インターネットで買い物しますか? 

ちょっとばかり晴天が続くが、先週はまたもや頭痛でダウン。
あまり大きな声では言えないが、携帯で遊びすぎではないか?と、
恥ずかしくて、夫に怒られそうで、誰にも言えない。

子供のゲームの面倒を見たり(飼育系)、漫画を読んだり。
夜中、真っ暗な部屋で携帯を見ている私。
多分、上を向く姿勢が良くない?
血が頭に上らない?

まあ、自粛したら、かなりよくなりましたので、
風邪の時は、目を使わないのが一番ですね。


さて、本日はみなさんに質問ですが、
インターネットで買い物をしますか?


私は最近、コンタクトレンズを買いました。
お店で買うほうが、やっぱりちょっと高いかなぁ?
この間インターネットで買ったら、10個のおまけがついてきた。

ちなみに使い捨てコンタクトレンズを使用しています。
使い捨ては、保存水も不要だし(念のため持っているけど)
コンタクトレンズの水って、こちらには割引などのない正規料金なので、
お買い得がなく、結構高い。
そういう理由もあって、ここ数年は使い捨てを利用。

とはいえ、45の山を過ぎてから、どうも老眼を感じるので、
いつもは裸眼で、遠近用のメガネをかけています。

人前に出るとき、仕事とか誰かと会うときなどは、
無理してコンタクト。
すると見えない小さな文字、、、、、。

一昨年のこと。
グループ旅行の添乗員さんと、照明の暗いホテルで名簿を照らし合わせていたら、
「これ、印刷の文字が小さすぎましたね」

と、お客さんの名前が読めず、お互いに顔を見合わす始末。
大笑いでした。苦笑だ!


さて、本題から離れてしまう前に、インターネットで買い物ですが、

私の欲しいものは、コーヒーメーカー、ハンドミキサー、ベッド。

地元の電気屋さんだと、ブランドものがなくて、安い品物ばかり。
品揃えがいまひとつ、、、。
そして、故障した場合は、EUの決まりで30日間の修理期限があり、
最低1か月は「修理中」ということで、帰ってくるのを待たないといけない。

日本のデパートだと、(だからかなぁ?)
買って1週間以内だと、売り場にレシートと本体を持って行けば、
新品と交換してくれたりしませんか?
スロバキアはこれはあり得ない。

以前、ラドパパが大型電気屋で買った電気湯沸しポット(ヤカンスタイル)が
1週間もしないで壊れたので、

「こんなのもういらないから、もう少しまともな品を売ってくれ!」

と、同じ額の、別の会社の品と交換してきたことがあった。

また、
ラドママが地元の電気屋さんで買ったハンドミキサーが故障したときは、
「修理に出すから」と30日待たされた。
別の商品と取り換えてくれることもなかった。

そういう理由で、ラドの両親は家電は大型店で買うようにと、
アドバイスをしてくれた。


しかし、うちの場合は大型電気店までの交通費を考えると、どうかなぁ?
どっちが得ともいえないのだ。


夫のラドは、ほとんどすべての電化製品はインターネットで購入。

インターネットだと、かなり安くなっていて、送料を込みでも
まあ納得のお値段。



私の欲しい、小さな家電だと、どうなんでしょうね?

日本のように、通販の番組もやっていますけど、
私はテレビを見なくなってしまっているので、よくわからない。


日本だと、地元のお店だと顔見知りで親切にしてくれるし、文句も言える。
サービスと称して、プラスを期待できるのだが、

スロバキアは「サービスって、なあに?」
地元だから、「だから、なあに?」

すべてインターネットを頼ってしまうのは、そういう時代なんでしょうね。


ベッド(家具)に限っては、カタログで取り寄せなので、
都会でも、田舎でも、品も値段もほとんど同じ。
地元は市内なら送料無料ってやつ。
これが唯一、いい点かなぁ?

「ベッドを買うぞ!」と、決心したものの、
結局、何も買っていない優柔不断の私なんですよ。



さて、ご紹介です!!

