スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりね 

先日から、書きたいことは一つだけだったのに、
こうやって「いざ」書こうとすると、まとまらない。

書いては消して、書いては消して、
これは3回目の文章になる。


言い訳<その1>

ベンちゃんがず~っと風邪でした。
「鼻水が緑色だと通園できない」という
新しい約束事ができたので、
ここ2週間は自宅保育。


そのため、私もPCの前に座る時間が全く取れず。

3歳児の「どうして?坊や」と毎日過ごすと、
夜の8時にはぐったりしてきます。
そして、一緒にベッドに入ると、なかなか布団が重たくて、
起きることができませんでした。

ベンちゃんは耳鼻科に行き、かっこいいスプレーをもらい、
なんとか金曜日に保育園児に復活しました。

ここまでの2週間は長かった。


言い訳<その2>

携帯を使うようになり、カメラは持たず携帯で「パチッ」
PCを新しくして、写真の移動のやり方が今までと違うので、
戸惑っていたら、なぜか携帯のアイコンが出てこなくなり、
そのまま放置。

意を決して(私にとってはそれほどの重労働)携帯をいじっていたら、
データーを送れない設定になっていたことが判明。


私のブログは、写真もあるから面白いと思う。
少しでも、スロバキアの春を見せたかったんだもん。

謎がとけた!

というわけで、4月の我が家の様子をお見せします。



easter choko
イースターのチョコレート










ichigo cake
次女の誕生日のケーキはイチゴのショートケーキでした










ichigo.jpg
テスコでイチゴが安かったので3パック買ったが
2パックはエステルとベンちゃんが山分けした気がする










sara zele
長女が自分の誕生日に作ったゼリー
家族みんなが嘔吐した為「ダイエットバースデー」だった


言い訳<その3>

毎日の微塵の我慢が山になってしまい、
爆発しそうです。

私の場合は「自分の時間」があってないようなもの。

このようにベンちゃんが病気になると、
もう完全に茫然自失になってしまう。

雑巾がけの山、洗濯の山とアイロンの山、依頼の山、畑の種まきや水やりに背を向け、
ベンちゃんの鼻水の色と、のどの腫れ具合に一喜一憂。

「あれもやりたい」と「これをやらなきゃ」の板挟みで
本当に苦しい日々でした。

それを破って、「やったるで~」っていう元気が起きない自分。
これが一番「まずいなぁ、、、」と、つくづく感じていた日々。

どうしちゃったの?自分??


やっと晴れ間がでました。
目の前の暗雲が去り、青空が広がりました。

ベンちゃんが保育園に行った。
それだけで、私の心がこんなに晴れるなんてね。

本当に家族の健康が一番大切なんだね。


というわけで、とびっきりのベンちゃんの笑顔で締めくくりましょ。










yok mok
とびきっきり!じゃないんですよ
病気の顔をしていますが、美味しい日本のお菓子に浮かれている二人です。










先日の朝、テンポのある昭和の歌で目覚ましたくて、
突然思い出した曲が、本日のタイトルでした。

そのあと、You tubeで見ながら、
「小柳ルミ子の元夫の名前はなんだったっけ?」

と、どうでもいい疑問に苦しまされました。
どうしても思い出せない、浮かんでこない。

なんでこんなこと考えちゃったんだろう?

あ~、苦しかった。


思い出せないなら調べるしかないんだけど、
これは思い出せなくてもいい範囲?

それとも、
ちょっと、私、ヤバい???
















関連記事

コメント

ポンセ、ご無沙汰しててごめんね。
取り急ぎ、大澄賢也だよ。
もう、思い出したかな。

お久しぶりです!

こんばんは、べんちゃん大きくなりましたね。

小さいうちは男の子は女の子より身体が弱いから子育て大変ですよね。家も上は女、下が男で小さいうちはしょっちゅう病院通いしていましたが、今じゃ病気知らずの若者です。

いちごが大好きなんですね。家の孫もいちごが大好きで食事は食べなくてもいちごは一杯食べてくれます。本当は何でも一杯食べて欲しいのですが・・・苺と言えば最近は早くからお店に並びますが、時期的にそろそろ店先からいちごが消えるのではと心配しています。

なにはともあれ、健康が一番! 家の孫もとっても元気なおてんばさんです。

ミニ燃え尽き症候群?

おはようございます。
イチゴの🍰、しばらく食べていない!
とっても美味しそうですが、ポンセさん作?
イチゴは、畑の側に設えられたスタンドで売られているものが一番美味しいです、カリフォルニアでは。ヴェトナム戦争時にアメリカ軍の仕事をした山岳民族のモン族(国によって発音が少し違うけれど、それでも基本的に同じ音)の人々が、戦後身の安全のためにアメリカに移住した(避難した)のですが、多くは農業に従事していて美味しいイチゴを作っています。
ベンちゃんとエステルちゃんがそれだけたくさん食べてしまうというのは、そちらのイチゴもものすごく美味しいのでしょう!イチゴが旬の時期にスロヴァキア訪問というのは一案ですね。。。
でもみんな元気にお祝いができてよかったです。
お母さんは、休む暇がないので、燃え尽き症候群に時々襲われるのではないかと、、、特に、何か大事が一段落してホッとした時とか。
ミニ休暇が必要ですね、お母さんには。

ぜんぜん~

全くやばくないですよ~!
みんな似たようなものです。
時々何でもすご~く覚えている裏切り者のような人がいるけどね!

ベンちゃんのご快復、おめでとうございます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/374-00c15be8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。