スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山でスロバキア人が行方不明です。 

土曜日の午前中に、親戚(ラドママの妹)から電話がかかってきた。
なんでも、友達の息子が日本に旅行中だが、その友人が富士山に行って、戻って来ない。
日曜日には帰国する予定なのだが、なんとか滞在を延長できないだろうか?と。


私が航空券を手配したわけでもなく、ラドが電話で話をしていたので、詳しい内容が伝わらない。富士山って、確か7月から8月末までしか登山できないよね?どうして一般人がそんなところにいるの?????

つい、2、3日前に、ドイツ人男性が遭難したって、ニュースになったばかりじゃん。日蝕を見るのに、なんでわざわざ富士山に登るんだ?


などと、疑問ばかりが頭に浮かんできたが、とにかく何か情報を集めなくてはと、インターネットをのぞくと、既にニュースになっていた。


日本の皆さんはご存知でしょうが、チェコ人とスロバキア人が一緒に登ったが、途中でスロバキア人が登山をあきらめて下山したらしいのですが、戻ってみても車のところにいない。チェコ人の話だと、どうも9合辺りまで一緒に登ってきていたみたいだ。

「登山する体力がないから先に戻る。」と、別れた。車で待っているのだと思っていた。(叔母さんからの電話談)

山登りって、上に登るのは、めちゃくちゃキツいけど、ゆっくり行くしかない。しかし、油断できないのは降りるほうで、私なんて、いつも膝が大笑いしている。ガクガクで力が入らない事が多い。早く降りたいから、つい急いでしまうが、下りのほうが、要注意だ。ブレーキの効かない自転車にのっているようなものだもの。


そして、ブログをここに載せます。気持ちが沈みますが、みなさんも読んでください。
登山ガイド 野口さんのブログ

日本一詳しい 富士山登山ガイド

私とラドとラドの両親の4人で、東京での結婚式のあと、富士山の登山にいったのは、もう17年前になりつつありますが、
夏なのに寒かったし、ラドの両親も単なる山登りだろうと(これはラドの説明不足だった。)ラドママはサンダルだったし、ラドパパはスポーツシューズでした。それなのに、なんとか根性で8合目まで登りました。途中、仮睡眠をとったので、体調もよく、それほど無理には思えなかったのですが、水がなくなってしまったのです。

どうしても登りたいのはラドひとり。私とラドの両親は、自分たちの水を全部ラドに託して、下山しました。

全然、後悔なし!
無理はできない。自分たちの限界を知っていたからでしょうね。

ラドは無事に頂上に到達し、満足そうに戻ってきました。もちろん、心の中で,自分だけずるいよなぁって、私は思いましたよ。ラドの両親にもせっかくの日本だし、登山大好きなスロバキア人だから、頂上まで行って欲しかった。情報不足はラドの責任だし。でも、若いって、こういうことなんだなぁ。今なら理解できる。とにかく自分の欲望が先なのであろう。(ああ、性格かもね。)


ちなみに、親戚の知人の息子さんたちは、4人で日本に旅行に行ったそうです。そのうちの1人が日蝕を見るために、インターネットで知り合ったチェコ人と富士山に行った様子。「遭難した友達を残して本国に戻るのは嫌だ。」と言ってたそうですが、「知らない国では、何もできないだろう。」と、諭されたはずです。



本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ



今もなお、私も含めて無事を信じて祈っています。関係者の皆様,ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありません。
どうか、一刻も早く発見、保護できますように、ご協力お願い申し上げます。









関連記事

コメント

パナッタレさん

はじめまして!

暗い話題なのに、初コメントいただきまして、ありがとうございます。嬉しいです。

私は夫とシドニーで出会いました。メルボルンも行きましたよ。路面電車が走っているので、ヨーロッパみたいで、いい感じでした。住みやすそうな。羨ましいです。

メルボルンからペンギンのパレードを見に行きましたが、あれは神秘的で、ただ、ひたすら感動しました。あんなに小さい動物なのに、本能って、すごい!暗闇の中、海から上がってきて、黙々と歩いて、家路に着く姿。本当に神秘的でした。