スロバキアで便利なサイトは「ヘウレカ」(Heureka)です。
あらゆる商品の価格比較ができるので、
どのお店で買えばいいか、どのサイトで買えばいいか、わかりやすい。

ただし、「こういう商品はスロバキア語でなんというのだろう?」と、
私の場合、カテゴリーを探すところからなので、
探し物にたどり着くのも、なかなかの一苦労。

興味のある方は↓クリックしてみてください。
商品探しのサイト「ヘウレカ」

小さな台所用品(家電)は「白いテクニック」というタイトルなんですけど、
カテゴリーがいろいろありました。
大発見は、オムロンのマッサージ機
う~ん、日本から持ってきたけど、パッドを交換したい。
これを探さねば!

それから、炊飯器。
これも日本から持ってきたんですけど、
そろそろ新しいのが欲しい。
日本製らしき炊飯器が見当たらない、、、、と思ったら、
似たようなのを大発見!!

スロバキアでは「Ryzovary」(リジョヴァリー)というらしい。
英語だとライスクッカー(Rice Cooker)です。
クリックしてみてね!↓
Rohnson社の炊飯器

ちょっと気になるなぁ、、、、。

オーストラリアの会社みたいです。マレーシア製かなぁ?
などと想像しながら、

これまた携帯で夜中、そんな馬鹿なことをやっているので、
頭痛になるのでしょうね。

携帯の見すぎに要注意!



スロバキアにお住まいの方は、どうぞヘウレカ<Heureka.sk>で
商品検索してみてくださいね!






関連記事

コメント

あららんさん

こんにちは!

「あららん」さんとは、どういう由来の名前なのでしょうか?

あらかん?ちがいますよね??ははは。

日本の電気屋さん、確かにそうです!
そういえば、電車に乗って、デパートとか、車で行けるような大きな場所には、
食料品、や日曜大工、電化製品が立ち並んでますね。忘れてた!

日本の実家には、昔ながらの馴染みの電気屋さんがあります。

子供の頃、電球のお使いを頼まれ、走って帰ったら、案の定電球が切れていたりして。親に目茶苦茶しかられて、泣きべそをかきながら、「交換してください。」って、お願いして取り換えてもらったことがある。



近くのタバコ屋さんも、息子は店を閉めたいらしいが、一代目は近所のことをなんでも知っているし、何かあれば、人が頼る所だったりして、昔からの住人にとっては、そういう小さいお店って、大切ですよね。

それをスロバキアに置き換える、、、。
ちょっと想像がつかない。

あららんさん、コメントありがとうございます。

chicaさん

こんにちは!

アメリカだと、人口の多い土地と、過疎の町など、買い物状況がかなり違うでしょうね。インターネットだと、手に取って確認できないから、商品が届くまでの不安がありますけど、届くまでの時間はワクワクする楽しさもありますね。

コーヒーメーカーも欲しいのですけど、
最近はカプセルのやつが流行してますよね。どのメーカーがいいのか?やはり手に取ってみたい!!

炊飯器は壊れたら、考えようっと!

コメントありがとうございます。

日本でも

日本でも地方だといまは
人口減少にともなう地元経済の衰退と
高度成長期に大手家電メーカーが作り上げた販売店ネットワークの崩壊で
地場の小さな電器店はほとんど惰性で店を開けているだけ。
かなり役に立たなくなりつつありますよ…

あれもないしこれもない
サービスなにそれ、修理は頼んでもいつまでたっても帰ってこず…orz

お久しぶりです!

私もついつい携帯使い過ぎてしまいますよ。
夜中に暗い中での使用はよくないなーと
思いつつもついつい・・・。(笑)

私は普段はオンラインショッピングはしないのですが、
去年のクリスマスで初めて母のプレゼントを買いました。
どうしても普通のお店では見つけられないものだったので、
ちょうどよかったです。
こちらではオンラインショッピングとなると
すぐにアマゾンを思い浮かべてしまいますが、
ところ変わればウェブサイトも当然ながら
違うのですね。
炊飯器もベットもいいものが見つかるといいですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/365-f48ec6b9