スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院に行きました 

娘のサラはスポーツギャルなので、学校代表でいろいろな試合にでかける。



3日前は女子のバレーボールの試合で選手として出場。
一昨日は男子のバレーボールの試合で、




「君のお父さんはいいカメラを持っているよな!」




と言ったかは知らないが、
体育の先生に頼まれて、授業を受けずに試合の撮影にでかけた。
(スロバキアの学校って、楽だよなぁ~)



そして、昨日はハンドボールの試合があり、これまた授業にはでなくてよく、
選手として隣村へ遠征。
そういう日は、給食も食べないで比較的早くに家に戻ってくる。



あれ?




こめかみに引っ掻き傷があるよ???






「うん、知らない子にやられた。」






ハンドボールは激しいんだね。
そして、




「ほら!」





左だったかな?薬指の第2関節の色が、青く、緑になって、腫れている。
これは間違いない。ヒビが入ったね。
 


すでに、午後の2時をすぎているので、地元の病院はおしまい!
田舎ですもの、レントゲン技師は1時半には家に帰ってしまいます。
あとは救急しかない。片道30分かけて行って、サドルをして終わりでしょ?


「痛い?」



と聞くと、それほど痛くもない様子だし、





「明日でいいね!」



私と娘の意見が一致。のんきなものです。




いつも嫌なのが、病院ってとにかく混んでいませんか?
スロバキアもそうなんですよ。

しかも、スロバキアの診療は朝の7時からだったりするので、
皆さん超せっかち??と、思いたくなるのだが、
私がのろまなのだろうなぁ。


血液検査は7時半や8時までに来るように言われる。
それでも私は、言われたぎりぎりの時間にしか到着できない人間だ。


そして未だに混乱していて、はっきりわからないのは、
最初に個人医に行く必要があるかどうか?


耳が痛いけど、まずは個人医に行く。
そこで紹介状を書いてもらい耳鼻科へ行く。


目が痛い。眼科に行きたいけど、まずは個人医に行く。


骨折しているのに、まずはホームドクターへ??
いいえ、その場合は外科に直接行っても大丈夫。


大きな町に住んでいたときは、住所によって、医者が決まっていた。
私は今、娘の同級生のお父さんに診てもらっている。
なぜって、知り合いが一番信用できるからだ。



今日は、サラの指のヒビで外科に朝からでかけた。
病院なので待合室は長い廊下だった。
10人くらい待っている人がいた。


番号札などがあるところは、親切でいいなぁ、と思う。
見知らぬ人たちに見られるのは、とても緊張する。



そして、

「最後の人は誰ですか?」


「みなさん、このお医者さんへ並んでいるのですか?」


などと、聞かなくては自分の順番がわからない。
これがたまらなく苦痛である。。。。。


しかし、聞かないととんでもないことになる。


10人以上も人がいると、全員を大体覚えるのだが、
順番が把握できない。
途中で、看護婦さんの知り合いなどが、
順番を飛ばして入って来たり、抜けたりすると、
私はパニックになる。

混んでいる時や、小児科では特に、
なぜか、順番を飛ばされそうになることもある。
ものすごく腹が立つ。


そういう時は、
自分は誰の後に来たと主張しなくてはいけない。



「あなたは、私よりももっと後に来たわよね。ねっ?ねっ?」


と、周囲の人に同意を求めるアピールをしなくてはならない。


この辺が本当に苦手なんだよなぁ。。。
でも、主張する前に、


「なんなの?人種差別なわけ?」


と、悲観的になってしまわないように。


スロバキア人は他人に興味のない人、
いや、自分と自分の子供や家族が大切な人が多いだけだ。






お年寄りの「順番奉行」が取り締まってくれると助かる。



「あなたも行くの?じゃあ、あの人の次だよ。」



などと親切に大きな声で、教えてくれたりする。
これは大変ありがたい。周囲への十分なアピールになるからだ。


今日は、この「待機」が3ヶ所もあったので、大変疲れた。






いつも思う。


日本の病院はエスカレート式、ところてんスタイル、自動車教習所だ。
順番がくれば、確実に次へ進む。
誰かがなんとかお尻を押してくれる。
知らないうちに終わる。
番号札だってある。
順番があって、それを皆が守るってのはすごいことなんですよ。


スロバキアの番号札は透明だ!!
あるようで、ないようで、あるんだけど、見えないから、
まぁいいや。
主張しない人と、聞かない人の損なだけ。


命だって、そうだ。
お医者さんに、聞かないとだめた。言わないとだめ。
なんでもアピールしなきゃ。




うん、なんかね。道徳がないとか、そういうレベルの話でもない。
ただの習慣の違いなんだろうなぁ。


スロバキア在が長くても、こんなことでパワーを落としているようじゃ、
わたしもまだまだ、だね!










関連記事

コメント

Chihirkoさん

こんにちは!

予約料が高すぎて、目が点になるかとおもったわ~!!

このあたりは2ユーロかな?
今日は息子がぎっくり腰になり、またもや小児科へ、、、。それから外科ではなくて、整形外科にまわされたのもの、
午後1時半からの受付で予約の人が20人いるので、予約なしの人はたぶん、午後6時ごろ。
ぎっくり腰なのに、座って待てないよね。
どうしよう、、、。

本当に、小さな町ってこういう時に嫌になるわ。

救急に行って正解だよ!下痢がはやっているみたいよね。

お大事に。
お互いに、自分の体が第一だからね!
家族の健康はその次かも?共倒れはできないもんね!!

コメントありがとうございます。

すごくわかります!

まずは個人医へ行くのかどうか、そして病院での待ち時間、診察待ちの人たちの順番、もうそんなことを考えると億劫になりますよね。
産後ロタウィルスに病院で感染し、ひどい下痢で病院に行きたかったとき、本来なら個人医のところにまず行かないとならないのでしょうけれど、生後一週間の子がいるのにまともに個人医に行き、待ち、そしてそこからどこかへ紹介されて行くなんてとてもできそうにないと思い、迷った挙句に夜中に救急へ行った私。
周囲からは下痢くらいで救急に行ったなんて・・・と見られたと思うのですが、正直まともに順番待ちする体力も気力もありませんでした。

最近うちの方は予約もできるようになったところがちらほらあるんですが、予約料金7ユーロもかかるんです。ぼったくってますよね。

はぁ、そういうあれこれが苦手だからなおさら、健康第一!なんて思ってしまいます。

サラちゃん、スポーツ少女なんて格好いいですね!
指の怪我も早く良くなりますように!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/340-662d7b30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。