2015年夏の畑 

暑中見舞い申し上げます!


またもや夏日が戻ってきました。
現在、16時20分。

温度計の示す温度は写真のとおり。








ondokei.jpg
気温は30度を超えました










ちなみに夫いわく、何十年前のスロバキアは夏に30度を超えるなんて、
あり得なかったと。温暖化が確実に進んでいるということでしょうね。怖い。

昨日も暑くて、入道雲が見え隠れする一日だったが、
結局、雨は降らず。

畑の作物が育つようにと、水を撒く。
朝と晩と2回撒いた日もある。

我が家には井戸がない。雨水を貯めるがとっくに空だ。
自分の庭だから、堂々とやりたいのだが、
ホースで水をまいているのは、「贅沢」とダメ出しされる。(義両親より)
焦点を絞って、ジョーロでやれ!と言いたいのだろうけど、
それでは畑が潤うことにはならない。

子供のころは、夏といえば、朝から水をまいて、
暑くなれば家の風呂に水をためて、プールの代わりだって、遊んでいた。
あの頃は水道代がかかるなんて、考えたこともなかったなぁ。
今更ですが、太っ腹な両親に感謝!!楽しい幼少時代でした!

せっかく買って、植えて、そこそこまでに育てたのだから、
水道代が高くても、果物や野菜が実って欲しい。






hatake2015.jpg
今年の畑は雨不足でダメです










ほっぺたが落ちるくらい甘いトウモロコシや
新鮮なトマト、きゅうり

日本が懐かしくなる枝豆洋ナシやズッキーニなど、
冬になると高くて買う気にならないものを、食べまくり、そして保存もする。

昔は当たり前のことだったかもしれませんが、
この時代、庭で作物を作ること自体が「贅沢な事」なのではないでしょうか?

年をとったから感じることなのだろうか?


ニワトリが何羽か、熱中症で死んだ。
そして、今年の目玉だった七面鳥が、これまた死んでしまった。
夜は大丈夫なのに、朝になると死んでいたり、
夕方には瀕死の状態だったり。
春先に買った7羽のうち、食肉になったのは、2羽だけでした。






turkey.jpg
羽をむしったり内臓をだしたりの処理はラドママがしてくれました 感謝
これからラドが切り分けて冷凍します
スイカは大きなものをハンガリ―近くの村で買いました










畑が乾燥しすぎで、マメの花が落ちてしまったり、
トマトの実がいっこうに成長しない。
トウモロコシの背が伸び悩んでいる。

でも、今年はホウレン草が初めてまともな姿になった。
いつも春先に植えるのだが、花を咲かすために育てていたようなもの。
食べられるような形に育った試しがない。

それが、たった2株だけなのだが、葉が大きくなり、数も増えている。
面白い!暑い気候のほうが好きなんだ。





去年、株を買って庭に植えたラベンダーの一番きれいな時期は7月中だった。
もうそれほど新しい花は咲いてない。

今年の楽しみで、種から挑戦した分は、まだ3cm位の大きさで、か弱い感じ。
地に直接植えるか、このまま植木鉢で越冬させるか、これも悩みどころ。

*近所の友人に同じ株をプレゼントしたところ、彼女は室内で上手に育てていた。
柔らかいふさふさのラベンダーの草ができている。
いつ花が咲くのかわからない。
噂には聞いていたが、1年目は室内で育てたほうがいい様子。
あわてて、私も植木鉢からプランターに植え替えた。
秋に室内に入れようと思う。





あとは、イチゴ畑。
手入れを頑張っただけあって、瓶詰を何本か作った。

収穫を期待するには、好む土地を選び、越冬の準備をし、
葉をこまめに取り除き、わらで囲み、水やりをするなど、
作業が多く、気難しい果物だと思う。

前庭にある100株くらいだけど、
今の時期は見かけが悪いので、前庭にあるべき植物でもないみたい。
家の前は人が通るので、ぼろ屋敷が一層汚らしく見える原因かも?

イチゴはお引越しさせよう!
行先は不明なのだが、また畑のほうに戻すかな?







ichigo hatake
雑草をぬいて見栄え良くしてみたが 結論!イチゴは抜いて芝生を植えよう!!











庭づくりというのは、まだ未体験の世界である。
今までは、とにかく「畑・作物」がメインで、花の種や球根なんて、
冬前に買ってきて、ちょこっと植えただけ。

絵画のような庭をイメージして、植物の配置などを考えながら、
庭づくりをすることが大事らしですけど、
「絵」を画くのが得意だったら、、、。
迷わず幼稚園の先生になりたかった私なのです。

ちなみに、我が家の子供たちはラドの血をひいたのか、
意外と絵が上手です。(よかったぁ)



しかしここでまた、ため息。

要するに庭づくりだって、センスの問題ってことだよね?
はぁ~プレッシャーがかかると、
草むしりさえやりたくない!

大丈夫。
焦らずゆっくりやればいいんだよ。
自分が満足すればいいだけの話かも。
所詮は素人だしさ。

ふ~、これが中年おばさんの悟りってもんだ。
よっしゃー!!




2015年の夏のダイジェスト版です。
写真でお楽しみください。

onion.jpg
収穫1番乗りの玉ねぎ 昨年の秋に植えたので収穫も早かった





ester in dress
義弟の結婚式が今月あります!







cmax.jpg
夫がドイツまで行って買ってきた車 
この車に花嫁と花婿を乗せる予定






shiso.jpg
ツアーのお客様が種を持ってきてくれた 紫蘇は日本を代表するハーブだ!
大切なのでプランターに植えた






tom house
ラドとラドパパが子供たちのために作ったトムソーヤ小屋
来週イギリスのいとこが来るので子供たちはここで泊まる準備をしている






flower from Belgrad
ベオグラードで買った紫色の花 元気でうれしい


夏の暑さに負けず、元気にお過ごしください。
お盆で帰省される方は交通事故などに遭わないように、くれぐれもお気を付けください。(あちら側に呼ばれませんように)
















関連記事

コメント

カナダからの手紙

カモミールは、種から栽培しています。
近くの園芸店に売られていましたが、今年は買い忘れたので、楽天で実家宛にカモミールの種を注文し、封筒に入れ、トロントに送ってもらいました。 便利な世の中になったものです。

因みに桔梗の花言葉は、従順」「気品」「誠実」「永遠の愛」「清楚」「変わらぬ愛」「変わらぬ心」「 優しい愛情」です。花言葉を知ると、花の栽培がより楽しくなります。

私は、コスモスをベランダで栽培してます。周りでも見かけます。 そちらでもコスモスは見かけますか。

Kohさん

こんにちは!

コメントありがとうございます!!
花好き、植物好き、家庭菜園家仲間ができて嬉しいです!!

桔梗ですかね。小さい花なので、なんだろう?って、調べてもいない私。

家の中だと、花の色が薄いので、外で育てることにしました。花の自然の紫って、すごく心が落ち着きます。

カモミールの苗って、売っているのですか?今度写真を見せてください!

今年は紫蘇があるので、夏を感じるだけでなく、食卓に喜びが加わりました。(私だけかもしれないけど)

写真のベンちゃんはトムソーヤの子分といったところです!
娘のほうは、ポカホンタスかな?v-14

コメントありがとうございます!

カナダからの手紙(メール)

カナダからこんにちは。
その紫色の花は、桔梗の花だと思います。私は、紫蘇の他に、カモミールを栽培しています。自家製カモミールティーを淹れられたらと願っています。

トムソーヤ小屋素敵です。ベンちゃん(ベンちゃんでしょうか、ナタンくんでしょうか?)が、トムソーヤに見えます。:)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/383-1eceea8d