メルボルンのこと、教えてください!どうぞ、よろしくお願いします。

yokoblueplanetさん

コメントありがとうございます。

どうも家族が、公にしないで欲しいと、申し合わせをしたらしいので、第一報以降が外部に出なかったみたいです。

一緒に日本に行った仲間は戻って来ました。
彼を残して帰国はやはり辛い事だったはずです。

こんにちわ。はじめまして。

フラリと寄りました。

富士山!私も、2度登って以来、なんとなく富士山遭難ニュースが気になるようになりました。

ものすごい人数が一緒に登っているから、つい「まさか、こんな混んだ山で遭難なんて」って思ってしまうんでしょうね。けっこう、外国人多いですよね、あの山で遭難・・・。

胸が傷みます、登山家でもない一般人が異国で一人遭難なんて・・。

大変な事に。。。

こんばんは。
私もまったく知らずにいましたが、まだ音沙汰がないのですね。ご家族は心配で居ても立ってもいられない気持ちでしょう。
富士山は5合目迄しか行った事がありませんが、夏でも高度があるので寒くなるし天気もコロコロ変わりやすい。カリフォルニアの山も同じです。
知らない土地だったので情報不足が災いしたかもですね。何とか生還して欲しいですね。

chicaさん

こんにちは!

私の書き方が悪いみたいで、遭難者について、そんなに近くはないんですよ。

夫の/叔母さんの/同級生の/息子の/友達(遭難者)なんです。

この息子が、友達4人で日本へ旅行に行ったそうで、天気が悪いからって、富士山には行かなかったらしいんです。

遭難してしまった友達を残しては、帰りたくないって、連絡が入って来たんです。誰か日本で助けてくれる人を知らないか?と。

スロバキアって、山の国なので、やっぱり富士山って、憧れがあるんですよね。

ええぇ~!

世間って狭い!
そんなニュースになるような事件が
ポンセさんの親戚のお友達の息子さんのことだったなんて!
本当にあたりまえのことを言うようですが、
関係者一同、とっても心配でしょうね!

外国の方って、やたら富士山登りたがりますよね。
日本人の私たちからしてみれば、
「日本で一番高い富士山」だけど、
外国では富士山より高い山もいっぱいあるんでしょうから、
そこで感覚が違ってきてしまうのかなーなんて、
日本の外国人の同僚達を見て、思ってました。
やっぱり旦那様も登ったんだ。
うちの旦那はまだ言わないなー、富士山登りたいって。
やっぱりアスリートじゃないんだろうな、ヤツは。

でも、母なる自然は怖い!
登山をなめてはいけませんよね。
日食のときも、太陽が雪で反射して目が見えなくなった
外国人の方がいたって聞いたし。

お友達の息子さんのご無事をお祈りしております!

duck4さん

私の場合は、「山登りの怖さ」を知るところまで行ってませんよv-16「君子危うきに近寄らず」ってやつでしょうね。

準備や心構え、情報などしっかりしておけば、怖い事ではないのかもしれないです。もちろん、自然の天災は防ぎよう、避けようがないのですが、この場合は、明らかに無茶をした結果なんです。

山登りは自分への挑戦であって、楽しくあるべきですよ。決して自然に挑戦状を叩きつけても勝つはずはないです。

きなりM&Oさん

ありがとうございます。

無事を祈ってくれる人がいることだけでも、心強いです。

chihirkoさん

山女でマラソン女で、すごい巨体かとおもっちゃうじゃないですか!
そんな華奢さんなのに、その体力は、やっぱり無駄な脂肪がない!!ということなんでしょうね?!

ところで、山登り、こちらに来てから、私もするようになりました。「山歩き」程度ですが。雷と熊が怖いです。

私はスキー中にコースから外れて、深いところに落っこちて、這い上がるのに大変だったことがあります。だから、雪も怖いです。こちらの小学校では、雪崩にあった場合の行動を教わります。

つばを吐いて、どこが上かをまず確認するそうです。GPSつけて行動しないと行けないですよね。

ぜひ、連絡してみてください。もうすぐ1週間になってしまうので、本当に最悪を考えないといけないのです。

えこちゃん

えこちゃん
日本にいるスロバキア人はこの件、しらないのかなぁ?

家出と違って、「家族が同意したら捜索が打ち切りになる」とか、そういうものではないでしょう。だって、捜索する側も命がけだからね。毎日足繁く通うわけにもいかないんだろうね。

今度は空中からの捜索に変わるらしい。(野口さんのブログより)

チェコ人がよくタトラで遭難するよね。毎年あるよね。

本当に、どうにか捜索を続けていただきたいよね。

山登りの怖さ!

