赤カブにもご用心!(Cvikla) 

数日前に「ダニ」について書いている途中、」体の異変に気がついた私。
(6人目ではありませんから!!)

何事もご用心です。特に40代も半ばに差し掛かってきてますからね。手遅れになる前に、できれば1年とか半年後の定期的なチェックを受けるべきなのですが、なんせ子供も小さいので(言い訳)なかなか自分の体を気遣うことができません。

それでも今回は、即、ドクターへ行くことにしました。
ブログにも、これからまだ続きがありそうな雰囲気の書き終わりをしたのですが、気がついた方はいらっしゃいましたか?それとも、まだまだ表現不足、ポンセの修行はこれからでござんす。





さて、続けて行きましょう!


以前もお見せしましたが、ヨーロッパには赤カブがあります。日本のような辛い大根ではなくて、まったくの別の植物とでもいいましょうか、ショッキングピンクの?吸血鬼が喜びそうな赤い汁をたっぷりと含んだ、甘いカブです。

今年はすべて豊作のようで、その甘みといい汁気といい、最高のできであった!


ツヴィクラ
こんな感じで茎は紫色







ツヴィクラ
この写真は3年くらい前のものです。すみません。



cvikla
皮ごとゆで、皮をむいてたべる。甘酢サラダなどに向いている。






察しのよい方はそろそろ「オチ」がわかるかもしれませんね。


その朝にも「?!」とは感じたが、「まさかね」と、迷いを打ち消し、夜中にブログを書いていて、トイレに立った私。用を足して見つけたものは、またもや、、、








「血尿!!」






来たよ。やっぱり40代だよ。翌朝も色をチェック。



私の弟が小さい頃、急性腎盂炎になって入院したときに、1日の尿を大きなビンにためて、色を確認していた。ほかに入院している子供たちの尿の色は、弟のよりも茶色で驚いたことがあった。色が濃い子のほうが、入院が長引いていたような気がする。



私、ヤバイ?




久しぶりに個人医を訪ねた。
診察室に呼ばれて、

「あれ?」


おじいさんドクターの娘婿が跡を継いだと聞いていたが、この人、まさか??なんと!
エステルの保育園友達のお父さんでした


頻繁に挨拶するけど、風貌からてっきり文筆家?カメラマン?フリーのお仕事をしている文化人だと思い込んでいた私。あなたでしたか、噂の若きチェコ人ドクターとは!


握手をして、「実は血尿がでて。」と、話し始めたら急に彼の顔つきがかわった。緊張が走るとはこのことだ。

、、、、、、、、、



結果を言いましょう。その場の尿検査も、翌日の尿検査も、「血尿」は確認されず。それもそのはず、犯人はヤツ↑だったのです。




ダニじゃありません。なんと赤カブ(ツヴィクラ)の食べすぎだったようです。確かに、甘くてサツマイモとは違うんですけど、自然の甘さがもう格別で。その前の週にも、瓶詰めを半分食べたし、血尿の出た日も一人でジャガイモ2個分くらいの量を食べました。



本日も訪問ありがとうございました!!クリックもお忘れなく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




まさか赤カブが!と、医者もびっくりしていましたが、まあそういうこともあるってことですね。念のため、ダニの検査を兼ねて、月末ごろに血液検査に出かける予定です。皆さんも、くれぐれもお体を大切に。そしてメンテナンスもしてくださいね。



「腹八分目、ほどほどに」



赤カブにもご用心です!!


関連記事

コメント

samansaさん

こんにちは!

「末期ガン」なんて、言葉にするのも恐いです。とても驚かれたことでしょう。
当時の若さでそんなことを、カーテンのあちら側の話を聞いていたら、涙がでてきたでしょう?
それこそ、「院長への手紙」を書きましたか?誤診というと、語弊になるかもしれませんが、その先生、お粗末すぎます。扱っているのは「命」であり、生活や生きてゆく気力に影響がありますもの。ひどい話でと思いますよ。

でも、スイカやぶどうの話、共感しました。赤ちゃんのおしっこを見ると、すぐにわかりますよね。

しかし、それを自分に置き換える冷静さに欠けていた私。。。

とりあえず、笑い話です!でも、油断大敵v-42健康管理、大事ですよね。

いつもコメントありがとうございます。

まいこちゃん

こんにちは!
タイの生活はいかがですか?「住めば都」だから、あと3ヶ月もしたら、「こっちのほうがいいですよ~」って、声が聞けるかもね?!

ツヴィクラを食べたことがない??
私のほうこそ「えー!」ですよv-14

貧血にいいそうです。ニンジンよりも、もっと甘い味がしました。

意外にも、簡単に落ちましたよー。

お仕事がんばってください!!

よかったですね。

こんばんは

「・・悪いことが続くようで 」とはこのことだったんですね。でも 大事に至らなくてよかったです。 

私も35,6の頃ストレスから血尿になって(コーラのように黒い血尿だったんです)1カ月程入院しました。診察を受けて即入院、大病院に転院 歩けるのに歩かせてももらえず、車いす使用。そこでの診断が癌末期で3カ月持たないとカーテンの向こうで主人に説明されていたのを思い出しました。(でも 私はカーテンのこちらで普通に冷静に、癌ではないと確信していましたが 全くそう思える自覚症状がなかったので)色んな検査をされましたが、結局別の先生が担当して頂くことになり、その先生は癌ではないと言ってくれました。で 入院していた1カ月間はほとんど治療らしい事は無く、ただ ひたすら寝ては本を読んだりしていただけでしたが、日が経つにつれ血尿は治まって行き退院に至りました。ちょっと苦しい思い出です。

でも 食べ物でそれがそのまま尿に出てしまうほど・・ちょっと食べ過ぎましたね。家の子もまだ赤ちゃんだった頃、ジュースを飲ませるのに、色々やりましたよ。リンゴはまぁ普通ですよね。ブドウは大変 皮をむいて搾るにもなかなか量が搾れず一苦労しました。そこで夏場 すいかを搾りました。早い事早い事 すぐ一杯搾れました。しかし 子どもが血尿? ビックリして病院へ行った事があります。 犯人はすいかのジュース! こんな事もありました。

まぁ人生長いから色んな経験をしてきていますね・・・今となっては笑っていられますがね・・・

  • [2012/10/17 00:37]
  • URL |
  • Samansaおばさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

こんにちは!

読んでいて、「血尿!」の所で、えー!?となりましたが、cviklaによる一時的な血尿?のようで良かったですね。

そういえばcviklaって食べた事ありません。今度スロバキアに帰った時に食べてみようかな?
赤くなった手って、石鹸で簡単に落ちますか?なんか血のようなすごい色ですね・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/283-e1cb4bdd