スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Sedem zhavranelý bratov」7羽のカラス兄弟  

スロバキア夏の風物詩の一つに、野外映画館がある。

最近、スロバキアの大きな都市には、日本の東宝のような、
近代的なロードショーを見せる設備の整った映画館ができた。

大きなカップに入ったポップコーンも売っているし、コカ・コーラだってある。
3D映画と2D映画だと値段だって違うし。
暖房も冷房もばっちり完備されている。


しかし、普通の小さな町の映画館はそんな感じではない。
地元の文化ホール?いや、体育館の舞台?ちょっと小さなコンサート会場?

そういった施設を「Dom Kultura」と呼ぶ。
その名の通り、文化会館ですね。


でも、夏になると室内で映画は見ません。
それは多分、冷房施設がないからでしょうね。

夜21時から、飲み物、食べ物、毛布(ゴザではなくて)などを持参して、
「Amfitheater」こと野外円形劇場に出かけます。

日本のようにやぶ蚊もいないし。ホラー映画ばかりやっているのではなくて、
流行りのロードショーを見ることができるのです。

さて、私のみたい映画はこれ!





7 Zhavranelych Bratov
スロバキアの民話作家のPavol Dobšinský(パボル・ドプシンスキー)のお話をもとに作られた映画です



昔読んだ「白鳥の王子」に似ています。
この当時は、似たような話をいろいろな国で、
いろいろな言葉で話継がれていたのではないかと思えます。

作家のドプシンスキーは、スロバキアのアンデルセンとも呼ばれています。
我が家にも立派な童話の本があります。




Zlata kniha rozpravok PD
「Zlatá kniha rozprárok Pavol Dobšinského」


そして、この話のドラマティックな部分で、
娘が兄弟のためにイラクサでベストを編みますが、


このイラクサこそ、ヨーロッパで最初に出会った私の天敵?!
いや、冗談ですけどね。

日本ではあまり見慣れなかったものですから、
大葉に似ている容姿から、簡単に草むしりをしようと手を近づけると、

「ピリッ、ピリッ」
「パチパチ、バキバキ」

と、まるで電気が走るような、痛みと刺を感じさせる草なのです。
いくらこの被害に遭ったことか、、、。

息子のニコライが幼い頃、
イラクサの群れに足を踏み入れ大泣きしたこともありました。
電気ショック状態!恐ろしい草です。でも毒はなし!

水やお酢を薄めたものなどを塗ると気休めになるみたいですけど、
1日ほど針が刺さっているような、ピリピリ感は続きます。
翌日にはすっかり忘れてしまいますが。。。


イラクサはリュウマチの治療にも使われたり、
まだ生え始めの若葉は茹でて食べたり、
夫のラドは、これでシロップを作ったりします。
立派な健康食品でもあるのです。(びっくり)  

pŕhľava



「白鳥の王子」は王女が無言でベストを編み続けますが、
そんなの私には無理無謀な話で、
その話を考えた人の創造力の豊かさに、ただ感服。

ああ、見に行きたいなぁ~。

夜の21時からの映画だけど、子供も見たいんじゃない?
そうなると子連れだし、平日だよなぁ。
翌日は、お仕事が待っている、、、ああ、現実。

やっぱり大きな映画館で見るべき?

映画代もちょっと差があるんですよねぇ。


ふ~。
夏休みのお楽しみか?
夏休み前のちょっと無理してでも!のお楽しみか?


結果はのちほど。















関連記事

コメント

Levalloisbeeさん

こんにちは!

イラクサが日本にあるということもしらなかったんですよ、私。

花や植物の名前を日本のお客様に教えていただくこともあります。

少し年上の方のほうが、こういう分野はよくご存じで、、、というか、スロバキアって、そういう所なんでしょうね。

「昭和」の生活と環境?

フランスの街道や町も似ているなぁ、と「ツールドフランス」の中継の時に思うことがあったりします。きっと、中世の街がそのまま残っているからかもしれないですね。

昭和と中世では、時代が違いすぎますね(笑)
ノスタルジーってやつだな!!

コメントありがとうございます。


 

良薬は肌に痛し

イラクサには子供の頃にずいぶんヒドイ目にあわされました。戦後の大阪はまだ焼け跡があちこちに残っていて草っぱらでした(歳がバレますね)。そこでチャンバラゴッコ中にヤラれた思い出があります。それにしてもイラクサでベストを編むとはスロバキアでは薬草なんですね、「良薬は肌に痛し」でしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/376-6c310835

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。