スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロバキアの大統領選挙2014 

2月も残るは、、、「ゲッ!」明日だけ??
早~い!!やば~い!!

毎年のことですが、1年がスタートして、あっという間に12分の2、
すなわち1年の6分の1が過ぎちゃったんだわねぇ。
この辺りで、いつもスタートダッシュの遅い自分に嫌気がさしていたよなぁ。学生時代の私は。


なんだか2月はあまり好きではないなぁ。
好きでも嫌いでもどうでもいいことだけど、なんだか頭に浮かんだ言葉をそのまま書いてみました。


さて、タイトルの通り。
3月15日にスロバキアの大統領選挙の投票があります。
私は、スロバキア国民ではないので、選挙権はありません。

実は興味もないのですし、あまり見たくないお顔がテレビにでてくるので、

「くさいものにフタ」

状態で、見ぬ振りをしていますが、これから日本の皆様にちょっとだけウンチクをたれますね。



スロバキアには首相と大統領の二人がいます。

首相は政治担当のトップで、内閣をまとめる政治家の親分ですが、
大統領は国の親分、国の顔。

外交関係を良くするために他国に出向き、本国で歓迎する役割をこなしています。
また国の幸福発展のために文化的な行事などにも力を入れてます。
日本で例えるなら、天皇陛下の仕事の一部と似たような仕事をしていることになりますが、
何か大事な際の最終的な決定権を持っています。これは天皇と一番違うことです。


スロバキア貴族の名前を聞けば、「あの一家の末裔だ」とわかりますが、
大統領が貴族の末裔である必要はありません。
今はみな平等ですし、それなら政治家のほうが優遇されているかもしれません。



末裔、子孫については、なぜか名前だけで期待してしまったり、
反感してしまったり、その辺は日本と同じですね。(政治ね)


大統領は5年任期で連続2回までは在位できます。
大統領官邸は首都のブラチスラヴァにあるグラサルコヴィッチ宮殿です。


さて、この宮殿に新しく住むことになるのは誰でしょうか???




ほほ決定しているも同然。。。。それは現首相の彼かな?


ちまたでは、彼を「ハイズリ」と表現する?私が耳にすることが多いく、
もちろん、これはよい言葉ではありません。


この人が初めて首相になったころは、それでも精悍な顔つきでしたが、
今はかの有名な「メチアル」とおなじ顔に見えます。


めちゃくちゃ弁が立つので、私には当時からオウム真理教の上祐に見えていましたが、
他に彼に匹敵する人材がいないのだからしょうがないのです。


先日、私の住むバンスカービストリツァ県で県知事選挙がありましたが、
首相の政党に反発し、住民が選らんだのは、新ナチス的な言動のある新しいタイプの政治家。


敵も多いことながら、「流れ」を止めるの難しそうですね。
政治に表向き、関与できないわけだから、、、と思っている人も少なくないはず。


テレビでの支持率表などを見ると、2位との差も大きく。



そうそう、大統領選挙は第1次選挙(3月15日)でトップ二人を選び、
2週間後にその二人のどちらを選ぶかの一騎打ちで決定します。





今朝の会話。


夫:「ニコライ、お前の選挙権なんで来ないのかな?」

ニコライ:「だって、3月15日はまだ17歳だからじゃない?」


夫:「じゃあ、2次選には投票できるのかな?」


ニコライ:「どうせ行かないから、どうでもいいよ。」







もうすぐ息子の18歳の誕生日。
そっちのほうが、私にも一大事です。
日本では二十歳が大人ですが、スロバキアでは18歳から大人デビュー。
酒にタバコに解禁だぁ~!

はぁ~、うれしいような、うれしくないような。。。




月末ですが、がんばっていきましょ!!
関連記事

コメント

duck4さん

こんにちは!

お久しぶりです。川で泳ぐ鴨を見るたびにduck4さんを思い出しています。

そして、難しい質問をありがとうございます。

スロバキアは「共和制」です。
改めて日本の「立憲君主制」との違いを確認しました。

そういえば、誰かに、日本の政治について説明したこともないですね。(私に聞いても無駄だと思っているのでは?)

ただ、「また新首相誕生だね。」とか、「昭和天皇って見たことある?」とか、そんなことを聞かれたりしたことはありますね。


duck4さん、コメントありがとうございます!!

スロバキアの大統領選から!

ポンセさんへ

こんばんは!

スロバキアは、大統領が国の長で、首相が政治を司るトップなんですね。アメリカの大統領のように権限が強くなくて、任期ありの名誉職のようなものでしょうか!?そうすると、政治の実権は首相でしょうかね。ドイツのメルケル首相のように。

ヨーロッパの国々は、共和制の国。デンマークやイギリスのような立憲君主制の国があり、外国人に日本は、どんな政治体制と聞かれると、困ってしまうことがあります。君臨すれど統治せず!のデンマーク、イギリスの政治体制に似ている答えてしまいます。

ポンセさんがスロバキア人の友人、知人に説明するときには、どのように説明しているのでしょうか。

スロバキアの大統領選からとんだところに飛んでしまいました!v-519v-521



Chihirkoさん

こんにちは!

赤ちゃんももうすぐ1ヶ月ですね!!
かわいいよね~。

クルピナの投票率が100パーセントのわけないじゃない!?

だって、私は行かなかったよ。

もともと、「だれに投票すればいいかわからない。」誰もが噂していたんだけど、第一次予選で通過するはずだった大物政治家が落選して、例のネオナチが予選を通過しちゃって、決勝は3人から選ぶことになっていたんだけど、本当に番狂わせだったよね。

バンスカービストリツァは反ナチスでスロバキア人が蜂起を起した原点なのに、その町が皮肉にも新ナチを知事に選んだって、チェコに思い切り叩かれました。
ポーランドにもチェコにも強制収容所があるけど、スロバキアにはそんな場所はないよね。

なんか暗い話題になってきた。

F氏の顔をみるたびに、目をそらしてしまうよ。チャンネルかえちゃう。


見守りましょうね。(楽観的結論)


コメントありがとうございます。

2月ももう終わりですか?!

これを読んではっとさせられました。
2月ももう終わりですか!?早い!

大統領選、どうなるのでしょうね。
私もここポプラドからも候補者が二人出ているので少し興味を持っていたところです。
大統領、直接国民が選ぶことができるっていうのは良いですよね。
大統領選に私たちは投票権はありませんが、県知事と議員(かな?)の投票権があることには驚きました。マルツェルに説明してもらい、私も投票しました。
ニコライくん、政治にもちゃんと興味を持ってくれると良いですね。マルツェルが言っていましたが、その県知事選のときのポンセさんのいらっしゃるクルピナの投票率は100パーセントだったそうじゃないですか?すごい町だなぁと思ってその話を聞きました。私たちのところは確か49パーセントとかそんなだったと思います。

成人、親としてはやっぱり複雑な思いなのですね。
でも、まずはお子様を立派に大人になるまで育て上げたママポンセさん、おめでとうございます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/337-0452d2f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。