一難去ってまた一難 

先々週の「世界ナゼ?そこに日本人」の放送後、
沢山のメールをもらいました。

このブログはもちろん、ミクシーやらフェースブックやら、
メールもそうですが、


「ネットで同窓会」??



懐かしい人たちからのメールは楽しくあり、
自分の筆不精を反省する機会でした。

その楽しさと反比例なのが、
1週間が過ぎると元の生活があり、
引く波を見ているようで、寂しい、、、、。


な~んて、言っている暇もなく、
またもやバタバタの1週間の報告をしたいと思いますが、
その前に、テレビをご覧くださった皆様、感想を教えてくださった皆様、
周囲の方にも宣伝してくださった皆様、

どうもありがとうございました!!





さて、本題へ、、、。



先週は長男の高校卒業筆記試験の日でした。
スロバキア語、英語、数学と3科目、3日間の卒業試験でした。


スロバキアの高校では、この試験の時には、
背広、ワイシャツとネクタイという正装で挑みます。

日本の高校はほとんど制服があるのでしょうが、
スロバキアの公立学校には、制服はありません。

もっとも、普通の人でさえ、正装はちゃんとした会社で働く人か、
キリスト教の式典の時に着用するくらい?
うちの夫も、こういうちゃんとした格好をする機会は滅多にありません。
(する必要がないと、自分で判断している人も多いと思う)


そういうわけで、(多分)普段よりも緊張の3日間を過ごした息子ですが、
英語の試験日には、19歳の誕生日でもありました。

翌日の20日は数学の試験を受けない生徒も多く、
息子のクラス3人の男子生徒以外は、「お疲れさん会」で、
少し遠くの町にある、スロバキア一大きなナイトクラブに繰り出したそうです。


2回目のお疲れさん会は金曜日の夜。
地元のパブで

大フィーバー



金曜日は学校を休み、私と歯医者に出かけた息子。
夕方には、

「じゃあ、行ってくるから、お小遣いちょうだい」


と、後ろめたさもなく、手を出した。


誕生日プレゼントはキャッシュね!

のリクエストだったので、まあしょうがない。
その日は「気を付けてね」も「楽しんでおいで」も何も言わないで送り出した。。。
っていうか、記憶がない。

あんた、いつの間に出かけたの?






翌朝、土曜の朝。
7時ごろにラドが起きたらしい。

「なんで血痕があるんだ?」


の声が聞こえたが、私の知るはずもない。
娘のそそうかと、寝たふりを決め込んだ。


しばらくすると、枕元で、


「ママ、もしかしたら鼻の骨が折れたかも?」


飛び起きた私の目に飛び込んできたニコライは、
見慣れない青年の顔だった。


それは、瑛太がちょっと太った永瀬正敏になってしまったような、
試合後のボクサーの顔であった。


先日のテレビ番組でも私よりも出番が多かった?美男のニコライ(もちろん皮肉です)
見慣れないどころか、怖いよ!!

ちゃんとかわいく生んだのに
あんたどうしてくれるのよ!!
泣きたいのはこっちのほうだよ。





ニコライが言うには、酒場でいきなり大男に殴られた。
なぐり返したときに、相手のメガネは壊した。相手を知らない。
一緒にいた同級生の彼氏も殴られた。

クラスメートもいて、見ている人が言うには、完全に相手が悪い。
いきなり殴ってきた。ニコライは悪いこと(相手を怒らすとか)はしていない。



私の頭は「???」

冷静ではいられないけど、わかっている。
まずは救急に行くことだ。




結果、救急では鼻が折れているかどうか、
レントゲンでも判断が付かないので、
月曜日に耳鼻科に行ってくれ!と。



今日、耳鼻科で「折れてます」の結果をもらった。
見かけは、少し戻った。目の周りが黒くて怖いけど、
今日は腫れが少しひいたらしい、見覚えのある息子だった。





警察へ行くかどうかは、本人次第なのだが(19歳だから判断は自分でする)
他に殴られた人がいるので、相談するか?思案中らしい。
殴った相手が誰だかはもう判明している。


私の頭で点滅しているのは、これが日本ならどうなんだろう?

警察へ行く?行かない?

私が飲んでいて、いきなり殴られたら、相手がどこの誰だかわかったら?





ここは日本とは違う、スロバキアだ!


私の常識は通用しない。
大体、私の常識ってなんだ?

