スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レルヒ少佐 

すっかり春めいてきました。
庭のクロッカスがピークを迎えています。


日差しも強く、空気は冷たいのですが、日焼け止めを塗らないと、
知らないうちに、「シミソバカスおばちゃん」の一丁上がりとなりそうです。


今朝、面白いメールをいただきました。
それから調べると、面白い、面白い。

なんだか、道をあるいていて100円拾ったような、

ちょっと得した気分です!





タイトルのとおりですが、皆さんはレルヒさんをご存知ですか?

私の地元、千葉県船橋市は全国的にも有名な「ふなっしー」がゆるキャラなのですが、
レルヒさんは新潟県の代表だそうですね。


レルヒさんの公式ページはこちら→クリックしてみてね!



でも、私のご紹介したかったのは、実在の人物です。クリックしてみてください。

テオドール エデール ヴォン レルヒ(Theodor Edler von Lerch)はぁ~、長い名前だ!



ウィキペディより、簡潔な一文で紹介されているところによると、

テオドール・エードラー・フォン・レルヒ
(Theodor Edler von Lerch、
1869年8月31日 - 1945年12月24日)は
オーストリア=ハンガリー帝国の軍人
最終階級は陸軍少将

日本で初めて、本格的なスキー指導をおこなった人物である
国内では一般的には「レルヒ少佐」と呼ばれる





お生まれは、我がスロバキアの首都ブラチスラヴァだそうですが、
当時はオーストリア・ハンガリー二重帝国だったため、
都市名もプレスブルグ(ドイツ語)と書かれています。

この人の血統がハンガリー系統ならば、プレスブルグではなくて、
ポジョニー(ハンガリー語での都市名)とあったのだろう。






話を戻して、




レルヒ少佐とスキーについて、
1911年(明治44年)1月12日に歩兵第58連隊の営庭を利用し
鶴見宜信大尉ら14名のスキー専修員に技術を伝授したことが、
日本での本格的なスキー普及の第一歩とされている。
また、これにちなみ毎年1月12日が「スキーの日」とされている。





新潟県上越市高田の金谷山でも、スキーの指導が行われたそうで、
スキー場にはレルヒ少佐の銅像があり、スキー発祥の地の碑あり、
スキー発祥記念館まである。(びっくり!!)




そして、私が一番驚いたのは、日本の皆さんはとっくにご存知でしょうが、



あのスキージャンプの清水選手の名前はなんとこのレルヒ少佐からだそうで、
清水礼留飛選手についてクリック→"
ああ、オリンピック前に知っておきたかったわぁ。楽しみ倍増しただろう。


スキージャンプの日本チームはすごかったですよね~。
もう20年近く前ですが、毎週見ていましたよ。
ユーロスポーツというチャンネルがあって、スロバキア語のわからない私は、
F1ことフォーミュラーとスキージャンプを見るのが、
日曜日の楽しみでした。


岡部孝信選手のジャンプが一番好きでした。
黒いユニフォームは、美しいカラスを見ているようで、
うっとり。


船木選手は体がでかいので、テレビ画面からはみ出しながらも、
めちゃくちゃ強かったですね~。



そしてレジェンドと呼ばれる葛西選手は
いつも「あとちょっとなんだよなぁ~」と、心の中で思ってましたが、
大きく花開いて本当によかった。



異国の地で言葉がわからないけど、
テレビの画面から、日本人であることを意識させてくれた
日本の選手たち。
「がんばれ~」と心の中で応援しながら、
あの勇姿に、私のほうが元気をもらっていたなぁ。


そんな思い入れのあるスキージャンプ。



旧姓と同じTAKECUHIという名前も見て隠れしていて、
オリンピックはドキドキでした。



メダルの記事をインターネットで読んで、
清水選手の名前をみて???



ハーフ君??すごい漢字だなぁ!どこの人?
(いや、読めませんでした。。。。。)
まったくのスルーで過ごした私、懺悔が必要だわね。



こんなところにスロバキア関連があったとはね~。
世の中広いわ。





そしてみなさん

スロバキアは案外あなたの身近にあるのかもしれませんよ?


ふっ ふっ ふっ(不気味な微笑みのつもりで)



つづく


今日は3月11日。東北大震災を忘れることはありません。










関連記事

コメント

Samansaさん

こんにちは!

お孫ちゃんとの至福の時間をお過ごしの様子、いいですねぇ~。

まだ「ゆったり、まったり」でしょうか?もう、忙しくて目がまわりそうですか?

清水選手はまだ20代の若い選手ですから、これからまだ20年は活躍できるかもしれないですよね。成長が楽しみです。


ちなみに、レルヒは苗字なんですよ。
こちらでは、レルヒ氏のことは知られていません。

清水選手に活躍してもらわなきゃ。
どうぞ応援してゆきましょうね!!


コメントありがとうございます。

ガビーさん

こんにちは!

生の岡部選手を見たのですね!!!
うらやましい。。。ジャンル構わず、

「本物をこの目で見る!」

というのが私の信条です。
岡部選手、今季で引退らしいですよね。
残念。。。


今朝はF1を朝7時からテレビ観戦。以前は個人やチームに興味を持ってみていたのですが、最近は試合が終わった後、勝ち負け関係なく、勇姿を称える気持ちが大きくなってきました。
年をとったってことかなぁ??v-48


縁って本当に面白いですよね。

コメントありがとうございます!!

こんばんは

孫と過ごす時間に費やされて、ブログはご無沙汰なのですが、久しぶりに皆さんの所にお邪魔させて頂きました。

そうそう、私もこの人何という名前!「清水礼留飛」大抵、親は子どもの名前はそれなりの意味を持った名前をつけるじゃないですか。それにしてもどういう意味?と思いながら見ていたので、今更ですがあ~そうなんだと理解させて頂きました。ありがとうございます。でないとずっと「変な名前」という印象だけが残ったと思います。やはり意味があったのですね。深い意味が!
  • [2014/03/15 21:46]
  • URL |
  • Samansa
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ジャンプ、僕も大好き!

ジャンプ競技、僕も大好きです!好きなスポーツはやってみたくなるものですが、ジャンプは絶対に何があっても自分にはできない、という点で畏敬の念すらもっています。4年前に札幌へ行った時に、初めて生で見ましたが、恐れ入りましたとしかいいようのない迫力!なんであんなことができるんだろう。ちなみに、岡部選手が大ジャンプで優勝した日でした。

レルヒ少佐のお話は、確かに、志水選手の名前から五輪中によくメディアに出ていました。が、ゆるキャラのことは僕、知りませんでした!縁て面白いですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/338-ffafa11b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。