スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12のつきのおくりもの スロバキア民話 

ここ数日はすっかり冬の気温になり、
夜は「マイナスかな?」

と感じるような、「ピキッ」と寒気(かんき)が続いています


その数日前には、うちの庭先にラズベリーの実がなっていました。
ラズベリーはスロバキア語では「マリナ」です。

なんだか女性の名前みたいで、愛嬌がありますよね。


日本だと、信州とかでしか食べることができないような?
そんな感覚でとらえれいますが、入手は簡単ですか?


この植物は意外とタフで、挿しておけば勝手に成長してくれる気がします。


そして、水と太陽があれば、大豊作!
枝にはトゲがありますが、イチゴほど難しくないかもしれません。

いつもは、6,7,8月の食べ物なんですけど、
今年はず~っと、実がなっていました。


20141118_130954.jpg
写真に撮ったのが、11月18日付けでした


その姿を見て、ラドママがいいました。

「これなら森に行って、イチゴがみつけられそうだわ」



日本からいらしたお客様が、読み聞かせのボランティアをしていて

「12のつきのおくりもの スロバキア民話」

このお話が大好きだそうで、そんな会話でラドの叔母と盛り上がったのを思い出した。


へぇ、スロバキアのお話だったんだ。

12のつきのおくりもの―スロバキア民話 (こどものともセレクション)12のつきのおくりもの―スロバキア民話 (こどものともセレクション)
(2006/01/25)
内田 莉莎子(再話)

商品詳細を見る








12の月たち―スロヴァキア地方の昔話 (ミキハウスの絵本)12の月たち―スロヴァキア地方の昔話 (ミキハウスの絵本)
(1991/11)
不明

商品詳細を見る








私にしてみると、「森は生きている」のほうが、
記憶に残っているタイトルなんですけど、
これはオリジナルがロシアになっているし。

毎年、クリスマスや新年に放送される「Mrazík」(ムラズィーク)という映画も、
この「森は生きている」だと思う。






どちらも同じ話だと思いますが、、、、。
どっちでもいい。

声を大にして言いたいのは、

私もこのお話が大好きだ!


冬の夜の森に出かけてゆくなんて、子供の私にはできなかった。
(今でもできないけど)
その勇気にあこがれたような。

みなさんも、お好きですか??



そして、もうひとつ。
いつか読みたいなぁ!と思っている話がある。

「なないろのはなびら」


探したら、絶版になっているとありました。

願い事をかなえてくれる、七色の花びらを持つ花を手に入れ少女が、
最後の一枚に、公園で出会った歩けない男の子の足を治すように願い、
仲良く遊べるようになる話。
(私の解釈)

以前、スロバキアの子供番組のアニメで見たことがあって、
同じものを日本でもみたような気がする。
小学校5,6年生くらいのときだったかなぁ?

いいはなしだなぁ~!

って、ものすごーく感動したもん。

テレビでもいいからみたいなぁ。

この話もロシア人が作った話だそうです。


情緒豊かな人間味のある生活をしている民俗なんでしょうね。
ロシアじゃ散々な目にあいましたけどね。。。

その話はまた今度。


みなさん、ブログへの訪問ありがとうございます!!














関連記事

コメント

プラハ@なおこさん

こんにちは!

はじめまして!!

お隣の国ですけど、本当にそちらまで行くチャンスは少ないのですが、今年の夏に、仕事で行きました。

あまりに都会で、人当たりし、目が痛くなり、つい「緑」を探している自分に気がつき、笑ってしまいました。

なおこさんのお宿はどちらかといえば、郊外でしょうか??だといいなぁ~。

プラハにも日本人の友達がいるんですよ。スロバキア人と結婚しています。


スロバキア語のほうが、やわらかいですよね。チェコ語は、はっきりした音が強いので、叱られているのか?ケンカを吹っかけられているの?と、困惑してしまいました。そういう時は、英語で話すほうがよかったりして。

まだまだ未熟者ですが、
どうぞよろしくお願いします。


コメントありがとうございます。



yokoblueplanetさん

こんにちは!

暖冬ですね~。今日も雨は降っていますが、雪になる気配がしません。

とってもさびしい感じです。ホワイトクリスマスになるのかなぁ???


そういえば、「へびイチゴ」なんて、名前で野生のイチゴを採ったような記憶があったりして。

昔は桑の実も食べたりしたけど、今は桑や蚕も「なにそれ?」って感覚でしょうね。

カエデは改めて画像を見たら、木なんですね。私はヤツデと勘違いしていました。恥ずかしい。

そういえば、「雪の女王」(アンナとじゃなくて)って、話でしたね~。

男の子は柊の葉(ヒイラギ)をお守り代わりに持ってないと、雪の女王に連れてゆかれてしまう話。


あれも大好きなお話でした。。。

私、女性の冒険物が好きなのかな?

コメントありがとうございます。



はじめまして

書き込みありがとうございました。近くて遠い国のスロバキア・・子供たちのお友達にはスロバキア人も多いしそちらの大学に留学しているアスリートの日本人友達もいるのですが・・ちなみに子供たちはスロバキア語の響きが大好きらしいです。でも日記を読んでいるとやはりもともとひとつの国だったんだナァって・・感じさせられます。日記楽しみにしています。機会がありましたら是非プラハにも遊びに来てくださいね。

キイチゴ

こんばんは。
日本にも自生のキイチゴが複数種あって、雑木林の縁等に群生していたりしますが、最近は里山の手入れもされなくなったので、近くではほぼ消えてしまっているような。。。
カエデの葉のような種類のものは、時折見掛けますが、少なくなりました。美味しいんですけど。。。
所で、今年は暖冬ですか(今までの所)?
森の中でイチゴは見つかったでしょうか?
ヨーロッパの森に関する話は、恐ろしいものから可愛らしいものまでありますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/360-c57098b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。