大好き!!ベオグラード(その4) 

夏休みもとうとう終わりが近づいてきました。(うふふ、大人の微笑み)
それにしても、また熱波が戻って本日33度の予報。
嬉しいような、厳しい残暑でございます。


さて、時間が空いてしまいましたが、ベオグラードをこれだけ連呼しておけば、
ベオグラードに行きたい方がインターネット検索で、
情報を得る前に、なぜだか?スロバキアのブログにぶつかり、
旅行の行き先変更するかもしれない?!(ぐふふ、作戦成功!)なんて、
おバカなことを考えながら、続けますね。





とにかくベオグラードの資料を求めて、
ホテルの人に行き方を聞いて、
まず私が向かった場所はここ!






JE in BEG
皆さんはマネしないでください



旅行の仕事についての可能性や現地情報をゲットできれば、と意欲を持って訪問。
アポもせず、図々しく訪問しましたが、ご丁寧に対応していただきました。




そこでわかったこと!
在留日本人の数はスロバキアより若干少ない。
しかし、滞在理由が違いました。
この辺は、世の中の不思議、からくりがあるので省略します。

旅行業に結びつく国なのか?
私に先見の明があるのか?

ここがポイントでございました。
為になる話もしっかりと聞いてきました。


でもね~、ここにたどり着くまでが大変だったんですよ!!



ホームページにはバスの番号は書いてあるので目的地へはいけるはず。
(実際、建物を探すのが大変で地元の人に聞きまくった)

しかし!
念のため、インターネットでバスの乗り方を探しても、
そういったホームページが探せない!なんでなんでしょうね?


バスの乗り方なんて、バンコク共通のはずだもん。
とにかくチケットを買って、何かあったら

「ツーリストだからわかりません!」


これで大丈夫!<注意>んな、わけはありません!!


まずは両替!→銀行でユーロからセルビアのディナールへ
全然簡単でした。

次はバスのチケット購入→キオスク(新聞や雑誌を売る小屋)だろうなぁ!


「One day ticket, please!」と言いカードを買った。
現地の人はクレジットを足せるプラスチック製を買うが、
旅行者は紙製の回数券とか使い捨てタイプらしい。
プラスチックは高額。

目的地のバス停を探すのには路線図を読むしかないのだが、
これがない!!市内全体の路線図がないのだ。
大都市なのに、珍しいよね。
普通は地下鉄の路線図とか、観光客用に何かしらあってもいいのに。

結局、これは滞在中に全く入手不可能だ!という結果に落ち着いた。
また、一日券だろうと、乗車の都度カードに印字をすべきらしいとの噂。
特記すべきは、誰に聞いてもこの正解は見つからなかった。
つまり不正乗車が多いのか?車を利用するからバスを使ったことがないのか?
インフォメーションですら、「バスを利用しないから、わからないわ。」の答えでした。


話をもどして、


まずは歩いて方向を知るのが先だ!→やけくそパターン。
知らない土地は歩くしかない!!
→お得意のパターン




ってなわけで、この日は歩けるだけ歩きました。





Bus terminal1
ホテルからバスターミナルまで1キロちょっとかな?





ここからバスに乗り込み、カードを手にキョロキョロしていたら、
若いお兄さんがバスカードをバスの中にある検札機にかざして印字してくれた。
よし!これで検札官に罰金を請求されることもないだろう。







サヴァ川のBrankova橋を渡り、Novi Beograd(新市街)へ。






hotel ugls
ホテル「ユーゴスラビア」 社会主義のかほり





こちらから見ると、恐ろしく社会主義の塊だが、反対側はドナウ川の中州に面しており
カジノやテラスなどもあって、リゾートホテル風でした。
貸し自転車もあり、ホテルの目の前に伸びるサイクリングロードを走るにはいい感じ。










habourd.jpg
ドナウ川支流に浮かぶボートレストランが沢山  小さなボートもたっくさん










Hb2.jpg
対岸は中州でその向こう側にドナウ川が流れている












byt.jpg
後ろを振り返ると社会主義の塊のマンション群がみえる









中州(Great war Island)に渡ってみることにした。
セルビア軍(海軍?)の管理地域らしく軍服の若者が沢山いた。






bridge.jpg
この橋は浮かんでいる 真ん中歩行が義務 端は歩いてはいけないと看板があった










Becah.jpg
ドナウ川水浴を楽しむ人たち LIDOビーチ











army bridg
橋の途中で軍の若者が橋を修理している  大丈夫かなぁ?









