スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の諸々<登山してきました> 

駆け込みでもう一丁!
なんとか9月に投稿できるように、日本との時差を考えると、そちらは?
まだ大丈夫。さっさと書きましょ。


先週の週末に夫が言い出しっぺで、
地元の友人たちとビソケータトリ(英:ハイタトラス)に行ってきた。

目的はもちろん登山である。
目標はRYSY(リシ)というスロバキアとポーランドの間にある山で
2500m級。無理だってば~。

ラッキーなことに?金曜日は大雨で寒い一日となる。
どう考えても土曜日に登れるか?かなり怪しい。

家族全員参加だから、当然ベンちゃんだって、登りたい。
さすがに2500mは私だって不安。
こんなチビには無理だよね。

というわけで、急遽、登山先変更。良かった~
Štrbske pleso(シュトゥルプスケ プレソ)というスタート地点から、
目指すは2093mのPredne Solisko(プレッドネーソリスコ)の頂上です。

ちなみに、ラドの友人男性3人はRYSYに行きました。

我々、総勢15人は最年少ベンちゃんを気にして、
Štrbske pleso(シュトゥルプスケ プレソ)からリフトで
上のほうまで行こうと思ったのですが、
強風のため運行見合わせ中。





仕方がない。歩いてゆこう!



start.jpg
いつもはゲレンデだけど今日はその野原の坂を登る
振り向くと見えるのがシュトゥルプスケプレソと5星ホテル「ケンピンスキー」





スロバキア語のPleso(プレソ)とは、山にできている湖のこと。






starts2.jpg
長い坂道をダラダラといく一行
先方に見えるのが目的の山だと思われる






yukkuri2.jpg
こんな感じでひたすら歩く





kumo.jpg
息吹があがっている まだ背の高い木が見える




なぜかこの男性ばかりが写真に出てくるのですが、
奥さんと一緒にゆっくり歩いていて、私たちにペースを合わせてくれたから。
どうしても視界に入ってきました。
(ちょっとハンサムなのでパンフレットに使えるかな?と)


えっ?夫のラドさんですか?
さっさと先頭を歩いて行ってしまいました。

ベンちゃんは若者に肩車してもらい、
すっかりご機嫌の「楽チン登山」となる。

こういう時に思う。


友人っていいなぁ!(若いっていいなぁ!)



ベンちゃんはリフトの駅で友人の女性とお留守番。
お疲れさま。
せっかくここまで来たのだもの、
私たちは頂上を目指すことに決めた!






high.jpg
どれだけ上にあがったのかなぁ?






ibuki.jpg
明らかに生息する植物が違ってきた




gake2.jpg
サラもエステルもがんばってます!息子二人はさすが男!とっくに上です





gake musume
岩間を歩く 結構な人出でした






gake3.jpg
ここから先がもっと険しい坂道 目印になった岩


当然、ひざが笑いだしました。
年だし、日ごろから運動していないし。はぁ。ふぅ。


そう、登山をする時、私は自分を励ます。
「出産に比べたら、こんなの一歩足を前に出すだけじゃん」

赤ちゃんが通る長い道のりと、それを進みやすくしてやる母体。
お産は10か月も赤ちゃんをお腹に保ちつつ、
気を使いながら動く。

それに比べりゃ私の体、ただ一つ!
自由に思いのまま動かせるんだもの。





がんばれー!わたし!!





気が付けば頂上なんだわね。思ったより簡単な山でした(苦笑)





top.jpg
頂上は強風で怖かったぁ やっとラドと会えました!





しかし油断は禁物!一番恐ろしいのは、下り坂。
もう、アキレス腱が切れるのでは?と恐る恐る下山。



負けるなー!わたし!!





shirushi.jpg
数年前に起こったハリケーンで折れてしまった木々



今でも悲惨な風景が広がっています。
2004年だったかな?
スロバキアの誇りハイタトラスの深い森が
一夜にして禿山になりました。
あれは忘れらない光景です。
スロバキア国民が涙した日でした。



写真をよく見てくださいね。
枯れた木に白地に青い斜線の入った旗のような印があるでしょ?

