12月を写真で振り返る 

12月の時間の流れは、いつもの2倍!!(どこかのスーパーの宣伝みたい)
写真とコメントで振り返ります。

12月6日はミクラーシュがやってくる日でした。サンタクロースの語源、セントミクラーシュが来るには、雪だろう?!と、思いきや。なんとクルピナは、とても冬らしいきりりとした空気と美しい晴れ間でスタート。









PC063810-b.jpg
べんちゃんを寝かしつけるガタガタ道からの見晴らし。












しかし、予想をうらぎらない天の神様の登場あり、夕方6時から市庁舎の前に集まった人の喜びといったら、やっぱり雪国の人たちですわ。












PC063816-b.jpg
集まった(主に)親たち 






 







PC063820-b.jpg
電気をつけるのはミクラーシュが来る日から
クリスマスの街灯も、ミクラーシュの合図で点火です












PC063826-b.jpg
こちらがミクラーシュ




子供たちにお菓子が配られました。寒い中、12月のご苦労さんが開始ですわ、、、、、。














そして翌日の天気は、またもや
PC073828-b.jpg
本日も晴天なり










こうやってみると、12月前半はいい天気だったんですね~。クリスマスを境に天気はかなり崩れてきました。なんと、家の周りは水びたし。洪水でも起こりそうなほど、解けまくりです。教会に行く子供たちの靴が心配ですわ。








続いて、クリスマスの恒例、ウエハースのようなおせんべいを作り。この機械を持っている家は珍しい。手作りにこだわるラドママはわざわざ買いました。昔は手作りが当たり前だったのでしょうが、やはり一枚一枚を焼くのは、夜なべをしないといけないくらい。集中力と時間の勝負です。この私が無謀にも挑戦。1リットルの牛乳から、約100枚くらい作ったかな?失敗も多くて、生地に粉が足りないことに、翌朝きがついた次第。


PC123833-b.jpg
キリストの誕生が描かれている











プレゼントや食事の買い物にでかけたのは、子供たちが休みに入る前の平日。週末は人だらけで、とても冷静に買い物なんてできないし。

クリスマスイブの24日は朝食、昼食と食事をしないしきたりです。以前にも書いたと思いますが、金の豚に会えるから?
今年は子供たちも絶食に挑戦。もちろん、一番星の輝く時間にクリスマスイブの夕食が待っています。
(プレゼントはその後にキリスト様が持ってきてくれる)

24日はマリア様が陣痛で苦しんだ日だから(?)豪華な食事はしないのがスロバキアのクリスマス。お肉は食べません。日本だと鳥の骨付きモモ肉を頬張った記憶もありますが、ここでは魚料理です。鯉のフライが主流ですが、我が家は鯉を殺す勇者はおらず。














karp.jpg
今年の8月にご近所さんからいただいた鯉をお見せします








karp2.jpg
塩コショウとバターで焼きました







でも今年の我が家はフィッシュフィンガーで終わりにしました。毎年お腹がいっぱいで、主食にたどり着けない有様なのです。クリスマスイブは大食いしないのが決まりですし。


メニューは前菜こと、乾パンを蜂蜜入り牛乳でやわらかくしたものにケシの実をかけた甘いもの
すっぱいキャベツのスープ、色鮮やかなポテトサラダと魚

写真を撮る余裕なし!


12月を振り返る第2弾、続きます!

関連記事

コメント

ドリームマンさん

あけましておめでとうございます!!

忙しいですか?つかの間の休息ですね。
今年は去年よりも大きな仕事ができるようにがんばりまっす。

ドリームマンさんも、ぜひこちらにいらしてくださいね。

そちらからの視点も参考になりますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

健康第一でいきましょ。

はじめまして!

コメントありがとうございます。
何か参考になりますか?
浮気はしてないですしねぇ。。。


どうぞよろしくお願いします。

yokoblueplanetさん

昨年はお世話になりました。

yokobuleplanetさんのブログは、珍しい花の写真は美しく、原発に関する記事はきびしく、刺激があります。

健康とともに、
今年もどうぞよろしくお願いします!!

あけましておめでとうございます。

ポンセ姉さん、明けましておめでとう
ございます。
 
ヨーロッパの雪景色って、何てきれいなん
でしょうかね。すべてが風景画になります
ね。

今年もよろしくお願いします。

IT探偵GODから一言

IT探偵GODです。参考になります。

佳い新年を!

こんばんは。
雪の降るスロヴァキアの様子を想像しながら。。。
珍しい物や素敵な物などご紹介ありがとうございました。
お元気に佳い新年をお迎えくださいますように!

samansaさん

こんにちは!

狭い町なので、ミクラーシュは一人ですね。朝から保育園や学校を訪問して、夕方は市庁舎に戻ってくる演出になっています。
大体どこでも、そんな感じだと思います。

このほかに、天使や鬼が一緒に来るんですよ。悪い子はお菓子ではなく、ジャガイモや石炭をもらうそうです。


samansaさん、お家で年末をゆっくり過ごすのは、最高の贅沢です。お節、楽しみにしていますから、見せてくださいね!

美昇さん

こちらの鯉は意外と臭くないんですよ。泥のイメージがありますけど、お風呂に数日泳がせて泥を吐かし、調理する、、、と。

でも、スロバキアは水がきれいだから、臭みがないとの話もあります。

あの鯉、結局は私が独り占めして終わりです。子供たちも遠慮していましたね。

Kenjiさん

こんにちは!
そうなんですよ。クリスマスは家族で静かに迎えるもの。それは日本の正月と同じです。こちらの正月は友人とわいわいシャンパーンを片手にカウントダウンして、花火を見るんですよ。

私にはむなしい。除夜の鐘の静けさがなつかしい、、、。(やば、おばちゃんのノリだ)

こんばんは

"ミクラーシュ"になられる方はお一人なんですか? 複数の方が扮装されるわけではないのでしょうか・・・?お一人だと大変ですね。でも 子ども達は首を長~くして待っている事でしょう。

大忙しのポンセさんのはずですが、本当に立派なお母さんですね。おせんべいも手作りで!

どうなんでしょう・・・忙しい日本で生活していると、時間に追われついつい流されてしまいがちですが、外国の方は実に生活を楽しむことが上手ですよね。いかにも寒そうな雪の中を集まってみえた方達もきっと笑顔で会話されていたことでしょう。ポンセさんもスロバキアの生活(行事)を楽しまれていますよね。とても素敵だと思います。 


日本も一段と寒さが増して来ました。個人的には”年の瀬”と言うのがピンと来ませんが、年末なんですよねぇ~また今年も家で迎えるお正月になりそうで・・・i-183

お風邪を引かないように、良いお年をお迎え下さい。

こんにちは。

「鯉」ですかぁ・・・
ドブ川で泳いでいる姿しかイメージが沸きませんけど・汗
お写真をみたらさらに食欲が・・・汗汗

ホワイトクリスマスですね

本当にクリスマスらしいホワイトクリスマスで、静かに祝う雰囲気がいいですね。
日本で言えばお正月を迎える気分なんでしょうか。
牛乳で作る「おせんべい」おいしそうです。日本なら高砂屋の「エコルセ」に近い味かな、と想像しました。Levalloisbee こと Kenji

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/291-023147e4