嬉しかったです。

前の記事のスロバキア国歌、サッカーワールドカップイタリア戦の開会式で(勝った時はビックリ)聞きましたが、何となく物悲しい響きですね。スロバキア語の歌詞はサッパリわかりませんが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/257-6d5e6c13