スロバキアの登山道には欠かせない、標識です。
看板に赤、緑、青の標識があって、
目的地への距離と時間が書かれています。
その印をたどれば目的地に到着できるようになっています。
とても正確に測ってあるので、信用できます。


タトラ山脈は日本で言えば富士山です。
スロバキア人の誇りなのです。

日本だって山と森の国。
どうぞスロバキアで登山をしてみませんか?
(仕事モード)


じゃあ、おまけです!
これはガビーさんに見せたかったので激写しました。

take2.jpg
下山途中にみつけた森の毒キノコ  絵本に出てくるやつですね




take.jpg
泊まった山小屋の庭でみつけた 毒?食べられそうな気もするが




doku.jpg
山小屋の庭にあったよく見るキノコとベンちゃんの手

これは食べられないでしょう。




なんとか9月中の投稿になりました。
明日からは10月ですね。

「食欲の秋、スポーツの秋」ですから、

みなさんどうぞ健康に気をつけて、
健やかにお過ごしください。
関連記事

コメント

Kohさん

こんにちは!

届いたようで、安心しました!

ハイタトラスを走る登山電車やロープウェイなど、走破ならぬ乗車破したいものばかりだったので、自分にも1枚買っておきました。

メールも届いてますよ。でも、FBのほうにはそれらしきものは発見できず、、、です。
タトラ山脈はスロバキアの誇りですが、
カナダもロッキー山脈という雄大な所がありますよね。行ったことはありますか??

一昨日はマイナスになりそうだったので、花を家の中に入れました。もう秋が終わりそうです、、、。

コメントありがとうございます。




カナダからの手紙

ポンセさん、
全て、絵葉書のような絶景ですね。
ベンちゃんの手もふくらして可愛いですね。

今日(水曜日)、ポンセさんからの絵葉書がカナダに届きました。有難うございます。 メールでお礼を書いたのですが、戻ってきてしまいました。(何度か送ってみました。) ポンセさんのFacebookにお礼を書いたのですが、使っていないかもしれないので、ブログの内容には繋がりませんが、ここに書かせてもらいました。改めて、ありがとうございました。初めてのスロバキアの絵葉書です。

chihirkoさん

こんにちは!


すっかり秋のスロバキアですが、そちらとこちらでは、きっと気候も違いますよね。

私も本当は電話でお誘いしようと思っていましたが、天候が悪かった為に躊躇してしまいました。

子供が一緒の場合は、
秋よりも、やっぱり夏に登るほうがいいですね。

来年、ぜひ!ご一緒しましょ!!
旦那様にもよろしくお伝えくださいね。


コメントありがとうございます。


こんな険しいところだったんですね!

ちょうどこの週末はお天気もいまいちでポンセさんたちどうしたのかなぁと思っていましたが、行かれたんですね!

私はこのリフトで上がれるところまでしか行ったことがなかったのですが、その先はこんなに岩のある険しい道だったんですね!(ポンセさんもですが)エステルちゃんもこの道を登ったなんてすごい!

秋は天気も安定するっていうし、登山に良い季節なんでしょうけど、我が家は娘二人がかわるがわる鼻を垂らしていて週末のお出かけもなかなかいけません。
私もハイキング行きたいなぁ。。。

J.A.ガビー さん

こんにちは!

毒キノコは「紅天狗タケ」ってことですね。子供の頃に読んだ教科書だったっけ?
赤い顔をして、うちわを手にした天狗を思い出しました。

悪いやっちゃ!


2500m級は今回は断念しましたが、夫が今週末に再挑戦しよう!!と言い出してます。

本当に無計画で呆れてしまいます。
できるわけないじゃん!!

