スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kezmarok(ケジュマロック) 

ただいま~。

研修から帰ってきました。しかし、本当に時間がありません。試験に向けてお尻に火がついていて、鎮火までかなり時間がかかりそうです。ふ~。



前回、東スロバキアの教会がひっそり建っていると書いてしまったが、とんでもない!誤解していました。がっちりと、しっかりと威風堂々と建ちそびえていた数々の教会。自分の思い込みと視界に映るものを交換して、頭にしっかりとインプット、記憶にセーブ。


驚きのひとつを写真で紹介しますね。

ケジュマロックをご存知でしょうか?


いやぁ~、ご存知でしたら、かなりの通ですね。



何度もこの道は通りましたが、いつも素通りしていました。なんでだろう?
ここは、スロバキアのスピッシュ地方と呼ばれ、北東に当たります。先日アイスホッケーのオリンピック予選があったところから、15kmくらい北へ上がったところです。



ユネスコ文化遺産の木造教会があるんですよ。
それなのに、なんでだろう?どうして素通りしていたのだろう?自分でも不思議でたまらない。

いつも通るたびに、


「お金持ちの住んでいた町に違いない、ドイツ人かユダヤ人が住んでいたんだろうなぁ~。」


と、その気配を感じながらも、ユネスコなのに木造教会に見えないので、「たいしたことないんじゃん?」と、パスしていたんです。プロテスタントの教会です。












kezmarok old kostol
ねっ?後ろの建物のほうがよっぽど美しい




中にはいって、びっくりしました。いや~、ポンセ一生の不覚とはこのこと。まだ一生が終わらなくてよかった。まじめにそう思います。内部は完璧に木の世界なんですが、地面は大きな四角い石が並んでいました。カラフルな絵にも驚きましたが、あれ?お隣にはなんだか変な教会が、、、、。














2 kostol a
どこの国だっけ?






そうなんですよ。デザイナーがオーストリア人だそうで、できた当時はものすごく不釣合いだと不評だったとか。こちらは新教会、または赤い教会と呼ばれています。
これまた中に入って驚きが!


「どこの国だっけ?」



と、辺りを見回してしまいました。まるでお城のような美しい造り。これは撮影禁止なのでお見せできませんが、期待を裏切ることはありません。在スロバキアの方はぜひお立ち寄りください。


なんといってもこの街はすばらしいですね。城下町だけあって、計算されて作られているのと、残っている史跡が美しい。

ひっそりと建っているはずのカトリックの教会も、







kezmarok kostol
門が一番古い?15世紀からの教会







kezmarok latin
スピッシュの特徴は教会とルネッサンス様式の鐘楼が別々に建っていること


楽しんだかって?
研修ですから、かなり疲れました。


では、続きはまた今度。

ポンセ






関連記事

コメント

時々拝読しておりますチェコとスロバキアが好きな人間です。いつか行ってみたくなります。ありがとうございます。

ポンセさんへ

こんばんは!
研修お疲れ様です。

木造教会は珍しいですね。
デンマークの教会はほとんどが石造りで、
祭壇には聖書の一節をモチーフにしているの油絵が描かれていました。ルーテル教会なので、カトリックと比べてシンプルでした。

教会もその国、宗派によって様式も違っているのでしょうね。v-519v-521

ご無沙汰してました。
とってもためになる話ありがとうございました。やはりヨーロッパには歴史の中で塗り替えられたり古いものと新しいものが織りなっているんでユニークな空間が生まれるんだろうね。

そして豚さんの捌き。。。若いのに、やっぱそう言う伝統があってこそ! いい仕事!
うきうきしました。

先週うちのこうちゃんが包丁を研ぎなおしてくれました。 今までは旦那か私がしていたのに 旦那がいなくても平気って気がしたよ。(笑)
お仕事大変忙しそうですね。
まだまだそちらは寒いでしょうし、季節の変わり目は体もストレスになるから。。。無理しないようにね。 
  • [2013/03/14 17:31]
  • URL |
  • カントリーママ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ダンサーの母上さま

こんにちは!

この指差し本は、実は優れものなんですよ。ガイドブックにもなっていて、他で売られているものよりも、詳しいんですよ。

筆者の亜郎さんも、スロバキアを愛していますから、内容が濃いんですよね。

ダンサーの母上様、どうぞスロバキアにいらしてくださいね。息子さんの踊りもどんな風に成長したのか、楽しみですね。やはり、お母さんは世界一番の息子ファンなんでしょうね!!

私までウキウキしてきました。
コメントありがとうございます。


christineさん

読み逃げありがとうございます。

とってもうれしいですよ。なんてったって、Kezmarokを知っている人がいることがすごい!!

日本でそちらからスロバキアを眺めているのって、どんな気持ちなんでしょうかね?

ぜひ、いつか近いうちにいらしてくださいね。私じゃなくても、お仕事関係のスロバキア人が、公私関係なく、親切に案内してくれることは間違いないと思います。

スロバキアの北、東って、自然と人間とすばらしいです!!

速攻のメールありがとうございました。

お疲れさまでした!

研鑽の日々を送っていらっしゃるようで…、頭が下がります。
それにしても素通りしちゃっているような所に、こんな素晴らしい建物たちがひっそりじゃなくて、ど~ん立っているとは!深いなあ。。。
今年中には、スロバキアにうかがいたいでーす。お勧め多くて全部は回れないと思いますが、行きたいところどんどん増えてます。

関連の本にあげていらっしゃる「旅の指さし会話帳」購入して息子に送りました。
ドイツ語圏にいるときにドイツ語版を持ち歩いていたようなので、きっとまた愛読書になること間違いなし!もちろん私が住んでいる田舎の本屋にあるわけもなく取り寄せました。こちらで紹介してなければこの本とは出会わなかったかも・・・助かりました!!

mizokichiさん

こんにちは!
一番乗り、ありがとうございます。

>スロバキアはやはりヨーロッパの影響が多いんでしょうね。

って、mizoさん、スロバキアはヨーロッパなんですけどね、、、。

ここは特に、家並みは城下町の造りが立派でしたよ。お城もしっかりと城壁に守られて残っていたし。

ボストンは大きそうですね~。しかもヨーロッパの影響が多いんでしょうね。v-7

まいどです。
教会は自分も好きで、アチコチ行っては教会の写真を撮っていますが、地域や場所により建築の特長が全く異なりますよね。自分が良く行くボストンにも異常なくらい教会がありますよ。スロバキアはやはりヨーロッパの影響が多いんでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/300-6238c0e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。