「ここは、日本じゃない。日本の警察とは違う。気を付けないと、逆に犯罪者になりかねない。」


実は、週末にこの言葉をラドやラドの両親に言われて、
ノックダウンを食らったのは、

ニコライではなく、この私の頭と心だったのだ。


わかる。わかるよ。

常識も正義も悪もあってないようなものだ。
グレーラインがはびこっているから、
下手に出るわけにはいかない。

納得がいかないことに対して、納得したような顔をするのが
一番難しい。一番辛い。一番嫌な事だ。


とにかく腹が立ってしょうがない一日だった。











関連記事

コメント

チャイさん

こんにちは!

「現実逃避」の文字に、思わず声を出して笑いました。

それいいですね~!!

しばらくやっていないかも?

「現実逃避」
いい響き~e-461


実は、行きたいところがあって、鍾乳洞なんですけど、3つほど「はしご」しようかな?なんて、思っていたところです。

義両親にニワトリと犬の世話をお願いして、家族旅行いいなぁ、、、、。


しかし、現実逃避できないのは、宿泊、食事などの金額に直面したときだったりして。くっくっく、、。


たまには、いいですよね!


想像しただけで、楽しくなりました。


コメントありがとうございます。






男の子はね~

心配したり、腹が立ったり、一番疲れますよね...。
そして、女の子の場合より圧倒的に男の子の問題の方が出る幕ないと言うか、手が出せないということが多い。何もできないから、余計にイライラが募る。
わかるなぁ~。私も何回か悔し思いをしました。

怪我が早く良くなるようお祈りしています。卒業試験も終わったことだし、家族で大笑いできるようなイベントなどしてみては?我が家では、よくトランプとか麻雀などします。あ~でもポンセさんご家族そろってトランプしたら、カードが足りない?!

くだらないことに集中するのも、良い気分転換になりますよ!

そう、どうにもならないことに直面したら、現実逃避!たまにはいいでしょ!

こばさん

こんにちは!

警察をいまいち信用していない、、、。
最近は物騒な事件に警察が直接かかわっていることもあり、警官の制服への尊敬の念は、失われつつあるのでしょうね。

ちなみに、息子の同級生の女子生徒から
「あいつが酔っぱらって酷いことをしてごめん!って言ってたよ。」との伝言をもらったそうです。


謝れば、もはや警察はいらない。。。

ちゃんと、うちの町に来て謝れよ!!
仲直りの乾杯くらいおごれよ!



と、鼻息が荒いのは、私だけみたいです。

息子は抗生物質を処方され、そのせいで頭や体がボーっとしているみたいです。


顔はほとんど良くなりました。


本当に、これ以上、私の白髪を増やさないでくれ!!です。。。


ご心配をおかけしました。


コメントありがとうございます。

chihirkoさん

こんにちは!

なんだか遅い時間にコメントが入って、びっくりしました。夜更かし大丈夫ですか??

やっと直視できる顔になったので、「もうどうでもいいか?」と楽観的になりました。

喧嘩両成敗?

これでもしも命に関わるようなことになったのなら??

疑問がたくさんです。


昨日は、娘の同級生のお母さんに会ったので、その話をしたところ、

「私たちの若い頃は、男の子たちはいつもパブで喧嘩して、ケガしていたわよ。」

なんて言われてしまい、それはそうだけどなぁ、、、、。

ちなみに、彼女の旦那様は警察にお勤めなので、なんだよくわからなくなってきました。


夫とニコライは、
土曜日に病院に行く前に、実は警察に行きました。まずは病院に行くように言われただけでした。


きっと、進展はなさそうです。
ご心配いただきまして、ありがとうございます!!










試験も終わり、お誕生日でルンルンだったのに、大変でしたね。

19歳になっても、大人になっても息子の心配はつきませんよね。
日本で同じようなことがあったら・・・。
現行犯じゃないとだめっていうことになるのかな?
すごく腹立たしいし納得できないけど、警察をいまいち信用していない私です。

ニコライ君の鼻、はやく治るといいですね。

とんだ災難!

せっかく試験が終わったのに、せっかく誕生日だったのに、そしてせっかくかわいく生んであげたのに、とんだ災難でしたね!

マルツェルに話したら「警察に行っても良い」って言っていましたが、マルツェルは馬鹿正直で正義を通して、色々なところで損しているタイプですからね・・・ここはやっぱりラドさんとお義母さまの言う通りなんでしょうか・・・。
でもいきなり殴られて、骨まで折られて、納得いきませんよね!ポンセさんの気持ち、わかります。
ニコライくんお大事に。早く良くなりますように。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/369-0a84e6ca