ここからもう一度橋を渡って陸へ戻り、とにかく歩くことにした。
もう少し北上?するとZemunというオーストリア人が住んでいた町があるそうで、
ヨーロッパらしい街だとのこと。


LIDOビーチからも大きな教会が見えたので、多分あちらの方向だろう!
サイクリングロード沿いにひたすら歩く。











Zemun.jpg
確かに1900年前後の建物が沢山残っている





zemun2.jpg
新劇場 地元のオペラ座




zemun3.jpg
シナゴーグ?ユダヤ人もいたのだろう




zemun4.jpg
なんだかうちの近所の見慣れた風景かも?









そこから見えた大きな教会。なんとかあそこまで行ってみよう!
再度バスに乗り込んで、とりあえず人が沢山降りる所でおりた。










Gros hil
周辺からもみえた大きな教会跡 現在はギャラリーになっている 


この上に登ってみることに。



この土地が開拓された時、ドナウ川から船が入ってきたときに灯台の役割もしたのだと思う。
とにかく周囲が良く見えた。




gros hil2
目下は墓地 葬式を執り行うチャペルがみえる








gros hil3
珍しい外観 教会の屋根の塔が黒くて金で装飾してあった








a girl
プロフィール写真を友達と撮影している地元の少女



とても平和な時間を過ごした。
何時間歩いたのだろう?
歩くって気持ちがいい。
これが生きる基本だもの。




ヨーロッパ、とくに視界がオーストリア帝国時代に戻ったからか、
いつもの風景を見ているようで、安心した私。
そこにいる少女たちが自分の娘と同じように、
FBに載せるのだろう、笑いながらもポーズをとり、
飛び切りの若さとお澄まし顔の写真を写しているのが、
なんとも微笑ましくて、私もセルフィーしてみた。

しかし、これはここには載せられない。
案の定、娘に「ママ、無理があるよ。」と、
帰って見せたら苦笑された。





目標の場所までやって来れたので、
降り出しのバスターミナルまで戻ることにした。


もうすこし つづく。
関連記事

コメント

チャイさん

こんにちは!

こちらも今年は暑くて、本日もまた30度は遥かに超えて(温度計を見るのも嫌)子供も夫もどこかへ泳ぎに行ってしまいました。
我が息子も9月からブラチスラヴァの大学に通うことになり、明日は学生寮に入ったり、入学式らしいです。

小さい町ですから、息子たちがどこかで出会うかもしれまんね。楽しみです!

セルビア熱、どうでしょうね?
選手たちがかっこよかったですか?
(ポンセ!そこか?!)
スロバキア熱も上昇させなきゃ!

お互いに熱波と残暑に負けないようにしましょうね!!

コメントありがとうございます。

ご無沙汰しまして~

ご無沙汰しております。
今年の日本の夏は、鎌倉の夏は、異常気象、連日の35度にすっかりの夏バテしておりました。

息子の夏休みの終わりブラチスラバへ帰っていきましたが、静かになったら余計に疲れがドドド・・・。

息子は6月よりソリストに昇進し、ほんの少ししか昇給しないとぶつぶつ言いながらも、頑張っております。
少し前に写真が出ていた、青紫蘇!息子も育てております。

で、本題のセルビア!
今、バレーボールのワールドカップの試合でセルビアと戦っておりました。
フルセットのすえ、惜しくも日本は破れましたが、とても見ごたえのある試合でした。本当に惜しかったんです。
日本でも、今日は「セルビア」がかなりメジャーになっていると思います。
スポーツ、文化の交流は大切なんだなあと改めて感じます。
スロヴァキアも、
場所はここ!こんな国!
と、たくさんの人に、知ってもらえるといいですよね~♡

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/385-12f3ead8