愛しのシロガネ(白銀の世界) 

毎日、毎朝、白銀の世界を期待して窓の外をみるのですが、
ああ、またしても雨模様。道路がぬれている。

寒いのは嫌いなんですけど、いつになったら雪が降るのかしら?
ちゃんとした降雪、ちゃんとした冬。
これが一番のクリスマスプレゼントです!!!

庭の掃除もしなきゃいけないし、、、雪が降れば隠してくれるけど、
落ち葉も拾わなきゃかっこ悪いし、、、、、
近いものね。




昨日の朝、ベンちゃんと車で保育園に行った。
車のフロントグラスに雪が少したまっていたので、
小さな雪だるまを作ってあげた。

保育園の中に持ってゆくと言い出し、私は困った。

外に置いておけば、子供たちにも見てもらえて、みんなが喜ぶし、
きっと解けないだろうから、帰りに持って行こう!!


説得はむなしく、通園時間にも限りがあり、仕方なく頑固者の思うが侭、
教室前のロッカールームへ雪だるまと一緒に通園となる。

さて、どうしようか?


クラスに持ってゆくと解けちゃうから、ロッカーに置いて行くと言い張るべんちゃん。
指きりげんまん、
「きっと解けてちゃうよ。雪だるまはいなくなるけど、泣いちゃだめだよ!」


雪だるまが解けて、水になることをベンちゃんは知らない。
だから、学んで欲しかった。




午後、ラドママがベンちゃんを迎えに行ってくれた。
そして、帰ってくるなり、


「今朝べんちゃんと一緒に通園したのはだれ?」

???
何か言いたそうな気配。


私 :「私だけど、どうして?」
ラドママ:「なんで、雪だるまをロッカーに入れて置くの?ジャンバーの袖がびしょぬれよ。
       風邪でもひいたらどうするの?」

私:「、、、、、。(しまった!ぬれないように隅っこにやったのに)」

べんちゃん:「雪だるまがいなくなった。どこにあるの?」

私:「ほら、袖がぬれているでしょ。雪だるまは解けて水になって、、、」

そんな説明は無用だった。

雪だるまの水分は袖に吸収されたので、水の姿も見ていないのだろう。

ラドママ:「捨てればよかったのに。ぬれたジャンバーで帰ってきたから、手が冷たいわよ」


う~ん、まあそうなることは想定内。セーターを着せてその上にジャンパーだから、
冷たいとは感じないだろう!と、楽観していたが、ラドママはセーターを見つけられなかった様子で、
セーターなしで帰ってきた。


私の「学びの心」も作戦失敗。

自分で直接、最後までフォローしなかったのが、何よりも大きなミス。


ここ数年、雪がないので、ベンちゃんは雪を覚えていない。
めちゃくちゃ、氷が好きで、

「こりこり]

と、自分で冷凍庫を開け、氷皿に水を入れて氷の準備をするくらい。
(ってことは、オヌシ、水と氷の関係を知ってるじゃん!!)


雪がたくさん降ると、子供はこれを食べたがる。
砂糖みたいに真っ白だから。

これもまた「汚い!!」と、大人が声を大きくして叱ることのひとつである。
(降りたては私だって食べたいから、見てない振りしてます)

結晶や霜がフェンスについていたりすると、なめてしまわないか注意。
舌が鉄に張り付き、はがれなくなるからだそうだ。


雪国育ちでない私にとって、雪は神秘の塊である。


白いじゅうたんに寝転んで、で、手足をバタバタさせて、
天使の絵を作りたい。




天の神様、
クリスマスプレゼントの件ですが、「金のネックレス」も欲しいけど、
/今年は、解ける「シロガネ(白銀)」をよろしくお願いします












関連記事

コメント

ご無沙汰しております

ご無沙汰しております。

うちの息子は、私がゴキブリ退治したのを見て、大泣きしました!どうもカブトムシと見分けがつかなかったようです。
子供の理解って大人とはかけ離れていて、不思議・・・と今は思えますが、当時はこんな区別もつかないなんて大丈夫かしたと真剣に思ったものです。

さて、息子の話で恐縮ですが、

スロバキア国立劇場バレエでは、11月の終わりより「くるみ割り人形」の公演が続いています。
今回息子が初めての主役をつとめておりまして、12月27日の11時公演を見に行くことにしました。
「くるみ割り人形」は昨年末にリニューアルした作品で、その時には女性の主役に日本人ダンサー(Erina Akatuka)が抜擢されました。
今回引き続き、その方も主役つとめるのですが、その相手、王子役に息子(Yuki Kaminaka)が抜擢されたようです。

日本人ペアの主役の公演は4回、最後が27日で、それを何とか日程をさいて観に行くことにしました。
急なことで、日程も2泊1日強行軍でお目にかかることもかないませんが~

スロバキアを満喫するのは、またの機会にとっておきます。

スロバキアのバレエ団は、他国のバレエ団と同じように国際色豊かです。日本人だからではなく、バレエにご興味を持っていただいて、劇場に足をお運びいただく機会があれば幸いです。

はやとうりさん

こんにちは!

