スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BFF (Best Friends Forever) 

今週はめっちゃ寒いです。

スロバキアの天気はこちら→スロバキアの天気予報


お日様、お願い!!もう少し一緒にいてください。せめて明日は晴れにしてください!!



そうそう、明日はラドのいとこで、サラの担任である「リュボ」の結婚式なんです。
写真でお見せできるといいのですが。お楽しみに!





さて、タイトルのBFFとは、「Best Friend Forever」と、娘のサラが教えてくれました。



「私とバイカ(同級生の名前)は、BFFなんだよ。」
と。


スロバキア読みだと「ぶ、ふ、ふ」になるので、最初聞いたときは意味がわからなかった私。




意味を知ったら、急に使いたくなった。




「ママのBFFはね、、、。」





果たして誰が私のBFFなんだろうか?
とっさに、顔が浮かび、沈み、今でも友達でいてくれているのかなぁ?と不安を感じた。



正直、娘がうらやましい。堂々と親友と心が通じあっていることが確認できて。
携帯を片手に、時間があれば友達とSMS(短いメッセージ)を送り合っている。今はそんな時代。





ベストフレンドなんだ。フォーエバーなんだ。
そっかぁ。いい響きだね。






「ぶ、ふ、ふ」







私だって、メールを書けばいいだけだもの。
気がつけば、もう半年以上も帰ってこない返事。
メールを書くことすら、恐くなってきた。



「今回一人で日本に行くので、ぜひ会おうね。時間空けておいてね。」




この一言を書く勇気がない。BFFなのにね。どんな返事が来るのだろう?





日本に着いた。家の掃除も大体めどが立ったので、友達に連絡をすることにした。
不安だった気持ちを、家のチリと一緒に吹き飛ばし、電話番号を押してみた。



不通。使われていない??




もう一人のBFFの実家が近いので、母の見舞いの帰りに行ってみた。


暮れる夕方。
まるで浦島太郎のように、見慣れない土地にしゃがみこみたくなった。
人が住んでいる気配がしない古い家と周囲の新興住宅地。不覚ながら、涙がこぼれた。



私、きっと不精をしていたんだ。ごめん、BFF!



家に戻ってメールを書いた。

「日本に戻ってきてます。連絡してなくてごめんね。連絡ください。」



来ました。3分もしないうちに実家の電話が鳴りました。
嬉しくって、階段から転ばないように気をつけたくらい、胸が高鳴りました。



頼もしい「ぶふふ」
お泊りで夜遅くまでおしゃべりしたり、翌日は実家の大掃除まで手伝ってもらったり、
空白の時間をジャンプして、過去10年と現在が繋がったみたいに、
まるでオールナイトでドライブをしていたあの頃みたいに、



三人寄れば文殊の知恵。頼もしい、たくましい、恐いもの知らずの私たちにもどった。



こうやって外国にても絆がある。ありがたい。
健康であれば、いつでも繋がる。
とても安らかな気持ちで日本を発つことができた。






「ぶふふ」ちゃんたち、いろいろとお世話になりました。
友達でいてくれて、ありがとう。久しぶりに会えて嬉しかったよ。
そして、これからもどうぞよろしくね!!


メールでは恥ずかしいので、ブログにて。




ポンセより



















関連記事

コメント

コメントありがとうございます!

こんにちは!

「はじめまして」の方からコメントをいただきました。お名前は出しませんが、
そうです!そこのあなたです。


スロバキアは美しくてダイナミックな自然と素朴な人々が魅力の国です。

そして人の暮らしは昔の日本のような、懐かしい気持ちになります。

心のまっすぐな人たちが多いです。

旅人にも親切な人が多いと思いますが、
やはりある程度は警戒心も持ってください。

どうぞスロバキアを楽しんでください。そして、ブログを読んでくださって、ありがとうございました。


スロバキアの感想など、コメントをお待ちしています。

今後とも、どうぞよろしくお願いします!


ポンセより

きなりM&Oのおかーやん

こんにちは!
「ぶふふ」って、聞いても意味がわからないから、いいでしょう?
いろいろな時空間を一緒に過ごしたり、離れてしまったり、また戻ったり。友達ってやっぱりいいものですよね。

記憶力のいい「ぶふふ」のおかげで、私も笑い転げてきました。

形のない宝物、大切にしてくださいね。

コメントありがとうございます。



ポンセさん、こんにちわ。
楽しい時間を過ごせてよかったですね~。
遠く離れていても「ぶふふ」は「ぶふふ」
なんですよね~。
ブログを見て感動してしまいました。
私は多感な時期を一緒に過ごした
「ぶふふ」が今も近くに居て何かと
集まっては馬鹿笑いしていますが、
改めて自分がどんなに恵まれている事か
思い知りました。
スロバキア読みで「ぶふふ」
気に入ったので使わせて頂きます。
おか~やんより

chihirkoさん

でしょ?

新しい出会い、日本でない国の人との友情、子供を通してのママ友。友人関係にも刺激や休息感があるけど、学生時代の友達ってのは、なんだか「落ち着く」んだよね。

きっと、お金もなく、見栄もなく、本音の付き合いだったからなんだろうなぁ。


うん、大切にしようね!

コメントありがとうございます!!

Chicaさん

こんにちは!

友達って、本音で話せるからいいよね。親は私たちに何かを残してくれるけど、先にいっちゃうから、心を支えあえる友達を失わないように、四季折々のグリーティングでも送るべきだよなぁ!って、私も実感したわ。

メールは便利だから、つい後回しになっちゃうんだもん。

手紙やはがきは字の練習にもなるし、「心」がこもるからいいよね。


私、「趣味は文通」だったから、、、v-3

今年のあと3ヶ月半だね!がんばっていきましょ!!
コメントありがとうございます。

私も

私のぶふふは誰かなぁ、なんて思いながら読みました。
新しい出会いがあって、新しい友達ができていく中、でもやっぱり私にとって今でもティーンエイジャーの頃に出会った友達って特別です。
そういう友達、大切にしないとダメですね!

お久しぶりです!

お久しぶりです!
最近、内容が暗いコンテンツばかりでごめんなさい!
日本に帰国されていたのですか?
私も2年弱帰っていないので、
そろそろ一時帰国したいです。

スロバキア語だと「ぶふふ」になるんですね。
なんだか可愛らしい響き・・・!
「ぶふふ」はいつまでも「ぶふふ」ですよね。
私もちゃんと友達に連絡しようと思いました。
今の時代はメールがありますものね。
とっても便利な時代に生まれたことに
感謝したいと思います!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/318-5dfb18e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。