ポンセさんへ

こんばんは!
わたしは、山登りをしませんが、
本当に大自然では時折、牙をむき出すことがありますよね!ポンセさんのブログを読んでいて感じました。

山では、無理をしないことが大切なのですね!17年前に、富士山の頂上まで行かなかったことは、賢明でしたよね!v-519v-521

ポンセさん、こんにちは~
こんなことがあったなんて全然
知らんかったな~。

無事に見つかってくれることを
祈ります!!

今頃知りました

私、自称「ちょっとした山女」でもあり富士山も3回登っています。
いや、ほんとなんでこんな時期に登っちゃうんでしょう?
山登りって行きは良い良い、帰りは怖いんですよね。
行きはとりあえず上を目指せばいい。
でも帰りは、ちょっと間違えるととんでもない方に降りて行く。
私も小学生が遠足で行くような山で吹雪きに遭い、遭難しかかったことがあります。
平日で登山者もほとんどいなくて怖かった!

スロバキア人というだけで他人ごとではない気がする上に、ポンセさんの親戚のお友達の息子さん(の更にお友達?)とは益々他人ごととは思えません。
ふと思い出した知人(富士山のガイド)に連絡してみようと思います。
本当に無事を祈ります。

ポンセさんのブログで初めて知りました。
タトラ山脈でも毎年のように遭難ニュース聞きますけど
まさか日本でスロバキア人が?って驚きました。
このスロバキア人のご家族の方が捜索を打ち切ったりしたんでしょうか?
山の捜索は、費用がかかったりするけど。
日本では全くニュースになってないので、気になりますね。

meikiraさん

こんにちは。
ガイドの野口さんの報告が、(3)まで続いてます。

http://lis-blog.rash.jp/michi/2012/05/fuji-sounan3.html

これを読むと、頷くことばかり。ひとつの命、探し出して、戻ってきてほしいです。

B9MOMさん

こんにちは。

スロバキア人って、山好きが多いんですけど、まさか富士山がこんなに険しくて、登山の難易度の高い山とはしらなかったんでしょうね。

そして、雪がこんなにも積もっているとは思っていなかったのか、逆に、この位ならって大丈夫と過信して、登り始めたのか。

警察の捜索は終わってしまったとのこと。「薄情な!」と言いたいが、警察だって、命がけでしょうし、友人や家族の気持ちを考えると、とても辛いです。

心配ですね

こんにちは
心配ですね、私もこのニュースポンセさんのブログで初めて知りました
関西エリアには一般的なニュースとしては報道されていませんでした。ネットで調べてみて判ったことですが静岡版にはニュースとして報道されているようですが、まだ見つかっていないんでしょうか
行方不明ですで終わってしまっています
山岳遭難救助隊が捜索しているようです
無事だと良いんですが富士山は結構深い山なんです心配です、無事に救助されることを・・・祈念します

こんにちは!

登山って山を良く知らない人だけで行くのは危険だといいますよね。その方もまさかそんなことになるだろうとは予想もしなかったことでしょう・・。どこかで迷って、なんとかがんばってくれているといいですね!

Candyさん

こんにちは!

この知人の息子たちは、どうもバンスカービストリツァ辺りの出身みたいです。山については、知らないわけではないのだろうに、無茶しすぎたんでしょうね。

せっかく日本に来たのに。その経験をこれからの人生で活かす事が大切なのに。とても悔しいです。

Christineさん

こんにちは!

chiristineさん、遭難者は、「親戚の/友達の/息子の/友達」というわけで、かなり遠い関係ですが、狭くて小さなスロバキアですから、こうやって連絡が来るのです。

紹介した登山ガイドの野口さんのブログを読むと、捜索は27日で終了したとのこと。どうにか見つけ出して欲しかったです。

日本に残っている知人の息子たちは、明日、帰国することになった様子です。

本当に、なんだか心が痛い、ショック。
山は、本当に危ないんですよね。よくうちの母親がいっています。
なんで無茶しちゃったんだろう。本当に…。

このニュース、今知りました。今チェックしたら確かにネットでニュースになっていました。
ポンセさんの親戚のお友達の息子さんなのですか。ショックです。ショックのあまり、スロバキア人の一人にさっきメッセージ送ってしまいましたが…。(一体何がしたかったのか)
どうか、どうか無事でいますように…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/259-3a7cebce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。