少し前進しましたか?亀のスピードでお願いしますよ!!

自分の体力と気力、すなわち目線が3歳児に合わせられなくなってきていて、
それで年齢を意識するようになってきました。

20~30代は、肌の手入れなんて気にしたこともなかったんですけど、
最近「手遅れにならないうちに」(いや、もう手遅れだって)と、焦り始めました。

自分ケアと子供の目覚しい成長の両立は本当にバランスが取りづらいですね!

あははe-454

笑って過ごすしかないです。開き直ってます!!

コメントありがとうございます。(大感激)

きなりのおかーやん

こんにちは!

コメント1番乗りしてもらったのに、返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。

このごろ、PCの調子が悪くて油断すると、誤字があったりして、実は返事も書いたのに、間違って消してしまったみたいです。言い訳ばかりですけど、本当にごめんなさい。

雪って、やっぱり神秘ですよね。
「雪の女王」とまで行かなくても、妖精がいるかもしれないですよね。

その年ごとに、「ああ、またやって来た!」って、生命体と出会うような気持ち。

これ、私だけが思うのかな?

この冬、おかーやんも、息子君たちと雪の上ではじけてね!!

コメントありがとうございます。

ポンセさん こんにちは♪

お久しぶりです その節は的確なお見舞いの言葉を頂けて感動しました
ありがとうございます
ベンちゃんに対する貴方の対応正しかったと思いますよ
お姑さんはいろいろ言うでしょうけどね(笑
仕方がないよね
5番目のベンちゃん 頑固者 なかなか頼もしいと思いますよ 子供の教育は難しいよね
頑張れ母さん!!
クリスマスには雪が降りますように

J.A.ガビーさん

こんにちは!

私が生まれた日は雪が降ったそうで、小さい頃は「私は白雪姫に違いない!」と、真剣に思い込んでいました。

雪がイベント的にちょっと降ってくれると、楽しいけど、たくさん降ると大変!

子供とソリで通園したり、車の運転がめちゃくちゃ恐い。近くの町は孤立するときもあるので、実生活で雪が降るのは困る。

雪国の人の心構えを未だに覚えていない私ですが、雪だるまは子供に任せ、無心に「かまくら」を作れる冬は最高に幸せなんです。。。

スキーは何年もやってないなぁ~。こっちの人はみんなマイスキーとか、スケートもマイシューズなんですよ。。。


本日も雨でした。
今年は買っても使う日がなさそう。


ホワイトクリスマス、神頼みです!

yokoblueplanetさん

こんにちは!


可愛いですけど、あちらは本気ですから、真剣に怒っているので、手がかかります。
ベンちゃんはめちゃくちゃ頑固君で、5番目の甘やかされっ子なので、本当にふ~。すでに、私は息切れ状態です。



このまま大きくなったらどうしましょう!!ですよ。

ガビーさんからのコメントにもあったように、「少年の心」を持ち続ける人もいるようですし、「三つ子の魂百まで」ですから、ちょうどベンちゃんの今を指していますよね。。。ああ、先が思いやられるぅ~~~~。


本日もまた雨なり!
ホワイトクリスマス、夢みてます。

コメントありがとうございます。

わかる!

雪っていいですよねぇ。僕も雪国育ちではないので、大好きです。寒いのは苦手ですが、雪だけは別。お子様達に負けないほど喜ぶかも。

ホワイトクリスマスになるといいですね。

何と可愛い!

こんばんは。
水と雪、水と氷、子供の頭の中は可愛い!って、自分の過去の事は忘れてしまってます。。。
あの時代の新鮮な驚きをいつまでも持続できていたら、世の中、変わるでしょうね。
何となく勿体ない事してます、大人になる過程で。
雪のクリスマスになりますように!

こんにちは。
雪がちゃんと降るのがプレゼントか~

そうですね、私は雪国育ちなので
冬には雪が降るのが当たり前になっています。

こどもの頃はそれはそれは楽しみでした
雪を食べたりゆきのなかをかけまわって
寒いなんて思ったことなかったな~
雪と遊んだ楽しい思い出は数え切れないほど・・・

雪にたいする新鮮な気持ちを
思い出しました。
今年は雪を楽しみたいと思います。

ポンセさんの「学びの心」
失敗じゃないと思いますよ♪
ベンちゃんはしっかり学んだはずですよ。
ちゃんと濡れたジャンバーで
帰ってきたんだからさ。
ジャンバー濡れたくらいでは
風邪引きませんから~

スロバキアにも雪ふるといいですね。
おか~やんでした。
  • [2014/12/04 13:57]
  • URL |
  •  きなりM&O
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/361-6186c5ad