鎖のはしごを登らないといけないらしいんです。

ちゃんと装備もして、保険に入って行かないと、万が一の時が心配ですよね。

浅間山って、「赤軍」のイメージしかないのですが、登山もできるのですね。
日本に住んでいた時は、登山なんてしたことなかったもんなぁ~。

そうそう、温暖な日はキノコ狩りより海ですよね。キノコ狩りはやっぱり地味だな。(苦笑


コメントありがとうございます。

キノコ博士にもよろしくお伝えください。

油断して読んでいたら、僕の名が。ありがとうございます。

絵本に出てくる「ザきのこ」はベニテングタケですね。関東では標高1000メートル近い白樺林まで行かないと見られないとあって、千葉からだと一番近い日光でも片道3時間はかかるので、実はまだ僕見たことないんです。毎年この時期になると日帰りで見つけに行こうと思うものの、そういう日ができると海釣りへ向かってしまい…。

次のは日本のササクレヒトヨタケに似ています。たぶんかなり近い種類。日本では食べてます。その次のはこれだけではわかりません。食べられるかもしれないし、ダメかもしれないし。

ぶどうの収穫の記事も楽しみにしてま〜す。

にしても2500メートルの登山て、かなりすごいと思います。浅間山クラスだもんんなぁ。

yokoblueplanet さん

こんにちは!

山形県の天童市、職人技の「将棋の駒」が沢山売っているでしょうね~。ああ、見たいなぁ。
スロバキアにはブナの原生林があり、ユネスコ自然遺産になっています。
行った事がないので、これも行かなきゃ!
yokoさんの故郷はどちらですか?
私はキノコ狩りはスロバキアでデビューしたので、日本にどんなのが生息しているのかしりませんが、怖いのは熊に出会うことです。

日本でキノコ狩りをする人は、天候に生活が合わせることの出来るひと、時間に余裕のある人だと思います。そうなると、頭に浮かぶのが退職した人たち。


今わかりますが、時間があってもキノコ狩りをしない人がほとんどでしょう?

キノコを狩る人は、生活の糧ではなく、自然を楽しむのが目的なんでしょうね。

スロバキアにはキノコが2種類くらいしか売ってないので、私は山に出向きます。

そういう選択の枠がなくなる不自由さ、これは悲しいですね。

道に生えているヨモギや春のつくしなど、日本の思い出が壊れていくのを見ているのは、こちらも苦しです。

日本の秋を楽しんでくださいね。


コメントありがとうございます!!








野のキノコは。。。

こんばんは。
山は良いですよね(とは言え、ハイキングは良くしますが、本格的な山登りはいつも一人行なので、あまりしません)。今日は山形県の天童市にある山寺へ1,000+段の階段を上って「登山」。明日は友人達と秋田のブナ林へ、明後日は栗駒登山です!
キノコは放射性物質を他の植物より吸収し易いため、福島の原発事故後、野山に生えるキノコ狩りはしていません、残念ながら。子供の頃、父親に連れられて、よくキノコ狩りに出かけた時代が懐かしいです!
タケノコも同様で、今年の春も、食べないようにと政府から注意が出ていたようです。まだまだ「危ない」状況が続いていますよ!

yokoblueplanet さん

こんにちは!

おかげ様でなんとか元気にやっています。

今年の夏はいろいろありすぎて、年齢を深く感じました。

携帯の画面が小さいからか、目が疲れていてしまい、「老眼」と「近眼」なので、メガネがどうしても必要になり不便な生活を送りました。

しかしどうでしょう!登山に行ったら、なぜか目が良く見える!!

やっぱり自然治癒力がありますね。
「遠くを見ること、木の緑を見ること」
これは抜群、効果覿面(こうかてきめん)でした。←PCに字を教わりました。

Yokoさんも山の記事がありますもんね。
時々、登りますか?

キノコもこれからの時期、ちょっと暖かい日には森に行くと、ありそうです。

そちらもでキノコ狩りをしますか??



コメントありがとうございます!!



お元気そうで何より!

こんばんは。
9月に間に合いましたね!
良い山ですね。日本の富士山に登りたかった方(残念ながら遭難してしまった方)の気持ちが良く分ります。
キノコの写真もじっくりと見てしまいました。2番目のキノコはアメリカでもよく見ます。
スロバキアの自然も凄く面白そうですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sukisukislovakia.blog135.fc2.com/tb.php/389-6d0c8df1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。