ベンちゃん8ヶ月目突入です。 

毎日を普通に過ごしていると、忘れてしまいがちですが、今日また改めて、家族の健康が一番の幸せであることに気がつきました。

例えばですが、これは平和な話題。。。。

このごろ、朝の4時すぎから(だと思う)段々と明るくなっているようで、日の出とともに、ベンちゃんが目覚め出す。私は、毎晩12時すぎまで、うだうだしたくて、ベッドに入るのは夜中の1時ごろ。

そうすると、当然、朝の4時だと熟睡真っ最中だから、ベンちゃんには申し訳ないが、おっぱいを勝手に飲んでもらい、そのまま一緒のベッドでもう一眠りする。

「またおっぱい?」(母乳の話)

と起こされて時計を見ると、5時。

そして、またもやセルフサービスで反対側を差し出して、もう一眠り。(大きな母乳の方は、赤ちゃんが小さいうちは、窒息の恐れがありますので、真似しないでください。)


しかし、2度目は許してもらえません。髪の毛をひっぱられたり、顔をつねったり、ひっかいたりと、
「もういい加減に起きろ!!」
と、催促されますが、なんとか6時まではベッドの中で粘ります。


離乳食を始めたので、食欲がとても旺盛になったみたいで、おっぱいの量も増えたのか?私がしぼみそうです。先週の検診で8キロ90グラムといわれましたが、今週はどうも8キロ半くらいありそうな気配。だって、いきなり重たい。


でも、ニコライが6ヶ月だった頃は、すでに8200gと記録があった。ということは、ベンちゃんは、そんなに太っているわけでもないんだなぁ、、、よかった。ニコライも決してデブじゃなかったけど、粉ミルクだったので、母乳とは、体重の増加度が違うのですね。

粉ミルクで育った赤ちゃんと、母乳で育った赤ちゃんは、明らかに肌触りが違います。なんだか,洗剤の宣伝みたい。
<独断と偏見による比較>
粉ミルク→ゆで卵の白身みたい。ツルツル、プチプチ、ちょっと固い感じ。
母乳→ぽにょぽにょ、ふわふわ、マシュマロ風。

こんな感じでしょうか?みなさんもベイビーに触る機会がありましたら、ぜひ体感してください。


さて、遠回りしましたが、家族の健康を実感したのには理由があります。




昨晩、8時。スロバキアはまだ明るく、子供たちもさっきまで、元気に庭で遊んでいました。私も庭の草むしりをしたので、遅い夕飯を準備し、順番に食べていた。私は、ベンちゃんを風呂に入れていたが、牛乳を買いに行く時間だったので、エステルにお金を渡した。お姉ちゃんのサラと一緒にでかけたようだが、すぐに悲鳴が聞こえた。

サラが「オツコー」と、大きな声で呼んでいる。風呂場からも聞こえたので、これはまずい!と、私も飛び出した。
ラドの両親もいたので、みんなが何事かと、表にでていくと、エステルが額から血を流して、目に入りそうになっている。

あっちゃー


急いできれいなガーゼのタオルを持ってきて血をふき取ると、幅2cmの傷が見えた。ちと深そう。。。。。
即決だわな。


私:「縫ってもらいに行きます。」



というわけで、夜の8時に救急へ行きました。もちろん、ここクルピナには夜間診療の外科などありませんので、車で30kmほど離れた町へ。平日だったからか、受付もあまり待たず、すぐに縫ってもらえた。笑ってしまうが、ラジオから流れる曲を1曲聴いているうちに、処置が終わった。そのくらい早かった。

そういえば、3年くらい前の夏にサラが自転車で転んで、38針だか縫う大怪我をしたよなぁ。あれも夜の8時ごろだったし。

ヨーロッパの夏は日の入りが遅いから、気をつけなくてはいけないのよね。子供が疲れていたり、腹ペコだったりして、注意力もなく、もう寝る時間なのに、明るいから寝付けない。要注意なのだ。


エステルは処置の最中にも、全く泣かなかった。もちろん、麻酔もした。それでも、泣かなかった。(えらかったぞ!)


その話を隣のおじさんにしたところ、「エステルはサムライだな。」と言われた。もちろん大喜びだった。なんてったって、今の彼女のアイドルは「ニンジャーゴー」で、「侍・忍者」という言葉は、「プリンセス」よりも、最高にかっこいいほめ言葉なのだ。




本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




ああ、平和だ。
家族よ!健康であれば、とりあえず、それでいい。



関連記事

コメント

同感!

こんばんは。
家族が健康である事、これが基本ですよね。
元気であれば何とかなるし。
これからも家族全員、健康に暮らせますように!

(富士登山された方は残念でしたね。)

B9MOMさん

こんにちは!
家の前で、普通に転んだらしいんですよ。たまたま、おでこが地面にぶつかるくらい勢いよく走って行ったのでしょうね。

ケツアゴって、日本人にはかなりめずらしいですよね。そういう秘密があったのですね。(それが原因なのかなぁ?)

ジェームスディーンとか、思い出してしまった。。。

こんにちは!

額パックリって、一体何があたんですか?
ま、子供ってやっちゃうんですよね、こういうの。私も昔、キッチンのシンクにアゴを打ち、アゴがパックリ割れ流血したことがあります。きっと、それが原因でケツアゴになったのか?と最近思ってます。

Samansaさん

こんにちは!

Samansaさんのような、立派なママでも、息子さんが怪我をしたことがあるんですね。なんだか、ちょっと安心。

私はよく母に「あんたたちの顔に傷ひとつつけたことがないのが自慢。」と言われて育ったので、子供が怪我をすると、母の偉大さがわかります。(私たちがいい子だったのでしょうね。)

息子さん、そこだけ「はげ」になっていませんか?

我が家のボーイズも、丸刈りにすると、そういう部分がはっきりと見えますよ。そのたびに心の中で、「ごめんよ。」と、謝っています!

ベンちゃんは、桃太郎みたいに、ご飯を一杯食べたら、一杯分大きくなっていますよ。あー、腱鞘炎に要注意ですわ。

がんばっていますね。

大変でしたね。女の子だからちょっと気になりますね。
家も息子がまだ赤ちゃんだった頃、座っていてそのまま後ろへゴロン!その瞬間箪笥の角に頭をぶつけてパックリ!慌てて主人と病院へ。頭からの出血ってすごいんですよ。ホントに噴き出すって感じで今もその時の光景を思い出します。どうかお大事に。
ベンちゃん大きくなってきたでしょうね。上のお子さんが粉ミルクでも下のお子さんは母乳がでるんですね。よかったですね。「 一杯飲んで、一杯食べて早くおーきくなーれ! 」 と願っちゃいますよね。ママは大変! 
  • [2012/06/08 14:53]
  • URL |
  • Samansaおばさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/262-0b9e82e4